« カワセミ 撮影場所を変えたが良かった | トップページ | 今年2度目のヤマセミ  惨敗 »

2017年8月 2日 (水)

カワセミ 見難い場所から時々飛び込む

 18-400㎜をカワセミで試そうと家を出る前にレンズを変え、昨日と同じ撮影ポイントに行った。幼鳥がずっと前の見難い木の中に居り、時々餌捕りで飛び込んだが、距離が遠過ぎファインダー内のカワセミが小さ過ぎてピントはもう一つ、今日の場所なら900㎜ぐらい欲しい。写りは300mmf4+TCや80-400㎜に比べると劣るが、18-400㎜のAFでもカワセミを十分追えることは確認できた。昨日の距離ならもう少しマシに撮れるとは思う・・・・。

ノートリ
17080201

  
以後はトリミングで3倍に拡大

動きはワンパターンなので、飛び出しを見逃さなければ後追いでも撮れる。
17080202


17080203


17080204

  
餌捕りのシーンだが、浅くて一瞬コンクリに止まりよった。目では止まったのが分からない、カメラでの静止画なので分かる。
連写
17080205
17080206
17080207
17080208
17080209
17080210
17080211
17080212

こんな場所でも魚が捕れる
17080213


17080214

 
帰りに蕎麦屋の少し下でカワセミが飛ぶのを見つけたが、止まらず飛び去ったので追うのを諦める。
17080215

  
ツバメの水飲み
17080216

  
オオヨシキりか?
17080217

  
アオサギ
17080218

 

タムロンの18-400㎜の検証は全て終わった。風景にチュウヒ/ハヤブサ/カワセミ/他の鳥で使ったが、価格から考えると十分な結果だと思う。高倍率でT端が400㎜となったのが大きい。600㎜で撮れる所有レンズの中では、一番写りは悪いと思うが安価なので当然と思っている。
400㎜での飛びもの撮影では少しシャープ感に欠け、止まりものも遠いと少し鮮明さに欠けるように思うが、鳥狙いだけで持ち出すレンズでは無いので、ブラブラ歩きのお供としては十分である。AFは速いがVRが少しもたつくようで、飛びもの狙いならOFFにしないと歩留まりが悪くなる。VR・OFFでもSS1/1000ぐらいを確保すればレンズが軽いので手持ちで十分撮れる。
風景撮影は、24-70㎜f2.8に比べればアカンが、名所巡りや山風景の撮影ぐらいなら十分ではないかいな。600㎜での最短撮影距離が短いので、花撮影や虫ぐらいならマクロレンズの代わりにもなる。真のマクロ撮影とはいかないが、近づけない場所での撮影は有利。
写りは二線級ながら最強の万能レンズと思う。一線級を狙うなら、複数の単焦点レンズと三脚を持ち歩かなしゃ~ないが、性に合わない。

  

撮影機材:D500、18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:187枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« カワセミ 撮影場所を変えたが良かった | トップページ | 今年2度目のヤマセミ  惨敗 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 撮影場所を変えたが良かった | トップページ | 今年2度目のヤマセミ  惨敗 »