« 雨で撮影休みの暇つぶし | トップページ | ツツドリ2017Ⅳ  また一歩前進 »

2017年9月13日 (水)

D500とD7500の比較・・・超高感度領域

 昨日、暇に任せて2度目の比較撮影を行った結果です。

普段使うことのないISO6400、12800、25600、51200での撮り比べを行った。レンズは28-300㎜VRの135㎜の手持ち、撮影条件はすべて同じとした。ピクチャーコントロール:SD、WB:オート、1点測光、f5.6、モードMでSSもそろえる。

上がD500、下がD7500、各画像クリックで1200pixelに拡大する。距離がD500での撮影時は近かったようで、拡大画像はトリミングで調整した。
画像は、拡大するとやはりD7500の方が良い、野鳥撮影で高感度で使用するならD7500の方が有利だが、普通は2000以下で使用するのであまり関係ないと思う。もしAPS-C機で夜景を撮るならどうだろう、暗い場所でのAF性能を取るか、高感度の良さを取るか。
一度、D7500とTa18-400㎜で琵琶湖の花噴水でも撮りに行くかな・・・・まだやっているのか?

●ノートリ画像
自分の感覚では、共に超高感度でも使用できる範疇。ただし、今回の撮影は超高感度で使用するには明るい条件、夜景など暗い場所ならノイズの出方など結果はかなり違うだろう。

ISO6400  SS1/125
01d50064001
02d750064001

ISO12800   SS1/250
03d500128001
04d7500128001

ISO25600  SS1/500
05d500256001
06d7500256001

ISO51200  SS1/1000
07d500512001
08d7500512001

●トリミングで拡大
 D500は2.76倍(面積で7.6)、D7500は3倍(面積で9)

ISO6400
11d50064003
12d750064003

ISO12800
13d500128003
14d7500128003

ISO25600
15d500256003
16d7500256003

ISO51200
17d500512003
18d7500512003



ニコン製品の個体バラツキはどの程度あるのか、品質基準がどの程度の範囲なのか、よう分からん。これまで2度(3度?)問題があり送り返しているが、回答はいつも品質基準以内で文面は同じだった。今回の差は機種間の差かな?

|

« 雨で撮影休みの暇つぶし | トップページ | ツツドリ2017Ⅳ  また一歩前進 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で撮影休みの暇つぶし | トップページ | ツツドリ2017Ⅳ  また一歩前進 »