« 昨日のカワセミ | トップページ | 朝のお散歩で今日はササゴイにカワセミ »

2017年9月17日 (日)

朝のお散歩でカワセミにササゴイ

 撮影休みのつもりだったが、外は曇り空だったが平穏。天気予報で雲の流れの予想を見ると10時頃までは大丈夫、川の水量にライブカメラを調べるとどちらも問題無しだったのでカワセミ探索に出る。7時過ぎに家を出て11時頃に帰ってきたが、カワセミは上流に登場し下流方向に飛んだので追いかけたが、久しぶりに中流ポイントの蕎麦屋近くで遊んでくれた。草に隠れて姿が見えなくなり、下流ポイントまで歩いたがカメラマンは居ない、カワセミも姿見ずで直ぐに引き返した。別のカワセミ登場で期待したが、下流に飛び去ったので引き上げることにして上流に向かう。途中、ササゴイが居り魚を捕るサービスがあり、カワセミ以上に粘った。
D7500に300㎜f4+TC14Ⅲだったが、暗くてファインダーが見難く追うのに苦労し、AFの動作が遅かった。やはり、条件が悪い時はD500が良いような。

●カワセミ
 最上流の中学横に居た。昨日同様川原に降りたが、直ぐに下流へ飛び去った。カワセミの出勤途中だったようである。階段に座っていた人に、ここ10日ほど姿を見ているとのことで、期待できるかも知れないが、この辺り土手から遊歩道の雑草が伸び放題で道からは撮り難い。
17091701

 中流ポイントに居たが、カワセミは幼鳥で代わっていた。ここに来るまでに2羽が飛ぶ姿を見ている。
17091702

 蕎麦屋横の橋の上からの撮影
17091703

 橋の直ぐ下流で飛び回ってくれたが、ファインダー内が暗くて十分追えず。D500なら見やすく追えたかどうかは分からないが、連写はこの一連のみで抜粋。
17091704


17091705


17091706


17091707


17091708


17091709


17091710


17091711


17091712

  
●ササゴイ
 カワセミ撮影場所に居た親
17091713

 戻る途中の堰堤には幼鳥が魚を捕っていた。
ササゴイの餌捕りは一瞬、三脚を使わないとシャッターを押すタイミングを合わせるのは難しい。川を歩くには三脚は邪魔、決まった場所に現れてくれるなら良いが、仕方無しかな。
17091714


17091715


17091716

 ピントがボケる。連写の追従性はやはりD500か、それともD500でも同じか。感覚的にはD500の方が良いように思うが、同時撮影を行わないと厳密には分からない。
17091717


17091718


17091719

 4回ほど魚を捕るのを見たが、大きな魚を捕ったので、この後引き上げた。この時は捕る瞬間を全く追えずで、カメラを向けることさえ出来なかった。
トリミングで4倍(面積で16倍)の拡大、ISO1250ではやはり画像が汚い。
17091720


17091721


17091722

今年の地元のササゴイ成鳥は、かなり敏感で川に居る時に遊歩道上ながら、近づいてカメラを向ける前に逃げることが多い。今日の幼鳥は、直ぐ横距離で20mもない所に立っても全く逃げなかった。個体差かそれとも魚を捕るのに集中していたのか?
鳥は近くから撮らないと綺麗に撮れず、特に天気の悪い日は距離があるとアカン、鳥との駆け引きとなる。近くを転々と移動する間は良いが、完全に駆け引きを失敗すると怒って遠くに飛び去ってしまうので気をつかう。地元探索では、メインのカワセミ以外なら近づいてさっさと撮り直ぐに移動するが、今日のササゴイ幼鳥は粘らしてくれた。地元のカワセミは人馴れしているが、近づき過ぎればやはり移動しよるので距離の見極めは難しい。
以上は一人で探索撮影する時の話だが、カワセミなどは何処まで近づけば(体を乗り出すのも含め)逃げるか、限度を時々チェックしている。街中のカワセミは人馴れしているが、限度を調べておかないと撮影に失敗する。カワセミにも愛想良く遊んでくれるのと悪いのがいる。

  
久しぶりにEN-EL15aの撮影枚数を調べたが、2,077枚撮影して残り19%だった。EN-EL15(02)より長いように思うが、その分充電時間が長くかかっているような気がする。

  
撮影機材:D7500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:461枚
移動:歩き   天気:曇り
撮影経費:0円

|

« 昨日のカワセミ | トップページ | 朝のお散歩で今日はササゴイにカワセミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日のカワセミ | トップページ | 朝のお散歩で今日はササゴイにカワセミ »