« D7500と300㎜f4+TC14Ⅲの感度別画像・・・月編 | トップページ | 撮影休み  山の紅葉/黄葉・・・・過去画像 »

2017年9月28日 (木)

撮影休み・・・・鳥飛翔の手持撮影画像を等倍拡大する

 一昨日、冷蔵庫のアイスルーム(氷の収納部)が完全に締まらず2mmほど隙間が出来るのに気がついた。ドア閉め忘れのアラームが鳴ることも無く問題無く動いていたが、購入して14年でそろそろ買い替えの時期かと思い、現在の新品購入価格を調べたが、昔とそれほど変わらずで高い。ならば直らないかと原因を調べたら分かったので、朝から処置をして正常に戻った。電子レンジも最近加熱調理に以前よ少し時間がかかり、買い替えかと調べたところ、こちらは安かった。取り合えず、現品の引取りが出来るかどうか電話で大手のYとJに聞くと、Yは廃却の資格を持っておらず買取は出来ても廃却が出来ない、付属品が全部ついていて持ち帰って動作確認をして、買い取れない場合は返品になると言いよった。Jは数百円で廃却は可能とのことで、買い替えようかと思ったが、使えるので先に延ばした。30年使っているが、日本製はやはり壊れにくいのかな、最近の物はどうなのかな~?

掲載は、手持で撮影した鳥飛翔の1200Pixelに等倍拡大画像。
鳥飛翔撮影で一番肝心なのは、撮影条件とピントを上手く合わせられるかどうかである。止まりものも同様だが、ピント合わせは楽である。高額機材を使ってもピントが合わなければあまい画像連発、下手をすればボケ画像連発となる。上手く撮れれば手持ちでも大きく拡大して十分な画像が得られる。ただし、三脚使用に比べ歩留まりは悪い。
遠ければ大口径レンズでの三脚撮影が良いが、近くの飛びものは軽量機材手持ちの方が撮り易い。また、飛び出し狙いは三脚があった方が、瞬間を逃さない確率が高い。

  
タシギ?  D500と300㎜f4+TC14Ⅲ ISO320
 オオワシの合間の撮影、田んぼに雪が積もっており、照り返しで撮影条件が最高の日。飛ぶスピードが速く、軽量機材の手持ちだったから撮れたと思う。01d500300f4tc14iso3201

アカゲラ  撮影日に機材・撮影条件は上に同じ
 アカゲラの飛翔を撮るチャンスは滅多に無い。この時は、三脚使用の方が良かったかもしれない。
02d500300f4tc14iso3202

オオワシ  D500と300mmf4TTC14Ⅲ、ISO400
 オオワシは、大砲の三脚撮影の方が良いのは言うまでもないが、山の麓と湖岸を行き来する時は、手持ちでも撮影している。大きくは撮れないが、それなりの画像は得られる。
03d500300f4tc14iso4001

近距離のオオワシ  D500と300㎜f4+TC14Ⅲ、ISO640
 十分満足できる画像だが、滅多に無い近距離でD5と600mmf4で撮りたかった。近くで撮れるかどうかは運次第。
04d500300f4tc14iso6401

コハクチョウ  D500と300mmf4+TC14Ⅲ、ISO640
 逃げない距離に近づいての撮影、コハクチョウは撮り易いので手持ちで十分。
05d500300f4tc14iso6402

コミミズク  D500と300mmf4+TC14Ⅲ、ISO800
 人が多いので、どこからでも撮れるよう手持ちで行っている。夕方が多く日差しの条件が悪いのか、拡大すると甘い画像が多い。600㎜f4ならどうかな?
この時の撮影は、いつも行ってる場所と違い人は少なかった。歩く距離が長く、大砲でもう一度という気にはならず。
06d500300f4tc14iso8001

同上
07d500300f4tc14iso8002

       D500と300㎜f4+TC14Ⅲ、ISO1000 
08d500300f4tc14iso10001

遠過ぎるオオワシ  D500と80-400㎜、ISO320
 よく撮れたなと思う画像、ピントはどこかに適当に合ったのだろう。
09d50080400iso320

こちらに飛んで来たオオワシ  D500、80-400㎜、ISO400
 日差しが強すぎて少しテカったので、アカンかったと思っている。
10d50080400iso400

カワセミ  D7500と300mmf4+TC14Ⅲ、ISO400
 自分のカワセミ撮影の原点は手持ち、待ち時間が長いと三脚が欲しくなるが、探して歩くことを考えると手持ちとなる。活躍する場所が定まっている時は、D5と600㎜も使いたいと思うが、近すぎると大口径の600㎜では追うのに苦労する。ズームレンズが重宝だが、単焦点の630㎜でも少し慣れたかな。
11d7500300f4tc14iso400

同上
 近い止まりものは機材は何を使っても綺麗に撮れる。
12d7500300f4tc14iso400

亜種オオハヤブサ  D5と150-600㎜、ISO1000
 この組合せは、手持でも撮れるが探索で持って歩くには重い。以前は328でも持ち歩いて手持ちで撮った時期があるが、今はこの機材の重量が限度。
13d5150600iso1000

同上
14d5150600iso1000

ハヤブサ  D7200と300mmf4+TC14Ⅲ、ISO400
 D7200は、ISO1600にすると画像がノッペリするのとAFに連写がとろいので、D500のサブとしてD7500に買い替えたが、ISO800ぐらいまでの画像は十分だった。D500よりD7200の方が画像が良いと聞くが、ホンマかいなと思っている。自分の用途は動きもの、ピントが合わないとアカンので、その差が評価の違いにあるのかな。
15d7200300f4tc14iso400

オシドリ  D7200と300mmf4+TC14Ⅲ、ISO400
16d7200300f4tc14iso400

  
掲載画像、撮影距離が近いと良いが遠いともうひつ。色々と制約はあるが、可能な限り近づかんと綺麗には撮れない。

|

« D7500と300㎜f4+TC14Ⅲの感度別画像・・・月編 | トップページ | 撮影休み  山の紅葉/黄葉・・・・過去画像 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D7500と300㎜f4+TC14Ⅲの感度別画像・・・月編 | トップページ | 撮影休み  山の紅葉/黄葉・・・・過去画像 »