« カワセミ 自信喪失の日 | トップページ | カワセミ  朝は出が悪く、昼からもう一度行った »

2017年10月18日 (水)

一眼望遠機材とネオ一眼高倍率機の再比較

<訂正:昨日の一眼レンズは300mmf4+TC14Ⅲだった>

 昨日サイバーショットを借用しての画像、所有者のブログを見ると一眼なみの画像が掲載されていたので、”あれまあ~”で少し手をかけて修正し直してみた。
修正次第ではそこそこの画像が得れるのかな。フォーカスは良いが色が少し好みでないと思ったが、さらに工夫すればもう少し良く(好みに合う)なりそう。感度を上げた時のベタ感はV3より良いかも。

D7500と300mmf4+TC14ⅢTa18-400㎜のRAW撮影(ISO2000) VS サイバーショットRX10MⅣのJPEG画像(ISO1000かな?)

Hikaku

  
AFが速くコマ数24枚で連写枚数がかなり多い。連写枚数が40枚で高感度に弱いV3の代わりにと思ったが、V3後継機が出るかどうかの様子見とする。
高くてV3システム一式と使っていないレンズを下取りに出す必要があり、コマ数24枚はカワセミの餌捕り連写、特に水際連写に魅力有りだが、しかし自分の用途で魅力なのはそれだけ。最近上手く撮れていないので撮っても失敗の連続になりそう。

家に居ると暇なので、撮影機材のアレコレを考えてしまい、考えにブレが生じる。ブレによって衝動買いをすると余分な出費が増えてしまう。撮影機材は十分過ぎるほど揃っているが、少しでも楽して良い画像を得たいと思っている間は・・・・

|

« カワセミ 自信喪失の日 | トップページ | カワセミ  朝は出が悪く、昼からもう一度行った »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 自信喪失の日 | トップページ | カワセミ  朝は出が悪く、昼からもう一度行った »