« 雨で様子見  家の中でD7500と150-600㎜の手持ちをチェック | トップページ | タムロン18-400㎜のVRの効きを確認する »

2017年10月10日 (火)

V3の手持ち1080㎜(レンズ400㎜)撮影での低速シャッター速度限界を調べた

レンズは、タムロン18-400㎜とニコン80-400㎜を使用、VR・ONの手持撮影。
注)18-400㎜は普通にセットしても使えないが、装着後カメラのFT1着脱ボタンを押せば電源を切るまでは使える。某サイトのクチコミに記載されていたので使用しているが、カメラやレンズに及ぼす影響は分からない。

ISO1600、絞り開放、VR・ON、WBオート、暗かったのでPCソフトで適当に露出補正したが、その他は補正無し。

●タムロン18-400㎜
SS1/20、f6.3 ノートリ0118400_2

 トリミングで3倍に拡大
02184003_2

 

●ニコン80-400㎜
・SS1/20、f5.6 ノートリ
0380400_2

 トリミングで3倍に拡大
04804003_2

  
・SS/10、f5.6  ノートリ
058040010_2

 トリミングで3倍に拡大
0580400103_2

  
風の無い室内のなら、歩留まりは悪くノートリ画像限定となるが、S1/20ぐらいなら使えそう。80-400㎜は、歩留まりが更に悪くなるが1/10まで可能かもしれない。レンズの重さよりVRの差が大きいようである。

色が多少違いニコンのレンズの方が良いが、どちらが正確かは? また、大きさが少し違うので、同じ公称400㎜のレンズでも撮影した距離では焦点距離が違うのかな。

|

« 雨で様子見  家の中でD7500と150-600㎜の手持ちをチェック | トップページ | タムロン18-400㎜のVRの効きを確認する »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で様子見  家の中でD7500と150-600㎜の手持ちをチェック | トップページ | タムロン18-400㎜のVRの効きを確認する »