« 朝も昼からも気合を入れてハヤブサ | トップページ | 何処へ行くか思案中 »

2017年11月 8日 (水)

撮影休み  昨日のISO25600で撮影したハヤブサ

 今日は雨で撮影休み

最近、鳥撮影の対象がマンネリ気味、サービスの良いカワセミが居た頃は、カワセミ撮影だけで十分満足していたが、最近登場するカワセミはサービスが悪く面白くない。ハヤブサに行っても低い場所に止まってる確率が低く、飛ぶのも僅かな時間で後は帰ってくるのを待つか飛び出すのを待つかで疲れる。
オオワシが飛来すれば、遠いのでチュウヒほどでは無いが湖北に通うつもり。今撮りたい鳥と言えば、コチョウゲン、オオタカ、ハイタカぐらいかな。オオタカはもう一度行っても良いが、高速利用では駐車場料金もいるので費用がかかり過ぎ、撮れれば良いが一昨日のように撮れなければガッカリ度が高い。次回は、ヤマセミに行っった帰りに寄るかと思っているが、そうなれば手持ちでの撮影となる。現地で狩りが撮れると聞いたが、軽量機材の手持ちで綺麗に撮れる距離かどうか、あまり行かない撮影地のことはよく分かない。

昨日のハヤブサ、日暮れまで粘ったがオメオメとこのまま帰れないと思い、高感度撮影を試した。D5と600㎜f4+TC14Ⅲ、画像は悪いがISO25600までそれなりに撮れていたので驚いた。トリミングで拡大する鳥撮影では、D5でもこれまでISO5000、思い切って6400までと思っていたが、これから暗い時は思い切って感度を上げて撮影しよう。D500は、ISO3200まで使用しているが、撮影条件によっては1600でも拡大すればノイズが気になることがある。
ニコンのカメラ、D750が高感度に強いというが、D5がチャンピオンと違うのかな。画像の見方によって違うと思うが。

●ISO25600と1250の止まりもの画像比較

いずれも等倍に拡大
ISO25600
001dsc_396625600

ISO1250
ISO200ぐらいまで下げても良かったのだが、飛び出し狙いでいつ飛び出すか分からないのでSSを下げなかった。
002dsc_38501250


●ISO25600で飛び出しを連写
SS1/1000を確保したが、暗くてファインダーが見難く追い難かった。ピントが甘いものをソフト修正している画像もある。また、実際のハヤブサは、画像ほど明るくない。風景絡みなら明るすぎるが、日頃から鳥そのものを撮っているのでOKとしている。

トリミングで2倍に拡大
01dsc_3995

ISO3200ぐらいまでの画像に比べると、キレが無く少しベタ感がある。
02dsc_3996


03dsc_3997


04dsc_3999


05dsc_4000


06dsc_4001


07dsc_4002


08dsc_4003


09dsc_4004


101dsc_4005


ISO6400で撮影した画像、実際はこのぐらいの暗さに見える。
102dsc_4005


 
●常用感度での撮影

ISO800
11dsc_3773800


12dsc_3774


13dsc_3778


14dsc_3780


15dsc_3795


16dsc_3808

ISO1250
17dsc_37011250

ISO3200
18dsc_38693200


19dsc_3870


20dsc_3871

|

« 朝も昼からも気合を入れてハヤブサ | トップページ | 何処へ行くか思案中 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝も昼からも気合を入れてハヤブサ | トップページ | 何処へ行くか思案中 »