« 赤く染まった夜明け前の月 | トップページ | 過去3年間の当ブログページ別アクセス数 »

2017年11月 4日 (土)

雲台(ジンバルヘッドJr3)の上方向振れ角度を変える

 今日は、車でひとっ走りしようと思っていたが、三連休の中日なので車が多いかと思い、来週の平日に延期した。新規購入のジンバルヘッドJr3の上向振れ角度を変えた。

昨日のハヤブサ撮影、普通の三脚設置では三脚座取付プレートがヘッドに当り、煙突の上のハヤブサに向けれなかった。仕方なく、三脚の後ろの足を短くし斜めにしてかろうじて振れるようにした。考えればウインバリーのヘッドWH-200も同様だったが、クランプを上にスライドできる構造で、当たる場合は現場で少し上にスライドさせていた。102dscn0461

画像のカメラはD5だがD500でも同じで、この角度までしか振れず。
101dscn0460

スイングアームの取り付けネジの穴が3カ所有り、一番上になっていたものを真ん中に変える。ネジが固く締まっており、六角レンチを回そうとしたがビクともせず、仕方なくレンチの根元をモンキーで掴んで、瞬間力をかければ緩んだ。
103dscn0464

真ん中にすればプレートが当らなくなり、カメラの底が当るまで振れるようになった。
104dscn0462

D7500にすればここまで振れるが、三脚使用でこの角度で撮影することは無いだろう。
105dscn0463


尚、プレートはウインバリーの物で三脚台座固定のビスの位置を変えれない。純正はビスの位置が変えれるようで、また長さが短く固定用の爪が端についているプレートなら、ウインバリー製でもスイングアームの位置を変えなくても使えそう。

|

« 赤く染まった夜明け前の月 | トップページ | 過去3年間の当ブログページ別アクセス数 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤く染まった夜明け前の月 | トップページ | 過去3年間の当ブログページ別アクセス数 »