« ハヤブサ 正月で里帰りか? | トップページ | オオワシ2017-18Ⅺ(2/2)  琵琶湖からの戻り »

2018年1月 4日 (木)

オオワシ2017-18Ⅺ(1/2)  犬のウンチを踏んで付いた運は落ちていなかった

 天気予報は悪かったがオオワシに行った。多少の雨か雪は覚悟し手持ちで行ったが、湖北は撮影中に一度ショボついた程度で晴れ、晴れならロクヨンを持って行ったのだが、またしても予報に騙された。機材は、D7500と150-600㎜の手持だったので、最初は湖岸で撮影、シジュウカラガンとかいう珍しいのが居るとの情報を見ていたが、運よく野鳥センターの前に居り、コハクチョウと一緒に田んぼへ飛ぶところが撮れた。
その後、麓に行きオオワシが飛んでお魚を持って帰ってくるのを待ったが、二度目の琵琶湖行きで持って帰ってので撮れた。オオワシの獲物にしては、それほど大きくなかったが、今シーズン初めてのお魚持ち帰り、おまけに山の前を一度旋回してくれ大きく撮れたので良かった。カラスに追われ塒方面に消えたので、1時過ぎに満足して引き上げた。
今年最初のカワセミ撮影で、犬のウンチを踏み付いた運、帰る途中で川に下り綺麗に取ったが、自分自身に運が残っていたようである。

今日のトリミングによる拡大は色々

●オオワシ
 魚持ち帰り、魚無しの飛翔は整理してから掲載

18010401


18010402


18010403


18010404


18010405


18010406


18010407

頭上近くを飛ぶと、近くて羽が画面から切れたので3倍に拡大した。
この角度は三脚撮影なら角度的に撮れなかったかも知れない。
18010408


18010409


18010410


18010411


18010412


18010413


18010414


18010415


18010416


18010417


18010418


18010419


18010420

 

●シジュウカラガン
 撮影中の人に大体の居場所を教えてもらったが邪魔したかな。自分で探せば見つけられなかっただろう。

18010421


18010422

コハクチョウ数羽の集団が飛んだので遅れて飛んだ。マガンも居るのになぜコハクチョウの集団なのか?
18010423


18010424


18010425

コハクチョウと比べると体がかなり小さいが、一気に抜いて集団の前に出た。行先の田んぼが決まっているのだろう。
18010426

 

●チュウヒ
 センター前に突然チュウヒが飛んで来たが、距離が近かったので驚いた。葦原の上、目の前でホバをしたが、木の枝被りで撮れず。

18010427


18010428


18010429

 

●ハイタカ
 山本山の前で上空を横切る。

18010430

 

遠い猛禽撮影でのD7500と160-600㎜の相性、自分が所有しているD500より良いかも知れない。次回は、気合を入れてロクヨンを持って行くが、カメラはD500にするだろう。


撮影機材:D7500、160-600㎜、手持撮影  撮影枚数:810枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り一時多少のしょぼつき
撮影経費:0円

|

« ハヤブサ 正月で里帰りか? | トップページ | オオワシ2017-18Ⅺ(2/2)  琵琶湖からの戻り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハヤブサ 正月で里帰りか? | トップページ | オオワシ2017-18Ⅺ(2/2)  琵琶湖からの戻り »