« オオワシ2017-18Ⅺ(1/2)  犬のウンチを踏んで付いた運は落ちていなかった | トップページ | アオバト »

2018年1月 5日 (金)

オオワシ2017-18Ⅺ(2/2)  琵琶湖からの戻り

 昨日のオオワシ、今シーズンは初めての150-600㎜の使用、三脚使用ならD5にしたが手持ちなのでD7500にした。今シーズンは、漁の瞬快狙いでの湖岸での待ちは無い。湖岸での撮影は手持を考えており、昨年は300mmf4+TCか80-400㎜を使ったが、今年は150-600㎜を使用しカメラにはD7500を考えており、麓での事前チェックを行った。結果は、十分だろうというところ。

尚、最近、使用しているD5、D500、D7500の自己評価は
 写り  D5>D7500>D500・・・D500は感度を上げるとアカン
 AF  D5>D500>D7500
 総合 D5>D500>D7500
D7500は、AFのレスポンスでD500より少し劣り、カワセミなどの動きの素早い鳥での咄嗟の撮影で差を感じる。
また、自分の所有D500固有と思うが、150‐600㎜での写りはもう一つ、ピント調整をして多少マシになったかと思うが物足りない。他のレンズは気にならない。

昨日の1回目の琵琶湖への飛び立ち後の戻り画像。漁港方面、沼の上を通って帰る理想のコース、魚を掴みお頭が左側なら言うこと無かったのだが、その内撮る機会があるかな。
飛び出しは、頭上を通過でかなり低かったと思うが、もう飛び出すかと期待していた時に車のクラクションが鳴り、気を取られそちらを見た瞬間に飛び出し(見ていない)、気が付いた時は頭上を通過していた。集中力不足で残念と言えば残念、クラクションが鳴らなければ撮れていたと思うが、飛び出しはもうエエやろう。

頭上通過後のノートリ画像00dsc_1694


以後のオオワシ画像は、トリミングで2.4倍に拡大
途中、間を置きながらの63連写からの抜き取り。ボケボケは無かったが、最後の画像辺りでははみ出しが多かった。その間は約25秒、遠くを飛んでいる時は遅く見えるが、近くに接近すると速くモタモタしていると撮り逃がす。
01dsc_1694


02dsc_1729


03dsc_1733


04dsc_1741


05dsc_1745


06dsc_1749


07dsc_1751


08dsc_1754


09dsc_1756


10dsc_1760


11dsc_1767


12dsc_1768


13dsc_1771


14dsc_1775


15dsc_1778


16dsc_1779


17dsc_1782

  
止まりものを1枚
場所を移動して近い場所から撮影した。150-600mmでは撮影条件が悪ければ、この程度が精一杯、同じ600㎜でもロクヨンと物が違う。正確には価格が違う。
Dsc_1595

  
 
マガンを今シーズン初撮り
18dsc_1253


19dsc_1255

  
コハクチョウ
前の葦がもう少し低ければ水面を走るのが撮れるが、今の状況は難しい。
20dsc_1411

|

« オオワシ2017-18Ⅺ(1/2)  犬のウンチを踏んで付いた運は落ちていなかった | トップページ | アオバト »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2017-18Ⅺ(1/2)  犬のウンチを踏んで付いた運は落ちていなかった | トップページ | アオバト »