« 街中のハヤブサ  またしても根気不足で肝心なシーンを撮り逃がす | トップページ | チュウヒ2018Ⅰ 練習試合というところ »

2018年1月28日 (日)

狙いはノスリだったが、久しぶりのチュウヒとなりにけり

 久しぶりにノスリを撮りに行ったが、愛想無しで直ぐに飛び去ってしまった。チュウヒが頭上を飛んだので、7月以来のチュウヒポイントで待つことに。飛翔を撮れたが何処からか飛んできて数回旋回して、再び何処かに飛び去るの状況、♂と♀か昨年生まれの若か分からないが2羽を撮影した。チュウヒの飛翔は、平凡すぎてトビと変わらず面白味が無い。面白いのは餌渡しと、集まってくるトビを蹴散らすバトルだが、今年も5月、6月には楽しませてくれると期待している。暇な時に気分転換でボチボチ行ってみるかな。
今日は、どんよりした曇り空で少し霞んだ雰囲気で綺麗に撮れず、いつも以上に修正し見れる画像には仕上げている。

ノスリ
飛び出しを狙って近づいたが、今日は何時もより距離があるにも関わらず逃げられた。
18012801

ごくたまに横に飛び出すことがあるが、大概は反対方向に飛び出す。こちらを警戒して逃げるのであたり前やな。
18012802


18012803

      
近くにチュウヒが飛んで来たが、かなり遠くからのご帰還。
18012804


18012805


18012806

横を飛んで琵琶湖に行ったので、急いでチュウヒ撮影ポイントに行く。
18012807

途中で前の木の中に猛禽らしきを発見、いつもは木の上に止まるのでおかしいと思っていたが、最短距離に着いた時には姿無し。帰ってから画像を見るとオオタカのようだ。
18012808

しばらく待っていると対岸の方から飛んで来た。  
18012809


18012810


18012811


18012812

ノートリ
もう少し上を飛んでくれ、空気が澄んでいれば雪山バックの飛翔が撮れるが、大気の条件の良い時に行き粘らないと無理やろな。撮れてもハイイロチュウヒの♂ならともかく、普通種のチュウヒでは大して絵にならない。
18012813


18012814

反対側に行き岸辺の何処かに止まっていないか、しばらく様子を見たが姿無し。
帰ろうと駐車場に着いた時、姿が見えたので再び撮りに湖岸に行った。

♀かと思ったが昨年生まれの若かも知れない。昨年も4月の始め頃まで若が残っていたので、行き初めは4羽が撮影できたが、直ぐに親が追い出しよった。
18012815


18012816


18012817


18012818

 

撮影機材:D800E、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:186枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

|

« 街中のハヤブサ  またしても根気不足で肝心なシーンを撮り逃がす | トップページ | チュウヒ2018Ⅰ 練習試合というところ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街中のハヤブサ  またしても根気不足で肝心なシーンを撮り逃がす | トップページ | チュウヒ2018Ⅰ 練習試合というところ »