« どんよりした天気での街中のハヤブサ | トップページ | 寒くて撮影休み »

2018年1月23日 (火)

オオワシ2017-18ⅩⅧ  風邪に負けても風に負けたらアカン

 今週の湖北行き可能な日は、予報で今日ぐらいしか無かったので、D7500と300mmf4+TC14Ⅲの手持で行った。160-600㎜を持って行きたかったが、予報で昼からの風が強かったので、風に煽られることを考え軽量機材にする。
9時半過ぎに野鳥センターに到着、麓に行ってオオワシを確認してから湖岸に行った。今日は、湖岸での自分の拘り2番目のポイントで待つ。しばらくして野鳥センター方面に飛んだので”アカンがな~”と思い、獲物持ち帰り狙いで急いで麓に行ったが、着いた時にはオオワシは松に止まっていた。麓に居た人から聞いた話では、直ぐに戻って来たそうな。”●●ッタレ~”と思いながら直ぐに湖岸に戻る。今シーズン行った時の経験から、止まった松の木から飛ぶことは飛ぶが待ち時間が長い。しばらくして雨がパラツキ、風が強くなってきた。我も渓流釣り師の端くれ、多少の雨なら備えさえしていれば大して気にならないが、この時期の風は苦手で一旦東屋に避難した。ところが着いたとたんに飛び出しよった。今度は北向きで途中から高度を下げ見失ったが、湖岸の水鳥がパニック状態で飛ぶのが見えた。もしかしたら琵琶湖に入って直ぐに湖面に向かったのかも知れないし、見えなかったので北に飛んだかも知れない。とにかく湖岸に急いで行き漁港方面まで見渡したが姿無し、少し移動して麓のカメラマンを見ると琵琶湖の方を見ていたので直ぐに麓に行った。
かなり時間が立ってから戻って来たが、野鳥センター方面からでオオバンを掴んでいた。3回ほど旋回して塒辺りに入ったので見える場所に行ったが、かなり端まで行っても枝被りでまともに撮れず。おにぎりを食べてから野鳥センターに戻ったが、途中で振り返ると山の前を飛ぶのが見え、まだやる気かと麓に車で戻ったが、風が冷たく諦めて引き上げた。麓の道路から湖岸道路に入って直ぐ、湖岸近くに居たカモが一斉に飛び出すのが見えたが、まさかと思うがオオワシが飛んできていたのかな? 

東屋から撮った飛翔
18012301


18012302

オオバンを掴んで帰ってくる。日は差していなかったが、逆光条件でまともに解像せず。もう少し右から帰って来てくれれば良かったのだが、かなり低く撮影距離は近かった。
トリミングで2倍に拡大
18012303


18012304


18012305


18012307


18012308


18012309


18012310


18012311


18012312


18012313


18012314

南の低い場所に止まるかと期待したのだが
18012315


18012316

以後の3画像は、1200pixel等倍
食事中、630㎜手持ちではこの程度しか撮れず。
18012317

野鳥センターに向かう途中からの撮影
18012318

帰る途中に麓から撮影
やる気があるように見えたが、琵琶湖に飛んだかな? 先日は30分ほどで魚を獲りに行きよった。
18012319


風に負けず湖岸で粘っていれば、水面近くの良い画像(オオワシと逃げるカモ)が撮れたのかな? まあ、天気の関係でパッとしない画像だが、オオバン掴んでの旋回が近い距離で撮れたので良しとしよう。
ソフトでもうちょっと修正できないか頑張ってみよう。

  
撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:246枚
移動:車  天気:晴れ後曇りで雨がショボツク
撮影経費:約2,350円(ガソリン代 日常経費枠を超える)

|

« どんよりした天気での街中のハヤブサ | トップページ | 寒くて撮影休み »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんよりした天気での街中のハヤブサ | トップページ | 寒くて撮影休み »