« 狙いはノスリだったが、久しぶりのチュウヒとなりにけり | トップページ | カワセミ  いきなりホバの連続だったがピントが合い難かった »

2018年1月29日 (月)

チュウヒ2018Ⅰ 練習試合というところ

 気合を入れてオオワシに行くつもりで準備していたが、野鳥センターの鳥情報によると昨日2回餌を食べたとのことで飛ばんかもと思い中止、ならばということでそのままの機材で気合を入れてチュウヒに行った。まだ早いがチュウヒ2018の始まりである。
3時間居たが飛んだのは、♂が10分弱旋回したのと飛び去って10分ほど経ってから、別のが一度通過しただけで退屈な撮影となり、今シーズンスタートは練習試合からとなりにけり。日差しがあり冬というのに大気にメラメラが生じたのは意外、11時前の遠くの飛翔撮影はボケて遠くは綺麗に撮れず。オオワシも同様の傾向があるが、もう少しマシのように思う。
今日は、東側駐車場に車を止めたが、ポイントに行く途中の葦原が昨年の巣近くまで刈られ、重機のようなものが通った跡があった。昨年夏の外来植物駆除作業の名残かな? 今年もこの地で繁殖するとしたら巣の場所が気がかり、林のの中の見えない場所に造られると、♀が体を捻って下りるところが撮れなくなる。

18012901


18012902


18012903


18012904


18012905


18012906


18012907


18012908


18012909


18012910


18012911

最接近の画像
18012912

♂が飛び去った後通過した個体、近くも飛んだが逆光でまともに撮れず。
18012913

 

オマケ
タゲリ、今シーズン初見初撮り。綺麗な鳥だが色が出ずで残念。
18012914


18012915

   
ユリカモメ
今シーズンも姿は見ているが、まともに撮るのは今シーズンでは初めて。
18012916


18012917


撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:300枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

|

« 狙いはノスリだったが、久しぶりのチュウヒとなりにけり | トップページ | カワセミ  いきなりホバの連続だったがピントが合い難かった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狙いはノスリだったが、久しぶりのチュウヒとなりにけり | トップページ | カワセミ  いきなりホバの連続だったがピントが合い難かった »