« オオワシ2017-18ⅩⅩⅡ(2/2)  それからのオオワシ | トップページ | チュウヒ2018Ⅱ オープン戦開幕 »

2018年2月11日 (日)

画像修正

 撮影に出るか、休みにするか思案中

一昨日のオオワシで画像修正をすればどの程度変わるか、昨日暇だったので比較画像を作成してみた。
  

●RAWでのWB変更
 琵琶湖からの帰りの画像、少し赤みがかっていたので変更してみた。最近時々使っている。一昨日の掲載はオートのまま。

WB:オート(通常設定)
01wb01

WB:晴天
晴天時は、WBを晴天に設定した方が良さそうと以前に考えたが、直ぐに忘れて設定を変えずに撮影してしまう。 
02wb02


  
●RAWでのピクチャーコントロール変更
 コントラストが少し強い画像を変更する。V3では、地味すぎるのでスタンダードからビビットに変更する場合が多いが、一眼ではあまり変更しない。

ピクチャーコントロール:スタンダード(通常の設定)
03pcsd

ピクチャーコントロール:ニュートラル
ニュートラルで撮ってる人もいるが、晴天で日差しの強い日はこちらの方が良いかも。
04pcne

ピクチャーコントロール:フラット
これは鳥撮影ではアカン、何を撮影する時に使うのかな?
05pcfl

 

●PhotoshopEL15での自動ブレ低減、自動シャープ
 遠い距離の撮影で、画像がモジャモジャの場合に使っている。主に自動ブレ軽減だが、時々”何じゃ~”と思う結果になる時が有り、その時は自動シャープを使う。
距離が近くてスッキリ撮れている場合は必要無し(処理しても大した変わり無し、返って画像が悪くなることもある)だが、ルーチン作業で使用することが多い。ピントそこそこの多少のボケは修正出来るが、ボケボケにピンズレは修正出来ない(あたり前)。

3倍の拡大、上が修正前で下が修正後

・掲載画像の中では一番遠い061

062

・中間
071

072

・一番近い
この画像が一番順光に近いが、バックのメラメラが酷い。陽炎の影響は順光過ぎてもアカンのか、単にバックの距離の違いか?
081


082

少しテカるので自動シャープで処理、2度処理でも画像はさほど崩れない。
083

|

« オオワシ2017-18ⅩⅩⅡ(2/2)  それからのオオワシ | トップページ | チュウヒ2018Ⅱ オープン戦開幕 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2017-18ⅩⅩⅡ(2/2)  それからのオオワシ | トップページ | チュウヒ2018Ⅱ オープン戦開幕 »