« 撮影休み | トップページ | D5、D850、D500の拡大画像 »

2018年3月 5日 (月)

D850 VS(?) D5にD500

 朝から雨で撮影は諦め、ニコンの大阪サービスセンターへD5とD500のセンサーとファインダーの掃除に行ってきた。別メニューでピントチェックがあったので、D500のみ依頼したが後にピンになっていたとのこと。チェック用の基準レンズを使用したとのことが、何本かピント調整したのが降り出しに戻る。初めからおかしいのと違うかと聞いたが、使っている内にズレが生じるとことがあるとのことだが、ならばこれからも生じることがあり定期的にチェックする必要が有るやないか。”ホンマかいな、ちゃんと出荷検査していないのと違うか”と疑いを持つ。600㎜f4など使っていて、途中からピントがおかしくなったとは思わない。もっとも気づかない程度なのかも知れないが、鳥撮影しかしておらずトリミングでかなり拡大しているので分かるはず。

暇な待ち時間が有るので、マクロ105㎜を持って行きD850の試し撮りをさせて貰い、清掃後のD5とD500にも装着して比較を撮影を行ったが大失敗。各カメラ、同じ場所から撮影したつもりが立つ場所が違った。2時間ぐらいの間があったが少しボケが進んだかな。

掲載する画像も無いので比較にならない画像ですが掲載します。
ゴジャゴジャした花は最近撮影することが無く、腕の悪さが十分分かる画像になっている。ここ数年鳥専科の者が花を撮ればこんなものだろう?

撮影条件
 絞り優先オート、露出補正-1、ピクチャーコントロール:スタンダード、WB:オート、ISOを常用の400から滅多に使わない25600の範囲で変更
ありゃ~、D850はAF-SでD5とD500はAF-Cダイナミック25点、ピントのポイントが画像によって動いたかな?

画像は、上D5(1.5倍に拡大)、中D850(2倍に拡大)、D500(ノートリ)
トリミングによる拡大以外は無修正

●ISO400
011iso400d5

012iso400d850

013iso400d500

  

●ISO1600
021iso1600d5

022iso1600d850

023iso1600d500

  

●ISO3200
031iso3200d5

032iso3200d850

033iso3200d500

  

●ISO6400
041iso6400d5

042iso6400d850

043iso6400d500

  

●ISO12800
051iso12800d5

052iso12800d850

053iso12800d500

  

●ISO25600
061iso25600d5

062iso25600d850

063iso25600d500

  

●D5とD850のノートリ画像比較
上がD5で下がD850でISO25600の画像、少し修正している。
101iso25600d5

102iso25600d850



D5にD500とD850では少し色が違い、D850の方がクリア感が良いように思うが、室内撮影で照明の角度の違いによるのか、それとも白い花の割合が大きいのでそう見えるのか?
どの画像も多少の優劣はあるが同じようなもの、D500は価格から考えると健闘していると思う。トリミングで拡大する鳥では、高感度にするとノイズがかなり目立つのはなんでや~、D850も同じやろう。拡大によるところも有るが、日差しや大気の影響がかなりあるのかな。ピント不十分でブレ補正やシャープの後処理の影響か、腕を上げれば何とかなる・・・?

尚、元画像は、14bitのロスレス圧縮RAWで、画像ファイルサイズの一例はD5:28Mb、D850:55Mb、D500:25Mb。パソコンは、プロセッサが3.4GHzデュアルの実相RAM16GBで、D850の画像でも動きに全く問題は無かった。

D850を持った感想は、他の所有カメラと同じで特に何も感じず。ただ、シャッター音が安っぽ過ぎ、高額カメラなのでD5並みとは言わないが、もうちょっとマシな音に出来なかったのかいな。使う喜びを考えれば、音だけで価値が落ちる。

|

« 撮影休み | トップページ | D5、D850、D500の拡大画像 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み | トップページ | D5、D850、D500の拡大画像 »