« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

撮影休み  昨日のハヤブサ

 今日で17年度が終了、3月に66歳になり定年退職から丸6年たったが、写真撮影を中心に日々遊々の生活をしている。朝起きると膝と足の脹脛が怠く(? 痛いほどではない)少し歩くと楽になり普通に歩ける。ただ、撮影地で1時間程立っていると調子が悪くなるので、撮影で定点撮影する時には必ずパイプ椅子を持って行くことにしている。歩くのは階段でも今のところ問題無い。

掲載は、昨日撮影のハヤブサ飛び出しで当ブログではお馴染みのシーンです。昨日はクッキリした青空だったので、空抜けの飛翔を撮りたかったが残念。

快晴の中の日影から日が照り付ける場所への飛び出しで色がもう一つ。01dsc_5083


02dsc_5085


03dsc_5086


04dsc_5087


05dsc_5088


06dsc_5089


07dsc_5090


08dsc_5091


09dsc_5092


10dsc_5093


11dsc_5094

3月の狙いの鳥、ハヤブサが一時良かったので数日通ったが最近はサッパリ、カワセミは不調が続き、チュウヒも見える場所にあまり登場しなかった。アオバトもカワセミ撮影地で、チュウヒ以外は地元から出なかった。4月は、ヤマセミ、ミサゴにクマタカあたりにも足を延ばし、春の小鳥渡りで大阪城公園にも久しぶりに行ってみるかな。
12

| | コメント (0)

2018年3月30日 (金)

カワセミに行ったが姿見せず、代わりにノビタキ登場

 昨日に続きカワセミ最下流ポイントに行ったが、着いたのが遅く姿見られず。代わりにノビタキが登場し、僅かな時間だったが相手をしてくれ撮影ボーズにはならずでヤレヤレ。ノビタキは、この春は初で直ぐに姿を消したが数日は近くに居るのかな。

朝は、10時頃に引き上げ昼食後朝の撮影が物足りなかったので夕方のハヤブサに行った。狭い日陰でなかなか動かずだったが、1時間ほどしてから飛んだので飛び出しだけは撮れた。

18033001


18033002


18033003


18033004


18033005


18033006


18033007


18033008


18033009


18033010


18033011


18033012

  
ハヤブサ
今日は日陰の2枚だけ掲載、残りは明日に残す。
18033013


18033014


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:朝128枚、夕方:75枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

カワセミ 久しぶりの定点撮影

 行く所も無いのでカワセミに行った。探索のブラブラ歩きではなく、久しぶりに最下流ポイントで待ちの撮影を行う。最近の状況は分からないが、歩いて行くのがしんどく往復とも地下鉄を利用した。
出はもう一つで、数少ない飛び込みシーンを撮り逃がしたが、しばらくカワセミから離れていたので飛び込んだ瞬間が見えず、場所によって居るカワセミの動きが違うのでその影響もある。

18032901


18032902


18032903


18032904


18032905


18032906


18032907


18032908


18032909


18032910


18032911


18032912


18032913


18032914


18032915


18032916

チョウゲンボウ登場
18032917


18032918


18032919


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:226枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

昨日のハヤブサ

 昨日の夕方に撮影したハヤブサ、登場は2回で最初は上空を旋回して飛び去り、30分程してから煙突の上に再び登場したが、5時を過ぎていたので色がもう一つ。D800Eと150-600㎜の手持ちでは遠すぎると思ったが、トリミングによる拡大で何とか見られる程度に撮れていた。シグマの150-600㎜Cは、撮影距離が遠いとAPS-C機ではボケるが、フルサイズ機では満足かな。近いとカメラの差があまり出ないが、遠いと差が出るということかな? ただ、フルサイズ機では遠いと大きく撮れず、トリミングによる超拡大が必要だが、それでも条件が悪い時はフルサイズ機の方が良いように思う。
D800Eは、写りは良いが連写コマ数と連続撮影数が少ないのが残念、以前は満足していたがD500の購入後あまり使用していない。150-600㎜で、以前のように使用してみよう・・・チュウヒの餌渡しなどでは、肝心な場面をコマ数不足で撮り逃がすかな。

画像は、フルサイズから4.8倍の拡大、APS-C機なら3.2倍の拡大に相当。

01dsc_9393


02dsc_9407


03dsc_9412


04dsc_9437


05dsc_9483


06dsc_9484


07dsc_9485


08dsc_9486


09dsc_9487


10dsc_9488


11dsc_9489


12dsc_9490


13dsc_9505


14dsc_9506


15dsc_9508

 

1枚目のノートリ画像
Dsc_9393_01_1

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

京都の桜2018Ⅱ 山科(勧修寺、疎水・・・)

 京都のソメイヨシノも満開間近、有名な寺に行けば人が多いだろうと地元の山科を歩いた。山科にも勧修寺や山科疎水といった桜の名所はあるが、醍醐寺などメジャーな名所に比べれば人は少ない。カワセミ撮影地を歩くので、見つければ撮ろうと機材はD7500と18-400㎜にした。10時半頃に疎水での撮影が終わり、東山方面に行こうかと思ったが止めて家に戻る。
一日乗車券を買っていたので勿体なく、D800Eと150-600㎜に機材を代え夕方のハヤブサに行った。4時半頃に登場し上空を旋回して何処かに消えた。5時になって帰ろうと駅に向かっている時に、振り返ると煙突の天辺に登場。戻って飛び出しを撮って引き上げた。ハヤブサは画像を確認してから、良い画像が有れば明日でも掲載するが、遠すぎたので見られる画像があるかどうか・・・

●勧修寺
 ほぼ満開に近く見頃にはなっていたが、明日の方が良かっただろう。拝観料が普段400円のところが、特別拝観が有るとのことで600円になっていた。桜のシーズンでもカワセミ撮影で何度も行っていたが初めてと思う。
ソメイヨシノは何処で撮っても同じ、観音堂を絡めて名所の桜風景として撮る。
18032801


18032802


18032803


18032804


18032805


18032806


18032807


18032808

  
●勧修寺近くの八幡宮
 こちらは人が居なかった。
18032809


18032810


18032811

  
●山科疎水
 満開は2、3日先のようで、人も少なかった。
18032812


18032813

期待の菜の花は不調、おまけにネットで囲まれていた。
18032814

  
●その他街中
 家から川に向かう途中の小さなお寺(と思う)
18032815

 川沿いの遊歩道、以前はこの場所でもカワセミを撮っていたが、最近は出が悪くほとんど素通り。
18032816

川の上流部
18032817

  
●オマケのカワセミ
18032818


撮影機材:D7500、18-400㎜、手持撮影   撮影枚数:176枚
       D800E、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:125枚    
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)  

| | コメント (0)

けったいな鳥と思ったら・・・・

昨日、けったいな鳥が飛んでいると思い撮ると尾羽が短くなったトビだった。他のトビかカラスにでもヤラレタのかな?

Dsc_1693

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

チュウヒ2018Ⅹ 手持ちで様子見、後久しぶりにカタクリの花

 チュウヒの様子見、場所を変えて何ヶ所かで撮ろうと、D7500と150-600㎜の手持ちで行った。定番ポイント、東側、西側、対岸の4ヵ所で撮ったが、たまたま西側に行った時に近くを飛んでくれ、それなりに撮れた。対岸からは動きはよく分かるが、目で見ていてもボケて撮影にならず、おまけに水面に太陽が反射し眩しくてアカン。定番ポイントは、鳴き声は聞こえるが姿を見る機会が少ない。岸辺の低い所か林向こうの見えない場所を飛ぶことが多ので、林の向こうを飛ぶのを狙って西側で待った方が良いかも知れないが、木と木の間の見える範囲が狭くチュウヒの動きを見て移動する必要があり手持ちの方が良い。
10時半に諦めてカタクリに行く。数年前に有料のカタクリ園の有った場所だが今はただの雑木林、数年ぶりで残っているのかどうか半信半疑だったが、数は少ないものの咲いていた。時期的には早いと思う。

  
最初に♀登場、歩いている時で急いで撮影する。
18032701

岸辺に居た♂を追い出しに行ったようで、♂が直ぐに飛び出す。
18032702

対岸に行って30分程様子を見ていたが、晴れの日は逆光で撮影にならんで、道路側の定番ポイントに行った。

定番ポイントからの撮影
今日も姿を見せる回数が少なく、姿を見せても綺麗に撮るには遠かった。ノートリ画像、この大きさでも拡大するとまともに解像せず。晴れの日は、近くを飛ばないとまともに撮れない。
18032703

♂の巣材運び、かなりソフトで修正している。
18032704

♀が獲物のようなものを掴んで飛ぶ。
18032705

少し西側に行った時に、♂が近くを飛んでくれた。近くを飛んでくれれば、晴れの日に150-600mmでもそれなりには撮れる。
18032706


18032707


18032708


18032709


18032710


18032711


18032712


18032713


18032714


18032715


18032716


18032717

  
レンズを18-400㎜に変えて湖西に走る。

  
●桜の様子見
 北小松・徳勝寺の枝垂れは咲き始め、今年は早いかと思ったがまだだった。
18032718

 今津・酒波寺のエドヒガンザクラは蕾
18032719


●マキノのメタセコイヤの並木道
18032720

  
●カタクリ
 花は少なかったが蕾に葉っぱはあったので、4月になれば花の数が増えると思う。

18032721


18032722


18032723


18032724

Lvで撮ったが、フォーカスし難くアカン。
18032725


撮影機材:D7500、150-600㎜/18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:384枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

京都の桜2018  地蔵禅院、醍醐寺、大石神社、岩屋寺

 今年の桜は早い様子、枝垂れなら満開になっているだろうと、4ヶ所を巡りに行った。行先は、確実な場所を狙いこれまでに何度も行った、地蔵禅院、醍醐寺、大石神社、岩屋寺だがいずれも満開だった、比較的人は少なく思う存分撮れた。風景は鳥以上にキャリアがあるので撮影術は十分と思っているが、構図を決めるセンスがもう一つ無い。まあ観光写真としてなら十分だろう。カメラは迷わずD5にしたが、レンズは24-70㎜か28-300㎜かで迷ったが、昔から広角より望遠域を多用するので使い易い28-300㎜を持って行った。写りは多少落ちたかも知れないが、D5がカバーしてくれただろう。

●地蔵禅院
 今年は菜の花が無くがっかり。3本の枝垂れ古木はいずれも満開だった。18032601


18032602


18032603


18032604


18032605

  
●醍醐寺

霊宝館 
18032606

 期待の枝垂れに迫力が無い。よく見ると向かって右側が切られ幅が短くなっている。以前は28㎜では入りきらなかった。C-PLを持って行くのを忘れた。
18032607jpg


18032608

桜の下の二人、和服を着ているが共に外人さん。
18032609

  
三宝院 
 枝垂れは満開、今まで行った中では一番良かったのでは無いかな。
18032610


18032611

  
仁王門前
 ソメイヨシノは、少し早かったが直ぐに満開になるだろう。
18032612jpg

  
五重塔前
 ここの枝垂れも満開、これまで何度も行っているが一番良かった。
18032613


18032614


18032615

  
●大石神社
 今日までの三日間ライトアップがあるので、夜にD5の夜間撮影チェックで行こうかと思ったが、夜に出るのが面倒で止め帰りに行った。
18032616


18032617


18032618


18032619

  
岩屋寺
 自宅から歩いて行けるので以前に何度も行ったが、今回が一番花にボリュームがあった。今まで貧相な桜と思っていた。
18032620


18032621

 山科では一番早く満開になる桜と思う。
18032622


撮影機材:D5、28-300㎜、手持撮影  撮影枚数:281枚
移動:地下鉄、JR、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,740円

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

モズとカワセミ

 アオバトは姿を見せるかなで地元をブラブラ歩いた。1時間ほどアオバトポイントに居たが姿見せず、モズが居たので暇つぶしで撮っていたらカワセミ登場、しかしサービスは悪かった。仕方なく下流へカワセミは居らんかえで歩いたが姿無し。最下流で登場したが飛び込み一発で上流へ飛んだので、諦めてハヤブサまで歩いたが登場せずで早めに引き上げた。

  
●モズ
 ♂♀の2羽が居りよく飛び回るので♂の飛翔を狙う。交尾も有ったようだがカワセミを狙っていたので撮れず。
18032501

♂の飛翔狙い
18032502


18032504jpg


18032505


18032506


18032507


18032508


18032509

♀は止まりもののみで飛翔は追わず。
18032510


18032511

  
●カワセミ
 サービスがもう一つ、1月に支流でサービスが良かったのは今も支流に居るのかな?
18032512


18032513


18032514


18032515


18032516

  
●オマケのヒヨドリ
18032517


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:265枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

チュウヒ2018Ⅸ 昨日よりアカン

 昨日より早めに出てチュウヒへ、到着は7時20分頃だったが直ぐに動きがあったものの直ぐに隠れる。出る前にフィギアスケート女子の世界選手権フリーを最後まで見た。日本選手までにして出発していれば、多少枚数を稼げたかも知れない。この後1時間ほどしてチョロッと登場、その後横の畑の上を東から西に一直線に飛んだのみで、10時半頃に昨日よりアカンで引き上げた。消化不良の撮影に終わりハヤブサに行ったが、こちらは更に悪く2時間間まったが登場無しでヤレヤレで引き上げる。
チュウヒは、今の調子なら大砲の定点撮影ではなく手持ちで湖岸をウロウロし、動きの様子を見た方が良さそう。

  
チュウヒ
朝の撮影にしてはボケ画像ばかり、順光で撮ったが日差しが強すぎたようである。快晴の日のチュウヒ撮影は難しい、東端で距離が遠く尚更のこと。
巣材を運んだ先は木の茂みの後ろで、いつもの撮影ポイントからは見えない場所。今年のこの先はどうなることやら?

18032401


18032402


18032403


18032404


18032405


18032406


18032407


18032408


18032409


18032410


18032411

  
18032412


18032413


18032414


18032415


18032416


18032417

畑の上を飛んだ個体、コヤツは何者?
18032418

暇だったので鳥が飛べばシャッターを押した。
18032419

オオタカ若、低空を対岸方向に飛んでから東に飛び去った。葦が邪魔して近い距離は撮れず。
18032420


18032421


18032422


18032423


18032524

オオジュリンが葦原をウロチョロ
Dsc_9460


撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:403枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

チュウヒ2018Ⅷ  アカン

 ロクヨンを使おうとチュウヒに行った。交通量の少ない時間帯に走ろうと思い、7時前に出たが大津市内の交通量が結構多く、もう少し早いかそれとも遅くした方が良いような。
8時前到着で12時まで粘ったが、出が悪すぎ撮影チャンスは僅かで、そのチャンスも逆光では近くから撮れたが順光では撮影は遠すぎた。葭原の水際側の低い所を飛ぶのは数度見た。東の端か対岸からしか撮れないが、遠過ぎてまともには撮れませんわ。巣材を運んでいたので繁殖は順調と思うが、下りる場所が前の木の向こうで下りる瞬間が撮れない。巣は3ヵ所ほど造ると聞いているが、木の向こう側とか左の茂みの向こうなら、今シーズンの撮影チャンスは昨シーズンに比べかなり減り、餌渡しも対岸からしか撮れなくなるように思う。昨年の場所をメインの巣として欲しいがどうなることやらで様子を見るしかない。
尚、今日は天気が良く、9時を過ぎると陽炎で大気メラメラとなり遠くを飛ばれると、いかにロクヨンとは言え無修正でシャキッとした画像がなく、春の半ばから初夏までと変わらないではないか、昨年のこの時期も同様だったかな?

巣材運び
8時頃の撮影でこの時間帯は良かったが、前を横切ったのみで葭原に隠れしばらく出て来ず。
18032301


18032302

  
以下の画像は、ボケ画像をかなり強めにシャープ処理した。
   
雪山バックの飛翔
かろうじて薄っすらだが遠くの山に雪が残っていた。この時期、雪山バックの飛翔を撮りたいと思っていたが、思い描く画像は無かったが何とか撮れた。昼頃には山の頂を除き雪は消えていたので今日行って良かった。2度遠くへ飛んだが1度目で撮れた。
トリミングによる拡大は画像によってバラバラ
18032303


18032304


18032305


18032306


18032307


18032308


18032309

帰って来てから急降下/急上昇のの飛行ショー、距離が遠過ぎ回数も少なかった。
18032310


18032311


18032312


18032313


18032314


18032315


18032316


2回目の遠出は後ろの田んぼを飛び逆光
18032317


18032318

帰って来た時は姿が見えず。鳴き声が聞こえたので前を見ていたら、トビに追われ岸辺近くの葦から飛び出したが獲物を持っていた。
18032319

低すぎてまともに撮れず。
18032320


18032321

その後はサッパリ、葭原の向こう低い場所を飛ぶのは何度か見えた。

  
カラスに追われ猛禽が飛んだのでシャッターを押したがオオタカの若だった。これも低く葦が撮影の邪魔になる。
18032322


18032323


18032324


18032325

  
ミサゴが飛んだが、今日は素通りで高かった。
18032326


撮影機材:D500、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:329枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

地元探索 アオバト狙い

 今日は、アオバトに的を絞り地元を歩いた。8時過ぎにアオバトポイントに着いたが登場は9時前で、誰も来ておらず暇を持て余す。10羽ほどが飛んできて何とか撮れたが、川には下りずで良い画像が無くもう一つだった。アオバトが奥に隠れ期待できなくなったので、カワセミ探索でハヤブサポイントまで歩く。カワセミは3ヶ所で見たが動きが悪い、粘れば飛び込みなども見られたかも知れないが、対岸で距離が遠かったこともあり粘らず。ハヤブサは姿見せずで、花粉の影響か体が怠かったことも有り早々に引き上げた。
地元での鳥撮影、ハヤブサの出が悪くなったのでカワセミに力を入れないと、アオバトの短時間撮影だけでは持たん。

  
●アオバト
 木の茂みに入り中々出て来ない。一度対岸のこちらに向かって飛んで来たが、曇り空では色が分からずドバトとの区別がつかず、直ぐ前に来てから分かり慌てたのでピント合わず。

18032201


18032202


18032203


18032204


18032205


18032206


18032207


18032208


18032209


18032210

 
●カワセミ
 3ヶ所で姿を見たが2ヶ所では2羽登場、ペアになっているのか品定め中か分からない。

18032211


18032212


18032213

 

●ツバメとイワツバメ
 当地では真冬でもイワツバメの少数の群れを見ているが、最近はツバメの群れも見るようになった。ツバメの渡りが始まったようである。

巣材集め
18032214

ツバメとイワツバメ
18032215


18032216

木バックのイワツバメの飛翔、普段撮れるのは空抜けか水面バック。
18032217


18032218

  
●モズ
 今日もペアで登場
18032219

  

●鵜の飛翔
 あまりブログには掲載していないが、フォーカスチェックで飛べば撮っている。

18032220_2

  
●ノスリ
 空を見ていれば何かが飛んでいる。カラス、トビ、ハトが多いが、たまには猛禽が飛ぶ。以前はオオタカをよく見たが最近はあまり見ていない。チョウゲンとハイタカは時々見る。

18032221

 

撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:329枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

撮影休み  パネルの画像を変える

朝から雨だったが、昼頃から雨が上がり撮影に出れそうだったが、風が強く寒かったので撮影休みにした。

撮影した鳥写真を15枚パネルにして、居間や道具部屋、トイレ他に飾っているが、写真を代えようと昨日、今日で15枚選んだ。プリントしようと思ったが、A4の写真用紙が無く近くのKに行ったが置いてなくて、Jまで歩き買ってきた。買ったのはキヤノンの写真用紙・光沢プロのプラチナグレード、写真用紙なら何でも良いように思うが並べて比べると違いが分かる。この用紙以外に同じくキヤノンの微粒面光沢ラスターというのも使ったが、プラチナグレードの方が好みである。
画像は、カワセミ、ヤマセミ、アカショウビン、オオワシが必須で、後は適当に選んだ。

    
  
<画像15選>

ゴジュウガラ  11年5月5日 上高地
河童橋の袂の人が密集する場所の近くの木で撮った。賑やかに鳴く鳥と記憶している。
01110502

アカゲラ   11年6月13日 戸隠森林植物園
風景撮影をしていた頃は、新緑の上高地を兼ねて周遊で遠征していたが最近は行かず。
02110613

アカショウビン  13年7月12日 鳥取
確実に撮れる場所が良い。昨年は行くか迷ったが、結局高速料金が勿体ないで行かず。
03130712

イヌワシ  13年10月6日 伊吹山
ビギナーズラックの日の画像だが、その後はサッパリ。通行料が勿体なく行っても撮れるとは限らないので、昨年は行かなかったが今年はどうするか。
04131006

ホシガラス  14年8月2日 御嶽山・田の原
ホシガラスは乗鞍と立山で撮っているが、いずれも風景撮影のついで、狙って行ったのはこの地が初めて。
05140802

アカガシラサギ  14年10月1日 大沢池
撮影に行ったのが遅かった。飛来した当初はもっと赤味を帯びていたと聞いている。
06141001

コミミズク  15年1月8日 淀川河川敷
アクロバティックな動きをするコミミズク、この冬はこの地には来なかったようである。
07150108

オオハヤブサ(幼鳥)  16年6月25日 滋賀の田んぼ
人から聞くまでオオハヤブサと知らず止まっていても無視していた。成鳥になればハヤブサとの見分けがつきにくいように思うが今も居るのかな。
08160625

オオワシ  2016年12月5日 湖北
カモメに追われているが、オオワシが魚を捕ると何かに追いかけられよる。
09161205

アマサギ  17年5月1日 滋賀の田んぼ
チュウヒ登場前の早朝撮影
10170501

チュウヒ  17年6月8日
獲物咥えてのジャンプ。足に掴んでのジャンプは、獲物が邪魔にになるのか一旦飛んでから足に持ち替えよる。
11170608

カンムリカイツブリ親子  17年6月2日 湖北
雛登場のシーズンになれば撮りに行くが、運良く雛登場の直後だった。
12170620

ミサゴ  17年8月10日 京都北部の海
逆光気味で画像は悪かったが、水からの飛び出しでは一番近い距離で撮れた。
13170810

ヤマセミ  17年10月4日 三田
以前は近くの天ケ瀬で何度も撮っているが、最近は遠征になるので行く回数が少なく画像も良いのが無い。
14171004

カワセミ  18年3月18日 地元の川
魚を咥えて水から飛び出すところにしたかったが、画像が多すぎて探すのが面倒で止めた。
15180318

| | コメント (0)

昨日、昼から雨のしょぼつく中散歩に出た

 昨日の撮影

昼食後、ブラブラと散歩に出た。所有の散歩機材は、鳥を真剣に撮るならD500かD7500に300㎜f4+TC14Ⅲ、ちょっと様子見ならV3と1用70-300㎜、今はあまり行かないが風景がメインならD800Eと28-300㎜と使い分けていたが、最近は鳥と風景共に撮れるD7500とTa18-400㎜を重宝にしている。Ta18-400㎜は、風景では満足で鳥には少し役不足の面もあるが、共に手軽に撮れるのが良い。Ta16-300㎜からの買い替えだったが、価格も安く良いレンズと思う。
カワセミ探索がてら川沿いに歩き、随心院の梅園で梅を撮影、そのまま ”老人サロン・ハヤブサ” まで歩くつもりだったが、雨が少し強くなり本日は暇つぶしの老人たちも集まらずで、サロンも閉店だろうと地下鉄で引き上げた。2時間少々の散歩だったが、天気の悪い日の暇つぶしだったので満足。


●鳥見の散歩

カワセミが居たが、水浴び3度の後に毛繕い、近くにたどり着いた時には水浴びは終わっていた。
18032001

ジョウビタキ♂
天気の悪い日は綺麗に色が際立つ。
18032002

モズ♂
18032003

蕎麦屋のカワセミ
18032004

直ぐに上流に飛んで行ったと思う(後を追わず)。
18032005

カルガモ
18032006

アオバト
数羽が登場したので川に下りるのを期待したが、旋回して公園の奥に消えた。朝早くしか姿を見たことが無かったが、昼過ぎでも姿を見せるのやな。
18032007


18032008


18032009


18032010

雨のしょぼつく空模様では空抜け飛翔は色が出ない。300㎜f4+TC14Ⅲなら色は出なくてもシャキッと撮れただろう。
18032011

 

●久しぶりの隋心院
はねず踊りが25日に行われる。
何年の前に撮りに行った。伝統ある踊りは良かったが、最後のプログラムに白けて引き上げた。その時だけだったのかどうかは知らないが。
18032012


18032013

梅風景の撮影は桜と違い難しいが、今も昔も変わらず観光写真しか撮れません。それで満足なのだが・・・・
18032014


18032015


18032016


18032017


18032018


18032019

時代劇剣客商売(藤田まこと編)の田沼意次低
18032020


撮影機材:D7500、Ta18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:255枚
移動:行きは歩き、帰りは地下鉄  天気:ショボツキ程度の小雨
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

街中のハヤブサ 18.03.18(3/3)

 今日も朝から鬱陶しい空模様、9時頃には雨はポツポツで撮影に出れるかと思ったが、少し寒かったので散髪に行った。11月の終わり頃以来、ここ1年ほどは1,500円ぐらいの店に行っているので以前に比べ安くつく。以前は、街の散髪屋さんという雰囲気の店で3,500円だったが、今はその費用で年間を賄える。丁寧さが全く違い時間は半分ぐらい、60歳も半ばになると仕上がりはどうでも良しというか大した違いは無い。

   
昼からブラブラと撮影に出るかもしれないが、一昨日のハヤブサの残りで♀編でD800Eと600mmf4の画像。

01dsc_9271


02dsc_9293


03dsc_9297


04dsc_9302


05dsc_9311


06dsc_9366


07dsc_9371


08dsc_9372


09dsc_9373


10dsc_9374


11dsc_9376


12dsc_9380

    

●オマケでピクセル等倍画像(クリック後の拡大画像)
フルサイズから縦横6.1倍の拡大、D850なら6.7倍まで拡大できるが、よほどピントを上手く合わさないとアカンだろう。鳥撮影はピントが合わせられるかどうかだが、所詮カメラ任せの撮影で止まりものなら腕は関係無し。露出設定は課題だが慣れれば誰でも克服出来るので、腕とは言えないだろう。色々な場面で数多く撮り、家に帰ってPCモニターで画像を見て色々考える。RAWで撮影し、ソフトでカメラの設定条件を色々変えて学ぶしかない。苦節何年かな、まだまだ発展途上なり。
13dsc_9180


14dsc_9312

カワセミはどうじゃ!
D5やD500に慣れると色調が少し地味のように思うが、それ以外のD800Eの写りは十分と満足している。飛びもの相手の秒コマ数と連続撮影枚数不足がなあ~~。
15dsc_9058

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

街中のハヤブサ 18.03.18(2/3)

 天気予報では雨だったので撮影休みにしたが、9時頃から1時頃までなら撮影に出れたようである。ここ数日は天気が悪いようで撮影に出れるかどうか分からないので、昨日の昼からのハヤブサを2回に分け掲載する予定で整理した。

街中のハヤブサは、撮影角度や飛ぶスピードの関係から大砲(600㎜f4)の三脚撮影より手持ちの方が撮り易い。上手く捉えれば画像が綺麗のは当然大砲だが歩留まりが悪い。1.5倍のAPS-C機D500を使用すると900㎜になり、飛び出しぐらいしか撮れず、飛翔に入るとピントを外したりと鳥がはみ出したりすることが多い。ここ何度か大砲で撮ったが、フルサイズのD5を使用している。こういう時に便利なのが高画素機、フルサイズ機の画角で追い、撮影後にソフトのトリミングでAPS-C機並みの大きさの画像を得ることができ、APS-C機でははみ出すケースも救済出来る、ということで昨日はD800Eを使用した。画像容量の関係で撮影範囲を×1.2にしているが、撮影時に×1.5に設定すると、はみ出しはAPS-C機使用と同じで意味が無く、高画素機による鳥飛翔撮影のメリットは無くなる。D800Eは、今のD5、D500に比べると一世代前の機種で、AFの追従と色が少し悪いかな。

♂の食事からその後の飛翔までをかなりの抜き取りで抜粋、トリミングでフルサイズから3.6倍の拡大している。

01dsc_9192


02dsc_9200


03dsc_9222


04dsc_9228


05dsc_9232


06dsc_9236


07dsc_9239


08dsc_9241


09dsc_9245


10dsc_9254

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

街中のハヤブサ D800E故障かな?

 ハヤブサの状況が気になりD800Eとロクヨンでハヤブサへ。ハヤブサが登場したので撮っていたが、画像を確認すると突然ピンボケになり飛び出しを撮り逃がす。画像情報を見ると変わったところが無いのに、途中からピンボケでこれはいったい何だんねん。初めての経験で故障かな?
撮影は午前だけにするつもりだったが、ピンボケのトラブルが気になり昼から再び出かけた。♀が再び同じ場所に止まってくれ撮影したが今度は全く異常無し。朝のボケ画像は何だったのか、感じんなところで再発する可能性もあり、D800Eを信頼して使えない。しばらく、使用して様子を見る必要がある。使わないと勿体ない。

ハヤブサの状況はやはり変わっていた。着いた時には♂が煙突の天辺で食事中、終えてから東に飛び去った。しばらくして鳴き声で気が付いたが、♀が通風孔の狭い窓で食事していた。気を抜いてボケっとしていたため飛んで来たのを見逃したが、見ていれば獲物持ち帰りが撮れていたかも知れない。♀も食事が終わり一直線で東に飛び去ったが、交代で出来たのかも知れないが、朝に対岸を散歩していた人から、朝は2羽止まっていたと昼から行った時に聞いたが、?でよく分からない。昼からの登場は2時間で短時間の2度、とにかく交尾を何度もしていた頃とは様子が変わり、この場所に留まっている時間が極端に短くなった。
    

ハヤブサの画像は、トリミングでフルサイズから4.5倍の拡大

今日は曇りがち日差しが弱く、煙突の天辺からの飛び出しでも何とか撮れた。
18031801


18031802


18031803


18031804


18031805

狭い所で獲物を解体して食べる。
トリミング以外は無修正だが、この画像迄は普通に撮れていた。
18031806

この画像の少し前から急にボケる。画像はトリミング以外は無修正
18031807

以後は修正したが、満足には程遠い。
18031808


18031809


18031810


18031811
    

ハヤブサの♂と♀の間に撮ったカワセミは正常。トリミングで3.6倍に拡大
18031812

D800Eの画像は十分で写りはまだまだ現役(あたり前か)、D850と大した違いは無いのでは? コマ数と連続撮影枚数が最近の機種に比べ少なすぎるだけのこと。
18031813

止まり木3本に順番に止まり、最後は対岸の土手を越え飛び去った。
18031814


18031815


18031816


18031817
   

還る間際に撮った、寒緋桜に止まる猫。
18031818

  
昼からの撮影、適当に選んで2枚だけ掲載、明日は雨のようで明日のネタにする。

運良く♀が同じ場所に止まったので、トラブルの発生が無いかを見るため、かなりシャッターを押した。
18031819

飛び出し後の飛翔も、朝は全く駄目だったが異常無し。良かった良かったと喜んで良いのかどうか・・・・
18031820

    

撮影機材:D800E、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:朝145枚、昼から221枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

地元ブラブラ

 カワセミ探索がてらアオバト、後ハヤブサに行った。カワセミは3ヵ所で姿を見たが動きはさっぱり、期待のアオバトは姿を一瞬見せたが、カラスに追われて飛び去った。ハヤブサは、前回動きが悪く元に戻ったように思ったが、履いているトレッキングシューズが車運転時のペダル操作で少し滑り運転し難くく(最近気になりだした)、ウォーキングシューズを買いたかったので、ついでにハヤブサの様子を見ることにした。ハヤブサはサッパリ、買い物も済み帰ろうかと思ったが、”昼から良くなるで”の話があり、コンビニへ昼食を買いに行き4時まで粘ったが、朝昼とも姿を見たものの最近では最悪の日だった。普段の出の悪い日に相当、ここ何回かは良かった日があったが、ハヤブサの気まぐれだったのか。♀が産卵し抱卵すれば、この地はサッパリの日が続く、その前ブレのようにも思うが、もうしばらく様子を見なければ分からないかな。
レンズは150-600㎜でカメラはD5にするかと思ったが、先日サービスセンターでピント調整をしたD500の2回目のチェックをしようと思い持って行った。勿論手持撮影だが、”900㎜せの手持撮影はアカンな~”の結果に終わる。

イソヒヨ♂が川に向かう途中の住宅街に登場
18031701

川に着いて直ぐにカワセミ発見、動きが悪かったので直ぐに移動。今日の狙いはアオバトが主だった。
18031702

アオバト出没で暇つぶしにイワツバメを撮る。
18031703


18031704

続いてモズ♂
18031705


18031706

巣材のように思うが近くで巣を造るのかな。
18031707

カワセミ、食後のようで足が見えず。
18031708

ハヤブサ、煙突の天辺に止まっていた。
18031709

しばらくして反対側に姿を消したので靴を買いに行ったが、途中で振り返ると飛んでいたので立ち止まり連写。
18031710


18031711


18031712

靴を買った後引き返したが姿無し。久しぶりのカメラマンさんが来たのでアカショウビンなどの話で時間を潰し粘るjことに、最後はオメオメ帰れずとなり4時まで居たが、高い場所を一瞬飛んだだけでまともな撮影にならず。

カワセミが飛んで来たので撮ったが、2度飛び込んだだけで飛び去った。
18031713


18031714


18031715


18031716


18031717

街中のハヤブサ、ここしばらくのサービスで期待したが、今日の状況ではどうなのかな?

  
撮影機材:D500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:210枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2018年3月16日 (金)

雨で撮影休み 暇つぶし

 夕方に所用があり、朝なら撮影に出れると思っていたが雨で撮影休み。

朝から暇なので所有カメラの総ショット数をソフトで調べてみた。古い順に並べると以下の通り。
   D800E :168,381回
   V3      : 143805回
   D5     :   74,588回
   D500  : 138,471回
   D7500 :  31,019回     全カメラの総ショット数は556,264回

以前のカメラは、D4:102,449回、D7200:64,464回、D7000:78,800回で下取りに出している。

ここ2年でD5のみを使用していたとしたら244,078ショット+αとなる。αは連写コマ数の多い分の上乗せ。毎日の撮影、遠征以外は長くて半日なのでシャッターを押す回数は多い方なのかな、鳥の飛びもの狙いは余分な連写が多いので、撮影枚数が必然的に増える。D800Eは、連写コマ数に連続撮影可能枚数が少ないのに、かなり使ったと思うが一度オーバーホールしている。D500並みのコマ数と連続撮影可能枚数なら、他のカメラと併用でも25万回ぐらいは撮っていただろう。オーバーホール後のショット数は分からない。
カメラによってシャッター寿命が設定されているが、1.5倍ぐらいは使用出来るのかな?

昼から三菱製カーナビの地図を更新しようと調べたが、地図更新期限が過ぎていた。車を購入して3年9ヶ月でオプション品だが昨年の7月頃(?)が更新期限だったようである。カーナビ単独の販売はかなり前なのかも知れないが、カーショップで買ったのではなく、三菱のディーラーでオプション販売しているなら、ちょっと早すぎるのと違うか。

   
掲載は特に目ぼしい在庫画像が無いので、ハヤブサのノートリから等倍トリミング画像を順に掲載します。
撮影はD5とロクヨン、掲載画像は全て1200pixelにリサイズ

ノートリ
連写の画像を見ると、最初はセンターで撮れるが追う途中は外れていることが多い(大半かな)。センターに捉えてもピンボケで外れてもピントOKの時があり、カメラがどう捉えているのかよく分からない。Dsc_39401

2倍(面積で4倍)に拡大
Dsc_394020

2.4倍に拡大
Dsc_394024

3倍に拡大
Dsc_39403

4倍に拡大
Dsc_394040

4.6倍に拡大、拡大画像がピクセル等倍
Dsc_394046

  
日影の画像
ノートリ
Dsc_40531

2倍に拡大
Dsc_405320

2.4倍に拡大
Dsc_405324

3倍に拡大
Dsc_40533

4倍に拡大
Dsc_405340

4.6倍に拡大
Dsc_405346

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

撮影休み  D5とロクヨンでハヤブサを飛び出しから37連写

 今日も朝のアオバトと思っていたが、出遅れて撮影休みにした。

鳥の飛び出しから飛翔を狙うなら三脚使用が楽に追える。先日ハヤブサがこちらに向いて飛び出すのを37連写したが、ソフトで修正出来る多少のボケはあったもののボケボケは1枚のみ。手持ちなら飛び出し直後は撮れても、その後ボケボケが数枚続き再びピントが合うケースが多く、満足できる画像が撮れる確率はせいぜい60%ぐらいだろう。もちろん、カメラはD5でレンズがロクヨンということもある。D5のAFと速さと追従はニコンのカメラの中ではピカイチ、シャッターを押せば大概上手く撮れているとは言い過ぎかな。飛び出しからの三脚撮影は、”機材じゃ~”というところ。三脚撮影、ハヤブサのような速い動きの飛びものは、距離が比較的近いと飛び出しから追わないと撮り難く、軽量機材の手持ちの方が追い易い。使い込んで腕を磨かねばならない。

37連写のボケボケを除いた36枚です。実施は動きが分かった時から連写しているので40枚以上は撮っている。
AF設定:AF-Cのダイナミック25点、AF-C1点では最初の数枚は撮れても後が追えない。一旦ピントが外れると再び捉えてもピントが合い難い。1点で追えるようになれば上級者と言えるのかも知れないが、今の設定で撮れるのでどうでも良い。
尚、一時期Grエリアが良いと思い使っていたが、条件によってはピントが合わない時があり、今はダイナミック多点に戻している。

画像はトリミングで3倍に拡大01dsc_3902


02dsc_3903


03dsc_3904


04dsc_3905


05dsc_3906


06dsc_3907

ボケ画像修正
07dsc_3908b


08dsc_3909


09dsc_3910


10dsc_3911


11dsc_3912

ボケ画像修正
12dsc_3914b

ボケ画像修正
13dsc_3915b


14dsc_3916


15dsc_3917


16dsc_3918


17dsc_3919


18dsc_3920


19dsc_3921


20dsc_3922


21dsc_3923


22dsc_3924


23dsc_3925


24dsc_3926


25dsc_3927


26dsc_3928


27dsc_3929


28dsc_3930


29dsc_3931


30dsc_3932


31dsc_3933


32dsc_3934

ボケ画像修正
33dsc_3935b

ボケ画像修正
34dsc_3936_b


35dsc_3937


36dsc_3938

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

アオバト

 地元ブラブラ、今日の狙いはアオバトでいつもより早く家を出た。地元のアオバトは、姿を見せるのが8時前後で短時間の一発勝負か、よく出て二度ぐらいと聞いている。2羽が登場し水を飲みに川に下りたので、撮ることが出来たが飛びものがもう一つ撮れず。飛びもの狙いで時々行くかな。
アオバトの後は、カワセミ探索を兼ねてハヤブサ撮影地まで歩いた。カワセミは2ヶ所で、♂と♀の接近を見たが、動きが無かったので数枚撮影して移動。ハヤブサは、姿を見せたが♀は後ろ向きに止まり動き無し、♂は2度ほど飛んだが何処かに消えた。ここ数日で4回行ったが、3回は動きがそこそこ良かったので今日も期待はしていたが、交尾の期間が終わり以前の状態に戻ったのかな? もうちょっと状況を見ないと断定出来ないが、同じような画像ばかりで少し撮り疲れ気味になりにけり。

  
画像は全てトリミングで2.4倍に拡大

18031401

今日行った時は2羽登場
18031402

止まりものは小枝に影が煩わしかった。
18031403


18031404


18031405


18031406


18031407


18031408


18031409

飛び出しを狙ったが上手く撮れず。今日の機材はD7500に300mmf4+TC14Ⅲだったが、AFが少し遅れる。D5と150-600㎜が良いかな、撮れるとは限らないが。
18031410


18031411


18031412


18031413


18031414

ボケ画像をかなり修正した。
18031415

これはピントOK
18031416


18031417


18031418


18031419


18031420


カワセミ、近くにもう一は居たがコヤツが直ぐに飛び去った。
18031421

こちらは2羽並びで動かず。
18031422


ハヤブサ
♀は後ろ向きに止まれば、なかなか動かずで普段通り。
18031423

♂はチョコチョコ動き、2度ほど飛んだ。朝のこの場所での飛び出しは逆光下の日影の中で綺麗に撮れず、何度も撮っているので少し飽きた。
18031424

  
D850を使用している人に鳥飛翔の写真を見せてもらった。私が所有しているD800Eと同様で少し締まらない傾向のように思う。D800Eでは普通に撮って、ほとんどの画像をソフト修正していたが、Cap・NX2のアンシャープマスクかPhotoshopEL15の自動シャープで仕上げればシャキッとすると思う。高画素機の修正無しで飛びものをシャキッと撮るのは、我々レベルの腕では難しいようである。2000万画素でも同様かも知れないが、少しはマシである。
昼からエアコンを買いにJに行ったが、ニコンフェアの張り紙が有ったので、D850の価格を冷かしで聞くと、期間中なら36万円(追記:ポイント付きなら安く、ポイント無しなら何ら変わらずだが確認していない)にしますとのことだっが、粘ればもう少し安くしてくれるのかな、納期は一ヶ月とか。エアコンは二日後ぐらいから底値のセールを行うとのことで、どのくらい安くなるのか聞いたが教えてくれず。迷ったが、もう一度行くのが面倒で購入した。

Taの100-400mmを持っている人が居たので、借りて300㎜f4+TC14Ⅲと比較撮影した。
多少のトリミング以外は無修正、手持の同じ設定での撮影だが明るさが少し違う。ファインダーを見た時の見やすさは全く違う。写りはズームと単焦点の違いはあるが、所詮価格差の違いだろう。軽いので少し興味があったが無くなった。

Ta100-400㎜
18031425100400

純正300mmf4+TC14Ⅲ
18031426300f4


撮影機材:D7500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:437枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円(帰りの地下鉄)

| | コメント (0)

梅のシーズンももうすぐ終わりかな・・・・昔の画像より

 梅を一度写しに行こうと思っていたが、地元ブラブラの帰りに公園で咲き始めの花を数輪撮ったのみ。今日行こうかと思い、昨日に過去に行っていた頃の画像を見たが、毎年同じ場所に行っており、画像もあまり変わらないで止めた。もう直ぐ桜のシーズンとなるが、桜は2日程行ってみようと思うが・・・・

昔(というほどではないが)、風景も撮っていた頃の名所の梅風景です。D5と24-70㎜f2.8でと思ったが、大した違いはないやろな。

2011年2月27日 大阪城公園0120110227

2013年3月8日 北野天満宮
02130308

2012年3月10日 梅宮大社
03120310

2011年3月11日 勧修寺
0420110312

2008年3月16日  京都府立植物園
05080316

2012年3月27日 城南宮
06120327


今日は地元ブラブラで、もう直ぐ家を出る。

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

今日も朝から絵にならない街中のハヤブサへ

 チュウヒ様子見と思っていたが、朝の気温は低くく急激に上昇する、水分の蒸発で大気がメラメラで距離がかなり近くでないとまともに撮れない、ならば止めで今日も朝からハヤブサに行った。朝は撮影条件が悪いので昼から行けば良いのだが、最近極力早く帰って直ぐに画像整理をすることにしている。
朝の餌持ち帰りを期待して30分ほど早く行ったが、1時間ほどしてから餌無しで帰って来たので早く行く必要は無かった。出はボチボチでサービスは昨日より少なめだったが、見やすい所で交尾が見れた。残念ながら逆光だったが、見えにく鉄塔の上よりマシというところ。今年の繁殖は成功するのか気になるところだが巣は何処でも良く、雛が孵る頃はバックによっては絵になるチュウヒを餌渡し中心に撮影している。

  
見える場所での交尾
毎年何度か撮っているが、今シーズンはまともに撮れたのは初めて。
13081301


13081302


13081303


13081304


13081305


13081306


13081307

  

今日もD5と600㎜f4だったが、距離の近い飛翔は何故か昨日より失敗が多く、ならば飛び出しからの飛翔を大きく撮ろうと、1.4倍TCを装着した。
13081308


13081309


13081310


13081311


13081312


13081313

  

13081314


13081315


13081316


13081317


13081318


13081319


13081320


13081321


13081322


13081323


極力近い場所に行き撮ったが、こちらに向かって飛んでくるのはピント合い難い。3倍に拡大したので、画像は尚更悪くなっている。
13081324

  
13081325


13081326


13081327


13081328


13081329


13081330

  
ハヤブサも建物ばかりでなく、何処かの木に止まってくれれば少しは絵になるのだが、高い木が無く山に行かないと無理かな? 

 

撮影機材:D5、600mmf4(+TC14Ⅲ)、三脚撮影   撮影枚数:435枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

逆光画像の修正

 昨日のハヤブサ、逆光気味の画像が多かった。諸逆光の画像は救いようがないが、少々逆光気味の画像はソフトの修正で救える。ただし、鳥の明るさを出すと明るいバックは完全に飛んでしまい、綺麗な青空も真っ白になるが仕方なし。鳥撮影、まずは鳥の色が出ることが先決だが絵にはならない。山や海バックなら多少バックの色が入らないと写真としてもう一つだが、街中なのでバックはどうでも良い。むしろ完全にボケないとアカンと思うが、人それぞれで好みがある。
それにしても人口物バックの鳥は雰囲気的に絵にならん、トリミングも含め極力大きくしないともう一つ。何で山に行かず街中で撮るか・・・単に家から近いからでゴミだらけの地元の川のカワセミに同じ。

修正前
露出を+2以上にしているので、青空も真っ白になる。
Dsc_34021

修正後
鳥を見られるようにすると、横の建屋も白くなって色が無くなる。
Dsc_34022

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

街中のハヤブサ 餌渡しが見られたが絵にならず

 D5とロクヨンをもっと使わないと勿体ない、チュウヒかハヤブサかでハヤブサに行った。チュウヒはまだまだサービスが悪い、街中のハヤブサはサービスが良いかどうか行ってみないと分からない。良くてもロクヨンの三脚撮影では追い難い、取り合えずハヤブサに行って、アカンかったらチュウヒに行こうと思い車を走らせる。
ハヤブサは着いて直ぐに登場、サービスはボチボチというところだったが、建屋の低い場所で休憩してくれたので昼まで粘った。天気が良すぎで建屋前の影では白くかすみ、建屋の上を飛ぶと逆光で解像せず。ロクヨンの三脚撮影は、D5でTC使わずの600㎜だったので何とか追えたが、飛翔を追うのが遅れボケ・ボケ画像が多かった。撮れた画像は、流石にD5とロクヨンと言いたいが、手持ち機材より良いと言えば良く、変わらないと言えば変わらない、朝の条件の悪い撮影では良さが出しきれなかったというところかな?
♂から♀への餌渡しが見られたが、山のような空中餌渡しではなく、この地では置いての餌渡しで絵にならず。

白かすみの酷いのはPhotoshopEL15のカスミ除去、マシなのはCap・NX2で修正した。

♂が獲物を持って帰ってきたが、機材をセットしている時で持ち帰りの飛翔は撮れず。着いて直ぐに姿が見えなかったのでウロウロ歩いて探したが、直ぐに機材をセットしていたら撮れただろう。
18031201

直ぐの♀が鳴きながら帰ってきた。
18031202


18031203

一旦低い場所に止まった後、直ぐに飛び出し旋回してから屋上に止まった。
18031204


18031205


18031206


18031207

獲物の毛を必死に毟り取る
18031208

一旦獲物を咥えたが
18031209

足で掴み直し飛ぶ
18031210


18031211


18031212

♀の近くに止まると
18031213

♀が近づき♂を咥えて渡すかと思ったが
18031214


18031215


18031216

下に置いての餌渡しとなる
18031217


18031218


18031219

♀は獲物を掴んで飛び
18031220


18031221

シャッターの上で食べ、休憩場所に飛ぶ。
18031222


18031223


18031224


18031225


18031226


18031227


18031228


18031229


18031230


18031231


18031232

  
晴れの日なら昼からの方が綺麗に撮れるがサービスがどうかが問題、時々行くがアカン日ばかり。
空中餌渡しを撮るなら山だが、以前に行った時はチュウヒの餌渡しと変わらずで、たまたまだったのかも知れないが以後行かず。飛翔なら海のハヤブサが見下ろしでの撮影になるので絵になりもう一度行きたいが、撮影地が遠すぎる。

 

撮影機材:D5、600mmf4(+TC14Ⅲ)、三脚使用   撮影枚数:889枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

街中のハヤブサ  撮影休みの予定を変更して行ったが・・・

 撮影休みの予定だったが、ハヤブサの動向が気になり朝から出かけた。ここ2回行った時は、大サービスが見られたので続いているかと思ったが普段と変わらずでガッカリ。
9時頃に着き2羽は居たが、1羽は煙突の中ほどもう1羽は遠く離れた場所、1羽が飛べばもう1羽も飛ぶと期待して待つ。30分程経ってから飛んので獲物持ち帰りを期待したが、一向に帰って来ずで11時頃に諦めて引き上げた。結局、以前と変わらずの状況だったが、もう少し様子見を続けた方が良いかな。

ハヤブサは飛び立った後の上空での旋回が撮れたのみ。
18031101

カワセミが居たので撮ったが、対岸に居たので逆光になる。餌取でもしてくれれば良かったのだが、終わった後なのか枯草に後ろに隠れる。
18031102

鵜が飛んだのでチェック撮影、今日は久しぶりにV3と1用70-300㎜を持って行った。
18031103

暇つぶしに撮ったイソシギ
18031104

  

掲載枚数が少ないので在庫を少々

ハチジョウツグミ、湖岸で初見・初撮影
01dsc_6209


02dsc_6213


03dsc_6221


ユリカモメ
03dsc_7885


04dsc_7896


05dsc_7897

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:119枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

チュウヒ2018Ⅶ 気合を入れて様子見

 チュウヒの様子見継続、今日は気合を入れてD500と600mmf4+TC14Ⅲで行った。実際のところは、ハヤブサ連荘かと思ったが晴れだったので朝は逆光になるので止め、チュウヒなら久しぶりにロクヨンを使おうと思っただけのこと。木の茂みの向うを除き全体が見える東側に陣取り、距離が遠いのでTCを使用したが、晴れの日は空気メラメラでTC使用では、やはりピントが合わず遠すぎて解像も全く駄目だった。
チュウヒは機材をセットした直後の9時半頃に登場、遠くを飛ぶ♀から始まり直ぐに♂も登場でじゃれ合いが見られたが、15分程で共に葭原に消えその後は2度姿を見せたが再び葭原に消えた。11時半には登場すると待っていたが、ミサゴが登場し魚を捕るところが撮れ、まあエエかで引き上げた。残っていてもチュウヒは今日の条件では、まともな画像が撮れなかっただろう。
昨年は3月に餌渡しを撮っており、そろそろ始まる頃と思うが、その雰囲気が無い。

●チュウヒ
 今年は今のところ西の方を集中的に飛ぶことが多いようである。西側か対岸からの撮影の方が良いかも知れないが、朝は逆光が気になる。

最初に急降下と急上昇を何度も繰り返したが遠すぎた。
トリミングで4倍に拡大
18031001


18031002


18031003


ここから3倍に拡大
ボケ画像ばかりで修正追い付かず。
18031004


18031005


18031006


18031007


18031008


18031009


18031010


18031011

比較的近かったが、このくらいの距離になれば画像はマシ。何時もの中央ポイントなら、他の画像はマシだったかもしれないが、今日は全体が見える場所での様子見が目的だったので移動せず。
18031012

  
●ハイタカが登場
 何度も旋回したので連写し捲った。
18031013


18031014


18031015


  
●ミサゴ
 少し右手方向で急降下が目に入ったのでカメラを向け連写したが、そのまま水面に豪快に突っ込んだのでミサゴと分かる。一度目の漁は失敗、上昇して再び飛び込み魚を掴んで漁成功、トビが数羽現れ追いかけられて飛び去った。今日、一番多く連写したのがミサゴ、チュウヒがあまり飛ばずのストレスも有り、400枚近くシャッターを押した。

ノートリ
18031016

トリミングで2倍に拡大
18031017

以後はトリミングで3倍に拡大
急降下の後、一旦水平方向に態勢を戻し再び急降下、以後の急降下はバックにピントが取られボケボケ。
18031018

連写し過ぎで一旦シャッターから指を離したが、次の押すタイミングが遅れ飛び出す瞬間は撮れず。
18031019


18031020


18031021


18031022


18031023


18031024


18031025


18031026


東側の葭原がえぐられ、昨年外来植物駆除で重機が入って踏みつぶしたのかと思っていたが、地元のカメラマンさんに会い台風の爪痕と聞き、こんなことになったのかと驚いた。そろそろ繁殖の時期だが、今年は何処に巣を造る尾のか気になる。

  
撮影機材:D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:858枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

街中のハヤブサ  昨日の撮影画像

 昨日はD5と150-600㎜を持って行ったが、手持は重く短時間勝負だったから良かったが、長時間の携帯は体力的にやはり無理かな。この組合せのため昨年に雲台を買い足したが、今のところ使用回数が少ない。ハヤブサでと思っているが、ハヤブサの飛び捲り撮影は手持ちで無いと追えない。D5と150-600㎜は、ロクヨンほどでは無いがそこそこの画像が得られるので使用回数を増やそう。レンズの三脚座は外しているが、取り付けて三脚を使用し、いざとなれば三脚から外せば良いだけのことだが、VRのON/OFFの切り替えを間違えないよう注意する必要がある。カワセミも動きが良くなれば、三脚撮影で使用頻度を増やそう。カワセミなら振る角度が小さいので三脚撮影でも十分。

昨日の画像から飛び出し直後の画像を抜粋、トリミングで3倍に拡大

♀の飛び出しからの飛翔
この地では、♀の飛び出しの方が飛び出すまでの動きが遅いので♂より撮り易い。♂の方が動きが良いので、どちらを狙うか迷うことが多い。2羽が近くに居れば大きさが違うので直ぐに分かるが、離れていると喉元の斑点があるか無いかで見分けるしかないが、肉眼では分からない。

01dsc_2685


02dsc_2686


03dsc_2687


04dsc_2690
   

♀が獲物の残りを持って飛ぶ
着いた時♂は食事中だったが、最後まで食べずに残りを別場所に置きよった。それを♀が掴んで飛んだようである。最初から見ていないので、もともとどちらが捕ってきたかは分からない。この地のハヤブサは、♀の方が♂より獲物を捕るのが上手く、♀が持ち帰り食べるのを♂が近くで見ていることが多い。
05dsc_2836


07dsc_2838


08dsc_2839


09dsc_2840

こちらは♂
いきなりジャンプで瞬間を撮り逃がすことが多い。
10dsc_2876


11dsc_2877


12dsc_2878


13dsc_2879

これも♂ 
14dsc_2972


15dsc_2974


16dsc_2975


17dsc_2976

こちらは♀で飛び出しの瞬間は撮り易い。
18dsc_3137


18dsc_3137_2


19dsc_3138


20dsc_3139


21dsc_3140


22dsc_3141

 
♂の飛翔
獲物の残りを掴んでいるが、撮影中は気づかず
23dsc_2639
♀の飛翔
24dsc_2702_3

カラスを追い払う♂
25dsc_3287
   


撮影機材:D5、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:748枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

街中のハヤブサ 18.03.07(2/2)

 朝に外を見るとどんよりした曇り空で撮影休みかと思ったが、8時半頃に再び外を見ると曇り空ながら明るい、ハヤブサ朝の撮影絶好条件ということで行った。ハヤブサのサービスは短時間、終了後チュウヒに行こうと車で行く。運良く今日も30分ほど大サービスで連写し捲る。撮れる時に撮っておかないと、次は何時になるか分からない。予想通りサービスはピタッと止まり、何処かに姿を消した。この場所は待っていても撮るものが無く、ハヤブサもいつ帰って来るのか分からないので終了しチュウヒに行った。しばらく待っていると岸辺から飛び立ち何処かに飛び去った。帰って来るのを待っていたが、雨がしょぼついてきたので引き上げたが、駐車場で車に乗る時に上空高く飛ぶのが見えた。10分早く飛んでくれんかい!

今日の画像は整理してからとして、一昨日のハヤブサの続きの画像を掲載します。

01dsc_7350


02dsc_7352


03dsc_7353


04dsc_7354


05dsc_7355


06dsc_7412


07dsc_7419


08dsc_7426


09dsc_7438


10dsc_7448


11dsc_7474


12dsc_7475


13dsc_7476


14dsc_7480


15dsc_7485


16dsc_7487


17dsc_7494


18dsc_7521


19dsc_7522


20dsc_7523


21dsc_7527


先日、♀の右目に白い部分があり少しおかしいと聞いたが、等倍に拡大した画像を見ると目の中央部が少し白く濁っている。少し大きくキャッチアイとは違う。目の病気か怪我の後遺症かな?
22dsc_7095

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

街中のハヤブサ 18.03.07(1/2)

 天気が悪く撮影休み

昨日のハヤブサは、短時間(この地ハヤブサとしては長いが)飛び捲り、行った時の運によるのかもしれないが、年2,3度あるか無いか大サービスだった。久しぶりのストレス解消の連写し捲りだったが、画像は飛び出しに飛翔、それに交尾も見られたが鉄塔の上でまともに撮れずが残念。最近、ロクヨンを使用していないので、久しぶりに持ち出そうと思っているが、昨日のような場合は手持ちでしか撮り捲りは出来ない。頭上近くを飛ぶので角度的に三脚使用は無理、飛ぶスピードが速いので距離が近いとロクヨンの三脚撮影では追えなかっただろう。止まる場所も数10m離れた場所を行ったり来たりで、重量機材なら担いでの移動はしんどい。ロクヨンなら飛び出しぐらいしか狙えず、近くの飛翔は一発勝負となる。しかし、ロクヨンもたまに使わないと勿体ない。これからの時期に使うなら、距離が比較的遠いチュウヒにミサゴかな。尚、昨日の撮影は、D500での630㎜での撮影は、頭上近くの撮影になるとはみ出しとピンずれが多かった。こういう時にD850なら、フルサイズの画角420㎜で追え、後でトリミングで拡大しD500の拡大画像並みが得られるので便利と思う。

昨日の画像を掲載、かなりの枚数を残したので残りは(2/2)で掲載する。
画像は、トリミングで2~3倍に拡大している。

01dsc_6773

少し離れた場所に飛び、帰って来る時は順光に近い条件で撮れたが、逆光気味の条件が多かった。
02dsc_6866


03dsc_6870


04dsc_7016


05dsc_7022

♂の飛び出し
昨日は、ピョンと飛び出してから羽を広げることが多かった。
06dsc_7025


07dsc_7026


08dsc_7027


09dsc_7110


10dsc_7118

交尾も見られたが鉄塔の上ではまともに撮れず。
昨年は繁殖失敗で幼鳥の姿を見られなかったが、今年はどうなのか期待はしている。この地は休憩場所、巣は何処か知らないが例年通り遠くの場所になると思うので、卵を産んで抱卵に入れば姿を見る確率が極端に少なくなる。
11dsc_7147


12dsc_7230


13dsc_7231


14dsc_7232


15dsc_7234


16dsc_7236


17dsc_7314


18dsc_7317


19dsc_7318

風の強い日は時々この狭い場所に入りよる。
20dsc_7319

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

地元ブラブラ

 カワセミ探索をメインにブラブラ歩いた。アオバトも撮ろうと思い、何時もより早めの出発で8時には撮影ポイントに着く。期待通りアオバトが登場してくれたがカワセミはさっぱり、仕方なく下流へ行ったが聞いている通り何処もアカン、3ヵ所で登場したが顔見世程度では仕方なし。
カワセミが期待外れだったのでハヤブサまで歩いたが、珍しく断続ながら40分程度飛び捲り、年に数度の大サービスで行った甲斐有り。12時までに家に戻るつもりだったが、コンビニで昼食を買い粘った。その後1羽は姿を見せたがもう1羽は鳴き声のみ、遠くに飛び去ったので獲物持ち帰りを期待したが、無しで戻って煙突の傘の下に止まり、もう1羽の鳴き声も聞こえなくなった。昼からは撮影条件が良い場所だが、どんよりした曇り空になり空気が少しボケてきたので1時半頃に引き上げた。

●アオバト
 最近では3度目の撮影、♂と♀共に水を飲みに川に下りたが数は少なかった。
 ♂
18030602


18030603


18030604

 ♀
18030605


18030606

 飛びものを撮りたかったが、対岸の木から下りてきて戻るでは後ろ姿しか撮れなかった。
18030607

 

●モズ 

18030608

 ペアが同じ枝に止まったが、同時撮影は初めて。
18030609

 

●カワセミ
 日によって多少マシな時もあるようだが、真冬良かった場所も今はさっぱり。

18030610


18030611


18030612


18030613


18030614


18030615


18030616


18030617


18030618

 

●ハヤブサ
 撮り過ぎで画像整理追い付かず。取り合えず枝被りの飛び出しを掲載、残りは明日にでも掲載する。止まるのを初めて見た場所、かなり低くてフェンス沿いの木の茂みが邪魔する。ピンポイント撮影しか出来ず。

18030619


18030620


18030621


18030622


18030623

  

撮影機材:D500、300mf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:1,023枚
移動:行きは歩き、帰りは地下鉄  天気:晴れ後曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

朝はチュウヒ2018Ⅵ、昼から街中のハヤブサ

 何処に行くか迷ったが、昨日ニコンのサービスセンターでピントを調整してもらったD500の検証で、朝は150-600㎜を装着しチュウヒへ、昼からも天気が良かったので、青空バックの飛翔狙いで300㎜f4+TC17Ⅱを装着してハヤブサに行った。
ピント調整の結果は良くなったかなと思うが、撮影条件が良かった(快晴だったが空気が澄んでいた)のかも知れない。

●朝のチュウヒ
 着いて早々に飛び出し20分程断続的に登場してそれなりに撮れたが、2時間居て姿を見たのはこの20分と1時間ほどして後ろ姿を見たのみ。状況チェックで対岸にも行ったが、快晴で逆光が強すぎ眩しくて直ぐに道路側に戻った。今日もノスリが登場しチュウヒとの絡みが見れたが、木の茂みに邪魔され良いシーは撮れず。

18030601


18030602


18030603


18030604


18030605


18030606


18030607


18030608


18030609


18030610


18030611


18030612


18030613

 

●昼からのハヤブサ
 1時間半居て♂一度登場したが5分も立たない内に飛び去った。風が強く別の場所に雲隠れしていたのかな。風が強かったおかげで、飛び出した直後にハヤブサが横に流される所が連写出来た。
相変わらずサービスが悪いが、どこか近くの山か田んぼでサービスしているのかな。
  
18030614


18030615


18030616


18030617


18030618


18030619


18030620


18030621


18030622


18030623


撮影機材:D500、160-500㎜/300mmf4+TC17Ⅱ、手持撮影
撮影枚数:360枚/158枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

D5、D850、D500の拡大画像

 昨日、ニコンサービスセンターで撮影した画像を見る限り、この3台のカメラのシステムは同世代と思うが、自分なりに通常の使用範囲で撮れば大した違いが無いように思う。上手な人が撮っても、初心者クラスが撮っても、それぞれそれなりでカメラ間の差は大きく無いのではないかいな。D850も通常の撮影でトリミングによる拡大を押さえれば、高画素機のメリットを感じないように思う。D800Eの場合は、比較したAPS-C機がD300とD7000だったために、違いを感じたのだが・・・・

D850の最大メリット、トリミングによる超拡大画像を見てみた。
トリミングで通常の拡大最大値約1780pixelとして掲載は1200pixelにリサイズしたが、共に著しく画像が劣化することが無いように感じる・・・ぐらいしか今回の撮影では分からない。一度鳥のフィールドで比較撮影してみたいな~。

    
D5:拡大は3.1倍(縦横共に)
01d51784

  
D850:約4.6倍(縦横共に)・・・他の2機種に比べ撮影距離が遠かった。
02d8501782

   
D500:拡大は3.1倍(縦横共に)03d5001788


鳥撮影でのD850のメリットは、フルサイズの画角で鳥を追い、トリミングでAPS-C機並みの大きさの画像が得られる。遠い鳥ではAFが多少合い難い時があるかも知れないが、近い鳥では追い易く画面からのハミダシが少なくなる。カワセミなどでは、画面から半分はみ出している画像でもピントが合っていることがあり救済できるだろう。猛禽では、D5ならTCが必要な距離でもTC無で十分撮れる。D4とD800Eを使用していた頃、猛禽では主にD800Eを使用していたが、今はD500で十分と思っている。

 
今日は何処に行くか思案中、カワセミ、アリスイ、チュウヒ状況チェック・・・いずれにしても、サービスセンターでピント調整後のD500を持って行く。あまり変わらないやろな~

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

D850 VS(?) D5にD500

 朝から雨で撮影は諦め、ニコンの大阪サービスセンターへD5とD500のセンサーとファインダーの掃除に行ってきた。別メニューでピントチェックがあったので、D500のみ依頼したが後にピンになっていたとのこと。チェック用の基準レンズを使用したとのことが、何本かピント調整したのが降り出しに戻る。初めからおかしいのと違うかと聞いたが、使っている内にズレが生じるとことがあるとのことだが、ならばこれからも生じることがあり定期的にチェックする必要が有るやないか。”ホンマかいな、ちゃんと出荷検査していないのと違うか”と疑いを持つ。600㎜f4など使っていて、途中からピントがおかしくなったとは思わない。もっとも気づかない程度なのかも知れないが、鳥撮影しかしておらずトリミングでかなり拡大しているので分かるはず。

暇な待ち時間が有るので、マクロ105㎜を持って行きD850の試し撮りをさせて貰い、清掃後のD5とD500にも装着して比較を撮影を行ったが大失敗。各カメラ、同じ場所から撮影したつもりが立つ場所が違った。2時間ぐらいの間があったが少しボケが進んだかな。

掲載する画像も無いので比較にならない画像ですが掲載します。
ゴジャゴジャした花は最近撮影することが無く、腕の悪さが十分分かる画像になっている。ここ数年鳥専科の者が花を撮ればこんなものだろう?

撮影条件
 絞り優先オート、露出補正-1、ピクチャーコントロール:スタンダード、WB:オート、ISOを常用の400から滅多に使わない25600の範囲で変更
ありゃ~、D850はAF-SでD5とD500はAF-Cダイナミック25点、ピントのポイントが画像によって動いたかな?

画像は、上D5(1.5倍に拡大)、中D850(2倍に拡大)、D500(ノートリ)
トリミングによる拡大以外は無修正

●ISO400
011iso400d5

012iso400d850

013iso400d500

  

●ISO1600
021iso1600d5

022iso1600d850

023iso1600d500

  

●ISO3200
031iso3200d5

032iso3200d850

033iso3200d500

  

●ISO6400
041iso6400d5

042iso6400d850

043iso6400d500

  

●ISO12800
051iso12800d5

052iso12800d850

053iso12800d500

  

●ISO25600
061iso25600d5

062iso25600d850

063iso25600d500

  

●D5とD850のノートリ画像比較
上がD5で下がD850でISO25600の画像、少し修正している。
101iso25600d5

102iso25600d850



D5にD500とD850では少し色が違い、D850の方がクリア感が良いように思うが、室内撮影で照明の角度の違いによるのか、それとも白い花の割合が大きいのでそう見えるのか?
どの画像も多少の優劣はあるが同じようなもの、D500は価格から考えると健闘していると思う。トリミングで拡大する鳥では、高感度にするとノイズがかなり目立つのはなんでや~、D850も同じやろう。拡大によるところも有るが、日差しや大気の影響がかなりあるのかな。ピント不十分でブレ補正やシャープの後処理の影響か、腕を上げれば何とかなる・・・?

尚、元画像は、14bitのロスレス圧縮RAWで、画像ファイルサイズの一例はD5:28Mb、D850:55Mb、D500:25Mb。パソコンは、プロセッサが3.4GHzデュアルの実相RAM16GBで、D850の画像でも動きに全く問題は無かった。

D850を持った感想は、他の所有カメラと同じで特に何も感じず。ただ、シャッター音が安っぽ過ぎ、高額カメラなのでD5並みとは言わないが、もうちょっとマシな音に出来なかったのかいな。使う喜びを考えれば、音だけで価値が落ちる。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

撮影休み

 昨日の夕方、オジロがセンター上を飛び山本山に止り、トビから獲物を奪ったとか。今日、湖北へ再び出動したかったが所用で行けず残念。そのまま、山本山に残ったかどうかは分からないが、可能性があるなら撮ったことの無いワシなので行きたい。明日は、雨の予報なので行くとしたら火曜日になるがどうかな?

昨日の画像の残り

イワツバメ
ツバメも交じり数はかなり増え、巣材集めが始まったようだ01dsc_0394

交尾失敗と思う
02dsc_0414


03dsc_0415


04dsc_0416

空抜けの飛翔
300㎜+1.7倍TCで750㎜の撮影、f6.7でAFが落ちることも有り難しい。
05dsc_0421


06dsc_0426


カワセミ
動かずで直ぐに場所を移動したが、粘れば動きの有る所が撮れたかもしれない。
07dsc_0439

ここでは話をしている時に飛び込み一発、手前岸辺の枯草の見えない場所に隠れしばらく動かず。
08dsc_0448


ハヤブサ残り画像
空抜けは諸逆光、日影も逆光の下で眩しくて見づらく追い難かった。
09dsc_0456


10dsc_0472


11dsc_0473


12dsc_0476

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

地元ブラブラ

 カワセミ探索で、撮影ポイント4ヶ所を歩いたが、2ヶ所で止まっているところを見たのみ。カワセミも例年通り冬の間にサービス満点なのが登場したが、今は何処というところでどのポイントのカワセミも動きが悪いようである。川の水量がこの時期としては少なく気になった。
結局、カワセミのサービスは見られず、ハヤブサまで歩いたが姿無し。しばらく時間を潰していると2羽が登場したので期待したが、♂は直ぐに飛び去り♀も飛んだので、獲物持ち帰りを20分ほど待ったが帰って来ず、諦めて引き上げた。
ハヤブサ♀の飛び出しが撮れたが、逆光の中の日影で見難かった。画像は、朝の日影の撮影としては、まあ良かった方かな。

画像は、トリミングで2.4倍に拡大

18030301


18030302


18030303


18030304


18030305


18030306


18030307


18030308


18030309


18030310


撮影機材:D7500、300mf4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:189枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年3月 2日 (金)

チュウヒ2018Ⅴ 3時間で3度の短時間撮影

 オオワシが終わり少し気が抜けた。カワセミかと思ったが、車にガソリンを入れようと大津へ行くことに、ならばチュウヒやとひとっ走りした。9時過ぎから12時過ぎまで3時間居たが、登場は3回で2回は素通りに近く、後の1回はチュウヒ2羽絡みにノスリが加わり連写しまくりで多少撮れたが、まだまだ開幕とはいかず様子見レベルだった。西側を飛んでいたのかも知れないが木の茂みで見えず、対岸から様子を見ていた方が良かったかな。
D7500と150-600㎜手持ちだったが、日が高く上がっており画像はパッとせず。ロクヨン持って行くにはまだ早く、次回は300㎜f4+TC17Ⅱにしよう。
チュウヒが物足りなかったので、帰りにハヤブサに寄りしばらく様子を見ていたが姿見ず。

  
18030201


18030202


18030203


18030204


18030205


18030206


18030207


18030208


18030209


18030210


18030211


18030212


18030213


18030214


18030215


18030216


18030217


18030218


18030219


18030220


18030221


18030222


D850、D5とD500が有れば不要と自分に言い聞かせていたが、欲しいとの気持ちもあった。優先順位で、今日車のタイヤ交換等をディーラーに頼んだが、SUVのタイヤは高く、ブレーキパット交換にドライブレコーダーも取り付けるので20万円ぐらいかかる。もう一つ、冷房の温度調整が不調で暖房が潰れているエアコンを買い変えねばならず、D850は完全に頭から消えた。高画素機のトリミングによる超拡大はD800Eで経験済みで魅力だが、総合的にAF精度などを考えるとD5より写りは悪いだろう。

撮影機材:D7500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:407枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円 

| | コメント (0)

2018年3月 1日 (木)

オオワシ2017-18総集Ⅱ  機材別画像

 今日は朝に少し家を出たが、体が怠く(花粉か?)結局撮影休みとした。オオワシ総集Ⅱということで、撮影に使用した機材別画像をまとめてみた。

高額機材は綺麗に撮れるが、軽量機材でも撮影条件が良ければ綺麗に撮れる。オオワシは、頭上近くを越えて琵琶湖に飛び帰って来るので、麓で待てば近い距離での飛翔を狙うことが可能。遠い所を飛ぶことが多く、近い距離での撮影機会が少ないイヌワシやクマタカと違うところだろう。
撮影姿勢は基本的に楽してそこそこの画像を撮りたいであり、軽量手持ち撮影で ”高額機材、何ぼのもんじゃ~” と思う時も時々ある。しかし、より綺麗に撮りたいと思う時は、失敗に歩留まりを考えて、高額機材を使用する。単に高額機材で上手く撮れなければ、仕方なしと諦めがつくだけの話だが。

<今シーズン・オオワシの使用機材と撮影回数>
 ・D5と600mmf4+TC14    6回
 ・D500と600mmf4(+TC14) 5回 飛び出しはTC装着、帰りは外す
 ・D500と300mmf4+TC14   5回
 ・D500と300mmf4+TC17   2回
 ・D500と80-400㎜        1回 田んぼでのコハクチョウ狙い兼ねる
 ・D500と18-400㎜         1回 お試し
 ・D7500と150-600㎜      3回
 ・D7500と300㎜+TC14    2回
 ・D7500と80-400㎜      1回 田んぼでのコハクチョウ狙い兼ねる
 ・D7500と18-400㎜      1回 お試し
 ・V3と600㎜f4          1回 20コマ/秒で飛び出し狙い
 ・COOLPIX S9900       1回 遊び
 尚、600㎜f4使用時は三脚撮影、その他のレンズは全て手持ち撮影だった。

手持で色々な機材を使用した成果は、300mmf4ではTC14でも17でも画像があまり変わらないのが分かったことと、山の直ぐ下に行けば18-400㎜の260㎜の換算360mでも、トリミングでそれなりの画像が得られるのが分かったこと。来シーズンの手持ちメインはTC17にし、麓の撮影ではD5と300mmf4+TCを使ってみようと思う。

試しの機材の画像は除き、各機材の撮影画像例を掲載します。
全てトリミングで2.4倍に拡大

●D5と600mf4+TC14Ⅲ
 D5は、TC装着でISO感度を上げても画像が綺麗で、AFの正確さと追従性は一味違う。今シーズンは、TC無の撮影をしなかったが、来シーズンはやってみよう。
01d5600tc141


02d5600tc142

  
●D500と600mmf4(+TC14Ⅲ)
 基本は、山止まりからの飛び出し飛翔狙いはTC装着、琵琶湖からの帰りはTCを外すとしている。TCを装着すれが距離が遠いなど撮影条件により画像落ちが分かるが、来シーズンはTC装着で湖岸で待ってみよう。
 TC無し
03d5006001


04d5006002

 TC装着
  晴れの日はTCを付けたらアカン
05d500600tc1412


06d500600tc142


●D500と300mmf4+TC14Ⅲ
 手持ちで多用した。家の中んでの撮り比べでは、D500はD7500に比べわずかに画像が落ちるように思ったが、AFが良く歩留まりが違うのでフィールドではD500の方が使い易い。鳥の画像でシャキッと撮るには、フォーカスが決め手となる。もっとも、拡大してボケが分かる程度ならソフトで修正出来るが07d500300tc141


08d500300tc142

  
●D500と300mmf4+TC17Ⅱ
 D500と300mmf4でのTC、14Ⅲに比べ17ⅡはAFは当然遅くなり、画像も落ちると思っていたが、画像落ちはそれほどでもなかった。元々TC14Ⅲでも画像落ちがあるかも知れないが、カワセミとハヤブサで確認してからオオワシで使用した。これまでは、TCは2本持って行き、止まりものを撮る時にTC17Ⅱを付け、飛びもの狙いはTC14Ⅲに変えていた。来シーズンから、明るい時は17Ⅱ通しでの撮影を増やす。
09d500300tc171


10d500300tc172



●D500と80-400㎜
 最近、このレンズでも終日の手持ちは重い、今シーズンは畑のコハクチョウも狙う日に使用した。
11d500804001


12d500804002

  
●D7500と300㎜TC14Ⅲ
 このレンズでもD500並みには撮れると思うが、使用した日の撮影条件が悪かった。
13d7500300tc141


14d7500300tc142


●D7500と150-600㎜
 このレンズ、遠いと結果がもう一つのように思う・・・・。重いのと900㎜での撮影で手ブレが影響していると思っているが、もう一つよく分からない。レンズが重いので、このレンズを使用する時は、少しでも軽いD7500としている。
15d75001506001


16d75001506002

  
今日から3月だが、明日から何を撮りに行くかな? 
オオワシ画像でフォーカスポイントを表示させると、全てセンターに表示される。ダイナミックAF-Cを使用し、D5:72点、D500:25点、D7500:9点としており、オオワシがフォーカスポイントから外れていてもピントは合っている。D800Eの過去の画像を調べると、フォーカスポイントはころころと移動している。設定が何かおかしいのかな?

| | コメント (0)

ザゼンソウ

 今朝画像を整理している時に、ViewNX-iで外付けHDの2/9の画像を開くこうとしたら、いつまで経っても開かない。一旦、NX-iを落として再度立ち上げると、フォルダーの画像が消えているではないか。今日消えたのか数日前に読み込んだ時におかしくなったのか分からないが、雪の照り返しを受けてのオオワシ飛翔画像群で、貴重な画像を無くしガッカリ。過去にも画像を無くしたことが有るが、いずれもPCトラブルによるPC・HDの画像、今回のような外付けHDで、フォルダーは残っているのに画像のみ消失は初めて、何かキーボードを押し間違えたのかな・・・・。

掲載は昨日撮影したザゼンソウ
紫褐色の大きな仏炎苞(ぶつえんほう)の中に黄色い花がある。僧侶が堂の中で座禅を組んでいるように見える姿から名前が付けられたどうで、以前はザゼンソウを撮るためだけに今津まで走ったが、今はついでの時にしか撮らない。

この地の花は、信州辺りの花に比べ数が疎らで小さいように思う。雪が積もっている時に行けば良かった。
01dsc_9861


02dsc_9847


03dsc_9849


04dsc_9852


05dsc_9853


06dsc_9859


07dsc_9867


08dsc_9873


09dsc_9875

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »