« さらばD800E、ようこそD850! | トップページ | チュウヒ2018Ⅻ 少しは出が良くなったような »

2018年4月 8日 (日)

D850初陣は150-600㎜で手持ち撮影

 昼からハヤブサに行きD850を試した。ハヤブサは、下駄におり飛んだが肝心な飛び出しを見逃し、気が付いた時は斜め後ろからの撮影になってしまう。しばらく待っていたが、風が冷たく寒くなったので引き上げた。D850のチェックにはならなかったので、川沿いを歩いて自宅に向かい鳥なら何でも撮影したが、曇り空で撮影条件が悪すぎD850の画像の良さは十分確認出来ず。レンズは150-600㎜を使用したが、このカメラには役不足だったかも知れないが、さすがにフルサイズ機で悪い条件(高感度)でも十分撮れることは確認できた。予想通りこのレンズではD5使用時より画像のシャキッと感が劣る(高画素機故でD800Eも同様だった)がトリミングで大きく出来る、D500にD7500よりはかなり良い、ISO1000以上になると違いが分かる。
設定はD800Eと同様ロスレス圧縮RAW14bit、撮影範囲は×1.2倍としたがD5同様余計な領域にスモークが入るのが良かった。

このカメラの利点は、トリミングでかなり拡大できることなので、画像は全てフルサイズから4.8倍に拡大したが期待通り。高感度での撮影が多かったということで、少し見苦しい画像も有り。

   
このカメラの手持ちでのメインレンズは150-600㎜、気になっていたピンズレをチェック。純正レンズなら、あまり気にしていないがレンズメーカーのレンズは気になる。
通常の拡大では、気にするほどピンズレは無いように思う。
1804080148

ファインダー内のハヤブサが小さいのでバックにピントを取られる、
1804080248

人からAFがD500より遅いと聞いていたが、確かにピントの遅い時が何度かあったが、シャッターのストロークが少し長く(?)、ピント合わせの半押しで押し方によってAFが遅くなるのではないかと思ったが如何に? 少し強めに押すと問題は無かったがよく分からない。AF-Lは使用していない。
1804080348


1804080448


180408054


180408064


180408074


180408084


上の画像は全てISO640以下で、ここからISO1000以上
ISO1000
180408094

ISO1000で逆光気味
180408101000


180408114

ISO1600
18040812iso1600

ISO2000
180408132000

ISO2500
180408142500

ISO1600
180408151600

ISO3200
180408163200

ISO2000
180408172000

ISO2000
180408182000


今日はお試し、使い込めば良い画像が撮れるだろう。

  
撮影機材:D850、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:248枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円(朝に一日乗車券を買った)

|

« さらばD800E、ようこそD850! | トップページ | チュウヒ2018Ⅻ 少しは出が良くなったような »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらばD800E、ようこそD850! | トップページ | チュウヒ2018Ⅻ 少しは出が良くなったような »