« 京都水族館へ | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅨ  ♀が途中で雲隠れ、♂は獲物を掴んで長時間飛ぶ »

2018年4月25日 (水)

ミサゴ遠征 番外編  D850と600mmf4にTC14Ⅲはどうだ!

 先日のミサゴ撮影、遠くの中州の杭に止まった時にカメラを向けたがピント合わず。ファインダーの中のミサゴが小さすぎたためで、空抜けなら大丈夫だがバックが海だったのでアカンかった。”TC14Ⅲを付けて少しでも大きくしたらどうじゃ” ということで試したが一発でとはならなかったが直ぐにフォーカスした。その後飛んだので何ショットか撮ったが、多少のボケで歩留まりは落ちたが、上手く撮れた画像は良かったと自己満足。
ロクヨンにTC、D5ではTC14Ⅲは積極的に、TC17Ⅱは時々使用しているが、D500ではTC14Ⅲを時々、TC17Ⅱは試しに使った程度。先日、チュウヒ相手にD850でTC14Ⅲを使ったが、もう一つで止めた方が良いかなと思ったが、多分陽炎の影響を受けやすくTC無しでもアカン画像連発の場所だったため、更に悪くなったようである。海のミサゴでは画像が多少落ちる程度の結果で、撮影条件の良い冬のオオワシではD5同様問題無いだろうと期待する。
チュウヒは、何度か試した方が良さそう、1回では判断できんな~ということだがあたり前か。これからもっといろいろな場面で使い込めば、色々と考えるところが出てきてその度 ”ああしょう、こうしよう” が頭に浮かび迷うのは、これまでの機材も同じだった。

   

トリミングで1200pixel等倍に拡大したが、この拡大でOKなら通常の拡大では問題無し。

杭止まり
これがTC無では、バックにピンが取られ中々合わず。これも少し手前の地面にピントが合っていたかもしれない。TC装着の遠くの画像はこれしかない。
01dsc_5659

飛翔
近くならTC有でも問題無しだがTCが必要なのは遠くの撮影。この時間帯は撮り過ぎていたので、遠くを飛んでも見ているだけでシャッター押さず。
02dsc_5668


03dsc_5669


04dsc_5671


06dsc_5673



雨が上がれば撮影に出るつもりで待機中。
D850と150-600㎜手持ちでVR・OFFにしてどの程度撮れるか試したい。VR・OFFにすればAFが速くなるので、直ぐにシャッターを押しても微ブレが無くなるのではないかと期待している。チェックは、飛びものなら被写体は何でもよい。
SS1/1600ぐらいを確保しての話だが、300㎜f4+TCと80-400㎜は問題無しを確認しているが、保険でONにしている。150-600㎜は少し重いのでどうなのか?
止まりものは、当然VR・ONが良い。

|

« 京都水族館へ | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅨ  ♀が途中で雲隠れ、♂は獲物を掴んで長時間飛ぶ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都水族館へ | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅨ  ♀が途中で雲隠れ、♂は獲物を掴んで長時間飛ぶ »