« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

D7500と300mf4+TC14Ⅲ手持ち撮影の1200pixel等倍画像

 昨日の画像で調べてみたが、軽量機材の手持ちでもそれなりに撮れることも有るようだ。

ISO1000、f5.6、SS1/1600、VR・ON

かなり遠く証拠写真
この距離の止まりものは、ロクヨンの三脚撮影でもシャッタを押すことはあっても狙わない。木止まり連写の止まった直後。
ノートリ
Dsc_2462_1

クリック後の拡大画像が1200pixel等倍、トリミングよる拡大は縦横約4.6倍
Dsc_2462_2

これぐらいの距離なら、手持でも近くを撮れない時の保険で連写する。
ノートリ
Dsc_2485_3

前のミサゴのみをトリミング切り取る。
ISO1000でもこのぐらいの画像ならマズマズ、もちろん通常はここまで拡大しない。
クリック後の拡大画像が1200pixel等倍
Dsc_2485_4

  
ISO1000でこの拡大では、明るくするとノイズが目立つので暗めに仕上げた。
鳥の画像は顔の表情が分からないとアカンので、最近は少々画像落ちしても拡大で極力大きくしている。顔の表情か画像の綺麗さを取るかは、人それぞれの好み。また、鳥画像はトリミングで極力拡大し、顔が向いている方の空間をほんの少し広くするが、基本は日の丸構図に近いのが良い。下手に三分割構図にすると、鳥を大きくしているので、鳥をセンターに捉えきれずたまたまピントが合ったような画像になってしまう。たまたまピントが合うことは頻繁にある。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

ミサゴ遠征 番外編  D850と600mmf4にTC14Ⅲはどうだ!

 先日のミサゴ撮影、遠くの中州の杭に止まった時にカメラを向けたがピント合わず。ファインダーの中のミサゴが小さすぎたためで、空抜けなら大丈夫だがバックが海だったのでアカンかった。”TC14Ⅲを付けて少しでも大きくしたらどうじゃ” ということで試したが一発でとはならなかったが直ぐにフォーカスした。その後飛んだので何ショットか撮ったが、多少のボケで歩留まりは落ちたが、上手く撮れた画像は良かったと自己満足。
ロクヨンにTC、D5ではTC14Ⅲは積極的に、TC17Ⅱは時々使用しているが、D500ではTC14Ⅲを時々、TC17Ⅱは試しに使った程度。先日、チュウヒ相手にD850でTC14Ⅲを使ったが、もう一つで止めた方が良いかなと思ったが、多分陽炎の影響を受けやすくTC無しでもアカン画像連発の場所だったため、更に悪くなったようである。海のミサゴでは画像が多少落ちる程度の結果で、撮影条件の良い冬のオオワシではD5同様問題無いだろうと期待する。
チュウヒは、何度か試した方が良さそう、1回では判断できんな~ということだがあたり前か。これからもっといろいろな場面で使い込めば、色々と考えるところが出てきてその度 ”ああしょう、こうしよう” が頭に浮かび迷うのは、これまでの機材も同じだった。

   

トリミングで1200pixel等倍に拡大したが、この拡大でOKなら通常の拡大では問題無し。

杭止まり
これがTC無では、バックにピンが取られ中々合わず。これも少し手前の地面にピントが合っていたかもしれない。TC装着の遠くの画像はこれしかない。
01dsc_5659

飛翔
近くならTC有でも問題無しだがTCが必要なのは遠くの撮影。この時間帯は撮り過ぎていたので、遠くを飛んでも見ているだけでシャッター押さず。
02dsc_5668


03dsc_5669


04dsc_5671


06dsc_5673



雨が上がれば撮影に出るつもりで待機中。
D850と150-600㎜手持ちでVR・OFFにしてどの程度撮れるか試したい。VR・OFFにすればAFが速くなるので、直ぐにシャッターを押しても微ブレが無くなるのではないかと期待している。チェックは、飛びものなら被写体は何でもよい。
SS1/1600ぐらいを確保しての話だが、300㎜f4+TCと80-400㎜は問題無しを確認しているが、保険でONにしている。150-600㎜は少し重いのでどうなのか?
止まりものは、当然VR・ONが良い。

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

京都水族館へ

 朝から雨、気分転換で京都水族館に行った。狙いは、クラゲにイルカショーでのイルカのジャンプ。D850を持って行きクラゲで ”その刹那に、かつてない精彩を”、何のこっちゃ分からんが実感したかった。水槽の厚みでピントが上手く合わず暗すぎたこともあり、”こんなんしか撮れなかった”に終わる。これまでで3回目の撮影、イルカショーも撮ろうと思ったのでマクロレンズは止めて28-300mmにしたが、これまででは一番綺麗に撮れたと思う。流石にD850ということにしておこう。ジャンルの違う撮影、これはこれで難しい。
イルカショーは、ISO1000で撮ったが暗所ノイズが出ているのではないかな? まあどうでも良いが・・・

  
●イワシ群れの回遊
 何とか綺麗に撮ろうと必死のパッチで粘ったが暗すぎた。ソフトで明るくしているが、AFでよく撮れたな~と思う、流石ニコンの最新機。
18042401


18042402


18042403

  
●クラゲ
 クラゲ撮影は面白いが、何故がピントが少しボケた画像ばかりでソフトで修正した。水槽の厚みが原因だったのか、 マクロレンズならどうだったかな?
D500にD7500なら、この画像は得られなかったかも知れない。D5なら十分と思う。
18042404


18042405


18042406


18042407


18042408


18042409


18042410


18042411


18042412

 これは、少し明るく良かったのではないかと自己満足。 
18042413

  
●無脊椎
18042414


●熱帯性海水魚
 20年ほど前に家で飼育していたので、価格を大体推定できる。高価な魚は居ないと思う。
以前に比べ種類も数も減ったように思うが気のせいかな?
18042415


18042416


18042417


18042418


18042419


18042420

  

●イルカショー
 30分程度だったが見ていて面白かった。小学生、高校生の団体も来ていて観客は平日というのに多かった。どこから飛び出すか分からないので、AF-CのグループエリアAFで撮ったがイルカにピントが合っていない画像も有り。仕方なし?

18042421


18042422


18042423

 驚きのジャンプ力
18042424


18042425

   
18042426






18042427

 2頭同時
18042428


18042429

 きりもみ式ジャンプ、これが撮りたかった。
18042430


18042431


18042432


18042433


撮影機材:D850、28-300㎜、手持撮影  撮影枚数:452枚
移動:地下鉄、JR、歩き  天気:雨
撮影経費:2,850円

| | コメント (0)

2018年4月21日 (土)

D850とシグマ150-600㎜手持ちで月を撮る

 昨日の夜、ほろ酔いで月を撮ったがシャッタースピードが遅かったわりには上手く撮れた。酔いと通常の手ブレがシンクロして止まったのかな? 
SS1/125でこれくらいの画像が得られるなら、この組合せの手持ちはOKかも知れない。

D850を初めて使用したのは150-600㎜、この時はD500やD7500に比べ写りは良いと思ったが、その後ロクヨン使用ではD500との違いはそれほど無かった。D7500はロクヨンでは使用しないので分からない。D500と150-600㎜は元々相性が悪く(自分の所有機の話)アカンと思っているが、昨日カメラを代えて撮り比べすれば良かったかな。

モードA、ISO640、f6.3、SS1/125、露出補正-0.7

トリミングで拡大
Dsc_4525_01_1

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

何処に行くか思案中

 朝は雨で上がればどこに行くか思案中

昨日、D850と所有ズームレンズの写りをチェックした。レンズは、旧24-70㎜f2.8、28-300㎜f5.6、Ta18-400㎜f6.3で、ISO3200、f5.6で撮影範囲DXで適当に手持で撮影した。SSを少しでも速くするため少し暗めに撮っているとしたいが、D850のモニターの明るさに慣れていないのが実情、モニターではOKと思ったが少し暗かった。

旧タイプとはいえ流石24-700㎜と言いたいが、家の中での近距離撮影では大して違いがないのかも知れない。同じ位置にフォーカスポイントを持っていったつもりだが、18-400㎜は少しピンズレがあるように思う。このレンズは、主にD7500のブラブラ歩き何でも撮りに使用するが、D7500でチェックして一度ピント調整をした方が良いかな。D850に使用しても何の問題も無いのは当たり前だが、APS-C用且つ低価格レンズと言うだけで使うのを躊躇してしまう。このレンズは、撮影範囲が広がるので1本あれば便利、もちろんメインでも十分使える。ピント調整を暇な時にやってみよう。

  
24-700㎜f2.8
1012470


28-300㎜f5.6
10228300


18-400㎜f6.3
10318400

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

撮影休み  D850とD500の1200pixel等倍画像を見比べてヤレヤレ

今日は所用で撮影休み

<夕方にD5と600mmf4+TC14Ⅲの画像追加>

D850とD500の究極拡大画像、ブログの掲載画像は1200pixel(クリック後の拡大画像)なので両機の画像を1200pixelで切り取り容量を50~65KBに減らして見比べた。見なければ良かったと笑うしかないわ。自分の感性で見るとほとんど差は無いように思う。
D850発表後、D500の拡大画像を調べ検討した時に必要無しの結論を出したが間違っていなかった。カワセミなどの高速連写は、D500使用と思ったので残しバッテリーパックを買わなかったのは正解だった。後は、D500ではアカンISO3200常用に期待するしかない。
まあ、道具が一つ増えD800Eよりはかなり良くなったので、購入を後悔することは無いと自分を慰める。新しい機材は自分で何度か使い、これまでの機材の結果と色んな角度から見比べないと分からん。最初は目新しさから凄いと思っても、しばらくすれば実態が分かる。
画像の良さと重さを除く使い勝手を比べると、自分の用途と腕では ”D5>D850≧500”の結果しか出ず。無理やりD850の良さを表現すればD500の画像はほんの少し”安っぽい”と言うことにしておこう。

掲載画像は共に600mmf4を使用しており、D500の画像は最初の2枚を除き昨年の撮影条件が良かった時のもので、条件的にはD850の画像より有利な条件下でシャープに撮れているかも知れない。

●D850と600mmf4

01dsc_1629


02dsc_1637


03dsc_1653


04dsc_1657


05dsc_1660


06dsc_1666


07dsc_1670


08dsc_1672


09dsc_1705


10dsc_1943


●D500と600mmf4
 最初の2枚は今年の撮影、残りの昨年の撮影条件が良かった日の撮影。

101dsc_8629


102dsc_8806


103dsc_3599


104dsc_3657


105dsc_3810


106dsc_4277


107dsc_4325


108dsc_4486


109dsc_4872


110dsc_4903

 

●D5と600㎜f4+TC14Ⅲ
 1月に撮影した画像、TCを使うと如何にD5とはいえ、等倍拡大ではアカン

201dsc_1758


202dsc_1790


203dsc_1853


204dsc_1948

この頃は、別の♀も姿を見せていた。先日、東から西に飛んだのがこの♀だろう。
205dsc_1972

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

撮影休み  D850の感度別画像  <夕方に画像追加>

 朝晴れていたのでカワセミに行こうかと思ったが、良い話を聞かず怠くてしんどかったこともあり撮影休みにした。

昨日、水生植物公園の薄暗い展示室で、ISO100から上限まで撮影した置物の画像を見比べた。DXサイズ(1.5×)で撮影したものを、鳥撮影での通常最大拡大3倍(フルサイズからは4.5倍)で見たが、ISO3200ぐらいまでOKで6400も使えるかも知れないという感触を得た。鳥と置物、またフィールドと展示室では条件が違うので、ISO2000ぐらいまでを常用、条件が悪ければ3200、緊急時には6400ぐらいまでとした方が良いだろう。D500の使用基準と同様だが、実際は大半がISO1600ぐらいで収まると思う。
以前に同じ場所で撮影したISO3200以上のD500の画像が残っていたので見比べてビックリ、”アレ~、何とD500の画像の方が良いではないかい!” で調べると昨日のレンズは28-300㎜、D500撮影時のレンズは80-400㎜でレンズの差が諸に出ていたのが分かり一安心。カワセミ撮影で両レンズの描写にかなり差が有るのは分かっている。近い距離で同じレンズを使用すればD850の方が描写が良いとは思うが、目を見張るほどの差は無いのかも知れない。D5とD500の中間ぐらいかな?

D850の感度別画像を掲載、ISO3200以上は、上にD850、下にD500の画像も掲載する。
共にf5.6で、28-300㎜は約90㎜、80-400㎜は80㎜での撮影、画像の大きさと立った位置の違いで多少角度も違う。

ISO100のノートリ画像
011dsc_32741000


以下の画像はトリミングで3倍に拡大、リサイズ以外の画像修正は無し

ISO100
ブレブレながら手持ちのSS1/6でよく撮れたと思う。軽量レンズだからこその結果だろう。
02dsc_32741001


ISO400
SS1/30、3倍に拡大するとまだ苦しいかな。
03dsc_3275_400

  
ISO800
04dsc_3275_800

  
ISO1600
05dsc_3277_1600

  
ISO3200
061dsc_3278_3200
062dsc_5654_3200

  
ISO6400
071dsc_3279_6400
072dsc_5655_6400

  
ISO12800
081dsc_3280_12800
082dsc_5656_12800

  
ISO25600
091dsc_3281_25600
092dsc_5657_25600

  
ISO1段増感/51200
101dsc_3284_1h
102dsc_5658_51200

  
ISO2段増感
11dsc_3285_2h

     
   
<追加画像>
 レンズ105㎜マクロでD5/D850/D500の高感度比較画像を追加。D5とD850は撮影範囲をDX(1.5×)として手持で適当に撮影したが、D500は少し劣り価格順となっているような、シャッターを押した時のブレの差で大して違いがないような・・・・?

●ISO6400
 D5
640001d5

 D850
640002d850

 D500
640003d500

  
●ISO12800
 D5
1280001d5

 D850
1280002d850

 D500
1280003d500

  

D850を初めて使った時は、トリミングでの拡大が流石に高画素機で凄いと思ったが、冷静に元々1.5倍のD500と比較するとどうなんやろう? ロクヨンや300mmf4+TC17Ⅱの望遠レンズでは差があるように思ったのだが・・・・。購入した以上は考えても仕方ないので大いに使おう。レンズは良いレンズ(単に高価というだけ)を使った方が、高価なカメラだけに結果が悪くても後悔しないだろう。
鳥の三脚使用はロクヨンだが、手持はシグマ150-600㎜より純正300mmf4+TC17Ⅱの方が良さそう。これまで同様もっと使い込めば、結果によって考えがころころ代わるかも知れないが。 

今のところD850を使ってみて購入前の期待通りは
①D5+TC14Ⅲよりは画像が良い
②トリミングでD500並みの大きさの鳥画像が得られるが、1.2×で撮影すれば近距離でもはみ出しが少なく、速い動きも追い易い。チュウヒで実感済み。
③D800Eからの買い替えなので連続撮影枚数が増え、バッファフルを気にせず連写を続けられる。チュウヒの餌渡しなどは、シャッターを押すタイミングを考えなくてよい。

期待しているが今のところハッキリと分からないのは
④極端だが鳥飛翔画像でピクセル等倍に拡大した時にD500より画像が良い。良いようには思うが・・・・
⑤D500より高感度の画像が良くなっている。希望はD5並みだったがそこまではいかないようで諦める。フィールドで条件の悪い時に撮影してみないと分からない。鳥撮影のトリミングによる3倍の拡大で、ISO3200が十分なら期待通りだが無理かな?

| | コメント (2)

D850での風景に花撮影 昨日の撮影

 昨日、D850と28-300㎜で風景と花の試し撮りを行った。私の撮る程度の風景や花では高画素機の恩恵は無く、特に風景はフルサイズで撮るので画像容量が大きく、保存時にHDの容量を圧迫するだけで価値は無いと思っているが取り合えず試してみた。

●余呉湖での風景撮影
過去に何度か桜撮影に行っているが、開花不十分か終わりかけだった。近場の名所に比べ少し遅いようで行く日が悪く毎年外れ、今年は咲くのが早すぎて終わっていた。
風がかなり強く体が煽られ、木も風で揺れていたのでブレがかなりあったと思う。

01dsc_3131

この桜を菜の花絡みで撮りたかった。
02dsc_3140

手前の桜が満開で少し向うをサンダーバードでも走れば絵になるかも知れない。
03dsc_3143

少し歩くと満開の木があった。
ローアングルで撮ってみたが、風景は構図が勝負でセンスに欠ける者には難しい。鳥なら顔をセンターに捉えピントしっかり合わせてシャッターを押す、後はトリミングで構図を考えるだけなのでピントさえ合わせれば良いのだが。
04dsc_3178


05dsc_3179

桜かな?、種類が分からない。
06dsc_3184


07dsc_3201


私が撮る程度の晴れた日の風景は、コンデジでもソフト修正でそこそこの画像が得られる。一眼で綺麗に撮ろうと思えば、手持で適当にシャッターを押すのではなく、三脚使用で日差しによる光を取り入れじっくり撮る必要があるのだろうが、そんな気は無い。夜明け頃や夕方なら一眼の価値がでるが、最近は撮りに行くことも無い。

  
●草津水生植物公園での花撮影

08dsc_3223

風に揺れるので揺れる方向が変わる瞬間を狙う。
09dsc_3227

温室の睡蓮
風が無いので撮り易い。新しいカメラを買うとチェックで撮りに来るが、一眼ならどのカメラでも自己満足画像が撮れる。D5では撮っておらず(と思う)、D850はこれまでの一眼と比べると細かい描写が微妙に違うが、温室の花ということで全体を見るとあまり変わらないように思う。
マクロレンズで三脚を使用し、じっくりと近接撮影すれば違いがハッキリ分かるのかも知れないが興味無し。昔は、マクロレンズやクローズアップレンズなども使用して色々撮っていたが面倒なので止めた。
10dsc_3240


11dsc_3245

この画像なんかは、光具合が綺麗なように思う。
12dsc_3248


13dsc_3256


14dsc_3260


15dsc_3267


16dsc_3269


17dsc_3272


18dsc_3273

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

銅賞

 朝、何処へ行くかで悩んでいたが、桜風景で余呉湖へ行ってみようと思い、D850に28-300㎜を装着した。ならばついでに野鳥センターへ行くかと、ネットで湖北野鳥コンテストを検索した。今年の写真コンテストに2枚応募し、野鳥センターから銅賞に入選と電話で連絡を貰っていたが、現時点で作品の展示がされているのかどうか分からなかった。ネットで調べると毎日新聞の記事が引っ掛かり、5/31まで野鳥センターに展示されるとの記載が有り、ならばと見に行くことにした。帰りに草津の道の駅で昼食を食べ、草津水生植物公園で温室の睡蓮等でD850の写りを試し帰ってきた。

今日は、写真コンテスト関連をメインに掲載、他は後日。

入賞作品
金、銀、銅、優秀作、佳作の10作品。
18041301_2

銅賞作品
18041302

写真コンテストへの応募は初めて、副賞5千円も有りがたく頂戴したが、入選の証の賞状が欲しかった。
18041303

オオワシの漁の瞬間の連写画像から選んだが、その時の6枚をスライドショウにした。最後の画像で応募したが、4枚目にするかどうか悩んだ。
この時は水面近くに下りてから数十枚連写し、ほとんどピントが自己満足ながらOKでD5(レンズは600㎜f4+TC14Ⅲ)のAF追従性に驚いた瞬間でもあった。
画像クリックで、かなり遅い目のスライドショウが開きます。
18041304

応募したもう1枚
18041305

展示風景
18041306


18041307


18041308

  
来年は、D850とロクヨンで金賞を狙おう・・・D5とロクヨンのTC無の方が良いかな?
今年は、D5とロクヨンでTC14Ⅲを使用した。

 

余呉湖の撮りたかった桜は残念ながら終わっていた。来年は、満開の時を見計らって行ってみよう。
風が強くかなりブレている。
18041309

水生植物園温室の睡蓮
これまでに何度も撮っている。綺麗に撮れたとは思うが、他のカメラに比べ特に凄いというほどでは無いかな。撮り易い被写体、手持ちで適当にシャッターを押せばこんなものやろう。 
18041310

ISO25600の2段増感画像 リサイズ以外は無修正ノートリ
この高感度でこの画像、ノートリなら高画素機としては凄いのではないか。一度夜景を撮ってみたくなる。他の機種同様、鳥画像並みのトリミングをすれば多分アカンだろう。
18041311_2


撮影機材:D850、28-300㎜、手持撮影  撮影枚数:166枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:500円(湖北野鳥センター、水生植物園)

| | コメント (2)

何か猛禽が飛んでる

 昨日のハヤブサ撮影地での事

遥か上空を猛禽が飛んでいる。トビか~、尾羽を見ると違う。
Dsc_30861

D850で撮り拡大するとノスリだった。
Dsc_30862


お粗末な記事でしたが、D850での拡大の凄さを掲載したかっただけです。

今日もチュウヒか・・・・、D850で風景撮影の確認もしたい。もう直ぐ家を出るが、鳥か風景かでレンズ選択中。

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

D850とロクヨンのTC14Ⅲ有/無画像の比較

 猛禽撮影は距離が遠いことが多い。トリミングで拡大出来る距離なら、TCを使わずトリミングで拡大しした方が綺麗なのはこれまで何度も調べ分かっているが、持って行けばつい使ってしまう。D5は、オオワシやチュウヒ撮影ではほとんどTCを装着し、D500でもオオワシ撮影では時々使用していた。D800Eは、遠い距離でTCを使用すると画像がかなり悪くなったのでほとんど使用していなかったが、D850ではどうかを昨日調べた。
尚、TCは近い距離ならそれほど画像落ちせずに使用できるが、欲しいのは遠い距離で肝心の用途ではアカン。

TC有画像はトリミングでフルサイズから3.6倍に拡大、、TC無画像はさらに1.4倍拡大し約5倍に拡大する。

人工物、シャープ処理はしていない
 TC有
01dsc_1786tc

 TC無
02dsc_1926


逆光のノスリ、通常の修正処理をおこなっている。
 TC有
03dsc_1782tc

 TC無し
04dsc_1773


共にTC無で拡大した方が良いという、あたり前結果。D850の画像は、まだ拡大に余裕が有る。

TC装着で撮った飛翔
元画像がボケていたが、TCの影響は少ないと思う。04dsc_1795


05dsc_1885

距離が近くなるとTC有無の影響は小さい。実際はよく見ると違う。
06dsc_18222


07dsc_18292

 

止まりものを近くでより大きく撮りたい、トリミングを出来るだけしたくない、ならTCを付けた方が良いのかも。
D850でも300㎜f4の手持ちでは、TCを付けないと満足出来る大きさの画像が得られないが(と思う)、ロクヨンならトリミングで十分大きな画像が得られるので、多少遠くても付けないことにしよう。TC無し極力大きな鳥画像を得る、高画素機のメリットの一つ。

| | コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

さらばD800E、ようこそD850!

 使ってみたい、いやD800Eがあるので高画素機は不要と、何度も繰り返し考えていたD850を遂に購入した。

”太っ腹じゃ~”と言いたいところだが、昨日正式に購入契約をしたお墓の費用が、25年の管理費を含めても確保していた金額より安くついた。ならば残りの費用を噂のミラーレス機購入で予定していた費用に上乗せし、D850を買うかと今朝に思いつく。定年退職記念で生涯残すと決めていたD800Eをどうするか、6年も立てば退職記念品もへったくれも無しで買い取りに出した。
近くのキタムラは、スタジオなんちゃらになっているのでヨドバシに行った。ヨドバシも値段交渉をすれば少しは安くしてくれると撮影仲間に聞いていたが、聞いていた通り”奥に行って聞いてきます”で多少安くしてくれ価格交渉成立。ネットショップの最低価格よりは高いが、在庫があり持って帰れるので決めた。手にするまで日がかかれば、買うのを止めれば良かったと後悔するかも知れない。ポイントでXQDの128GBを購入したが、ポイントがまだ残っているのでイージーカバーを購入するつもり。

さらばD800E!
6年間よく奮闘してくれ十分満足だった ”ありがとう”
Dsc_9982


 
ようこそD850!
D5並みとは言わないが、D800Eより根性が無かったら ”怒るで~”
Dsc_9986

| | コメント (0)

2018年4月 7日 (土)

撮影休み  コウモリ

 朝から所用で外出、2時半頃に帰りハヤブサに行こうかと思ったが、少し肌寒かったので撮影休みとする。

先日、桜撮影の帰りに自宅近くで撮ったコウモリ
V3と1用70-300㎜での撮影だが難しかった。蝶のようにヒラヒラと舞い最初は少しでも大きく撮ろうとレンズ300㎜で狙ったが、ファインダーに捉えても直ぐに外れレンズ150㎜ぐらいで何とか追うことが出来た。

01dsc_3823


02dsc_3826


03dsc_3829


04dsc_3836

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

京都の桜2018Ⅳ 仁和寺

 京都の桜撮影ラストで仁和寺へ行く。狙いは遅咲き低木の御室桜、過去に何度も行っているが、いつもは10日を過ぎてからで5日に行ったのは初めてではないかな。満開、9時過ぎに入ったが既に人が多く、おまけに観音堂が工事中だったので撮影に苦労した。いつもながらの撮影だったが、ミツバツツジも満開で木の数が増えたように思う。最初は曇り空だったが途中から日が差し青空も見えたが、人が益々増えてきたので10時過ぎに引き上げた。
地下鉄一日乗車券を買っていたので夕方のハヤブサに行く。高い場所の止まりものが撮れたのみでさっぱり、何時行けば良いのかはハヤブサ次第で気まぐれな奴である。

  
18040501


18040502

五重塔を絡ませて撮るのが良いが、人の頭越しに撮る必要があり下の桜を入れれない。
スマホで撮る人は、片手を高く突き出して撮る人が多いが、普通に顔の前に持っていき撮れないのかな、スマホを使ったことがないので分からん。
18040503


18040504


18040505


18040506


18040507


18040508

枝垂れとミツバツツジを入れる。   
18040509

以前はミツバツツジがもっと少なかったように思う? 
18040510

日が差してきたので逆光気味に撮る。
18040511


18040512


18040513

  
オマケ
少し離れた場所から人が少なくなるのを待って撮ってみた。
18040514

 
すれ違う人に”いいカメラですね”と言われ、”まあね~”と苦笑いしたが、次から実態とは違うが、”腕もよろしおまっせ~”と返してみようか。
観光地でD一桁機で撮影している人は少ない。以前は少し気恥ずかしかったが、最近は気にせず持ち出している。
    

夕方のハヤブサ
この場所に止まられると手持ち機材ではまともに撮れない。
18040515

反対側も見に行ったがイソヒヨが近い場所に居りてきた。

18040516


18040517

  

撮影機材:D5、24-70㎜f2.8、手持撮影           撮影枚数:147枚
       D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:46枚
移動:地下鉄、嵐電  天気:曇り後晴れ
撮影経費:1,520円

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

撮影休み  滋賀の桜 徳勝寺と酒波寺(昨日の撮影)

 今日は朝から実家のある池田へお墓探しに行った。実家の母親も90歳を過ぎ数年間寝たきりなので、そろそろ用意する必要があるかと思いネットで探していたら、京都からも高速を使えば近い霊園があったので池田の兄弟と話を聞きに行った。永代供養で期間13年限定の個人墓、二人墓、家族墓(埋葬は現時点で40歳以上に限定)、永代使用出来る一般墓(25年間の管理費前納)などがあったが一般墓に決めた。25年後連絡が取れなくなれば墓仕舞いになるそうだが、遠い将来のことはどうなるかは分からない。我々の代の知った事では無くケセラセラというところ。
家族葬も行うことが出来るとのことで話を聞き、生前予約なら少し安くなるので決めてきた。これで取り合えずは安心、いざという時に慌てなくても葬式からお墓まで電話一本で済む・・・のだろう。   

桜のシーズンも近場の名所では終盤近し、今年は例年より早く一気にパッと咲きもう直ぐ終わりそう。風景をメインに撮影していた現役の頃は、休みなれば車で走り回っていたが、最近は名所の桜撮影に出かけることが少なくなった。毎年、期待を裏切らない同じ場所にしか行かず撮り飽きたということもあるかも知れないが、平日でも外国からの観光客が増え人が多いので行くのが億劫になたのが主な原因である。今年は、ここ数年では撮影に出かけている方かも知れない。昨日は滋賀の徳正寺と酒波寺に行ったが、名前があまり知られていないようで人は少なかった。共に毎年では無いが10年ぐらい前から行っているが、いずれも狭い境内で桜は一ヶ所集中。

●徳正寺(北小松)
 小さなお寺だが庭の枝垂れと周囲のソメイヨシノが見事、枝垂れが満開になるのが少し早く同時満開の撮影は難しい。昨日も枝垂れはピークを過ぎていたが、今年はソメイヨシノが少し早くこれまで行った中では良かったかな。
01dsc_9847


02dsc_9830


03dsc_9850


04dsc_9857


05dsc_9856

  
●酒波寺(今津、ビラへ続く林道の登り口)
 10年以上前になるか、蟹パーティーの後だったと思うが行った時に見事な桜の写真を見た。それ以降何度か行ったが今年が一番良かった。
06dsc_9929

山門横のエドヒガンザクラと参道のソメイヨシノを同時に入れる構図が良いが、これまで行った時はソメイヨシノの開花が不十分か、エドヒガンが終盤だったと記憶している。
07dsc_9879


08dsc_9864

樹齢は推定300年のエドヒガンザクラ
09dsc_9883


10dsc_9894


11dsc_9919


12dsc_9901


13dsc_9918


14dsc_9898


15dsc_9923

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

京都の桜2018Ⅲ 平安神宮の紅枝垂れ

 今シーズン3回目の桜撮影は、平安神宮神苑の紅枝垂れがメインで、少し早めに出発し毘沙門堂と南禅寺に寄ってから行った。人が多く桜に近づいて広角で撮るしかないと思い、D5に久しぶりの24-70㎜f2.8を使用した。24-70㎜f2.8は1年ぶりぐらいの使用と思うが、旧タイプながら標準ズームでは写りはピカイチ。
快晴の日の桜撮影、綺麗に撮れるは10時頃まで、粘ってもせいぜい11時までで昼過ぎには帰った。一日乗車券を買っていたので少しでも多く使わな損、夕方のハヤブサに行った。着いて直ぐに登場、初めは動きが有ったが直ぐに無くなる。比較的低い場所に居たので粘ったが、5時15分頃に諦めて引き上げた。

  
●毘沙門堂に行く途中に山科疎水で撮影
 今シーズン2度目の撮影だが満開ピークの最終ぐらい、前回は菜の花が少なかったが例年通り咲いていた。
18040201


●毘沙門堂
 枝垂れが満開というところ
18040202


18040203


18040204

  
●南禅寺
 満開のピークは過ぎていた
18040205

昔の時代劇で時々見る場所
18040206

南禅寺の桜ではこの場所が一番良いが、残念ながら終盤
18040207


18040208

  
●南禅寺界隈(北側)の高級別宅街
 数年前に一度行ったことあるが、この地を抜けて平安神宮まで歩いた。
18040209


18040210


18040211


18040212

  
●平安神宮神苑
 今日の目的地だが人が多かった。メジャーな桜の名所は平日でも観光客が多いのは仕方なし。カワセミが2羽飛び回っていた。ミニ856を予備に持って行ったので取り出したが撮れず。狙いは桜止まりだったが、松の木には止まったが桜は周りに人が多く止まらず。
18040213


18040214


18040215


18040216


18040217


18040218


18040219


18040220


18040221


18040222


今シーズンの桜撮影はもう一回、仁和寺の御室桜を撮りに行こうと思っている。

  
撮影機材:D5と24-70㎜/V3と70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:268枚/27枚
  昼から:D800Eと150-600㎜、三脚使用         撮影枚数:88枚 
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:1,200円(地下鉄一日乗車券、平安神宮神苑)   

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »