« チュウヒ2018ⅩⅩⅣ 出は昨日と変わらず | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅩⅥ  餌渡しが良い角度で撮れたが・・・・ »

2018年5月10日 (木)

チュウヒ2018ⅩⅩⅤ  昨日より出が悪かった

 昨日の夜は寒くて久しぶりに冬の掛け布団2枚で寝たが、朝起きた時に2枚ともそのままだったので夜中は寒かったのだろう。朝チュウヒに行ったが防寒用にアンダーシャツを1枚追加、シャツは冬に来ている厚手の物にしたがそれでも寒かった。
7時頃に到着、餌を捕りに行った直後とのことで期待したが一向に帰って来ず。8時半頃に帰ってきたが獲物無し、しばらくして再び捕りに行ったようだったので寒さを我慢して待つ。9時を過ぎても帰らずで、しばらくして寒さが我慢出来ず帰ろうと駐車場に向かって歩き出した時に、ブラックバス駆除の漁船が入ってきた。トビが集まり始め、♂が帰って来てバトルが見られるかと期待して再び戻る。9時半を過ぎてから♂が獲物を持って帰って来て、♀に餌渡しをしてからバトルが始まる。餌渡しの瞬間は、木の背後と思い少し右に移動しかけた時に渡しよったので、シャッターを押せず。動かなければ撮れていたと思うが距離は遠かった。♀は今年初めて獲物を持って巣に下りた。雛に直接食いちぎってやるためか、トビが多くていつもと行動パターンが違ったのかは不明。
D850と150-600㎜Cの三脚撮影のチェックだったが、9時半頃までは2度数ショット撮っただけで、サギや遠くのオオヨシキリなどをかなりの枚数撮影した。9時半頃からチュウヒ相手に250枚ほど連写し捲ったが、ボケ画像ばかりで昨日の手持撮影の方がマシだった。連写しまくりの時は日が差していたのでその影響と思うが、このレンズはチュウヒでは使わない方が良いとの結果になった。使うなら手持ちで田んぼも含めウロウロ歩く時かな。D850でもこれまでのAPS-C機と同様の結果となり納得、チュウヒの定点撮影はやはりロクヨンを使わないとアカン。ロクヨンでもボケる時が多くオオワシに比べ綺麗に撮るのは難しい。腕や機材によるものではなく撮影条件によるものだろう。イヌワシも同様で何度か同じような経験をしており、イヌワシ・ビギナーズラックの撮影は霧が晴れて薄日が差した時だった。昨日は手持ちだったのでVR・ON、今日は三脚使用でOFF。

尚、画像は無修正ではボケだが、ソフト処理をすれば画像が良くなるのでピントは大丈夫だったのだろう。
掲載は、全てフルサイズから3倍に拡大している。

最初に見た♂は前を横切っただけ、日が雲に隠れていたので、この時の条件はマシだったが遠かった。  
18051001

♀が飛び出して巣材を取りに行った。
18051002

♂が獲物を持って帰ってきた。
日差しが背後から差していたが全体的には雲が多かった。
18051003

餌を渡した後に比較的近い場所を飛んだが、この距離でこの画像ではアカン。
18051004

♀が獲物を受け取り旋回する。
18051005


18051006


18051007


18051008

♂とトビのバトル
18051009


18051010


18051011


18051012


18051013


18051014

♀は見えない場所に下りたと思ったが、獲物を掴んで飛んでいた。
18051015


18051016


18051017

獲物を掴んだまま巣に下りたが、風向きが悪く後ろ姿となる。
18051018

♂はトビが居なくなるまで追っていた。
18051019


18051020


18051021

機材チェックでアオサギをかなり撮った。距離が多少近かったこともあるが、無修正でもかなりマシな画像が多かった。色の違いによるのかな、トビも天気が良ければ綺麗に撮れないことが多い。
18051022

  
オマケの1200pixel等倍画像
オオヨシキリ
18051023

モズ♂
18051024


撮影機材:D850、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:456枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:0円

|

« チュウヒ2018ⅩⅩⅣ 出は昨日と変わらず | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅩⅥ  餌渡しが良い角度で撮れたが・・・・ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2018ⅩⅩⅣ 出は昨日と変わらず | トップページ | チュウヒ2018ⅩⅩⅥ  餌渡しが良い角度で撮れたが・・・・ »