« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

チュウヒ2018ⅬⅤ  想定外

 今年55回目のチュウヒ、昨年の撮影回数に到達したが久しぶりに撮影仲間のJ君と出動した。いつもより少し遅めに着いたが、しばらくして親♂が獲物持ち帰り幼鳥が飛んだ。餌渡しが撮れたと思ったが3羽が同時に親を追うのが分かり驚いたが、3羽同時の飛翔が撮れシャッターを押すのを止めた。画像確認で餌渡しはしておらず、その後単独飛翔を見てシャッターを押し直した幼鳥が獲物を掴んでおり、もう少しシャッターを押し続けていれば餌渡しが撮れた、しまった・シマッタ・・・・と成りにけり。それにしても3羽が同時に餌を受け取りに飛ぶのは、来週半ば以降と思っていたが今日とは想定外だった。今年の幼鳥の動きは予測できない。
11時に終了で湖北のカンムリカイツブリへ行く。昨日、雛を見たのだがその雛親子は姿無し、代わりに別の雛親子を見たが風が強く撮り難かったことも有り適当にシャッターを押して引き上げた。

 

最初の餌渡し
到着する前に2度ほどあったらしい。18063001


18063002


18063003


18063004

当然餌を渡すと思ったが
18063005


18063006


18063007

順番が違い渡さず。
18063008


18063009

3羽が♂の周りに現れたので驚いた。この時期、まだまだ餌を取りにいかないのが居ると思っていた。
18063010

カメラからの距離が違うので、当然すべてにピントが合うことはない。
18063011


18063012

撮り直した1羽が獲物を持っていた。
18063013

♀が少し離れた場所に止まっていると思い手持ちで撮りに行った。D850と600㎜f4+TC14Ⅲの手持ちは重いが、数枚の連写ならまだまだ大丈夫。
18063014

TCを外したが、TC有より多少シャープかな?
18063015


18063016


18063017


18063018

今日も巣へ持って下りることが多かった。2度目で成功の餌渡しを今期初撮影したが、風向きが悪く後ろ向きで残念。
18063019


18063020


18063021


18063022


18063023


18063024

  
●湖北のカンムリカイツブリ
昨日2羽の雛を乗せた親が居り、もう1個卵を温めていたので今日は3羽になっているかと期待したが、卵をほったらかしにして姿を消していた。撮ったのは別の個体。
18063025


18063026


18063027


撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:702枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影枚数:702枚

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

チュウヒ2018ⅬⅣ 幼鳥は、まだ葭原に隠れる時間が長いかな

 朝の内なら雨は大丈夫と思い行ったが途中で雨が降り出し一時中断、その後しばらく撮影出来たが動きはもう一つ、木の向こうで見えなかったためかな。しばらくして再び雨が降りそうになったので終了、湖北も雨かと思ったが一か八かでカンムリカイツブリを見に行く。長浜の手前ぐらいから土砂降りの雨で琵琶湖一周ドライブやなと思ったが、湖北に着くと雨は上がっており蒸し暑い中カンムリカイツブリを撮影して帰った。

D7500と150-600㎜の手持ちで対岸から撮影した。十分状況確認出来ずで雨のため駐車場へ撤収。

ノートリ画像
18062901


18062902

トリミングで3倍に拡大
ズームレンズのISO1600での撮影、拡大すると画像はアカン。状況チェックには手持ちでも良いが、対岸から真剣に撮ろうと思えば大砲+TCが必要。
18062903


駐車場で雨が上がるのは待った後は何時もの道路側に行った。

今年初めて親から幼鳥への餌渡しが見れたが幼鳥の受け取りは失敗
最初はこんなものだろう。親が獲物を持ち帰っても取りに飛ぶのは1羽のみ、来週頃から葦原から出る時間が長くなり他の幼鳥も取りに飛ぶと思うが、今年は3羽が一斉に親を追いかけるのが見れるかな。見れても過去の経験から大砲では全て入らないように思う。様子を見て80-400㎜を使用するつもり。
18062905

獲物が小さすぎる。
18062906

距離が離れ過ぎと違うか
18062907

親から幼鳥といっても♂から♀への餌渡しと変わらないが失敗が多い。餌渡し成功を確実に撮ろうと思えば親同士だが、これからは少なくなる。
18062908

幼鳥が前に行き過ぎたようである。
18062909

ここからトリミングで3倍に拡大
18062910

獲物は後ろを通過
18062911


18062912


18062913

急いで後を追うが
18062914


18062915


18062916

レンズを振り方が速すぎてボケたのでは?
18062917

獲物を掴めず落ちた場所辺りを見る。
18062918

見ながら飛んだが葭原の密集場所に落ちれば下りれないやろう。
18062919

諦める
18062920

少し場所を移動し2羽並びを撮る。
18062921


18062922

雨上がりで明るくなるとバックはスッキリする。
18062923

  

●カンムリカイツブリ
蒸し暑かったので長居せず、短時間で色々撮ったが壮絶バトルを初めて撮った。これだけで行った価値は十分あった。

18062924


18062925


18062926


18062927


18062928


18062929


18062930


18062931


18062932


18062933



撮影機材:D7500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数728枚
移動:車  天気:曇り一時雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

チュウヒ2018ⅬⅢ  幼鳥がそこそこ遊んでくれた

 今日の幼鳥、早朝は顔見世程度だったが9時20分頃から再び登場し、月曜日ほどでは無かったがそこそこ遊んでくれた。親から幼鳥への餌渡しは無し、立っていた場所の左手林に止まったのが少し気になる。いずれは林に行きよるが、定着するようになると見えずで親から幼鳥の餌渡しも見えにくい場所が多くなる。
昨日は午後に幼鳥3羽が飛んだと聞いたが、午後の方が飛ぶ回数が多いのかも知れない。暑くて午後に行く気はしない。
尚、親は獲物を一直線で巣に持って入り、餌渡しで幼鳥を誘い出すような仕草が見られない。今シーズンはいつから始まるのか気なるが、7月には間違いなく餌渡しをしているだろう。

  
18062801


18062802


18062803


18062804


18062805


18062806


18062807


18062808


18062809


18062810


18062811


18062812


18062813


18062814


18062815


18062816


18062817


18062818


18062819


18062820


18062821


18062822


18062823

  

撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:738枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

チュウヒ2018ⅬⅡ  今日も幼鳥はちょこっと顔を見せただけ

 今年の幼鳥はどうなっているのか、22日に一瞬だけだが登場し25日は何度も飛んでくれサービスが良かった。となると餌渡しの開始を期待して昨日と今日2日連続で行ったが、ちょこっと顔を見せただけ。昨年は22日登場(もう少し早かったかも?)で26日初撮影だったが親から幼鳥への餌渡しが見られた。また一昨年は20日初撮影(初登場はいつか?)で24日には餌渡しが見られていた。今日は風が強かったこともあり飛ばなかったのかも知れず、昨日、今日と朝の撮影組が帰った後に飛んでいるのかも知れない。親が幼鳥の上を餌をぶら下げて飛ぶ様子はなく直ぐに葭原に下りるので餌渡しは始まってはいないと思う。一人よがりの見込みが少し狂ってきた。
明日も特に行きたい所(撮りたい鳥)が無いので行ってみよう。幼鳥が葦原から出て西の林や前の木の後ろなど見えない場所に止まることが少ない間は道路側から撮った方が良いだろう。

親の飛翔や餌渡しはこれまで通り撮れたが、今の狙いは幼鳥なので出なければ退屈、途中で今日は来なければ良かったと後悔したが、蒸し暑い中粘って最後に思わぬ距離で♂とトビのバトルが撮れ、運には見放されていないようである。

今日はいつ幼鳥が飛び出しても良いように手持ちでロクヨンを持って湖岸を歩いたり、田んぼに♂が下りた時に手持で見に行ったが腰の不調を忘れていた。気を付けないとアカン。

  
♂とトビのバトル
田んぼ側から獲物を持って帰ってきた♂に、獲物を奪い取ろうとトビが襲い掛かった。一旦争いを避けて琵琶湖側に飛んで来たが、トビがしつこく襲い掛かりチュウヒは獲物を落としたようである。最後の方でピントを外し獲物を落とすところは撮れなかった。

獲物を持った♂にトビが接近、餌渡しのポーズに見える。
18062701

逃げるチュウヒをトビが追いかける。獲物を持っていなかったらチュウヒがトビを追いかけることが多い。
18062702


18062703

琵琶湖側に来ても追いかける。
18062704

背後の上からトビが襲い掛かりバトル開始。
18062705

角度が少し悪い、チュウヒの顔が見えたら良かったのだが・・・・
18062706


18062707


18062708


18062709


18062710


18062711


18062712


18062713


18062714


18062715


18062716

この後、ピントが外れたボケボケ画像が2枚、バックが緑になったので撮れていれば良かったのだが残念。
18062717


♂から♀への餌渡し
久しぶりに良い角度で撮れたが、♂と♀の距離が離れすぎ。
18062718


18062719


18062720


18062721


18062722

 
今日の幼鳥
18062723


18062724


親から幼鳥への餌渡しが撮れ幼鳥3羽並びの飛翔が撮れれば、1月の終わりから始めた今シーズンのチュウヒ撮影が終わる。カワセミが復活していれば良いのだが、最近の状況がさっぱり分からない。 

撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:614枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

チュウヒ2018ⅬⅠ  あらまあ~、何てことだ!

 金曜日に初見の幼鳥、土曜は行かなかったが2羽飛んだと聞き、日曜日は3羽登場で昨日は3羽のサービスがかなり良く、今日はサービスが更に良くなると期待して行った。
”何ということか”、幼鳥はチラッと姿を見せただけで葭原の新しい巣2ヶ所(多分巣分けと思う)に隠れとった。親♀も餌捕りに出かけるようになり、餌の持ち帰りの回数はかなり多かったように思うが、その分前では♀の姿もあまり見れず。♂は餌取を繰り返していたが、♀は時々かなり奥の低い木で休憩していた。一度前の木に止まりその時は♂から♀への餌渡しが見られた。10時半にガッカリして帰ったが、もしかしたらその後出てきて飛び捲ったかも知れない? 昨日も夕方に飛んだと聞いている。
天気が良かったので対岸には行かず道路側から撮ったが、餌の持ち帰りや奥の♀の休憩前後などはシャッターを押しまくったので撮影枚数はいつもと同様多かった。大した画像は無いが、行った以上は姿を見れば撮らないより撮った方がマシとの考え。

明日曇り空なら対岸に行くつもりだが、幼鳥は葭原から出ておらず道路側から見えない場所で飛んでいる様子はない。飛ばないなら対岸に行く価値無しで道路側から撮った方が良いかな?

  
数少ない幼鳥の画像を掲載
朝から快晴だったが、6時過ぎの画像はまだ良かった。18062601

9時半頃の画像
晴天時の何処にピントが合っているか分からないボケ画像、修正で見られるようにしたつもりだが、雲の日の撮影なら即ゴミ箱行きである。今日はD500使用で昨日のD5より条件が悪ければ画像が劣って当然だが、腕も悪いのかな~。トリミングをあまりしなければそれなりの画像なのだが・・・・
18062602


18062603


18062604


18062605


18062606


18062607

  

親の画像は、早い時間にそこそこ撮れたが幼鳥が出たので今更親は無いだろうで省略し、昨日の幼鳥の画像をオマケで掲載
尚、昨日の撮影は、これまで6年間で幼鳥の飛翔に限れば一番多く撮れた日だったように思う。

●昨日の残り画像の一部
昨日の画像はまだまだあるので、今後幼鳥の良い画像が撮れなければで掲載するかも知れない。そうならないようにサービスして欲しい。
Dsc_002708


Dsc_002809


Dsc_004010


Dsc_008511


Dsc_009012


Dsc_009313


Dsc_009514


Dsc_009815


Dsc_010116


Dsc_010417


Dsc_011318


Dsc_011719


Dsc_012620


Dsc_016621


Dsc_017522


Dsc_017723


Dsc_017824

前の木に幼鳥3羽が止まり、一時は近寄って団子状態になり訳の分からない画像も撮った。まだ整理していないが大半はゴミ箱行き
Dsc_058825


撮影機材:D500、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:721枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

チュウヒ2018Ⅼ  雛の飛ぶ回数が増えていた

 昨日の幼鳥の動きから良くなるのは2、3日後かと思っていたが、今日は思っていたより動きが良くなっており親との絡みも有って撮影を堪能できた。飛ぶ回数が増え昨日より撮影チャンスは多かったが、飛ぶ時間は短く距離も短いので短時間勝負となる。親からの空中餌渡しはもう少し先になるだろう。親から幼鳥への餌渡しは、♂から♀への餌渡しと変わらず面白味は同じだが回数が増える。また、幼鳥は下手くそで良く落とすことが有りその時の表情と慌てて急降下で取りに行く様子は面白い。あまり下手だと親も空中で渡さず持って下りよるので、そうなると最悪で♂から♀への餌渡しを十分撮っているので行く価値が無くなる。幼鳥は親と色は違うが大きさはほぼ同じ、ただの飛翔は2、3度撮れば興味が無くなる。
尚、♂から♀への餌渡しは8回と多かったが、近いのは後ろ向きで横向きは距離が遠くてどうしようも無い。見えないことが多かったが、親から幼鳥への餌渡しは、木の上とかで上手くいかなかったのが多かったのではないかな。
幼鳥は、もう1羽登場するかな・・・今日の♀の動きを見ていると餌を持って巣に下りることは無く、餌を見せながら巣の上を飛ぶことも無かったように思う。可能性は低いかもしれない。


撮り過ぎて整理が追い付かず、幼鳥の飛翔と木の上での餌渡しを掲載

●幼鳥の飛翔
天気の良い日の早朝は斜光で赤っぽくなり好みの色では無い。WBの調整で補正したが色はもう一つかな。
01dsc_9992


02dsc_9994


03dsc_9998


04dsc_9999


05dsc_0001


06dsc_0002


07dsc_0004


08dsc_0036


●木の上での餌渡し抜き取り抜粋で
木の上の見える場所に2羽、後ろの見えない場所にも1羽居たと思うが、親が餌を咥えて周囲を何度も飛ぶが幼鳥は飛ばず。多分、空中餌渡しで取りに来るのを促していたように思う。
09dsc_0707


10dsc_0715

親は周回しながら餌を足に持ち替え近づくが幼鳥の反応無し。
11dsc_0765

幼鳥が飛ばないので親が幼鳥の所へ持って行く。
12dsc_0778

ここで餌を離す
13dsc_0779

親の足には餌は無いが、幼鳥が受け取った様子も見られず。
14dsc_0780


15dsc_0783

親が幼鳥の背中に一瞬乗る。初めて撮った珍しいシーン。
16dsc_0785


17dsc_0787

餌渡しは失敗
18dsc_0795

しばらくして巣材に使用している枯草を持ってきよった
19dsc_1138

木の枝の上に置いたような・・・・
20dsc_1143


21dsc_1174

再び餌を持って来て
22dsc_1235


23dsc_1238

枯草の上に置き枯草で餌が落ちないようにしたのか・・・・考え過ぎかな?
24dsc_1239

次の餌は蛙
25dsc_1383


26dsc_1389

餌渡し失敗で上昇
27dsc_1394

再び横から近づき
28dsc_1403


29dsc_1409

今度は成功かな?
30dsc_1473


明日曇り空なら広範囲が見える対岸から撮ろうと考えているが、晴れならどうするかな~?

  
撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用   撮影枚数:1,967枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

チュウヒ2018ⅩⅬⅨ  手持ちで様子見、幼鳥3羽登場

 今日は幼鳥の様子見でD7500と300mmf4+TC14Ⅲの手持ちで行ったが、幼鳥(雛)は3羽登場していた。1羽が少し遅れて登場することが有り、もしかしたらもう1羽登場で希望予測の4羽登場となるかも知れない。以前の餌の持ち帰りの頻度から予測していたが、まあ無事3羽登場すれば上々だろう。
雨上がりの曇り空で撮影条件は良いかもと思い行ったのだが、着いた時は雨がショボツキ早朝は少し条件が悪かった。幼鳥が近くを飛んでくれたこともあり手持撮影としては結果満足の日となる。

幼鳥の画像を掲載します。

幼鳥が飛ぶのは恐々の短時間、低い場所で飛ぶ回数も少ない。
木の枝に止まるのは慣れていないようで上手く止まれず小枝に翼を乗せてぶら下る。18062401

  
思わぬ近い場所から飛び出したが、時間を置いてもう一羽が同じ場所から飛び出した。昨日か今朝に巣から移動していたようである。
18062402


18062403


18062404


18062405


18062406


18062407


18062408

胸の辺りの色が薄いので♂かもしれない。
18062409


18062410


18062411


18062412

飛行は短時間
18062413


木に止まる幼鳥に親が餌を持ってくる。連写から極一部を抜粋。

1回目は失敗で親は餌を離さず。
18062414


18062415


18062416


18062417


18062418

2回目も失敗
枝に止まる幼鳥に餌を渡せるはずが無いと思うが・・・・。空中か地面で無いと無理だろう。もしかしたら早速空中餌渡しのために幼鳥を誘い出しているのかな?
18062419


18062420


18062421


18062422


18062423

親について幼鳥が飛ぶ
18062424

  
大分時間が立ってからの飛翔、これも短時間
数日でもう少し高く飛ぶようになり、その内親が餌を持って帰ってくれば受け取り飛ぶようになる。その時期がチュウヒ撮影のホンマの本番となるが、7月になれば暑さに耐えられなくなる。その後、親に付いて遠くへ飛ぶようになり1羽でも飛ぶようになれば出が悪くなる。これまでの経験では1ヶ月ぐらいは大丈夫と思うが今年はどうなるか。昨年は暑くて行かなかった、以前は8月にも行っていた。
18062425


18062426


18062427


18062428


18062429


18062430
  

今日は親もいつも通り飛んでくれ、何回か餌渡しも撮れたが手持ち機材では遠すぎた。

撮影機材:D7500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:1,139枚
移動:車  天気:雨がショボツク曇り空から晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

撮影休み  昨日のチュウヒ画像残りの一部

 昨日、幼鳥の今期初撮影だったが過去の記録を調べてみた。13、14年は成鳥と幼鳥の区別はどうでもよく、14は6/25には飛んでいるのを撮っているが幼鳥とは知らなかったと思う。15年から幼鳥を意識し始め、初撮影は6/23で6/20には登場していたと聞いていた。16年は6/20で6/18行った時は姿を見ていない。昨年は6/26は初撮影で数日前には登場したと聞いているが、その日は対岸にいたので姿見ず。今年は6/23で一瞬の姿チョイ見せ、今年は少し早いかと予測していたが、昨年と同様で数日のことだが例年より遅かったようである。今日ぐらいは顔見世で飛んだかも知れないが幼鳥が揃うのは来週ぐらい、何羽登場か楽しみではあるが、飛ぶようになると親と少し色が違うだけで期待はやはり餌渡しの芸しかない。

過去の幼鳥画像
幼鳥絡みの画像は何故か大砲での撮影が少なく、160-600㎜、300㎜+TC14Ⅲでの手持ち撮影が多い。掲載は昨年のロクヨンの画像
001


002

 

●昨日の画像の残り
5時過ぎから12時までの撮影だったが、10時を過ぎて何処にピントが合っているか分からないボケ画像量産で歩留まりがかなり悪くなった。しかし、薄日の条件だったので撮れる時は撮れていた。

気分転換で東の端からの撮影
・5時20分
早朝は明るいと少し赤くなるので好みでは無い。暗い曇り空な全くアカン。01dsc_0565520

・5時45分
02dsc_0655545

・6時23分
03dsc_0725623

・6時23分
04dsc_0738623

・7時00分
05dsc_0864700

・7時00分
06dsc_0883700

     
巣の前に移動後の画像
・7時28分
ピーカンなら7時でもチョイ甘の時があるが、薄曇りの時は7時から9時ぐらいまでが一番良いかな。
07dsc_1028728

・7時36分
08dsc_1077736

・8時31分
少しピントを外す
09dsc_1108831

・8時42分
10dsc_1164842

・8時48分
11dsc_1186_848

・10時8分
12dsc_13081008

・10時8分
13dsc_13361008

・10時10分
14dsc_13691010

・11時29分
チョイ甘が多くなってきたのでTCを外す
15dsc_14791129

・11時48分
ISO400、f5、SS1/1600で明るめに撮影しソフトで少し暗くした。昼頃の撮影、色々試した方が良いのか、やるだけ無駄か・・・・。
16dsc_15221148

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

チュウヒ2018ⅩⅬⅧ  朝の5時過ぎから12時まで粘った

 昨日の画像に満足出来ず、今日は多少の無理を覚悟でロクヨンを担いで行った。椅子に座って待った後に立った時に少し腰に痛みが走ったが、ロクヨンを担いで歩いている時は慎重に振舞ったので何とか無事に撮影出来てヤレヤレ。
天気予報は晴れマークだったので早めの出発で5時に到着、東の端からの撮影で8時過ぎには撮影終了で帰るつもりだった。日差しがそれほど強くなく9時まで延長で粘っていると幼鳥(雛)登場、いきなりの登場で顔が写らずだったので粘ることにしたが、結局12時まで粘ったものの顔撮れずで引き上げた。来週半ばになれば毎日撮れるだろう。

幼鳥登場は8時51分、座っている時にいきなり飛び出し岸辺の方に飛んだ。顔が見えたがカメラを向けた時は後ろ姿だった。巣に戻る時はこちら向き期待して待っていたが、カメラから離れた時に戻ったので撮れずに終わる。雛は何羽居るか?、餌の持ち帰り回数から3羽は居ると思うが期待は4羽、7月頃に親が餌を持ち帰った時に全数が飛ぶのを期待している。餌持ち帰りは一時減ったが今日も昨日ほどでは無いが多かった。
巣の前に移動してからの撮影
18062201

幼鳥も飛んでるだけでは面白みが無く芸を期待している。
18062202


18062203

東の端に居た時に露出チェックで巣を撮ったが、家に帰ってからの画像チェックで真ん中辺りに羽の端が見える。現地では気づかず。
18062204


  
画像は早朝に東の端から撮った♀、連写画像から適当に抜粋
♀は今日も広範囲を飛び回っていた。西の方か帰って来て正面の木に止まる。18062205


18062206


18062207


18062208


18062209

枝が細く木の上でゴソゴソ
18062210


18062211


18062212


18062213


18062214

一旦落ち着いてから鳴きだす。
♂が帰ってきた合図だが昨年の♀は鳴いたかな?、記憶に無い。今年の♀は前の木に止まった時は、♂が戻ってくると必ず鳴くのに気づき餌渡しの機会が分かるようになり撮影が楽になった。トビやカラスを警戒する時も鳴くので注意は必要。
18062215

鳴きだすと♂が姿を見せ♀は発進体制に入る。
18062216


18062217


18062218


18062219

  
18062220


18062221


18062222


18062223

上空の♂の方を見る。
18062224

この時の♂は餌を離すのが早かったが
18062225

上下の距離が離れていたので何とか捕りよった。
18062226


18062227

餌を受け取って広範囲を旋回し途中下りたりするが最後は巣に入る。巣から出てくるのを促しているのだが、今年の♀は巣の上の旋回回数が少ない。昨年の♀はもっと巣の上を旋回していたように思うのだが・・・・

18062228


18062229

10時頃の撮影
少しボケが入っているが日差しが弱かったのと距離が近いのでマシ。
18062230

12時前の撮影
これも距離は近かったが、少し悪くなったかな。
18062231

 

撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:1013枚
移動:車  天気:うす曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2018年6月21日 (木)

チュウヒ2018ⅩⅬⅦ  餌渡しは多かったが行動パターンは変わらず

 昨日痛めた腰、今朝起きて布団から出る時は何ともなく直ぐに起き上がれた。腰を痛めた翌日に直ぐに起き上がれたのは初めて、しかしソファーに座りしばらくしてから立つ時には少し痛みが走った。歩く時に直ぐに腰が伸びるのでチュウヒに行くことに、用心してロクヨンは止め150-600㎜とし三脚も軽量の物にした。
6時前から11時前まで粘ったが♂の餌持ち帰りは10回で、1回♀が飛ばなかったため♂が持って下りよったが9回餌渡しがあった。自分がこれまで行った中では数の多さの記録更新だろう。雛(幼鳥)の登場はまだで、♀の行動は1パターンの繰り返しだった。前の木に止まり♂を待つ、餌を受け取った後一旦見えない場所に下り再び登場、巣の上も含めて何度か旋回して巣に下りる。巣から出ると前の木に止まり♂を待つ。♂は餌を渡すと田んぼに下りたり前の木に止まり休憩することもあったが、休憩時間は短く直ぐに餌を捕りに行くことが多かった。

掲載画像ははトリミングでフルサイズ(カメラD850)から3.6倍に拡大。
早朝はISO2500、SS1/800にしたため、レンズの解像力不足も有り画像はパッとせず。明るくなってからは、こんなものだろう程度には撮れた。

1回目
18062101

餌を持って木に止まり
1806212

餌を咥えて飛び出す
18062103

途中で足に持ち替え巣に下りる。
18062106


18062107

  

2回目
距離は近かったが後ろ向きではどうしようも無い。
18062111


18062112

  
3回目
距離は比較的近く向きも良かったが空抜けではどうしようもなし。
18062113


18062114

  
4回目
曇り空の中の明るい部分バックで、遠くて横向きではアカン。この時は手持ち撮影
18062115


18062116


18062117

  
5回目
近かったがバックがアカン
18062118

この画像のみフルサイズか6倍に拡大
18062119


18062120

  
6回目
18062121

♂が田んぼに下りたので三脚から外し歩いて行ったが直ぐに飛ばれた。
18062122

♀が巣材を運んでいたが、”まだ運んでいるのか”の思い。
18062123

  
7回目
6回目からの間隔が短すぎ。♀は湖岸近くに下りていたが取りに行かずで♂が近くに下り寄った。
18062124


18062125

♂が田んぼの珍しい場所に止まる。昨年は一度見たが今年は初めて見る。
18062126

  
8回目
今日は風向きが良く良い角度の餌渡しが何度かあった。
18062127


18062128

  
9回目
♀が鳴きながら飛んだので♂の帰りが分かったが、低過ぎる場所を飛んで素早く餌渡しがあったので撮れず。♂はもう少し上空を戻ってくると思い上空を見ていた。
18062129

♀が前の低い木に止まったが、今期見るのは3度目かな?
18062130

  
10回目
距離は近かったが角度が悪かった。
18062131

♂の落とすのが早すぎ♀は取れずで急降下で追う。結局取れなかったようである。
18062132

  
雛が撮れるのは来週になってからかな?、雛とは言え動きが無いと面白味が無いので結局は7月になるか。今日で今年のチュウヒ通いは47回、地元のカワセミ不調でこの時期他に興味のある鳥もいないので60回は行くつもり。


撮影機材:D850、150-600㎜、三脚使用(手持ちも有)  撮影枚数:861枚
移動:車  天気:曇り後薄曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

雨で撮影休み  ギックリ腰再発

 今日は雨で撮影休み

朝起きて1時間ほどしてからPCの前に座る。プリンターを置いているラックから物を取り出そうと手を伸ばした時、腰に痛みが走り立とうとしても直ぐに立てずで腰も伸びず。久しぶりのギックリ腰だが、重症とまではいかないが軽症でもないような? 腰が痛い時は歩いているのが一番マシ、今日は天気が悪く外に出れないがどうするか。
ロクヨンは、しばらく担げないかな。

  
掲載は昨日の残り画像

01dsc_8673


02dsc_8675


03dsc_8676


04dsc_8681


05dsc_8907_1


06dsc_8909


07dsc_8941


08dsc_8982


09dsc_8996


10dsc_9010


11dsc_9012


12dsc_9013


14dsc_9032


15dsc_9033


16dsc_9034


17dsc_9036


18dsc_9315


19dsc_9325


20dsc_9326


21dsc_9328


22dsc_9329


23dsc_9456


24dsc_9464


25dsc_9467


26dsc_9495


27dsc_9525


28dsc_9531


29dsc_9532


30dsc_9533

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

チュウヒ2018ⅩⅬⅥ  昨日に比べ♀の動きは良かった

 今日の♀は、餌を持って巣の上を飛ぶことが多く昨日に比べ前に登場することが多く動きは良かった。6時前から10時までの撮影で雛の姿は見ず、せめて巣の中で羽ばたきジャンプぐらいはして欲しかった。昨年の初撮影は6/26で少し前に姿を見せたと聞いたが、♀の動きを見ているともう直ぐ登場するだろう。何羽登場するか期待するところだが、西の林の道路から見えない場所には止まって欲しくないがどうなることやら。

今日の掲載は♀の餌を咥えての飛び出し抜き取り
♀が餌を掴んで止まると飛び立つ時は餌を一旦口に咥えて飛び、飛び出してから足で掴み直すことが多い。昨年、琵琶湖の杭に止まった時に分かったが、今日は獲物を掴んで田んぼに下りたり何度か前の木に止まったが、その動作を披露してくれた。足で掴んでいると飛び立ちのジャンプで餌が邪魔なのかな。
餌を持って止まった時は、餌を咥えると直ぐに飛ぶので飛び立ちを狙うなら要注意。

田んぼは今日も遠かった
立っていた場所からは、前の葦が邪魔して田んぼが見えないので、ロクヨンの三脚撮影だが機材を担いで移動した。鳥は同じ場所で腰を落ち着けていると同じような画像しか撮れん。
66才、体にかなりガタが来ているが、鳥を撮るためならまだまだ機材を担いで早足で歩けるが肩が痛くなるのが問題。
18061901


18061902


18061903


18061904


18061905


18061906


前の木、3回撮ったが2回を抜き取りで掲載
掲載1
18061907


18061908


18061909


18061910


18061911


18061912


18061913


掲載2
18061914


18061915


18061916


18061917


18061918


18061919


餌を咥えての飛翔
1200pixel等倍画像
18061920

巣に下りるところの抜粋
18061921


18061922


18061923


餌渡し、5回撮れたが2回を2枚づつ抜粋で掲載
早朝
18061924


18061925

少し時間が立ってから
今日は8時を過ぎてから少し画像が甘く(チョイボケ)なったが、10時頃までは何とか大丈夫だった。
18061926


18061927

  
撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:1,034枚
移動:車  天気:うす曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

チュウヒ2018ⅩⅬⅤ  ♀の行動が変わった

 いつもより早く家を出てチュウヒへ、朝の一発勝負の時刻がいつもより早く直ぐに家を出れた。5時40分頃に着き9時過ぎまでの撮影で、帰る前に一人来られたがずっと一人で撮影していた。期待の雛は姿見ずでまだ登場していないと思うが、今年は登場が早いと思った予測は見事に外れた。ただ、♀の行動が前回からかなり変わっており、もうそろそろかなとは感じた。
駐車場から撮影ポイントに歩いている時に♂が帰って来て最初の餌渡し、♀は一旦巣に下りたが直ぐに獲物を掴んだまま飛び出し西に向かい、左に旋回して田んぼに下りよった。直ぐに2度目の餌渡しがあったが田んぼの上空、♀の動きを見ていたが西の林の向こうに消えて見えずだったが巣には帰って来なかった。3度目は林の向こうで全く見えず。この間30分程度だったが、その後は2時間ぐらい餌渡しは無し。♀も林の向こうに隠れ、♂待ちお立ち木に登場したのは7時を過ぎてからだった。その後は止まっている時間が長く暇を持て余す。
4回目の餌渡しは前の見える場所だったが遠かった。この時も♀は獲物を掴んだまま田んぼに下り、その後餌を持ったまま戻ってきたが、巣には下りず長い間近くや遠くを旋回して飛んでいたので、良い画像撮れずと思い引き上げた。

8時前に地震があり一瞬突き上げを感じ数秒揺れたが、鳥が一斉に飛び驚いた。携帯メールに緊急地震速報が入ったが、後から来た人に京都の震度が5と聞き”ありゃ~”。家を出る前にPC操作&機材部屋でD500をテーブルの端に置いていたが落ちたのではと思ったのだが何ともなくて良かった。帰りの道、普段帰る時は1時間程度だが渋滞で3時間かかった。

どんよりした曇り空で早朝はISO4000~2500の高感度撮影、暗いのを予測してD5と600mmf4+TC14Ⅲとしたので十分だった。SSは1/1000で撮影することが多かった。

田んぼ上空での餌渡し  
18061801


18061802


18061803

前の♂待ちの木に止まる。
18061804


18061805

地震で一旦飛んだが、場所を同時に飛んだアオサギに奪われ威嚇する。体の大きなアオサギは動じず3回ぐらいで諦めよった。
18061806


18061807


18061808


18061809

横の低い木に止まる。飛び出しを狙ったが目を離した瞬間で撮れず。
18061810


18061811

前の木からの飛び出しは撮れたが、3度で1度しかシャッターを押せなかったのが残念。
18061812


18061813


18061814


18061815


18061816

4度目の餌渡し
もう少し低ければ山バックになるので良いが、曇り空の高い場所の空抜けは綺麗に撮れず。
18061817


18061818


18061819


18061820


18061821

田んぼの畔に下りた♀
手持なら歩いて行くが大砲担いではしんどい。トリミングで4倍に拡大
18061822


18061823


18061824


18061825


18061826


18061827


18061828


18061829


撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:831枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

コアジサシ不調で今シーズン終了、昨日のヤマセミ残り画像

 コアジサシのホバから体を捻っての急降下の瞬間狙いで大阪の都市公園へひとっ走りした。8時半から2時間粘ったが1羽がチョロッと3回登場しただけでまともな撮影出来ず。今シーズンは、淀川3回と都市公園に2度行ったものの狙いのシーンは撮れず。多少心残りだが高速料金と駐車場料金が必要、それほど優先度が高いわけではないので終了とする。

01dsc_6724


02dsc_6732


03dsc_6818


04dsc_6819


  
掲載画像が少ないので昨日のヤマセミの残り画像を4倍に拡大して掲載。ロクヨンの三脚撮影ならともかく、D500と300㎜f4+TC14Ⅲ手持ちによる画像の4倍拡大はかなり苦しい。

05dsc_5585


06dsc_5691


07dsc_5711


08dsc_5725


09dsc_5805


10dsc_5937


11dsc_6008


12dsc_6114


13dsc_6225


14dsc_6253


15dsc_6253


16dsc_6501


17dsc_6514


18dsc_6518


19dsc_6613


20dsc_6614


21dsc_6615


22dsc_6617


23dsc_6618


  
撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:103枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:3,480円

| | コメント (0)

昨日のミサゴ

今日は所用で撮影休みの予定だったが延期、そのまま撮影休みにするかコアジサシへひとっ走りするか思案中。カンムリカイツブリの雛が気になるが、誕生して直ぐでないともう一つなので時期を逃したか、次の雛登場時かな?

昨日のミサゴ
ミサゴ撮影は北の海に遠征することが多いが、風向きによっては潮風で機材がネトネトになることが多く、帰ってからの手入れが大変、レインカバーを掛ければ少マシだが影響はある。昨日の場所なら潮風の問題は無く、近くで撮れることも有るようで良いかも。実際、過去に近くに飛び込むのを撮っているが、残念ながら道路からの手持ち撮影で距離は遠かった。最近は出がかなり悪いと聞いたが、ロクヨン使用でミサゴ狙いの様子見で通うには高速使用で費用がかかる、極たまのヤマセミのついでで手持ちで行くしかないかな。

  
枯れ木への木止まり01dsc_6422


02dsc_6423


03dsc_6424


04dsc_6425


05dsc_6427


06dsc_6428


07dsc_6429


08dsc_6434

山バックになるよう移動した。
09dsc_6436

もう少しと思って移動していると飛ばれ飛び出し撮れずで残念。
10dsc_6444

空抜けは何処で撮っても同じだが、山の緑バックを近くから撮れそう。
11dsc_6448


12dsc_6450


13dsc_6453


14dsc_6454

 

ニコンから軽量の500mmf5.6開発のアナウンスがあった。
D5使用で噂のあった600㎜f5.6を期待していたが500㎜とは残念。1.5kg以下の軽量レンズなら手持ちに魅力がある。同タイプ300mmf4が約750g、従来型の200-500㎜が2kg少々なのでかなり軽量が期待出来る。価格が30万円少々なら買いかも。40万円を超せば手が出ない。
下取り:シグマ150-600㎜、マクロ105㎜、28-300㎜か旧24-70㎜f2.8、思い切って300mmf4といくかな? 300㎜f4は、ほとんどTCを使用しているので500mmf5.6があれば不要になる。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

ヤマちゃん  今日はたくさん撮れ行った甲斐があった

 今日はヤマセミへ、西か撮影仲間から最近近くで撮れたと聞いた南かと思ったが、昨日所用で会った撮影仲間の話では良かったのは夕方5時を過ぎてからとのことで新名神を走って西へ行った。
早朝下流側に行ったが、ヤマセミは既にスタンバイで今年初めて撮れた。出は良くシャッターを押しまくったが、残念ながら動きは悪く大半は止まりもの。それでも今年2回目、前回は姿見ずだったので撮れて良かった。動きが無くなってからミサゴはおらんかえで上流を見に行った。聞いた話では最近ミサゴの出は相当悪いようで、一度だけ近くで撮れたが撮れただけで良かったのかな。ヤマセミが上流にやって来たと聞いたので撮りに行ったが、動きが悪すぎた。12時頃に終了で駐車場に向かったが、振り向くとカメラマンが構えていたので再び戻り機材を取り出したが、結局1時まで粘り大したシーンが無くさっさと帰れば良かった。

今日は、D500に300㎜f4+TC14Ⅲでの撮影、この地では撮影距離が遠く大きな画像が得られず。ロクヨンを持って行けば良いのだが、三脚撮影では脚立がいる。必ず撮れるなら家の作業用で脚立を持っているので使用するが、行ってみないと分からないこともあり手持ちにしている。また行くが今度は画像落ち覚悟でD850と150-600㎜の手持ちにしてみるかな。

今日の掲載は全てトリミングで3倍に拡大

カワセミとのツーショット
地元のカワセミは見なくなって久しいが、ここには居った。18061601


18061602


18061603


18061604

風に煽られ落ちそうになる。
18061605


18061606


18061607


18061608


18061609

ペリットを吐くところを撮ったがヤマセミ初撮影から丸10年で初めてと思う。
18061610


18061611


18061612


18061613


18061614


18061615

今日の餌捕り2回はコンクリの壁のむこうで見えず。
18061616


18061617


18061618


18061619

ここから飛び込んで欲しかったが今日は無し。
18061620

呑み込もうとして落としそうになったようである。
18061621


18061622


18061623


18061624


18061625


18061626


18061627


18061628

上流での撮影
18061629


18061630

  
ミサゴ
近くに飛び込んで欲しかったが飛び込まず。連写で撮っているので後日掲載のつもり。18061631


18061632


尚、コシアカツバメの巣を期待したが前回同様無かった。やはり糞害対策で取っ払ったのか、造れないようにしたのかな?

  
撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:1,236枚
移動:車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:4,380円(高速料金)

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

昼から雨が降っていなかったので地元ブラブラ

 撮影休みと思ったが雨がポツポツだったので、2時前から2時間ほどカワセミ探索でブラブラ歩いた。出合まで行き支流を半分ぐらい歩いた所で引き返したがカワセミの姿無し。

  
カワラヒワ
18061501

コヤツは幼鳥かな
18061502


18061503

ハトの水飲み
アオバトなら絵になるがキジバトではもう一つ。
18061504

ヌートリア
18061505

  
●画像が少ないので昨日チュウヒ待ちの間に撮影たのを少々

オオヨシキリ
01dsc_8516


02dsc_8521


03dsc_8526

モズ 幼鳥かな
04dsc_8529


05dsc_8533


06dsc_8534

早朝に現れたイタチ
何故かピントが合い難く、数枚撮って1枚しか会わず。
07dsc_8092


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:51枚
移動:歩き  天気:雨がポツポツ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

撮影休み(取り合えず)  6/12のチュウヒ残り画像(1/2)

 朝4時前に起き直ぐに天気予報の雲の動きを見る。多少の雨覚悟でヤマセミに行こうと思い手持ち撮影の雨対策をしたが、その後自宅周辺で雨が降り出した。もう一度天気予報を見た時は現地の雲の動きが変わっていたのでヤマセミ延期、自宅周辺で小雨ながら降っていると家を出る気がしない。

掲載は撮影条件が良かった6/12の飛翔残り画像で(1/2)編、(2/2)も整理しています。
曇り空での撮影で露出が少し暗かったような、ソフトで明るく補正すると画像が汚くなるので、あまり明るく補正しておらず暗めの画像が多し。明るめに撮れば良かったが明るさがころころ変わり見誤った。

01dsc_6015


02dsc_6016


03dsc_6017


04dsc_6018


05dsc_6019


06dsc_6020


07dsc_6021


08dsc_6022


09dsc_6055


10dsc_6091


11dsc_6093


12dsc_6097


13dsc_6108


14dsc_6109


15dsc_6112


16dsc_6114


17dsc_6200


18dsc_6201


19dsc_6205


20dsc_6206


21dsc_6226


22dsc_6227


23dsc_6281


24dsc_6283


25dsc_6285


26dsc_6289


27dsc_6291

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

チュウヒ2018ⅩⅬⅣ  快晴だったがチュウヒへ

 今日は朝から天気が良い、コアジサシの水際勝負か、ヤマセミで西か久しぶりの南かで迷ったが結局はチュウヒに行った。しばらく日を置いて雛がぶようになってから行こうかと思うが、日常生活の早朝の日課で同じような画像ばかり撮っている。餌渡しの芸があるので”ここまで来たら、とことん行こかいな”と思っている。

  
今日は東の端から撮影スタート

着いた時には木に止まっていたが、しばらくして立っていた場所近くの木に止まっていたカラスを追い払うためこちらに飛んで来た。
18061401

しばらく前を周回しカラスに突っ込んだので、近くの飛翔を何度も連写出来ラッキーだった。
18061402


18061403


18061404


18061405


18061406


18061407

しばらくして木に戻る。
18061408


18061409

一旦抜けた枝に止まったが直ぐに移動
18061410


18061411


18061412

30分ほどしてから立っていた場所のかなり後方からチュウヒの鳴き声が聞こえた。♀は直ぐに反応し鳴きながら飛び出す。
18061413


18061414

♂登場で餌渡し。
連写の中から抜粋、青空バックならこのぐらいの空の色にしないとチュウヒが黒くなる。当ブログで青いバックの画像を掲載することが有るが、大概は山バックの画像である。
18061415

巣の前からの撮影なら距離が近く角度も良かっただろうと思うが、♂と♀が離れ過ぎ。
18061416


18061417

♀は獲物を掴んで旋回
18061418

獲物を持って巣に下りたが、直ぐに咥えて飛び出しよった。
18061419

西の方に飛び途中で足に持ち替えて、西の休憩場所辺りに消えた。
18061420

  
東の端からでは距離が遠く快晴の時はバックの木が鮮やかでピントが取られ、ピント抜けが多かったので撮影場所を巣の前に変えた。
♀は木に止まり動かず、♂は帰って来ないで退屈な時間が続く。

トビが上空を飛びカラスが林の中に居たので追い払いに出た。トビとの掴み合いのバトルは見られなかったが、カラスへの急降下が見られた。
18061421

敵を追い払う時の急降下は速い。速さはハヤブサほどでは無いが、急降下の距離が短いのであっという間に終わり撮り難い。
18061422

8時半頃になり空抜けは近くてもシャキッと感が弱まる。
18061423

こちらは低く山バックで多少はマシ。頭上近くになるほど太陽に近づくのでボケる。
18061424jpg

9時前に田んぼに飛んでいきよった。田んぼに降下したが下に1羽の鳥がいた。葦原が前に被さったので完全にボケたが、下の鳥もチュウヒかな?
18061425jpg

そのまま飛び去ったが直ぐに戻って来た。スズメか何か獲物を掴んでいた。もしかした♂がいて飛び去ったのは♂かとも思うがよく分からない。飛び去る鳥を撮ったので拡大して見ると少し白いように思う。遠いボケボケ画像でハッキリとは分からず。
18061426

♀が獲物を持っている時に♂が帰ってきて餌渡しが始まる。
18061427

♀は獲物を掴んだまま取りに行きよった。
18061428

落とすタイミングが早過ぎたようで落下する。獲物は小さいネズミのよう。
18061429

♀は執念で追いかけよったが、途中で画面から外れ掴んだかどうか分からず。
18061430


18061431

巣に下りる時の画像を拡大すると、ネズミは掴んでいなかった。
18061432

  
晴れの日はアカンで9時過ぎに引き上げた。

  
撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:590枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

チュウヒ2018ⅩⅬⅢ 雛が出るかと思い行ったが、まだやった

 朝は鬱陶しい空模様、天気予報では良くなる方向なのでチュウヒに行った。晴れの日ならともかく鬱陶し天気では他に行く所が思いつかず。
昨日の♀、動きが数日前と少し違っていたので、今日あたりに雛が登場するかと思ったが、11時までの撮影では姿を見なかった。今日も♀は昨日以上に遠くへ飛ぶことが多く、巣の周辺に親がいない時間が長かったが、雛登場のカウントダウンが始まったかな。雛が出たとしても最初は動きが悪く面白味が無い、飛ぶところを頻繁に見られるのは6月終盤からと思うが、今年は何羽出るか期待している。昨年は2羽で動きが悪く面白く無かったが、今年はどうかな・・・。

雨が降りレインウエアーを着て機材にはレインカバーをかけて撮影の時間帯があったが、雨が上がり少し明るくなると綺麗に撮れた。10時半を過ぎ晴れ間が多くなると、少し遠い飛翔画像にボケが連発したので引き上げた。♂の働きが悪すぎ♀は遠くへ飛ぶことが多かったのだと思うが、それでも餌渡しは5回(?)、3回は撮れたが2回(?)は見えない場所だった。少し前のように2時間で5~6回というような連続では無かったので暇を持て余した。先日の行かなかった日の昼前に40分で4回というのも有ったと聞くので、帰ってからはどうだったのかな? 
昼からの2時以後に様子見に行こうと思っているが、最近昼からの撮影が面倒でまだ行っていない。朝からは粘る気がしない。

飛べばいつも通り連写し捲ったので今日も撮影枚数は多い。
適当に抜粋
  

前の木の見やす場所に止まってくれた18061301


18061302


18061303

しばらくしてブルブル
18061304


18061305

更に時間を置いて飛び出す
18061306

動作はゆっくり
18061307


18061308


18061309


18061310


18061311

隣の木への木移りだった。
18061312


18061313

近くに居たカラスを追い払うために緊急発進
18061314

この時のスピードは速い
18061315


18061316

今日も巣材運びは多かったが雨の影響かな。
18061317

何故か道路を越えて田んぼ周辺に取りに行くことが多かった。
18061318

比較的近い距離の飛翔。
飛翔画像は昨日の方が良かったが(ざっと見ただけで未整理)、周囲条件は昨日の方が良かったようである。
18061320

今シーズンは冬場のオオワシの合間に撮影を始めたが、その頃は姿を見せる回数が少なく近くでは滅多に撮れなかったが、今は惰性でシャッターを押している。
18061321

今日の餌渡し
1回目
近かったが角度が悪かった
18061322

2回目
遠すぎた
18061323

3回目
かなり低く一旦♂は木の陰に隠れたが、♀が飛んで来て上昇してくれ見える所で渡してくれた。距離が近く、今のところ今シーズンのベスト3候補。
18061324


18061325


18061326


18061327


18061328


18061329


撮影機材:D850、600mmf4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:741枚
移動:車  天気:曇り一時前時々晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2018年6月12日 (火)

チュウヒ2018ⅩⅬⅡ  7時間粘って餌渡しを7回撮る

 雨の後の薄曇り、最高の条件と思い期待して行った。駐車場について周囲を見ると期待通りのクッキリだったが直ぐに小雨が降り出し、その後は天気が不安定となり条件が良くなったり悪くなったりの繰り返しだったが、対岸を見るとクッキリが続いていたので昼の1時前まで粘った。最後は天気が良くなり画像はパッとせずとなったので引き上げた。
餌渡しが7回撮れたがいずれも曇り空バックで背景がパッとせず。低い場所で餌渡しをやってくれ遠くの山バックや対岸の木バックならバックが青や緑になり良かったのだが、そうは問屋が卸さずというところ。低空を飛んでくれた飛翔は期待通り綺麗に撮れたが、これまでにも十分撮っているので同じような画像が多い。

撮影枚数が多いのでチェックしておらず、今日は餌渡し連写から各5枚を選んで掲載します。

1回目
角度はまあまあだが距離が遠かった。トリミングでかなり拡大している。
18061201


18061202


18061203


18061204


18061205

 

2回目
角度良し、撮影距離良し、♂と♀の間隔良しだが、もう少し低く山バックなら言うこと無しだった。
18061206


18061207


18061208


18061209


18061210

 

3回目
この時も良かったが、バックに風車が入ったのが残念。
18061211


18061212


18061213


18061214


18061215

  
4回目
風向きが変わった。これ以降はもう一つばかり。
18061216


18061217


18061218


18061219


18061220

  

5回目
18061221


18061222


18061223


18061224


18061225

 

6回目
近かったが角度が悪い。
18061226


18061227


18061228


18061229


18061230

 

7回目
遠くて角度が悪い、♂と♀の間隔が離れすぎ、♂が餌を落とすのが早い。
18061231


18061232


18061233


18061234


18061235

  

●♀の前の木からの飛び出しを1枚
早朝の撮影、露出が暗すぎてソフトで補正、習慣で暗く撮る傾向がある。D850を使用したが中央から撮影したのでD5の方が良かった。
18061236


撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:1,371枚
移動:車  天気:曇り一時小雨時々晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

地元ブラブラ  イワツバメにハヤブサ

 9時過ぎ出発で地元をブラブラ、ハヤブサ撮影地まで2時間弱歩いたがカワセミの姿見ず。途中で下流から大砲を押して歩いてきたカワセミ専門の長老に会い、”カワセミの姿を全く見なくなり今年は何かおかしい、今日はカモやサギも少ない”と聞く。例年カワセミの姿を見る機会が少なくなる時期だが、今年は確かに何か変でカメラマンもあまり見かけなくなったがカワセミは何処に消えた? 毎年、この時期の寺では雛が登場しており今年も姿を見せているかも知れないが、数年前から良い場所で撮れなくなり、拝観料が勿体ないので行っていない。ハヤブサは窓に止まっていた。飛ぶのを期待し1時間半ほど待ったが、飛ばずで諦めて引き上げた。

今日は最近ではよく歩いた。足の鍛錬もあるが最近少し腹が膨らんできたので、日頃補給している水分を汗で出すための歩きで、服が湿る程度の汗は出たがまだまだ足らんだろう。毎日続けないと効果はないと思うが、昼のノンアルコールに夜のアルコールを減らす方が先かな。

  
●イワツバメ
 畑前の土手にかなりの数が集まっていたが、雛が登場しているようである。数が多くゴジャゴジャして撮り難かった。

18061101


18061102


18061103


18061104


18061105


18061106


18061107


18061108


18061109


18061110


18061111


18061112


18061113

  
●街中のハヤブサ
今年も繁殖失敗で時々低い場所にも姿を見せるようになっていると聞く。山の巣の前なら毎日見れるが、こちらは行った時の運次第。健康のための歩きを兼ねたカワセミ探索の最終地点、ハヤブサは行って姿が無ければ直ぐに帰るでエエやろう。
久しぶりに低い窓に止まるのを見たが、この地では山の木止まりと違い飛んでくれないと話にならない。

18061114

現場では後ろ姿多く♂と思っていたが、帰って画像を見ると♀だった。この地の♀は動きが悪い。
18061115


18061116


18061117


18061118


18061119


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:379枚
移動:行きは歩き、帰りは地下鉄  天気:曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

天気様子見  ヒバリ

 今日もいつも通りに起きたが風邪による体調不調が少し残っているが家に居ても日数を経過しないと良くならい。チュウヒは無しで久しぶりに地元ブラブラと思っているが思案中。花菖蒲や紫陽花の花風景なら傘を差してでも撮影出来る、鳥ならレインウエアーを着て機材にレインカバーを被せる必要有り。もう少し様子を見てから、撮影止めも含め決める。

先日撮ったヒバリ

01dsc_5771


02dsc_5779


03dsc_5793

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

撮影休み  チュウヒ♂の餌を掴んでの飛翔

 風邪のため体が少し怠く天気がもう一つのこともあり、今日は予定の所用も中止で自宅に籠ることにした。明日も予報では雨なので次は火曜日、湖北のカンムリカイツブリ雛が登場したようだが、川が増水すれば親子で琵琶湖に出るのかな、距離が遠くなると撮影に面白味が無いので今年の撮影は無しかも。

今シーズンの撮影も初期の頃は♂が中心で♀はたまに飛ぶだけだったが、この時期になると♂は餌探しの遠出が多くなり、帰って来ても♀に餌を渡すと直ぐに飛び去るか見えない場所で休憩する。反対に♀は雛が大きくなると巣から離れるようになり、♂の帰りを待って木に止まったり広範囲を旋回したり、巣の拡張のため頻繁に巣材を運ぶので♀の撮影機会が多くなる。

今日の掲載は♂が獲物を持って帰ってきた時の飛翔
♀が直ぐに受け取りに飛ぶとあっけなく終わるが、♀が出てこないと♂が広範囲を旋回する。近くを飛ぶこともあるのでシャッターチャンスとなる。

101dsc_1088


102dsc_1106


103dsc_1127


104dsc_1128


105dsc_7060


106dsc_7098


107dsc_7106


108dsc_7851


109dsc_7887


110dsc_7995


111dsc_8209


112dsc_3454


113dsc_3461


114dsc_3474


115dsc_7410

      
オマケのゴイサギ、今シーズン初撮影
116dsc_7281

 

今日は6月10日、6月6日にカワセミ初撮影から14年経過した。数年前までカワセミ記念日ということで毎年カワセミ初撮影の地に行っていたが、今年は完全に忘れていた。最近益々カワセミから縁遠くなる。
野鳥を初めて撮影したのは17年前かな、地元の川の散歩でメジロを狙いサギなども珍しく思い撮っていた。もともとフィルム時代から撮影している風景がメイン、デジカメを使うようになって時々冬場などに鳥を撮っていたが、2005年の暮れぐらいからカワセミを探すようになり、2007年になると鳥撮影の比重が増えその後益々増えた。晴れて自由人になった2012年には、桜や紅葉等の撮影以外は年中鳥撮影となり今に至っている。その間、機材は鳥撮影にかたよった買い替えを行ってきたが、機材の進歩とともに撮影画像も良くなったと思っている。
チュウヒは数年前には他の鳥同様ピントを合わせれば撮れると思っていたが、ボケ画像連発で何でかなと首をかしげていた。今は日差しの関係で陽炎の影響がもろに出るのが分かり、ボケ画像連発でも首をかしげることが無くなった。撮影距離が遠いイヌワシやクマタカも同様、オオワシにミサゴは多少マシと思う。トビも上手く撮れる確率が低いので鳥の色によるのかとも思うが如何に?

| | コメント (2)

2018年6月 9日 (土)

風邪で撮影休み  今シーズンのチュウヒ餌渡し

 昨日撮影に帰ってから鼻がグツグツにクシャミで体が怠く、風邪発症のようなので昼食後に風邪薬を飲んだ。最近寝る時は夏蒲団と毛布で寝ているが、夜中に少し寒くて目が覚めることがある。寝付くと布団に毛布を蹴っ飛ばしパジャマだけで寝ていることが多い。この時期気を付けないとアカンと思っているが、寝ている時のことなのでどうしようも無い。
今日はコアジサシに行くつもりだったが、少ししんどかったので中止して撮影休みとする。外に出れないほどでは無いが今朝も風邪薬を飲んだので用心、風邪薬を飲むと眠くなる。

  
掲載は今シーズン撮った餌渡しの瞬間の抜粋
チュウヒ撮影の狙いは餌渡しで通っているので撮影チャンスは多い。ただ、後ろ向きだったり、角度が良かっても遠過ぎたり、日差しが強くてボケボケだったりで中々綺麗に撮れない。そんな中から比較的良い画像を各餌渡し連写の中から1枚選んでみた。
尚、餌渡しはピントを合わせて連写をすれば続くが、時々無意識で一瞬シャッターを緩めることが有り次の画像はボケることが多い。

D850と600mmf4
今シーズンの餌渡し初撮影画像で、4月19日の撮影01041901d850600

D500と600㎜f4
020426d500600

D500と600mmf4+TC14Ⅲ
角度良し、♂と♀の間隔良し、距離が近く獲物も大きかったので、今シーズとしては最高の条件だったが・・・・
030511d500600tc14

D850と600mmf4
040517d850600

D5と600mmf4+TC14Ⅲ
050521d5600tc14

D5と600mmf4
0605241d5600

D5と600mmf4
0705242d5600

D5と600mmf4
0805243d5600

D5と600mmf4
0905251d5600

D500と600mmf4
1005291d500600

D500と600mmf4
1105292d500600

D850と600mmf4+TC14Ⅲ
120604d850850

D850と600mmf4
1306051d850600

D850と600mmf4
1406052d850600

D850と600mmf4
1506053d850600

D850と600mmf4+TC14Ⅲ
1606081d850600tc14

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

チュウヒ2018ⅩⅬⅠ  対岸から撮る

 気合を入れて対岸から撮る。冬場に手持ちで2度ほど様子見したが、ロクヨンの三脚撮影は今シーズンでは初めてで、カメラはD850を使用し写り具合をチェックした。尚、昨年も何度か撮っており、D500を使用しTCも1.4倍と1.7倍を使用したが今日のTCは1.4倍のみ。
6時過ぎに現地着で8時20分頃まで居たが餌渡しは2回、3回目は木に止まり待っていた♀が待ちくたびれ遠くに飛び去ってから♂が戻って来た。しばらくは餌を掴んで飛び回っていたが、♀が戻って来なかったので巣に持って下りよった。その後、♂が再び獲物探しで飛び去ったので引き上げた。
♀が巣を空ける時間が益々長くなった。♀(♂も)餌を掴んで巣の上を旋回するようになれば雛が顔を見せるようになるだろう。雛が道路側から見える場所に止まってくれれば良いが、反対側なら対岸から撮らないと枚数を稼げない。

対岸からの撮影は、距離が遠く天気が悪いと非常に見難い、今日はマシだったがバックに木が入るとピントを取られることが多かった。AF-Cダイナミック72と25点を使用したが、9点ぐらいの練習をした方が良いかな。練習といっても正確に追い続けるしかないが、これまでの実績では9点では一旦外れると次に合わせてもピントがなかなか合わない。

掲載画像は、トリミングによりフルサイズから5倍の拡大、もう少し余裕があるかな。

木止まりのノートリ画像
18060801

トリミングで拡大
18060802

巣材集めの場所に下りる。連写したがピントそこそこの画像はこれ1枚。
18060803

木をバックに飛ぶ。バックの木の近くを飛ぶと、ほとんどバックにピントが取られる。
18060804


18060805


18060806


18060807

6時半過ぎ、着いて1回目の餌渡し
距離は遠かったが角度は良かった。かなり西の方で道路側なら見えなかったのでは無いかな?
18060808


18060810


18060811


18060812


18060813


18060814


18060815

♀が巣材を咥えて巣に飛ぶ。この前後も連写したがピント合わず。
18060816

2回目の餌渡し
逆光に近くなりもう一つぱっとせず。曇り空でも逆光は上手く撮れず。
道路側からの撮影なら距離が近くて角度も良し、上手く撮れたのではないかな。
18060817


18060818

♀が木から飛び出した。
18060819


18060820


18060821


18060822

3回目の♂の獲物持ち帰り。♀が取りに来るのを待ち長い間飛んでいた。
18060823
  
   
18060824

途中、休憩場所にも下りたが直ぐに飛んだ。
18060825


18060826

最後は♂が巣に下りたが、今シーズンでは見たのは2度目。
18060827

餌を巣に置いて直ぐに飛ぶ
18060828

一旦木に止まり
18060829


18060830

しばらくして餌を捕りに飛び去る。2羽とも近くに居らずだが、親が居なくても大丈夫なくらい雛は大きくなっているのおだろう。
18060831

大きく綺麗に撮るのは道路側だが対岸からでも撮れんことは無い。今日は曇り空だったので8時半近くまで粘ったが、晴れの日はせいぜい7時半までかな。


撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:540枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

チュウヒ2018ⅩⅬ  餌渡しは6回、撮影画像はパッとせず

 対岸から撮ろうと思ったが早朝はバリケードで通行止めにされており、仕方なくいつも通り道路側に行った。
雨の後の曇り空から晴れの条件、薄日なら絶好だったが今日はもう一つやった。対岸から撮るつもりでAPS-C機のD7500を持って行ったが、D5なら大きく撮れないがもう少し奇麗に撮れただろう。餌渡しは6回撮れたが遠いか角度が悪いかで、申し分無しは今日も撮れずで今年はアカンかも。
♀は遠出と♂の帰りを木に止まって待つで巣を離れることが多くなったが、来週後半辺りに雛が登場するかも? 姿を見せても一瞬で完全に巣から出るのはしばらくして、昨年は人に雛を見たと聞いてから撮れたのは一週間後だった。雛登場でも狙うのは餌渡しで今と大した違いは無い。

●餌渡し、6回とも一連の動きが撮れたが大した画像が無いので2枚づつ抜粋して掲載
・1回目
湖岸を歩いている時に♂が帰ってきので、急いで機材を取り出して端からの撮影となる。その後も、しばらく端から撮影した。
少し暗くてISO1600で撮影、遠かったこともあり角度は良かったがパッとせず。
18060701


18060702

・2回目
近かったが後ろからの撮影
18060703


18060704

・3回目
中央に移動したがまたしても後ろからの撮影となる。初めの場所ならマシな角度で撮れていた。風向きが変わりよった。
18060705


18060706

・4回目
かなり低く左の木の茂みが邪魔になる。餌を落とした時は少し上昇したのでかろうじて撮れた。
18060707


18060708

・5回目
田んぼの彼方、♀が木で待つと♂の姿を見つけるのが早く帰ってくる方向に飛んで行って遠くで渡すことが時々ある。
18060709


18060710

・6回目
右の木に隠れそうになり数mの場所移動、慌てたが何とか間に合った。
18060711


18060712
  
   

●巣材集めで下りる
正面からは見えない場所、巣材集めの場所は何ヶ所もあるが何故か分からない。
18060713

  
18060714


18060715

  

●巣からの飛び出し
いつ飛び出すか分からないので普段は狙わないが、今日は昨日の雨で巣を補修する必要が有ったのか何度も飛び出したので狙ってみた。
18060716


18060717


18060718


18060719


18060720


18060721

  

●前の木からの飛び出し
今年は昨年の枝が無くなり中央正面からでは見えない場所に止まることが多い。この時期は♀がよく止まるが鳴きながら飛び出す時は♂が獲物を持って帰ってきた時で、鳴かずに飛ぶ時は♂を探して旋回する時が多い。
18060722


18060723


18060725


18060726


18060727
  

●SS1/125のスローシャッター
SS1/100で撮影しようと思ったが設定を間違った。SS1/125なら1/60に比べ撮れる確率がかなり高くなる。
18060728


18060729

  

●1200pixel等倍画像
APS-C機はここまで拡大するとフルサイズ機に比べ落ちる?・・・・撮影時の周囲条件かな。
18060730


18060731



撮影機材:D7500、600mmf4+TC14Ⅲ(TC無し)、三脚使用  撮影枚数:1,451枚
移動:車  天気:曇り後晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

撮影休み  チュウヒのドアップ画像

朝から雨で撮影休み、関西の梅雨入り宣言がされたようだ。

掲載は、ここ2回のD850で比較的近くから撮影したチュウヒの1200pixel等倍画像。フルサイズから6.88倍の拡大、レンズに600㎜(+TC1.4Ⅲ)を使用しているので4100mm(5700㎜)相当、距離300mぐらいの鳥をこの率で拡大し、そこそこの画像が得られればよいのだがそうはいかない。

01dsc_4173


02dsc_4631

首から胸にかけて白い部分が多くなってきたかな。昨年までの♀はお腹部分は茶色で、上の部分は♂ほどでは無いが白と茶色が混在していたと記憶している。
03dsc_4678


04dsc_4768


05dsc_4783


06dsc_4784


07dsc_4929


08dsc_4932

右足の輪っかは緩くて上下に動くようだが、こんなものを付けて何か追跡調査しているのかな。取り合えず付けたが、後はほったらかしと違うのかいな。小鳥でも時々見かけるがしばらくして自然に外れるようにしているのか?
09dsc_4937


10dsc_5024


11dsc_5352


12dsc_5377

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

チュウヒ2018ⅩⅩⅩⅨ 餌渡しの回数は元に戻っていた

 5時過ぎに家を出て6時前から3時間撮影したが、早いテンポの餌持ち帰りが4回、1時間ほど置いてから1回で、餌渡しの状況は好調な時同様に戻っていた。餌渡しの1回目は駐車場から撮影ポイントに向かって歩いている時で撮れず、そのあと連続で3回距離は遠かったが上手く撮れ、5回目は♀が待ちきれず田んぼの遠くまで飛び後ろ向きだったこともあり、まともに撮れず。
日差しはあったが早朝はそれほど強くなく、時々雲に隠れ暗くなったので露出を状況に応じて変えたが、撮影条件としては良かった方である。もう少し安定した薄曇りなら更に良かったのだが、まあエエやろう。

  
D850を使用したのでトリミングでかなり拡大、ドアップ画像は1200pixel等倍画像

18060501


18060502


18060503


18060504


18060505


18060506


18060507


18060508


18060509


18060510


18060511


18060512


18060513


18060514


18060515


18060516


18060517


18060518


18060519


18060520

  
18060521

 
18060522


18060523


18060524


18060525


18060526


18060527

  

オマケはオオヨシキリの飛翔
18060528


18060529


撮影機材:D850、600mmf4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:666枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2018年6月 4日 (月)

チュウヒ2018ⅩⅩⅩⅧ 朝の餌渡し、回数が減り間隔も長くなったような?

 ここ数回行った時のことだが、餌渡しの回数が減り間隔も長くなったように思う。雛の成長と共に回数が増えるのが順調な証拠と思うが、雛が死んで数が減ったのかと思ってしまうがチュウヒに聞かんと分からない。
久しぶりに端から撮影し日が少し高くなってから巣の前に移動した。移動してから近い場所での餌渡しがあったが後ろからの撮影となり、移動しなければ良かったと後悔したが風向きが変わっていた。風が弱ければあまり関係無いが少し吹くとやはり影響するように思う。
帰ってから画像を確認すると朝からもう一つの画像を連発、日差しが強かったこともあるが距離が遠かったからかな。近くを飛んだ画像は良かったが、遠くの画像はフルサイズから4.5倍に拡大している。

掲載は早朝の一幕

カメラをセットしてしばらく経つと♀が木に止まる。最近、♀は木に止まって♂を待つことが多い。木からは帰ってくる♂が良く見えるので飛び出すのが早い。巣でまって♂を引き付けてから飛んでくれるのが良い。18060401

中々帰って来ずでキョロキョロ周囲を見たり、羽繕いで動きよるが端からでは距離が遠すぎる。
18060402


18060403

急に鳴きだし飛んだ。
18060404

多分♂が戻って来たのだろうと思ったが♀を追う。
18060405

掲載は抜粋
18060406


18060407


18060408


18060409

上昇しだしたので♂を探す。
18060410

♂を見つけ直ぐにピントを♂に合わせる。2回目の餌渡しは♂に目をやるのが遅れ探している間に餌渡しが終わっていた。
18060411


18060412


18060413


18060414


18060415


18060416

1200pix等倍拡大
この後♀はいつものように一旦葭原に下りる。
18060417

♂がこちらに向かって飛んできて、頭上近くを抜けて田んぼに飛ぶ。
18060418


18060419

見ていると田んぼに下りよった。
18060420

♀が戻ってきて巣に入る。
18060421

この後、ピントが外れ葭原に下りるまでボケ連発。
18060422

これまでなら撮れていたのだが、日差しが強すぎピントが合い難かったのかも知れない。今日は遠くから撮ったことも有りボケ画像が多かった。ボケと言ってもソフトでそれなりには修正出来る範疇。
18060423

♂は止まったまま、餌捕りに飛ばすため手持で田んぼに行った。D850にロクヨン+TC14Ⅲの850㎜手持ち、重くてブレて上手く撮れた確率は低かった。田んぼに下りたチュウヒは敏感、いつも通り150mぐらいまで近づくと飛ばれた。
18060424

後は、後日画像を整理しチャンスがあれば掲載する。チュウヒの在庫画像のまとめは5日分ぐらいあるので没かも。

 
●オマケ
 白いサギの群れが飛んで来たので、もしかしたらアマサギカモとカメラを向けたが正解だった。今期は初撮影、しかも飛びもので良かった良かった。年に一度は撮りたい鳥の一種である。 

18060425


18060426


18060427


撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:746枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

撮影休み  

 朝起きてソファーに座っている時に腰にクキッときて一瞬痛みが走った。また再発かと思ったが恐る恐るながら動いても痛みはなく何ともなかったようである。しばらく様子見でTVを見たりPCの前に座ったりしていると9時になり地元をブラブラ歩こうかと思ったが、日差しが強く暑くなりそうなので撮影休みにする。

掲載は在庫から地元の鳥とオオタカ
  
●地元の鳥
 5/26の早朝、チョウゲンボウ撮影前にカワセミ最下流ポイントによりカワセミを待ったが姿見せず。

カワラヒワ
Dsc_4002

ササゴイが前を飛んだ
足が赤いが♂と♀、どっちだったかな?
Dsc_4043


Dsc_4047

コシアカツバメ
Dsc_4062


Dsc_4063

カルガモ
Dsc_4074

帰りに街中のハヤブサに寄り道
チュウヒが終われば行く回数を増やそうと思っているが、この場所もチュウヒ撮影地同様(以上かな)暑さが堪らない。
Dsc_4645

  
●オオタカ
 一昨日のコアジサシ撮影地での撮影画像。オオタカは狙って堺や伊丹の公園に行ったこともあるが、大半は偶然の撮影で地元でも何度か撮っている。以前、カワセミ撮影中に目線位置でムクドリの群れを追って上流から飛んでくるのを見つけカメラを向けたが、ピントが合ったのはムクドリを掴んで対岸に方向転換した直後だった。ムクドリを捕まえる瞬間にピントが合わなかったのが残念だった。

01dsc_5128


02dsc_5146


03dsc_5148


04dsc_5149


05dsc_5150


06dsc_5151


07dsc_5152


08dsc_5153

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

チュウヒ2018ⅩⅩⅩⅦ、後湖北のカンムリカイツブリ

 湖北のカンムリカイツブリ、そろそろ雛登場の頃かと様子見に行くことにした。カンムリカイツブリは時間に関係無しで、湖北へ走るなら東側ルートを通りチュウヒ撮影後回れば十分ということで先にチュウヒへ。7時過ぎに到着し直ぐに餌渡しが有り撮れたが、今日はアカン日のようで再び東に飛んだので期待したが9時過ぎになっても帰らずで湖北に移動した。帰ってからどうだったかは知らないが、餌渡しの回数に時間帯は日によってマチマチのようで、最近では2度目の不調の日となる。快晴で画像がどうか気になっていたが、帰って見た限りでは8時半後までは日差しの角度によるが大丈夫な画像が多かった。9時を過ぎてからはボケていた。
カンムリカイツブリは残念ながら雛の姿は見なかった。範囲を広げて探せば見つかったかも知れない。

12時前に湖北での撮影が終了、道の駅の売店で太巻きを食べるのが楽しみだが、朝から腹具合がおかしくトイレに行きたくなったり納まったり。撮影終了時は収まっていたものの、トイレに行って気合を入れて出すものを出して太巻きを食べるかと思ったが、運悪く観光バスが入りトイレが空いていなかったので引き上げた。

●チュウヒ
 カンムリカイツブリがメインだったのでD7500と300mmf4+TC14Ⅲの手持ちで行ったが葭原上ぐらいの距離なら十分、D5とロクヨンと同等のサイズで撮れるので当然だろう。

 餌渡し
 距離が少し遠く斜め後ろからだったのが残念、中央から撮影したが巣に近い場所からなら横から撮れたかも知れない。どちらから撮るのが良いのか、その時の運次第だろう。
18060201

 受け取ったと思ったが
18060202

 餌が落ちていく。♀の受け取りが下手なのではなく、♂の落とすタイミングが早過ぎたのだろう。
18060203

 ♀が急降下で追いかける。
18060204


18060205


18060206

 何とか取りよった。
18060207

 ♂が体を捻って急降下、下にカラスでも居たのだろうか?
18060208

 急降下の後上昇し前の木に止まる。嫌な予感がしたが当っていた。餌渡し後に♀が巣に戻って直ぐに飛べば20~30分ぐらいで戻ってくるが、前の木か近くに下りてしばらくしてから遠くに飛ぶと帰って来るが遅いことが多い。
18060209

 巣に近い場所に移動した。
 巣材運びで巣に下りるところは630㎜手持ちで十分撮れる。撮り飽きているがボ~っと見ていても仕方ないのでシャッターを押す。
18060210


18060211

 最近、雛が大きくなったのか♀は巣を離れて飛ぶことが多くなり、撮影枚数は♀が圧倒的に多い。
18060212


●カンムリカイツブリ

 5ヶ所で抱卵中、2ヶ所で2個と4個の卵が確認出来た。1週間以内に雛が見られるかな?
18060213


18060214


18060215

 このペアは求愛中か?
18060216


18060217


18060218


18060219


18060220


18060221


18060222


18060223


18060224

  
●オマケ
 ツバメの雛、道の駅の建屋内トイレ前
18060225

 スズメがツバメの巣を乗っ取ったのかな?
18060226


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:562枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (6)

2018年6月 1日 (金)

コアジサシ  大阪の都市公園へ

 先日のチュウヒ撮影時に大阪のカメラマンさんからコアジサシが大阪の都市公園に来ていると聞いたので行ってきた。この地は、数年前にコアジサシを初撮影した場所で、撮影出来たのは3年振りぐらい。
D500をロクヨンに付けてリュックに入れていたので持って行こうかと思ったが、広範囲を比較的早いスピードで飛び捲るので三脚撮影は無理と思い手持ちにした。レンズは300mmf4+TC14Ⅲ、カメラはD500かD850かで迷ったが速い鳥での実績重視でD500にした。D850はピントが少し甘いと思っていたので、先日ニコンのサービスセンターに持って行きピントを見てもらい”異常ありません”と聞いたが、前日のチェックでISO1600のピントがおかしくそちらに気を取られ十分結果を聞いていなかった。”異常有りません”だったので、それ以上の答えは無かったのかも知れないが、以後輪郭強調を強めにして使っている。輪郭強調で多少マシになったと思うが・・・・よう分からん。
D500にして良かったと思う。途中、綺麗に撮ろうとTCを外したが、バックが林なので少し遠いとピントが抜けることが多く直ぐにTCを装着した。TCを外したままで近くだけを狙えば良かったのかも知れない。

出が良かったので撮り捲ったが、ビシッと撮れた画像は少ないがそれなりに撮れていたので、動きの速いコアジサシ相手としては良かった。

近くは空抜けの通過ぐらいしかピントが合わず、掲載は遠くの画像を大きく拡大したものが多い。

18060101


18060102


18060103


18060104


18060105


18060106


18060107


18060108


18060109


18060110


18060111


18060112


18060113


18060114


18060115


18060116


18060117


18060118


18060119


18060120


18060121


18060122


18060123


18060124


18060125

  
SS1/60の手持ちスローシャッタに挑戦した。”よく撮れたな~”と言えるかな・・・?
18060126


18060127


18060128


18060129

  
●オマケ
周囲のハトが一斉に飛んだので何事が起ったかと思ったが、上空を見るとオオタカが飛んでいた。連写で50枚ぐらい撮った。
18060130


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:950枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:3,630円(高速、駐車場)

| | コメント (0)

チュウヒのスローシャッタ SS1/40 

 今日もいつも通りに起きたがチュウヒには行かずコアジサシに行く。8時頃に家を出ようと思っているので時間つぶしに数枚掲載。

先日、チュウヒで再びスローシャッターを試したが、SS1/60設定のつもりがSS1/40に間違い、気が付くまでの間は全滅だった。現状の腕では三脚使用でSS1/60がかろうじて範疇のようである。スローシャッターも遊び心ではなく真剣に撮らなあかん。遊び心と真剣、どう違うのか・・・・?

SS1/40での撮影
111dsc_3068ss40


112dsc_3069ss40


113dsc_3071ss40


リンクに「気まぐれ・鳥見日記Ⅱ」を追加

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »