« 久しぶりに勧修寺へ | トップページ | 地元探索で久しぶりのカワセミ »

2018年8月10日 (金)

街中のハヤブサ 500㎜での撮れる大きさチェック

 どんよりした曇り空で朝のハヤブサに行った。
500㎜f5.6PFレンズが発売されたら購入するかの事前チェックで、D850と300㎜f4+TC14Ⅲを持って行った。1.2×で撮影しているのでトリミングで拡大しなければ500㎜少々の画角となる。カワセミ水際狙い以外の鳥撮影では最低600㎜が欲しい。500㎜にD500やD7500を着ければ750㎜で全く問題無く、D850ならトリミングで十分対応できるが、D5ならどのぐらいの大きさの画像が得られるかの試しである。狙って撮りに行く機会が多いオオワシやチュウヒはロクヨンで三脚を使用するが、街中のハヤブサは場所的に手持ち撮影がメイン、ハヤブサが撮れればOKということで試してみた。D5と300mmf4+TC17を持って行けば良いのだが、帰りにカワセミ探索で家まで歩くつもりだったので少しでも軽いD850にした。

結果は、街中のハヤブサ相手ならD5でも500㎜で十分かなというところ。
ハヤブサは、飛ぶスピードが速いのでD5の方が歩留まりが良い。カワセミの水際も軽量500㎜が有ればD5の出番を増やせるだろう。他の鳥はAPS-C機での750㎜で十分、オオワシにチュウヒも手持ち様子見撮影には用が足りる。手持ちは、900㎜の方がブレで歩留まりが悪いのは、150-600㎜の500㎜と600㎜での撮影で分かっている。

  
ハヤブサは、♀が鉄塔♂が煙突に居たので♀を狙う。♂は直ぐに東の山の方に飛び去った。

画像はトリミングで3倍に拡大

鉄塔に止まるハヤブサは、鉄骨が被り角度が急なので朝の内は綺麗に撮れない。18081001

しばらくして飛んだが飛び、出す瞬間は鉄骨に被さりまともに撮れず。
18081002_2

曇り空の頭上近くの飛翔は、露出を明るくするので白っぽくなり色が出にくい。
18081003


18081004


18081005

獲物掴んで戻って来ないかしばらく待ったが、帰って来ずで対岸に行きベンチに座って待つ。しばらくして鉄塔に止まっているのが見えた。歩いている時に戻って来たのかも知れず、もう少し粘って居れば戻ってくるところを撮れたかも知れない。

鉄塔の下に戻ったが見難かった対岸から撮ることにした。角度が多少良くなり色は出たが距離が遠すぎる。
18081006

向きを変えて低く構える。
18081007

飛ぶと期待したが・・・・
18081008

結局飛ばず。
18081009

かなり時間が立ってから動きがある。
18081010


18081011


18081012

今度こそ飛ぶと思ったが・・・
18081013


18081014

飛ばずで反対側を向いたので、蒸し暑さが酷くなったことも有りハヤブサ終了。
18081015

帰りは川を横目で見ながら早足で歩いたので1時間少々で家に着いたが、汗まみれになり直ぐにシャワーを浴びる。

カルガモの親子を見かける、少し大きくなっていたが雛は5羽居た。まだ、雛が登場する時期なのかな。足が妙にデカい、体より先に足が大きくなるのか?
18081016


撮影機材:D850、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:223枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:曇り
撮影経費:260円

|

« 久しぶりに勧修寺へ | トップページ | 地元探索で久しぶりのカワセミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに勧修寺へ | トップページ | 地元探索で久しぶりのカワセミ »