« カワセミ  久しぶりに中流で親♂を撮影する | トップページ | カワセミ  今日も中流で姿を見て撮影した »

2018年9月 4日 (火)

撮影休み

 夜中の2時頃に目が覚め1時間半ほど眠れず、その後熟睡したようで再び目が覚めたのは6時前だった。昨日、8時過ぎぐらいに寝たので睡眠は十分と思うが頭がスッキリせずしんどい、首筋から肩の凝りが原因のようで湿布薬を塗った。台風接近中だったが天気予報では10時頃までなら撮影に出れそうだったが、しんどいので今日は止めた。
首筋から肩の凝りの原因は、手持撮影で長時間首からカメラとレンズをぶら下げていることにあるのは間違いない。昨日は、D7500と300㎜f4+TC14Ⅲを使用したが1.9kgの重さがあり、リュックは色々入れているので1.5kgの重さがある。撮影中は、リュックは何処かに置いているが歩く時は担いでいる。

手持撮影で首筋から肩の凝りが生じるのは以前から分かっていたので、構える時以外は左脇に抱えるようにして首に負担がかからないようにしていたが、先日撮影仲間からの指摘でレンズのVR、AFS NIKKOR・・・の金色の塗装(メッキ?)が剥げているのが分かった。使用上には全く問題無いが、売る時に査定がかなり下がりそう。
以前は下から持っていたので問題無かったが、手首と肘が痛くなることが有ったので抱え込むようにした。

レンズの見事に剥げた部分
MFリングに巻いているマジックテープは、レンズを持つ時に焦点距離変更リングのゴム部も含め掴むので、ゴム劣化よけにマジックテープを巻いている。300mmf4は長いので不要なのだが念のため巻いている。
00dscn0577

500㎜f5.6PFは少し重くなるので更に気をつけなければならない。当面は極力下から持つようにして、レンズカバーが発売されば買おう。

D850と500mmf4PFの重量は約2.5kg、地元探鳥は往復だけで2時間以上歩くことがある。手持ちでの歩きの時は無理かも知れず、地下鉄一日乗車券を買い三脚を持ってポイントだけを巡回時の使用になるかも知れない。鳥待ちの間は三脚にセットしておくのが良いかな・・・となれば三脚撮影か? 
撮影中の手持ちは、飛び出し狙い以外は問題無し。

軽量機材には、ジッツォGT2531とJobu designのJR3を使用しており、約2.3kgと軽いがやはり持ち歩くと重さを感じる。
01dscn0579


掲載は昨日のイソヒヨ♀
02dsc_4608

対岸で遠かった、距離は30mぐらいかな。
03dsc_4610


04dsc_4618

適当にシャッターを押したが、バッタをフライングキャッチしようとしていたようである。
05dsc_4619


06dsc_4620

この後、上手くキャッチしたかどうかはピンボケだったので分からず。
07dsc_4621


尚、2時半頃の家の近くの台風状況は、12時頃から風が強くなり2時ごろから風が強くなり暴風雨というところ。最近は夜に通過することが多く、寝ているので台風の通過を感じたこと無いが、時々一瞬だが凄い風の音がするのでドキッとする。

|

« カワセミ  久しぶりに中流で親♂を撮影する | トップページ | カワセミ  今日も中流で姿を見て撮影した »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  久しぶりに中流で親♂を撮影する | トップページ | カワセミ  今日も中流で姿を見て撮影した »