撮影機材

2018年5月18日 (金)

ヨドバシで買い物

 いつも通り起き外を見るとモヤっとしていた。行く所も無いのでチュウヒと思っていたが、しばらく様子を見て遅めに出発し手持でチュウヒ兼田んぼでアマサギ探索に予定を変更する。朝から蒸し暑く体が怠いで8時過ぎには今日はやんぺ、9時頃に家を出て買いものにヨドバシへ。
カメラのストラップは、手持では必需品だが三脚撮影では邪魔になる。ほとんど手持ちのD7500は常時着けているが、他のカメラは付けずに手持ちの時にBLACK RAPIDのものをカメラの底の三脚用タップに取り付けている。このストラップは素早くカメラを構えられ重宝だが、ネジが緩み外れたりフックが外れるとカメラが落下する。ネジは頻繁に緩み気が付けば締め直し、歩く時はぶら下げずカメラを脇に抱えて持っていた。先日、連写中にフックが外れたが、手に持っていたので事無きだったもののヒヤッとする。別のものを探した方が良いなと思い探したが見つからず。一昨日ニコンのサービスセンターに行った時に聞くと、純正では無いがニコンダイレクトで扱っている物があると教えて貰った。現物は無かったが量販店でも販売しているとのことで、ヨドバシのネットショップで調べたら在庫有りとなっていたので買いに行った。

  
購入品はPeakDesignのAL-3、左下がマイクロアンカーなるものでカメラに付け、その右のアンカーマウントにストラップを付けるとワンタッチでストラップをカメラに付けることが出来る。マイクロアンカーの紐は中にワイヤが入っており耐荷重90kgだそうだが、アンカーマウントのストラップ取り付け部分がプラスチックで弱そう。D5と150-600㎜でも片方の荷重は1.8kgなので大丈夫だろう。
ついでにソフトラバーストラップも購入した。カメラ付属のストラップはカメラ名が入っており気に入らず、硬いので首が痛くなる。D7500に付けているストラップも少し柔らかい物にしている。
5,810円だったがポイント使用で2,000円、これくらいの費用なら日常出費の内で問題無し。01dscn0546

D5に付ける
02dscn0547


03dscn0553


今まで使っていたBLACK RAPIDこれも残しておく。
04dscn0554

 

●オマケ画像は昨日撮影したチュウヒ、全てISO320での撮影

05dsc_1576


06dsc_1579


07dsc_1585


08dsc_1652


09dsc_1691


10dsc_1728


11dsc_1764


12dsc_1779


13dsc_1882


14dsc_1929


15dsc_1939

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

はずかしながらD850の元画像が甘い件、一件落着か?

 ニコン・サービスセンターから帰ってきてカメラの設定を調べ直した。センターでチェック時に係員が設定を変更しているかもとのことであった。
調べついでにD5の設定と比べると、ピクチャーコントロールSDの輪郭強調が違っていた。これが修正前の元画像が甘いと感じた原因かもしれない。D850は標準の3(4にしたつもりだったが)、D5は5に設定していた。D500は4、D7500は5でバラバラでは無いかい。5に統一するかな、フィールドで実写してみよう。高感度時のノイズが気になる。
サービスセンターで設定の確認を聞かなければ気づかずに使い続けていたかも。これだけでもセンターに行った甲斐はあった。

一番気になったISO1600のピンズレには関係無いが、取り合えず元画像が甘い件は一見落着かな?、ならば良いのだが。

D850のフルサイズから4.5倍の拡大画像、輪郭強調をソフトで変更した以外は無修正

輪郭強調3
Dsc_10183

輪郭強調5
Dsc_10185

輪郭強調8
Dsc_10188

| | コメント (2)

D850のピンズレ、よう分からん

 今日、ニコンのサービスセンターへD7500のセンサー清掃のため行くが、ついでにD850を持って行きピントをチェックしてもらう。昨日、事前チェックでマクロレンズを使用して撮影したが、今日の朝いつも通り起きたので画像を見てみた。

”何じゃ~、昨日ほろ酔いで撮影したので、画像も酔うてるんかいな”と思う結果ではないか。
ISO感度を変えて撮影したが、フォーカスしている場所が違う。フォーカスポイントを表示すると手持ちなので多少違うがほぼ変わらず。手持ちで撮ったので順番に変わるならSSの違いによる手ブレと思うが画像をよく見ると違う。

レンズはマクロ105㎜VRを使用し、モードA、f4、露出補正0、AF-SでISO800、1600、3200、6400で撮影した。もう少し感度を下げたかったが部屋の中で暗くて下げられず。

ISO800、SS1/40
1.2×のノートリ
01iso80016

トリミングで2.5倍に拡大
02iso800240

 

ISO1600、SS1/80
フォーカスポイント周辺がボケボケ、手ブレなら全体がボケボケのはず。
03iso160040

 

ISO3200、SS1/160
04iso320040

 

ISO6400、SS1/320
05iso640040

ISO6400 ノートリ画像
06iso640016

フィールドでは少し甘いと感じることがあるが、腕や撮影条件の問題か。大概、問題無く撮れているので気にすることも無いかな。要らぬことを考え色々やるとど壺にはまる。

昨日の画像
07dsc_0895

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

撮影休み  チュウヒ撮影6年目、過去のチュウヒ画像を見る

 今日も撮影休み、在庫が無いので無理にネタを作る。
   

 昨日は撮影に出なかったので、最近の画像を整理し外付けHDに移動させた。ついでに過去のチュウヒの画像をチェックしたが、150-600㎜Cを購入した2015年はチュウヒでの持ち出しが多く十分な画像を得ている。当時の大砲は500mmf4でD4では焦点距離が足らず、画像が少々劣っても600㎜で少しでも大きく撮りたいと思っていたからで、D800Eでも使うことが多かった。
撮影時期は6月から7月が多く、梅雨時で快晴の日が少なく条件が良かったのと、良い画像しか残していないので当然かも知れない。150-600㎜は、快晴の時などはアカンでその印象が強く残っており、また少し重いので手持ちがしんどく、最近は三脚使用ならロクヨンで、手持なら軽量の300㎜f4+TCとなってしまう。個人的な事だが、高価な機材は良い時の印象が頭に残り、廉価な機材は悪い時の印象が残る。時々、過去の画像を再チェックする必要があるようだ。ロクヨンでは持ち歩いての撮影は無理だが、150-600㎜なら手持撮影も可能なので、チュウヒの撮影後手持ちで田んぼを歩いたり、他の場所へ行き他の鳥を手軽に撮れるので上手く使えば使用価値は十分あるかな。
  

掲載は過去の画像
初撮影の80-400㎜を多用した2013年、150-600㎜の使用回数が多かった2015年、それにV3でも時々取っており、昨年は最後にタムロン18-400㎜でも遊び心で撮っているので再掲載します。

●2013年の80-400㎜での撮影
 チュウヒ初撮影は2013年7月9日、この頃は状況が分からず80-400㎜手持ちで探っていた。500mmf4と300mmf2.8+TCでも各1度撮っている。
 D800E
001130709800e80400

 D4
 7月18日に餌渡しを初撮影したが、400㎜では距離が遠すぎた
002130718d480400

 D800Eと80-400㎜+TC14Ⅱ
 今ではこのレンズにTCは使用しないが、当時はフルサイズ機使用時に遠い止まりものではTC使っており、それなりに撮れていたようである。D850やD5なら使っても良いかも知れない。
003140711d800e80400tc14


●2015年のシグマ150-600㎜での撮影
 シグマ150-600㎜Cを購入した年、CかSで悩んだが手持ち主体で考えCにした。チュウヒ撮影、今は4月になれば通っているが、当時は6月以降が本番で8月前半まで撮っていた。今も撮影が面白くなるのは餌渡しの回数が多くなる6月後半以降だが、昨年は暑さが堪らず7月には終了させている。

 D4
011506231d4150600

 D4
021506232d4150600

 D4
031506233d4150600

 D4
041506234d4150600

 D4
05150629d4150600

 D4で1.4TC使用
 旧500㎜f4では飛びもので使いものにならなかったニコンのTC20Ⅲを下取りに出し購入したシグマの1.4倍TC、最近は150-600㎜を持ち出してもTCを持って行くことは無いが、D5で一度使ってみるかな。
061507021d4150600tc14

 D4で1.4TC使用
07150702d4150600tc14

 D800E
081506011d800e150600

 D800E
 距離が近ければロクヨンと大した違いはないと言いたいが、同時撮影して並べて比べれば違うと思う。
091506012d800e150600

 D7200
 後に、D7200、D800Eと150-600㎜、カメラ2台を持って行き、チュウヒとオオワシで同じ日に撮り比べを行ったことがあるが、かなり違った。それ以来APS-C機ではアカンが頭に残っており、更にD500でカワセミを撮った時の結果が悪すぎ、アカンの気持ちに輪を掛けた。D500でのカワセミ撮影は、撮影した日の条件がたまたま悪かっただけなのかも知れない。
10150625d7200150600

 D7200
11150708d7200150600600

 D7200
12150715d7200150600

  
●V3での撮影
 1用70-300㎜
 意外に上手く撮れた。オオワシで時々使用しクマタカも撮っているので、撮れてあたり前だろう。ただ、元画像は一眼に比べれば劣るのがハッキリ分かるが、ソフト処理で誤魔化せる範囲。810㎜の撮影なので距離的には十分だろう。
13150723v370300

 70-200㎜f2.8
 f2.8でISOを下げればどうかで、ISO200で撮ったがAFがCながら1点となるのと540㎜での撮影、一眼に比べ画質の悪いV3での猛禽相手では、距離が遠いと使い物にならず。
14140613v370200

 300mmf4
 画質は1用70-300㎜より良いが、AF-C1点では歩留まりが悪い。
15170715v3300f4

 600㎜f4
 1620㎜での撮影、ファインダーがEVFということもあり追うのが難しかった。
16160727v3600f4

  
●タムロン18-400㎜
 D500で試したが何とか撮れたというところ。この時の結果に気を良くし、動きの速いハヤブサと距離の遠いオオワシも試したが撮れた。もちろん手持撮影だが、SSを速くしてVR・OFFにしないと、このレンズで飛びものを撮るのは難しい。画質は悪いが、話にならないといほどではない。
17170724d50018400

| | コメント (3)

2018年5月 7日 (月)

D850でTa18-400と純正28-300㎜を比べれば・・D5の画像を追加

 暇に任せてD850に装着して比較撮影をした。
何と~~~Ta18-400㎜の方が画像が綺麗ではないか! おまけに純正28-300㎜は完全な後ピン。D5ではどうかな・・・・?


撮影条件
モードM、f6.3、SS1/160、ISO6400、中央1点測光、AF-S

ノートリ画像
Ta18-400㎜:200㎜
0118400

純正28-300㎜:190㎜(200㎜にしたつもりだった)
0228300

  
トリミングで2.4倍に拡大
Ta18-400㎜
031840024


純正28-300㎜
042830024

  
<追 加>
結果が想定と違ったのでD5も試してみた。
D850ほどの差は出なかったが、やはりTa18-400㎜の方が良い。これからフルサイズ機での風景撮影は24-70㎜使用、高倍率は画素数は減るがTa18-400㎜を使用する。このレンズでも広角は28㎜で撮れる。長年使った28-300㎜は、次回何かを買う時があれば下取りやな。
それにしても純正FXレンズが、レンズメーカーのDXレンズに負けるとは・・・・。ISO6400での撮影なのでISO400以下ぐらいで撮影するとどうなるかは分からないが、確かめるのは止めよう。

撮影条件はD850時に同じ

ノートリ画像
D5とTa18-400㎜
11d518400

D5と純正28-300㎜
12d528300


トリミングで2倍に拡大
D5とTa18-400㎜
13d518400

D5と純正28-300㎜
14d528300



| | コメント (0)

2018年4月28日 (土)

D7500と300mf4+TC14Ⅲ手持ち撮影の1200pixel等倍画像

 昨日の画像で調べてみたが、軽量機材の手持ちでもそれなりに撮れることも有るようだ。

ISO1000、f5.6、SS1/1600、VR・ON

かなり遠く証拠写真
この距離の止まりものは、ロクヨンの三脚撮影でもシャッタを押すことはあっても狙わない。木止まり連写の止まった直後。
ノートリ
Dsc_2462_1

クリック後の拡大画像が1200pixel等倍、トリミングよる拡大は縦横約4.6倍
Dsc_2462_2

これぐらいの距離なら、手持でも近くを撮れない時の保険で連写する。
ノートリ
Dsc_2485_3

前のミサゴのみをトリミング切り取る。
ISO1000でもこのぐらいの画像ならマズマズ、もちろん通常はここまで拡大しない。
クリック後の拡大画像が1200pixel等倍
Dsc_2485_4

  
ISO1000でこの拡大では、明るくするとノイズが目立つので暗めに仕上げた。
鳥の画像は顔の表情が分からないとアカンので、最近は少々画像落ちしても拡大で極力大きくしている。顔の表情か画像の綺麗さを取るかは、人それぞれの好み。また、鳥画像はトリミングで極力拡大し、顔が向いている方の空間をほんの少し広くするが、基本は日の丸構図に近いのが良い。下手に三分割構図にすると、鳥を大きくしているので、鳥をセンターに捉えきれずたまたまピントが合ったような画像になってしまう。たまたまピントが合うことは頻繁にある。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

ミサゴ遠征 番外編  D850と600mmf4にTC14Ⅲはどうだ!

 先日のミサゴ撮影、遠くの中州の杭に止まった時にカメラを向けたがピント合わず。ファインダーの中のミサゴが小さすぎたためで、空抜けなら大丈夫だがバックが海だったのでアカンかった。”TC14Ⅲを付けて少しでも大きくしたらどうじゃ” ということで試したが一発でとはならなかったが直ぐにフォーカスした。その後飛んだので何ショットか撮ったが、多少のボケで歩留まりは落ちたが、上手く撮れた画像は良かったと自己満足。
ロクヨンにTC、D5ではTC14Ⅲは積極的に、TC17Ⅱは時々使用しているが、D500ではTC14Ⅲを時々、TC17Ⅱは試しに使った程度。先日、チュウヒ相手にD850でTC14Ⅲを使ったが、もう一つで止めた方が良いかなと思ったが、多分陽炎の影響を受けやすくTC無しでもアカン画像連発の場所だったため、更に悪くなったようである。海のミサゴでは画像が多少落ちる程度の結果で、撮影条件の良い冬のオオワシではD5同様問題無いだろうと期待する。
チュウヒは、何度か試した方が良さそう、1回では判断できんな~ということだがあたり前か。これからもっといろいろな場面で使い込めば、色々と考えるところが出てきてその度 ”ああしょう、こうしよう” が頭に浮かび迷うのは、これまでの機材も同じだった。

   

トリミングで1200pixel等倍に拡大したが、この拡大でOKなら通常の拡大では問題無し。

杭止まり
これがTC無では、バックにピンが取られ中々合わず。これも少し手前の地面にピントが合っていたかもしれない。TC装着の遠くの画像はこれしかない。
01dsc_5659

飛翔
近くならTC有でも問題無しだがTCが必要なのは遠くの撮影。この時間帯は撮り過ぎていたので、遠くを飛んでも見ているだけでシャッター押さず。
02dsc_5668


03dsc_5669


04dsc_5671


06dsc_5673



雨が上がれば撮影に出るつもりで待機中。
D850と150-600㎜手持ちでVR・OFFにしてどの程度撮れるか試したい。VR・OFFにすればAFが速くなるので、直ぐにシャッターを押しても微ブレが無くなるのではないかと期待している。チェックは、飛びものなら被写体は何でもよい。
SS1/1600ぐらいを確保しての話だが、300㎜f4+TCと80-400㎜は問題無しを確認しているが、保険でONにしている。150-600㎜は少し重いのでどうなのか?
止まりものは、当然VR・ONが良い。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

何処に行くか思案中

 朝は雨で上がればどこに行くか思案中

昨日、D850と所有ズームレンズの写りをチェックした。レンズは、旧24-70㎜f2.8、28-300㎜f5.6、Ta18-400㎜f6.3で、ISO3200、f5.6で撮影範囲DXで適当に手持で撮影した。SSを少しでも速くするため少し暗めに撮っているとしたいが、D850のモニターの明るさに慣れていないのが実情、モニターではOKと思ったが少し暗かった。

旧タイプとはいえ流石24-700㎜と言いたいが、家の中での近距離撮影では大して違いがないのかも知れない。同じ位置にフォーカスポイントを持っていったつもりだが、18-400㎜は少しピンズレがあるように思う。このレンズは、主にD7500のブラブラ歩き何でも撮りに使用するが、D7500でチェックして一度ピント調整をした方が良いかな。D850に使用しても何の問題も無いのは当たり前だが、APS-C用且つ低価格レンズと言うだけで使うのを躊躇してしまう。このレンズは、撮影範囲が広がるので1本あれば便利、もちろんメインでも十分使える。ピント調整を暇な時にやってみよう。

  
24-700㎜f2.8
1012470


28-300㎜f5.6
10228300


18-400㎜f6.3
10318400

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

撮影休み  D850とD500の1200pixel等倍画像を見比べてヤレヤレ

今日は所用で撮影休み

<夕方にD5と600mmf4+TC14Ⅲの画像追加>

D850とD500の究極拡大画像、ブログの掲載画像は1200pixel(クリック後の拡大画像)なので両機の画像を1200pixelで切り取り容量を50~65KBに減らして見比べた。見なければ良かったと笑うしかないわ。自分の感性で見るとほとんど差は無いように思う。
D850発表後、D500の拡大画像を調べ検討した時に必要無しの結論を出したが間違っていなかった。カワセミなどの高速連写は、D500使用と思ったので残しバッテリーパックを買わなかったのは正解だった。後は、D500ではアカンISO3200常用に期待するしかない。
まあ、道具が一つ増えD800Eよりはかなり良くなったので、購入を後悔することは無いと自分を慰める。新しい機材は自分で何度か使い、これまでの機材の結果と色んな角度から見比べないと分からん。最初は目新しさから凄いと思っても、しばらくすれば実態が分かる。
画像の良さと重さを除く使い勝手を比べると、自分の用途と腕では ”D5>D850≧500”の結果しか出ず。無理やりD850の良さを表現すればD500の画像はほんの少し”安っぽい”と言うことにしておこう。

掲載画像は共に600mmf4を使用しており、D500の画像は最初の2枚を除き昨年の撮影条件が良かった時のもので、条件的にはD850の画像より有利な条件下でシャープに撮れているかも知れない。

●D850と600mmf4

01dsc_1629


02dsc_1637


03dsc_1653


04dsc_1657


05dsc_1660


06dsc_1666


07dsc_1670


08dsc_1672


09dsc_1705


10dsc_1943


●D500と600mmf4
 最初の2枚は今年の撮影、残りの昨年の撮影条件が良かった日の撮影。

101dsc_8629


102dsc_8806


103dsc_3599


104dsc_3657


105dsc_3810


106dsc_4277


107dsc_4325


108dsc_4486


109dsc_4872


110dsc_4903

 

●D5と600㎜f4+TC14Ⅲ
 1月に撮影した画像、TCを使うと如何にD5とはいえ、等倍拡大ではアカン

201dsc_1758


202dsc_1790


203dsc_1853


204dsc_1948

この頃は、別の♀も姿を見せていた。先日、東から西に飛んだのがこの♀だろう。
205dsc_1972

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

撮影休み  D850の感度別画像  <夕方に画像追加>

 朝晴れていたのでカワセミに行こうかと思ったが、良い話を聞かず怠くてしんどかったこともあり撮影休みにした。

昨日、水生植物公園の薄暗い展示室で、ISO100から上限まで撮影した置物の画像を見比べた。DXサイズ(1.5×)で撮影したものを、鳥撮影での通常最大拡大3倍(フルサイズからは4.5倍)で見たが、ISO3200ぐらいまでOKで6400も使えるかも知れないという感触を得た。鳥と置物、またフィールドと展示室では条件が違うので、ISO2000ぐらいまでを常用、条件が悪ければ3200、緊急時には6400ぐらいまでとした方が良いだろう。D500の使用基準と同様だが、実際は大半がISO1600ぐらいで収まると思う。
以前に同じ場所で撮影したISO3200以上のD500の画像が残っていたので見比べてビックリ、”アレ~、何とD500の画像の方が良いではないかい!” で調べると昨日のレンズは28-300㎜、D500撮影時のレンズは80-400㎜でレンズの差が諸に出ていたのが分かり一安心。カワセミ撮影で両レンズの描写にかなり差が有るのは分かっている。近い距離で同じレンズを使用すればD850の方が描写が良いとは思うが、目を見張るほどの差は無いのかも知れない。D5とD500の中間ぐらいかな?

D850の感度別画像を掲載、ISO3200以上は、上にD850、下にD500の画像も掲載する。
共にf5.6で、28-300㎜は約90㎜、80-400㎜は80㎜での撮影、画像の大きさと立った位置の違いで多少角度も違う。

ISO100のノートリ画像
011dsc_32741000


以下の画像はトリミングで3倍に拡大、リサイズ以外の画像修正は無し

ISO100
ブレブレながら手持ちのSS1/6でよく撮れたと思う。軽量レンズだからこその結果だろう。
02dsc_32741001


ISO400
SS1/30、3倍に拡大するとまだ苦しいかな。
03dsc_3275_400

  
ISO800
04dsc_3275_800

  
ISO1600
05dsc_3277_1600

  
ISO3200
061dsc_3278_3200
062dsc_5654_3200

  
ISO6400
071dsc_3279_6400
072dsc_5655_6400

  
ISO12800
081dsc_3280_12800
082dsc_5656_12800

  
ISO25600
091dsc_3281_25600
092dsc_5657_25600

  
ISO1段増感/51200
101dsc_3284_1h
102dsc_5658_51200

  
ISO2段増感
11dsc_3285_2h

     
   
<追加画像>
 レンズ105㎜マクロでD5/D850/D500の高感度比較画像を追加。D5とD850は撮影範囲をDX(1.5×)として手持で適当に撮影したが、D500は少し劣り価格順となっているような、シャッターを押した時のブレの差で大して違いがないような・・・・?

●ISO6400
 D5
640001d5

 D850
640002d850

 D500
640003d500

  
●ISO12800
 D5
1280001d5

 D850
1280002d850

 D500
1280003d500

  

D850を初めて使った時は、トリミングでの拡大が流石に高画素機で凄いと思ったが、冷静に元々1.5倍のD500と比較するとどうなんやろう? ロクヨンや300mmf4+TC17Ⅱの望遠レンズでは差があるように思ったのだが・・・・。購入した以上は考えても仕方ないので大いに使おう。レンズは良いレンズ(単に高価というだけ)を使った方が、高価なカメラだけに結果が悪くても後悔しないだろう。
鳥の三脚使用はロクヨンだが、手持はシグマ150-600㎜より純正300mmf4+TC17Ⅱの方が良さそう。これまで同様もっと使い込めば、結果によって考えがころころ代わるかも知れないが。 

今のところD850を使ってみて購入前の期待通りは
①D5+TC14Ⅲよりは画像が良い
②トリミングでD500並みの大きさの鳥画像が得られるが、1.2×で撮影すれば近距離でもはみ出しが少なく、速い動きも追い易い。チュウヒで実感済み。
③D800Eからの買い替えなので連続撮影枚数が増え、バッファフルを気にせず連写を続けられる。チュウヒの餌渡しなどは、シャッターを押すタイミングを考えなくてよい。

期待しているが今のところハッキリと分からないのは
④極端だが鳥飛翔画像でピクセル等倍に拡大した時にD500より画像が良い。良いようには思うが・・・・
⑤D500より高感度の画像が良くなっている。希望はD5並みだったがそこまではいかないようで諦める。フィールドで条件の悪い時に撮影してみないと分からない。鳥撮影のトリミングによる3倍の拡大で、ISO3200が十分なら期待通りだが無理かな?

| | コメント (2)

より以前の記事一覧