撮影機材

2017年10月21日 (土)

撮影休み シグマ150-600㎜のVR・OFF三脚使用とVR・ON手持の比較

 今日は撮影休み、明日、明後日は台風の影響で撮影に出られない。ここしばらく鬱陶しい天気で、予報を見ると晴れマークが見られるのが、25日(水)とはこれ如何に?

シグマの150-600㎜、購入直後の鳥飛翔撮影で手持ちの方が結果が良いと思った時期があるが、重くて長時間の手持ち撮影がしんどく、三脚を使用することが多い。昨日、雨で自宅待機の間に三脚使用と手持ちの比較撮影をしてみた。手持ちの方が、自分の撮影スタイルには合っているのだが、筋力の衰えが・・・・・

SSを変えてどの程度なら見られるかを試したが、結果は同じようなSSとなった。
カメラはD7500、三脚使用も指でシャッターを押したので、ワイヤーレリースを使用すれば結果が違ったかも知れない。
雲台はGITZOのG2180で、このレンズの重さでは役不足だったかも知れない。三脚はGITZOのGT2531なので問題は無いだろう。

画像は上がVR・OFFの三脚使用、下がVR・ONの手持ち
トリミングで3倍(面積9倍)に拡大している。

SS1/8 (ISO400)
ブレ方が全く違うが、三脚使用でも使えるレベルではない。Ss8iso400

SS1/15 (ISO800)
三脚使用では、ワイヤーレリースを使用すれば使えるかも知れない。
Ss15iso800

SS1/30 (ISO1600)
共に慎重に撮れば撮れるかもしれないが、歩留まりは悪いやろな。
Ss30iso1600

SS1/60 (ISO3200)
1/30よりはマシになる。三脚使用の方が悪いのは、たまたまだろう。
Ss60iso3200

SS1/125 (ISO6400)
共に使えるかもかもしれないが、手持はかなり慎重に撮る必要がある。
Ss125iso6400

SS1/250 (ISO12800)
ほぼ大丈夫だろうと思うが、手持では長時間の撮影は苦しい。長時間の手持ちなら、止まりもので最低でも1/640ぐらいにはしたいが、トリミングでの拡大は2倍が限度かな。1/640、特に根拠は無いが、10年近く前に旧80-400㎜では普通に使っていた。今は飛びもの狙いで、カメラの高感度性能が良くなったこともあり、大概は1/1600を確保するようにしており、時々1/1000で撮影することも有る。
一脚を使ったこともあるが、使いこなせず処分した。持って歩いても三脚と違い邪魔になるだけ。大砲ならともかく、このクラスのレンズなら気休めにもならない。
Ss250iso12800

 

過去に手持ちで撮った画像を再チェックしてみた。画像は1枚のみ等倍、他は3倍に拡大している。

D4
購入当初の撮影、今はほとんど行かない山のハヤブサ、三脚使用で撮っていたが手持ちも試した。
001150529d4

D800E
これも試しでの撮影。D5を使うと手持ちでは重いので、D800Eでの鳥撮影を復活させるか? その前にD7500と思うが900㎜(レンズ600㎜)の手持ちはカワセミの距離では難しい。600㎜(レンズ400㎜)では、このレンズを使う意味が無い。
002150604d800e

D5
曇り空ながら太陽方向に向かっての撮影
003160628d5

D5
元々フルサイズ用に買ったレンズンなので、フルサイズでの使用が多い。
004161217d5

D5
コミミは人が多く三脚を持って行けば移動し難い。数十回行っているが、三脚を使用したのは最初の頃に328で1度と、今年に一度ロクヨンで撮ってみようと思った時の1度しかない。軽量機材手持ちの方が、振りやすく撮り易い。
005161228d5

D500
湖岸で待ち適当に移動するため手持ちで行った。
等倍に拡大、この距離になるとこのレンズの手持ちは苦しくロクヨン+TCが必要。
006170203d500

近くを飛べば十分
007170203d500

APS-Cでは近くても画像が悪いかな。80-400㎜か300㎜f4+TC14Ⅲの方が画像は良い。
008170203d500

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

所有している望遠ズームレンズのVRの効きをチェックする

 昨日、雨で自宅待機の暇つぶしに、所有している望遠ズームレンズニコン80-400㎜(現行)とシグマ150-600㎜Cの手持ちでのVRの効きを試してみた。

80-400㎜の方がVRの効きはかなり良い。スペック上のVRの効果段数以外に重量の差もかなりある。腕力が強ければ差はそれほど無いかも知れないが、自分では下記の結果が限度。カメラはD7500を使用し、最終的に結果を相互比較するため400㎜で行った。
尚、両レンズの画像の明暗等画質は、f値とISOが違うので比較は出来ない。

掲載画像はトリミングで3倍(面積9倍)に拡大している。
 
●ニコン80-400㎜ 
 VR・ONでの限界はSS1/15、OFFでSS1/60ぐらい。
ただし、腕がそれほど疲れていない時で、フィールドで撮り続けた時はもう少し速くしないと、歩留まりはかなり悪くなるのは間違いなし。
一度、鳥相手に撮ったことがあるが、まともに見られたのはVR・ONで1/30(?1/60)だったと思う。

そこそこ撮れた最低SSの比較画像
上:VR・ONのSS1/15、下VR・OFFのSS1/600580400ss1560

  
以下はチェック画像、上VR・ON、下VR/OFF
SS1/8
0180400ss8

SS1/15
0280400ss15

SS1/30
0380400ss30

SS1/60
0480400ss60

  

●シグマ150-600mmC
 VR・ONでの限界はSS1/80、OFFでSS1/160ぐらい。

そこそこ撮れた最低SSの比較画像
上:VR・ONのSS1/80、下VR・OFFのSS1/160
14150600ss80160

  
以下はチェック画像、上VR・ON、下VR/OFF
SS1/40
11150600ss40

SS1/80
12150600ss80

SS1/160
13150600ss160

  

★80-400㎜と160-600㎜のVR・ONでの比較
 
上が80-400㎜のSS1/15(f5.6、ISO100)、下が160-600㎜のSS1/80(f6、ISO3200)
204001560080

 
追記
 しまった、しまった・・・・。AF設定を昨日のハヤブサ撮影のまま、AF-C21点にしていた。平面の被写体で距離は数m、あまり変わらないと思うが?

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

一眼望遠機材とネオ一眼高倍率機の再比較

<訂正:昨日の一眼レンズは300mmf4+TC14Ⅲだった>

 昨日サイバーショットを借用しての画像、所有者のブログを見ると一眼なみの画像が掲載されていたので、”あれまあ~”で少し手をかけて修正し直してみた。
修正次第ではそこそこの画像が得れるのかな。フォーカスは良いが色が少し好みでないと思ったが、さらに工夫すればもう少し良く(好みに合う)なりそう。感度を上げた時のベタ感はV3より良いかも。

D7500と300mmf4+TC14ⅢTa18-400㎜のRAW撮影(ISO2000) VS サイバーショットRX10MⅣのJPEG画像(ISO1000かな?)

Hikaku

  
AFが速くコマ数24枚で連写枚数がかなり多い。連写枚数が40枚で高感度に弱いV3の代わりにと思ったが、V3後継機が出るかどうかの様子見とする。
高くてV3システム一式と使っていないレンズを下取りに出す必要があり、コマ数24枚はカワセミの餌捕り連写、特に水際連写に魅力有りだが、しかし自分の用途で魅力なのはそれだけ。最近上手く撮れていないので撮っても失敗の連続になりそう。

家に居ると暇なので、撮影機材のアレコレを考えてしまい、考えにブレが生じる。ブレによって衝動買いをすると余分な出費が増えてしまう。撮影機材は十分過ぎるほど揃っているが、少しでも楽して良い画像を得たいと思っている間は・・・・

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

タムロン18-400㎜のVRの効きを確認する

 朝から雨、撮影に出るかどうかは天気次第、昼から撮影に出れそうならカワセミの様子を見に行く。

家に居てもTVを見ることぐらいしかすることが無い。現役時代の終盤と家の中での生活は変わっていないのが、変わったといえば今のTV番組が面白くなくなったことと、日の明るい間は酒を飲まなくなったことぐらい。
何かすることは無いかで、タムロン18-400㎜のVRの効きを調べてみた。

カメラはD7500の手持ち、距離70cmぐらい、モードM、f8、AF-S、ISOを変えてSSを変えた。レンズの焦点距離は135㎜、としたが根拠は無い。

撮影した画像のノートリを1枚、ISO400、SS1/8、VR・ON
Dsc_9350_01_1



比較は3倍に拡大し、ONとOFFの画像を1枚に貼り付けた。クリックの拡大画像は、縦が1000pixelで、上がON、下がOFF

・SS1/4、ISO200
101ss4

・SS1/8、ISO400
102ss8

・SS1/15、ISO800
103ss15

・SS1/30、ISO1600
104ss30

・SS1/60、ISO3200
105ss60

・SS1/125、ISO6400
106ss125

・SS1/250、ISO12800
107ss250

・SS1/500、ISO25600
108ss500

・SS1/1000、ISO51200
109ss1000

 

<結 論>
今回の撮影では、VR・ONでSS1/8ぐらいなら何とか見られる程度には撮れており、VR・OFFではSS1/60ぐらいで同等画像になる。このレンズのVRは十分効くと思うが、フィールドでは風の影響等で、純正28-300㎜と同等の1/20ぐらいが限度かな。確実に撮るなら標準域で1/50、400㎜での遠い鳥の止まりものを確実に撮るにはVR・ONでもやはり1/200ぐらいは欲しい。所有している他のVRレンズと遜色は無い(レンズによっては良いかも)が、効くのにタイムラグがありシャッタを押すタイミングを遅らせる必要が有るかな。


上がVR・ONのSS1/8、下はVR・OFFのSS1/60
110on8off60

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

V3の手持ち1080㎜(レンズ400㎜)撮影での低速シャッター速度限界を調べた

レンズは、タムロン18-400㎜とニコン80-400㎜を使用、VR・ONの手持撮影。
注)18-400㎜は普通にセットしても使えないが、装着後カメラのFT1着脱ボタンを押せば電源を切るまでは使える。某サイトのクチコミに記載されていたので使用しているが、カメラやレンズに及ぼす影響は分からない。

ISO1600、絞り開放、VR・ON、WBオート、暗かったのでPCソフトで適当に露出補正したが、その他は補正無し。

●タムロン18-400㎜
SS1/20、f6.3 ノートリ0118400_2

 トリミングで3倍に拡大
02184003_2

 

●ニコン80-400㎜
・SS1/20、f5.6 ノートリ
0380400_2

 トリミングで3倍に拡大
04804003_2

  
・SS/10、f5.6  ノートリ
058040010_2

 トリミングで3倍に拡大
0580400103_2

  
風の無い室内のなら、歩留まりは悪くノートリ画像限定となるが、S1/20ぐらいなら使えそう。80-400㎜は、歩留まりが更に悪くなるが1/10まで可能かもしれない。レンズの重さよりVRの差が大きいようである。

色が多少違いニコンのレンズの方が良いが、どちらが正確かは? また、大きさが少し違うので、同じ公称400㎜のレンズでも撮影した距離では焦点距離が違うのかな。

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

雨で様子見  家の中でD7500と150-600㎜の手持ちをチェック

 朝から雨、天気予報では9時から晴マークだが、雨が止みそうにないので様子見、撮影に出れても昼からかな?

今日は、D7500と150-600㎜の手持ちを試すつもり。この組合せは、D7500入手後すぐに三脚使用でカワセミ相手に試しているが、手持では使用していないと思う。2度のヤマセミ撮影は、D500に300mmf4+TC14ⅢとD5と150-600㎜を使用したため、630㎜に600㎜では望遠不足、次回は大きく撮りたいと思っている。ロクヨンを持ち込めば良いのだが、三脚が必要でダム側なら使い難く、APS-C機と150-600㎜での900㎜を考えている。
このレンズとD500は相性が悪く(自分の購入品だけと思うが)、D7500の使用となる。150-600㎜での手持ちは、今の衰えた腕力では苦労するので、カメラは少しでも軽い方が良く、AFが少し劣ってもD7500の方が良いとも思っている。

自宅待機ですることも無いので、どのくらいのSSまで900㎜手持ちで撮れるか、家の中で試してみたが、歩留まりは悪いがSS1/60ぐらいが限度のようである。1/100なら歩留まりは良くなり、1/200なら風の無い家の中では大丈夫だろう。

撮影条件
モードM、スポット測光、AF-Cダイナミック21点(Sに変えるのを忘れていた)
ISO2500(もう少し小さくしたかった)、f6.3、SS1//60

ノートリ、暗かったので露出を+0.7補正したが他は修正無し01dsc_7927_1

トリミングで3倍に拡大
ブレが目立ったので、自動シャープ補正
02dsc_7927_2

ノートリ、無修正
03dsc_7943_1

トリミングで3倍に拡大、自動シャープ補正
シャープさに欠けるが、このレンズでの手持ち900㎜では仕方なし。明るければ、もう少しシャープに撮れるとは思うが・・・・
04dsc_7943_2

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

D7500と300㎜f4+TC14Ⅲの感度別画像・・・月編

 一昨日の夜、D7500と400㎜f4+TC14ⅢでISOを変えて月を撮った。いつものごとくほろ酔いでの手持ち撮影、結果はそれなり。

モードA、f5.6の露出補正-1.3、スポット測光、AF-CのGrエリアAF(AF-Sよりこの設定の方がピントの迷いが少なかった)
トリミングで4倍(面積で16倍)に拡大

・ISO100 SS1/50
 近くの鳥ならこのSSでも撮れるが、適当にシャッターを押したので遠い月ではブレが大きい。
Iso100dsc_6561

・ISO400 SS1/200
 ブレはかなりマシになったかな。尚、ISO200は完全なブレ画像で100と変わらずで省略、
Iso400dsc_6564

・ISO800 SS1/400
 まあエエやろう。月相手の手持ちでは、これぐらいのSSが限度かな。
Iso800dsc_6566

・ISO1600 SS1/800
 何故かブレが酷く、画像確認後時間を置いて撮りなおした。
Iso1600dsc_6579

・ISO3200  SS1/1250
 ノイズリダクションの影響が見られる。
Iso3200dsc_6568

・ISO6400  SS1/3200
 ノイズリダクションでノッペリした画像、拡大を小さくすれば許容範囲
Iso6400dsc_6570

・ISO12800 SS1/6400
 ノイズが少し気になり、ノイズリダクションで細かい所がボケている。
Iso12800dsc_6572

・ISO2000 SS1/8000
 ISO25600まで上げたかったが、SSが追い付かず。
Iso20000dsc_6573

 

一度夜景を撮りノートリで見てみたいが、夜に一眼持って出る気がしない。D5も一度も夜景を撮っていなかったかな。今年の名所の紅葉ライトアップには行ってみよう。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

ピクセル等倍画像の確認で・・・・

 ブログ掲載のクリック拡大画像は、普通2200~1800ピクセルで切り出し、1200ピクセルに変換して容量を50~60~(80)KBにしている。先日、ニコンのD850サンプル画像を、1200ピクセルの範囲で切り出し拡大して見たが、その解像感に驚いた。
所有機材の過去画像を、1200ピクセルで切り出して容量を50~(60)KBにして見てみたが、違いは撮影条件と撮影者の腕の違いということにしておこう。
D850は、連写枚数と連続撮影枚数が劣り高感度はD5がある、風景は観光写真+αのレベルで良し、ポートレートなど撮ったことが無い、自分の用途ではD500+D800Eから買い替えるまでもないということを確認した。

画像は全てソフトで多少処理しています。

●D500+600㎜f4
 拡大は約4.6倍(面積で21倍)でフルサイズ機なら6.9倍相当。今まで気にもしなかったが、ISO320ぐらいでもノイズが多い。20万少々のAPS-C機の限界かな

近くからの撮影(通常のカワセミ撮影距離)
011d50060012


02d50060016


03d50060017


04d50060019


05d50060020


06d50060021


07d50060011


遠いオオワシ、ISO1000での撮影だがここまで拡大すると?
08d5006002


09d5006006


10d5006004

 

●D5と600㎜f4(+TC14Ⅲ)
 拡大は4.6倍。さすがにD5、画像が綺麗。TC14Ⅲを使用した画像(オオワシ)でも満足だが、D500に比べ大きな画像が得られない。猛禽相手では、撮影距離が遠くなることを想定してD500を使用してしまう。

11d560015


12d560016


13d560017


14d5600tc141


15d5600tc144

  

●D800Eと600mmf4
 フルサイズから約6.15倍(面積で約37倍)の拡大、実際は画像の容量が大きすぎるのでPCの動作の都合上、×1.2で撮影している。まだまだ現役で十分な写りだが、連写コマ数と連続撮影枚数の不足から最近使っていない。D850と比較して高感度の差は当然あると思うが、ISO1600ぐらいまでの写りは、どの程度の差が有るのかな。

16d800e6003


17d800e6004


18d800e6005



●D7500と600mmf4  
 約4.6倍の拡大。D500より写りは良い(自分の購入品では)が、鳥の動きものはAFが一番重要で、気合を入れての600㎜f4では使わないつもり。試しに撮影した画像。

空抜けの猛禽は撮影条件が難しい。日が差すとアカン19d7500600

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

撮影休み 遊びで、V3と鳥撮影用レンズの撮り比べ(焦点距離300㎜)   夕方追記でハヤブサ

 腰の調子がかなり良くなり全快はもう一歩のところ、朝から撮影に出ようと思っていたが、天気がもう一つで撮影は止めた。昼から車にガソリンを補給するつもりなので、ついでに何か撮るかも知れない。

V3と野鳥撮影レンズ4本の撮り比べを室内でレンズ300㎜(実質810㎜)、撮影距離約3mで行った。撮影条件を合わせ手持ちで撮ったが、予想に反する結果でアレ~となる。
飛びものなら専用の1用70-300㎜が使い易く歩留まりも良いが、静止ものの写りなら300㎜f4が一番良いと思っていた。
 予想:300mmf4≧80-400㎜(三脚使用時)>
               1用70-300㎜>150-600㎜>18-400㎜
 結果:80-400㎜≧150-600㎜>
               1用70-300㎜>300mmf4>18-400㎜ 

撮影条件は、モードM、f6.3、SS1/20、ISO800、AF-C1点としたが、手持撮影で重いレンズは慎重に撮ったことも結果に影響しているように思う。撮り直そうかと思ったが、実際に使用するとしたら距離は20m以上で今回は3m前後、3mぐらいの距離なら性能の差は分からないかも知れないと思い止めた。
実際に18-400㎜以外はフィールドで使用したが、専用レンズ以外はAF-C1点となるので歩留まりが悪い。80-400㎜は、三脚使用では写りは良かった。150-600㎜は焦点距離が長すぎ、T端では飛びものを追えなかった。
V3と18-400㎜の組み合わせ手持ちは、鳥撮影では使いものにならない。一眼カメラでも鳥メインでは、撮れることは撮れるが、満足出来る画像が得られないのであたり前。
  

トリミングによる拡大画像
80-400㎜
11804002

150-600㎜
121506002

1用70-300㎜
131_703002

300mmf4
14300f42

18-400㎜
15184002

ノートリ
順番はトリミング画像に同じ
01804001


021506001


031_703001

   
04300f41

   
05184001

 

●夕方の追記
 昼からガソリンを入れに滋賀に行き、そのまま湖岸沿いを北上した。ツツドリに行こうかと思ったが、機材はV3と1用70-300㎜だったのでツツドリの速さでは飛翔の撮影は無理、止まりものは枝被りでもうひとつということで、湖岸沿いの駐車場で用を足して直ぐに引き上げた。地元に帰り少しを様子見でハヤブサに行った。♀は見えにくいが低い場所に、♂は煙突の傘の下に止まっていたので、♀の飛び出し狙いで待つが一向に飛ばず。帰ろうかと思った時に2羽共に動きが有り、ならば待つで更に粘り何とか飛翔は撮れた。残念ながら曇り空で、ISO400のSS1/1000では歩留まりが悪く、撮れた画像ももう一つパッとせず。
今日は2枚だけ、残りは整理して明日にでも掲載する。

日影で見えにくい場所に止まっていた。曇り空では暗くて尚更見えない。止まるのを知っているから見つけられた。露出をソフトでかなり修正した。V3はISO400ぐらいまでしか、拡大すると見られない。暗く撮ってソフトで修正するしかないが限度がある。
Dsc_8402

空抜けの飛翔、この時は薄日が差していたので機材から考えるとマズマズ。
Dsc_8501

この地の夕方は、蚊の攻撃が堪らない。昨年も悩まされたが、蚊取り線香が必要だ。
  

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:316枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

D5と600㎜f4+TC14Ⅲの画像を超拡大

 D5と600㎜f4+TC14Ⅲの撮り易いカモメの画像を目一杯拡大するとどんなものか、過去の画像で見てみた。トリミングで1200pixelを切り取り、容量だけを減らした(クリックでの拡大画像)。
約4.6倍の拡大(面積で約21倍)になるが、十分(少し苦しいか?)見られる。D850なら更に1.5倍の画像が得られるが、後ろ3枚の距離なら効果がありそう。また、TC無でこのサイズが得られるので、画質重視ならD850の方が良いな~。以前、D4とD800Eに500㎜f4を使用していた時は、遠い猛禽相手ではD800Eを持ち出すことが多かった。当時のAPS-C機D7200は、遠い猛禽でも時々使ったが根性が無かった。今のD500にD7500は十分満足している。
  

01d5600


02d5600


03d5600


04d5600


05d5600


06d5600


07d5600

  
D850、自分の使い方ではどんなレベルなのか、一度使ってみたい。
風景なら自分の満足度では大して変わらないと思うが、空気が澄んだ条件で600㎜f4+TCを使用し、遠い猛禽がどの程度撮れるか気になる。オオワシの漁の瞬間などで威力を発揮するか、それとも撮影条件で大した効果が無いのか・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧