野鳥

2017年7月22日 (土)

行く所が思い当たらず再びチュウヒへ、帰りにハヤブサ様子見

 昨日はカワセミ姿見せずとのことで行き先に迷う。チュウヒなら暑いがまだ撮れるだろうと行くことに。親が餌を持ち帰ると幼鳥2羽が飛ばないかとの期待もあったが、幼鳥1羽は朝の遠出で親の餌持ち帰りで飛んだのは1羽のみ。遠出に出た幼鳥は直後に戻って来たが、5分程早く帰っていれば2羽が親を追うところが見られたかも知れない。
チュウヒ撮影は中締めが済んでいるので、ロクヨンは持って行かず150-600mmにして、カメラはD500のショット数を増やさないためD800Eとした。2時間ほど居たが少し前の終盤と変わらず。撮れた画像は、距離が少し遠かったことも有り150-600㎜では少し苦しく、まあエエやろう程度の出来だった。
帰りにハヤブサの様子を見に行ったが、窓に止まっており少し待てば飛ぶかと思ったが、暑かったの直ぐに引き上げた。

画像は、トリミングでフルサイズから4.5倍に拡大。いかにD800Eとはいえズームレンズの手持ちでは、ここまでの拡大に無理があったかな。

幼鳥1羽が遠出の前に上空を旋回する。17072201

綺麗に撮るには、D500とロクヨン+TCの距離だった。
17072202


17072203

餌渡し
晴れの途中で太陽が雲に隠れる中途半端な撮影条件だった。
17072204


17072205


17072206


17072207


17072208

遠出に出ていた幼鳥が帰ってきて旋回するが少し遠かった。もう少し下りて旋回して欲しかった。
17072209


17072210

  
電柱の上でトビが羽を広げていた。アオサギではよく見るポーズだがトビでは初めて見る。
17072211

  
帰りに寄ったハヤブサ。太陽は頭上近くにあったが、ハヤブサの止まっていた場所は日陰で色が綺麗に出ない。この地での午前の撮影は、完全な曇り空でないとアカン。
17072212

   
●タムロンの18-400㎜が発売された。D7200かD500に着けてブラブラ歩きにピッタリで、風景から鳥まで撮影出来る。、V3に付けての約1000mmでの鳥撮影や最短撮影距離が短いのでマクロもどき撮影も面白い。V3と300㎜f4+TC14Ⅲで、チュウヒやカワセミを試しているので1000㎜の手持ち撮影は可能だろう。f5.6と6.3は大して違いはないと思うが、VRの効きが弱いというのが気になる。評判では400㎜の画像が多少甘いとのことだが、自分の場合は少し離れた鳥を手持ちで撮ると、80-400㎜でも重さからブレれで少し甘くなる。軽量レンズなので同レベルで撮れるような気がする。今日掲載のハヤブサ画像のレベルなら、少し小さくなるが撮れそうな気がする。
7万5千円少々は、何が何でも欲しいというわけではなく、有れば便利で欲しいという程度なのでちょっと高いかな。

タムロンの16-300㎜とD500で撮った鳥画像
歩留まりは悪く画像ももう一つだがそれなりには撮れる。450㎜が600㎜になれば、少し遠くても撮れるようになるかな。
102170722


103170722

止まりものは十分と思う
101170722



撮影機材:D800E、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:180枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

山の森で涼みがてらにサシバ探しだったが・・・・

 サシバが撮りたくて2年前に撮れた山の森に行った。今年姿を見たという人に電話で確認したが場所は同じだった。尾根辺りから鳴き声が聞こえたが、遠すぎて分からず。サシバが駄目ならサンコウチョウ、カケス、アオゲラと思ったがいずれも姿無し、よく聞こえた鳴き声もホオジロ、ヒヨドリぐらい。猛禽は待たないと姿を見られないのは分かっているが、涼しいどころか蒸し暑くて粘れずだった。
帰りにヤイロチョウで賑わった場所に行ったが、人は疎らで既に姿が見られなくなったのだろう。期待はブッポウソウにキバシリだったが、こちらは鳥の鳴き声がより少なく、蒸し暑くて歩くと汗が滲み出て不快だったので、直ぐに引き上げた。
この時期に山の森で鳥を探すのは、今更ながら難しいと再認識した撮影日となる。

イカル  
17072101

ヤマガラ
17072102

トビ
17072103

ホオジロ
17072104

コゲラ
17072105

シジュウガラ、幼鳥かな
17072106


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:48枚
移動:車(乗せてもらう)  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:600円(施設使用料2人分)

| | コメント (0)

あの頃のカワセミは良かった・・・過去の水際画像

 カワセミ撮影での狙いは、餌捕りで飛び込んだ後の水面から出てきて飛び出す瞬間、最近は全く撮れていないが、過去のカワセミでは何度も撮っており、昔のカワセミは良かったと言いたくなる。
今の撮影地のカワセミは、鋭角に飛び込み一瞬で飛び出し、飛び込む回数も少ないので撮り難い。数年前に中流から上流域に居たカワセミは撮り易かった。土手の肩からフワッと飛び出し、深い場所で深く潜る、魚を捕るのに失敗すれば連続して何度も飛び込む等の違いがある。水面に置きピンで目視でカワセミの動きを見ながら、飛び込んでからスライドさせてシャッター押し直して撮る方法なので、鋭角に飛び込まれると上手く追えない。撮影距離も今の1/2以上の近さだった。とにかく中流から上流では、カワセミが時々しか見られない現状、今の撮影地の今のカワセミに慣れるしかない。

昔(?)は良かったの5年前の真冬の撮影、水際を集めたが魚咥え物が少ない。たまたま見た日の画像に無かっただけで、大きな魚咥えものも撮っているので探してみよう。大きな魚を咥えた飛び出しは絵にはなるが、一発で終わるので後の待ち時間が退屈、失敗しながら小さめの魚を何度か撮り、最後に大物を捕ってくれると撮影が楽しめる。

過去に掲載している画像もある。

01dsc_0175_1


02dsc_3952_1


03dsc_4065_1


04dsc_4221_01_1


05dsc_4375_1


06dsc_4736_1


07dsc_4909_1


08dsc_4970_1


09dsc_5022_1


10dsc_5064_1


11dsc_5117_1


12dsc_5293_1


13dsc_5305_1


14dsc_5322_1


15dsc_5330_1


16dsc_5420_1


17dsc_5439_1


18dsc_5449_1


19dsc_5459_1


20dsc_5510_1


21dsc_5577_1


22dsc_8028_01_1


23dsc_9479_1

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

カワセミ 昨日と打って変わって大不調

 今日は前に一度姿を現したのみでさっぱり、2度小さな魚を咥えて飛び去る姿を見ているので、昨日同様何度も餌捕りを行い巣に運んでいたみたい。残念ながら餌捕りの場所が、少し上流だったようである。

17072001


17072002


17072003


17072004


撮影機材:V3、300mmf4、手持ち撮影  撮影枚数:45枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

カワセミ  V3と300mmf4

 朝の5時頃に外を見ると曇り空、今日もD500と150-600㎜か思っていたが、家を出る7時前には青空に変わっていた。ならばD500のショット数を増やさないためV3を使おうで、機材はV3と300㎜f4に代えた。待ち時間が多いので三脚撮影、ならばTC14Ⅲを使おうTCを装着した。7時半過ぎに到着、カワセミは姿見せずとのことでガッカリ、しかし今日は違った。1時間ほど待って登場したが、その後は小さい獲物を捕って何度も山へ持ち帰り。昨日まで大きな魚を捕っていたので、雛が大きくなったと思っていたが、今日の様子から推測すると、昨日までの大きな魚持ち帰りは♀用で、2回目の雛誕生で小さな魚を頻繁に持ち変えるようになったのでは・・・真実はカワセミに聞かないと分からない。まあ、これからも続くなら、カワセミの撮影機会が増えるので、エエではないか。ただし、魚が小さいのでもう一つ絵にはならない。

最初はTCに三脚を使用したが、飛びものが追えず直ぐにTCを外し、途中から三脚使用では追うのが面倒で手持ちに代えた。810㎜でのカワセミ撮影、初めからTC無しの手持ちにすれば良かった。

止まりもの
TC使用、以後の画像はTC無し
17071901


17071902


17071903


17071904


17071905


17071906

  
飛翔
何枚も撮ったが歩留まりは悪かった。専用レンズではなくAF-C1点では仕方なし。
17071907


17071908

  
水際
水面からの飛び出しが撮れたが、顔が水飛沫に隠れどうしようも無し。
17071909

  
飛びつき
この場所に止まることが多かったが、ゴミが絡んでいて、これまたどうしようもない画像。
17071910


連写
小さな魚を咥えて止まるが
17071911

落とす。取りに行けと思ったら行きよった。
17071912

ここから連写
17071913
17071914
17071915
17071916
17071917
17071918
17071919
17071920
17071921
17071922

  
餌捕り
17071923
17071924
17071925
17071926
17071927

  
晴れの日の対岸狙いなら、ISOを低くく出来るのでこの組合せの810㎜で、取り合えずは十分かな。こちらの岸側が活動の中心になれば、一眼レフの600㎜で撮影する。

 

撮影機材:V3、300㎜f4(TC14Ⅲ)、手持(最初は三脚)  撮影枚数:649枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

カワセミ  久しぶりにD500とシグマ150-600㎜Cを使用する

 昨年、この機材でカワセミを撮影した時に対岸の止まりものが甘すぎ、USBドッグでピント調整をしたり、少し絞っての撮影もしたが結果は大して変わらず。ハヤブサなどの他の鳥ではそれなりに撮れていたので、カワセミとの相性が悪いだけということで、以後カワセミでは使用せず、他の鳥では時々使用していた。もともとフルサイズの一桁機でカワセミを撮るため買ったレンズで、フルサイズ機ではそれなりの結果が得られているので、D5で時々カワセミに使用している。
今の撮影地は大半が対岸の撮影で、600㎜では大きく撮れないということから、今日久しぶりにD500を使用してみた。止まりものの結果は画像修正の以前との違いも有りそこそこ、飛びものは撮影機会が少なく?だが、止まりものが撮れれば後は腕と運しだい、今の撮影地ではこれからも使ってみようかの結果となる。昨年、上手く撮れなかったのは、やはり撮影条件(日差しに空気の澱み)だったのかな?
ロクヨンで撮れば全く問題無しだが、地元のカワセミは移動が多い。出の良い冬場なら1ヶ所での定点撮影も有りだが、この時期は何処で良いシーンを見せてくれるか分からず、追いかけて撮らないと良いシーンは得られない。勿論追いかけても良いシーンが撮れないことが多いのだが・・・・。

カワセミは少し復活したかと思っていたが、今日はあまり良くなかった。
掲載画像はトリミングで3倍に拡大、拡大すると少し画像は悪いが、レンズ価格からこんなものだろうで納得している。綺麗に撮れたら大口径レンズが泣く。

17071801


17071802


17071803


17071804


17071805


17071806


17071807


17071808


17071809


17071810

大きな魚を2度捕りよったが、共に歩いている最中で飛び込みは撮れず。
17071811


17071812


17071813


17071814


17071815

幼鳥も登場
17071816


17071817


17071818

遠い猛禽はD500、カワセミもD500となると撮影枚数が増えるが、大きく撮るためには仕方なし。シャッターの交換時期が早くなりそう。
上流に来てくれれば、D5の600㎜で十分撮れ画像も綺麗なのだが・・・


撮影機材:D500、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:276枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:520円 

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

チョロッとカワセミ後ハヤブサで2時間半粘る

 朝の散歩、今日は地下鉄終着駅まで5駅の距離を往復しようと7時過ぎに家を出た。カワセミ探索を兼ねていたが、最下流ポイントまで姿見ず。最下流ポイントで登場、飛び込んで一旦土手の肩に止まったが、直ぐに上流へ飛んだので追いかけず南下する。9時頃にハヤブサポイントに到着、珍しく低い場所に止まっていたので、飛び出しを撮ろうと足を止める。ところが中々飛ばず、晴れなら直ぐに移動したが曇り空だったので粘る。結局11時まで粘ったが飛ばずで終着駅に向かって歩き出したが、ハヤブサが気になり振り返ると飛び出しよった。近くを一周して窓に止まったので、又直ぐに飛ぶだろうと引き返し結局11時半まで粘り、疲れたので帰りは歩かず地下鉄に乗った。
歩いて汗を出すための散歩、一気に汗が噴き出すことは無かったが、ジトジトと汗は出た。帰ってからの昼食で、アサヒのドライゼロ2本にお茶、昼からも喉の渇きがとまらなかったので、野菜ジュースにフルーツジュース、仕上げにブラックコーヒーを飲み、朝に出した汗以上の水分を補給、何のための汗出し散歩やったのか・・・・。

画像は全てトリミングで3倍に拡大    

●カワセミ
 630㎜での撮影、対岸のカワセミはファインダー内で小さく見ずらい。看板からの飛び出しから狙ったが、途中で良く見えず水際を撮り逃がした。
17071701


17071702


17071703


17071704


17071705


17071706

  
●ハヤブサ
 曇り空とは言え日影が無い場所で、日が少し差すだけで暑かったが粘った。

こんな場所に止まっていたので見逃すところだった。注意深く見て良かった。
17071707

帰ろうと少し歩いてからでは距離が遠すぎた。
17071708


17071709


17071710


17071711


17071712

2回目の飛び出しは画像確認中で見逃す。
何か分からないが掴まえていた。もしかしたらセミかも、昨年に一度セミを掴まえているのを撮影している。
17071713

止まった後、背中を向けて突っついていた。
17071714

3度目の飛び出し
17071715

一瞬シャッターが遅れる。手持ちの飛び出し狙いはしんどく気を抜いた瞬間だった。
17071716


17071717


17071718


17071719


17071720

真っすぐ川の上に行き、虫に足を突き出しよったが撮れず。
17071721

直ぐに引き返す
17071722


17071723

再び窓に止まったが、端に歩いたのでしばらくは飛ばないと思い引き上げた。
17071724

  
この地での撮影、600㎜手持ちで撮れないことは無いが、止まりものに飛び出しなら900㎜が欲しい。


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:444枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:曇り一時薄日
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

V3と300mmf4+TC14Ⅲでチュウヒを撮る

 V3と300㎜f4+TC14Ⅲをチュウヒで試した。目的は、今度の冬のオオワシ撮影で補助カメラとして使えないかの試しである。補助カメラは、大砲を置いたままで少し動く時に持っていれば便利、これまではV3と1用70-300㎜を持って行っていたが、この組合せで1134㎜の飛翔手持ち撮影が出来ないかの確認である。
7時過ぎの現地着だったが、カメラマンは常連さん2名で拍子抜け。土日は、雨上がりの昼からぐらいしか行っておらず、雨で無ければ人が多いと聞いていた。今年は出が悪いのでチュウヒ終了の人が多いのか、それとも一昨日にヤイロチョウに行った知人から、雛が目の前に転がってきたと聞いているので、山に行ったのか・・・・。ヤイロチョウは、1ヶ月以上前に登場したと教えてもらったが、あまり興味は無くその後のカメラマンの数も多いと聞いたので行かなかった。雛が巣から出たなら、アカショウビンやサンコウチョウ同様直ぐに山の中に消えるのかな。知人は中々撮れず5回行ったそうだが、すごい人が集まっていたそうである。飛びものが間違いなく撮れるなら行ったのだが、止まりものだけなら興味無しでカメラマンが多く集まる場所には行かないことにしている。

今日のチュウヒの出はもう一つというより、段々悪くなる方向かも知れない。暑くて9時半に帰ったが、親が獲物を持って帰ってきたのは2度、餌渡しは1度あったが立っていた場所が悪く木の向こう、幼鳥が短時間ながら飛んだので機材のチェックは出来た。1用70-300㎜に比べAFの初動が悪く捉え難くく追従も悪いが、慎重に追えば何とか撮れる。画像は、TCを使っても1用70‐300㎜より良いように思う。何と言っても大きく撮れるのが良い。

天気は良かったが、空気が乾燥していたためか陽炎の影響はあまり出ず。
ISO200、f5.6、SS1/1000での撮影、画像はトリミング2.4倍に拡大、約2700㎜相当が軽量機材手持ちで楽に撮れれば、画像が少し劣っても御の字である。

17071501


17071502

近くの飛翔、SS1/1000では画像が甘い
17071503


17071504


17071505


17071506


17071507


17071508


17071509


17071510


17071511


17071512


17071513


17071514


17071515


17071516


ダイサギ
17071517

  
アオサギ
17071518

  
オマケの蓮  ノートリ
隅の方に数輪咲いている
17071519

  
    
●トリミングで拡大を変える
 ノートリ:1134㎜
101dsc_6066_02

 2倍に拡大:約2268㎜相当
102dsc_6066

 3倍に拡大:約3402㎜相当
103dsc_6066

 4倍に拡大:約4536mm相当
 4倍で1200Pixelでは等倍近くになり、画像としてはちと苦しい。
104dsc_6066

 

●参考  2年前にV3と80-400㎜の三脚撮影 トリミングで2.4倍に拡大
 ISO400、f5.6、SS1/1000
 撮影対象に条件が違うので比較できないが、この画像は十分と思っている。V3と300㎜+TC14手持ちで、このレベルの画像が撮れれば言うことが無いのだが、手持では無理かな? V3と80-400㎜手持ちはバランスが悪いので撮り難い。
201dsc_3969

        

撮影機材:V3、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:442枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

カワセミ  サッパリでどうしようもない

 止まり木に止まる幼鳥を2度撮ったのみで、後は飛ぶ姿を3度ほど見たのみ。カワセミ復帰後3日目でこれでは先が思いやられる。

昨日の画像はもう一つ、D5と150-600㎜だったが雲台はジッツオの軽量G2180だった。飛びもの狙い、三脚はどうでも良いが雲台はスムーズに動くしっかりした物が必要。G2180の許容荷重は4kgだが、大きさと重量から少し無理があったかと、ロクヨンに使用しているFSB8と三脚を持って行ったが、比較の飛びもの撮影が出来なかった。FSB8では、重量が少し足らないようである。

  
幼鳥の止まりもの
17071401


17071402

上を見て警戒ポーズ、猛禽登場かと思ったらアオサギだった。
17071403


17071404


17071405

飛び込んだが草で見えず。着木だけ何とか撮れた。
17071406

ペリットを吐く 
17071407


17071408


17071409

飛び出したので追わずに還りを待って木に照準を合わしていたが、還らずに飛び去りよった。
17071410

  
今日の飛びものはコシアカツバメ、久しぶりの撮影。
17071411


17071412


17071413


17071414


オマケはシジミチョウ
17071415


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:198枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

チュウヒ2017 総集(2/2)  幼鳥登場後

 今年の幼鳥初撮影は6月26日で対岸からの撮影、親からの空中餌渡しが見られたが受け取りを失敗しよった。22日には中央正面から幼鳥が飛ぶのが見られたそうだが、対岸に居たので見逃した。その後、幼鳥が頻繁に飛ぶと期待したが、思い通りには飛んでくれず期待外れに終わる。日が立つと飛ぶとは思うが暑さが堪らず諦めた。勿論、空中餌渡しは撮れており、飛翔もそれなりには撮れている。

   
今年初の親から幼鳥への餌渡し、受け取り失敗1011706261

親から幼鳥への餌渡しが始まっても、♂から♀への餌渡しも見られた。餌を捕りに飛ばない幼鳥が居たからだが、2羽は確実でもう一羽と期待していたが、どうなのかな?
しばらくして親同士の餌渡しは見られなくなり、♂が直接持って下りるようになった。
1021706262

最初に飛んだ幼鳥
10317062701

直ぐに餌を受け取るようになる。
10417062702

♂が獲物を持って飛んでも反応なしで、水際のオオバナミズキンバイの中に下りよった。
この場所の花は、既に駆除されている。外来種の花で繁殖が強く生態系にかなり影響するようだが、綺麗な花で撮影では絵になる。
10517062703

何か訳の分からぬ食べ残しの獲物を渡すことも多い。
10617063001

最初に姿を見せた幼鳥は、短時間近くを飛ぶのみだが、しばらくするとかなり遠くまで飛び、7月10日頃になると何処かに飛び2時間ほど帰らなくなった。
10717063002

幼鳥の背打ち
10817063003

次に登場した幼鳥も最初は餌の受け取り出来ず。近づき過ぎて頭にあたることもあった。
10917063004

比較的近かったので、餌渡しをかなり拡大してみた。
11017070300

落とす瞬間
11117070301

落としてから幼鳥の受け取りを確認している。
112170703

受け取り成功
11317070303

受け取り失敗で急降下
11417070304

幼鳥は目が赤黒く写り難い。
11517070601

親が木の向こうに持って下りるように見えるが、直ぐに木の上に飛び出し餌を渡すこともあるので目を離せない。
11617070602

最後の方は♀の姿をあまり見なかった。隠れて休憩することが多く、突然飛び出してくることがあった。
11717070603

対岸に居たが突然飛んできて前を横切ったので驚いた。
11817070701

幼鳥は前の木の端の方に止まる。
11917071001

餌渡しの拡大画像で締めくくる。
12017071101


12117071102


12217071103


12317071104


12417071105


12517071106

  
12617071107


明日、渓流釣りの予定だったが宿が取れず延期、V3と300㎜f4+TC14Ⅲの機材チェックで行くかも知れない? 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧