野鳥

2017年6月28日 (水)

チュウヒ2017XLⅤ  昼から手持ちで幼鳥の様子見

 12時前着でチュウヒに行ったが、天気予報にまた欺かれた。曇りの予報だったので暑さ対策していなかったが、強い日差しが有り堪らず。幸いにも雨対策に傘を持っていったので、傘を差して暑さは凌げた。
道路側での手持ち撮影、撮れたのは中央正面より少し西側、手持だったので移動しながら木の間から撮った。画像は太陽が高く昇っていたのと手持撮影でもう一つ。幼鳥を綺麗に撮りたいが、対岸からでは遠すぎてアカン、道路側からでは木が邪魔する。2時間程度の撮影だったが、正面の開けた場所にはあまり出て来ず。今日は除草作業が無かったが、作業員が入るのが影響しているのか、撮影した時間帯に出て来ないだけだったのかは分からず。

♂から♀への餌渡し
17062801


17062802


17062803


17062804


17062805

♀が大きく口を開く、声は聞こえないが何か叫んでいるのかな?
17062806

♂は渡すと直ぐに田んぼの方に飛んだので大きく撮れた。
17062807


17062808


17062809

♀は一旦遠くに飛び戻って来たが、直ぐ前の木が邪魔して見えなくなる。
17062810

幼鳥が飛んだ。今日は何度か旋回したが、少しづつ飛ぶ範囲が広がっている。
17062811


17062812


17062813


17062814


17062815


撮影機材:D500、300mmf4+TC14ⅢにTC17Ⅱ、手持 撮影枚数:251枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

雨で自宅待機・・・天気様子見

 雨で早朝は撮影に出れず、止みそうなので様子見中。

掲載は、6月撮影の整理済み未掲載画像・・・だったと思う。

01dsc_1128


02dsc_1130


03dsc_1633


04dsc_1658


05dsc_1659


06dsc_1660


07dsc_1661


08dsc_2842


09dsc_2845


10dsc_5556


11dsc_5565


12dsc_5571


13dsc_5649


14dsc_5796


16dsc_6032

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

チュウヒ2017XLⅢ  今シーズン初めて幼鳥(雛)が撮れた

 天気予報では終日曇り、昼まで撮影できると思い対岸に行った。6時半からの撮影だったが、途中から晴れて日差しが強くなり、暑かったことも有り10時で引き上げた。曇り空なら画像は良いと期待して行ったが、またしても天気予報はハズレでガッカリ。
狙いは幼鳥(飛べば雛というより幼鳥だろう)、着いた時には1羽が木に止まっており、今シーズン初撮影、1時間半ほどして♂親が獲物を持って帰ってきたが、やはり受け取りは失敗でまだまだ練習が必要のようだ。その内受け取る所も撮れるだろう。それ以外では、♀親が西の端の方の高い木に止まっていたので、カメラを向けると直ぐに飛び、飛び出しが撮れたのと、♂親から♀親への餌渡しが撮れたぐらいで、他は動き無しの静かな撮影日となった(10時以降は分からないが?)。幼鳥は1羽しか姿を見なかったが、♀が獲物を巣では無く茂みの中に持って下りたので、もう1羽出ていると思う。2羽が同時に出てじゃれ合ってくれれば面白いのだが。

今シーズン初撮影の幼鳥
木止まりは対岸から良く見えるが遠すぎる。前回、♀が獲物を持って旋回してた場所、対岸に行っていれば見れたかも知れない。
対岸からでは遠すぎて綺麗な画像は撮れないが、動きが見えてシャッターが押せるだけマシ。今日は、D500にロクヨン+1.7倍TC、トリミング3倍に拡大してこの大きさ。
17062601

1時間半ほどして上を見てキョキョロ、たまたまファインダーを覗いた時で良かった。
17062602


17062603

飛び出したので追う
17062604


17062605


17062606

この後が良かったがバックにピントを取られる。
17062607

次に合ったのは空抜けになってから、この時は幼鳥を追っていたので♂親が獲物掴んで帰ってきたのは知らなかった。
17062608

幼鳥を追っていたら餌渡しが始まった。
17062609


17062610


17062611


17062612

失敗
17062613


17062614


17062615

直ぐに急降下
17062616


17062617

葭原に落ちゆっくり降下
17062618

多分見つけたのだろう?
17062619

  
次に♂が獲物を持って帰ってきた時は、♀が取りに行った。
17062620


17062621


17062622


17062623

さすがに慣れておりナイスキャッチ
17062624


17062625


17062626


17062627


撮影機材:D500、600mmf4+TC17Ⅱ、三脚使用  撮影枚数:395枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

V3とタムロン16-300㎜で朝の散歩

 最近、腹の出具合が大きくなってきた。考えてみれば毎日撮影に出ているが、チュウヒの定点撮影でほとんど立っているか座っているかである。地元のカワセミやハヤブサでも歩くことはあるが、昨年あたりから地下鉄で行くことが多くなった。上流や中流で撮っていた時は、歩いて撮影地に行き、カワセミが飛べば後を追っていたが、ここ1年ぐらいはカワセミを追って歩くことも少なくなった。今日は天気が悪かったこともあり休養の予定だったが、昨日に続き歩くことにして9時頃家を出て11時半頃までブラブラした。
機材はV3とタムロン16-300㎜、過去にカワセミの飛びものを撮っているが久しぶりの組み合わせ。家を出て直ぐに小雨が降り出し、小雨の中の撮影となり結果はもうひとつ、ISO400に固定しSSを遅くしたので飛びものは狙わず。暗くてAFも迷ったので撮影には多少苦労した。
最近、D5とD500を多少しているので、V3の色の悪さ地味でパッとしないのが気になる。V3の方が見た目の色に近いかも知れないが、今度はピクチャーコントロールをビビットに設定してみよう。

久しぶりのササゴイ 
17062501


17062502

カワセミ
暗くて見難かった。昨日と同じ場所に止まっていたので分かったが、別の場所なら分からなかっただろう。画像を確認している間に飛ばれ見失う。
17062503


17062504

カルガモ
17062505


17062506

セキレイ幼鳥
今日は近くに親が居たのでセグロセキレイと分かる。3羽ほどが親の周りに集まり、給餌を待っていた。
17062507

チュウサギ
昨日は良く見ずダイサギと思っていたが、大きさをからチュウサギのようである。
17062508


向日葵
17062509


17062510

  
カメラ片手に歩くだけでは、腹はへこまんやろな~。

撮影機材:V3、タムロン16-300㎜、手持撮影  撮影枚数:161枚
移動:歩き  天気:小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

昼からV3と300mmf4+TC14Ⅲで地元ブラブラ

 2時頃からカワセミを探してハヤブサ地点まで歩いた。V3と300mmf4+TC14Ⅲの1130㎜の手持ち撮影、止まりものは十分だったが、AF-C1点では飛びものは何枚かは撮れたが、まともに撮れず。慣れれば撮れるかな?・・・無理だろう。一眼での手持ちの実績は、D500と80-400㎜+TC17Ⅱの1020㎜で失敗の連続だったが、電子ビューファインダーは一眼より追い難い。

カワセミ
2ヶ所で見たが、画像は全て病院前
17062401


17062402


17062403


17062404


17062405


17062406


17062407


17062408


17062409


17062410

チョウゲンボウ
距離はかなり遠い、一眼の手持ち撮影機材ではここまで大きく出来ない。
17062411

ハヤブサは久しぶりの♀
17062412

昼からの反対側からの撮影では薄日が差していたので逆光気味。条件が良ければ、10ショットで1枚ぐらいはまともに撮れるかもしれない。
17062413

ダイサギのドアップ
17062414

セキレイの幼鳥かな
17062415

スズメ
17062416

アオサギ
17062417

カワラヒワ、これも幼鳥かな
17062418

ハイブリットガモ
17062419

生き物のマクロ撮影は、マクロレンズより超望遠の方が逃がさずに撮れる。
17062420


撮影機材:V3、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:268枚
移動:行きは歩き帰りは地下鉄  天気:晴れ後薄曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

チュウヒ2017XLⅡ  雛の姿は今日も見れず

 対岸に行くつもりだったが、薄く霞がかかったような状況だったので、一番近くから撮れる中央正面に予定変更した。雛(飛べば幼鳥か?)の登場を期待したが姿見れず。親♀が餌を掴んで何度も旋回し、飛んで取りに来るよう促していたように思うが、旋回場所が左側の木の茂みの上が多かった。一度餌を持って巣にも下りたので巣にもまだ居るようだが、今年は何羽生まれているのやら。岸辺にも餌を置きに行ったが、巣の前では無くかなり左側、以前にも姿が見えなくなったことがある場所だが、道路側から見えないので状況が分からない。巣の前の岸辺は、昨日も外来植物駆除の作業員が入り、葦の直ぐ前で作業していたので、これからは多分下りることは無いと思うが、早朝はどうか分からない。
左側の木の茂み向こうで、よく飛んでいたのではないかと思うが、対岸か駐車場側の端(重機が入っている)からなら遠いが見えるだろう。活動範囲は、作業の影響で西側に少しシフトしているのかな?

霞は朝早くに無くなり、対岸に行けば良かったかなと思ったが、日差しが有り帰ってから画像を見ると、近くの飛翔はそこそこ満足に撮れているが、距離が遠い画像はやはボケていた。対岸からなら、まともに撮れなかったかも知れない。
最初はTC17Ⅱを使用したが、直ぐにTC14Ⅲに代えた。掲載画像は、全てTC14Ⅲによるもの。

前の木止まりもの
飛び出しは撮れたが、残念ながら斜め後ろからの撮影となる。
17062301

   
餌渡し
一度だけ撮れたが遠すぎ、後は見られず。この餌渡しは、対岸なら前から撮れていたかも知れない。
17062302
17062303
17062304
17062305

  
田んぼに下りたので、飛び出し狙いで田んぼに行った。300mぐらい歩く必要があるだろうか、田んぼに行っている間に飛び、直ぐに獲物を持って帰れば餌渡しは撮れないが、田んぼでの飛び出しは、あまり撮る機会がないので下りて比較的近ければ行くことにしている。
1回目は飛び出しの向きが良かった。
17062306


17062307
17062308
17062309
17062310

2回目
1回目より撮影距離が近かかったが、日差しの影響で綺麗に撮れず。炎天下の田んぼは撮り難い。
17062311


1706231217062313


17062314

    
久しぶりに近くの飛翔を連写する。
チュウヒ撮影開幕初期は近くの飛翔を狙ったが、最近は少し離れた場所から別のシーンを狙うことが多い。今日は、見える場所への出がもう一つだったことも有り、最後に撮り捲った。
17062315


17062316


17062317


17062318


17062319


17062320


17062321


17062322


暑かった。
3月に開始したチュウヒ撮影も昨年の回数を超え42回目、炎天下の暑さが我慢できなくなる7月の前半には終了させるつもりだが、その後は何処に行くか・・・・。
チュウヒはガソリン満タンで10回ぐらい行け費用かからず、普段はあまり使わないロクヨンを十分担いで歩ける距離なので良いのだが。

 
<追記>
タムロンから18-400㎜が発表されたが興味を持つ。重量が700g少々なのでV3に装着して、1080㎜の手持ち撮影はどうじゃろかということだが、手ブレ効果2.5段も気になるが果たして使えるかどうかが問題。
タムロンの16-300㎜を所有しているので試しに調べてみた。数枚撮った程度だが1用70-300㎜と比較して、写りは少し落ちるかな程度でソフト処理で何とかなる。AF速度は今回の試しでは十分なように思う。

リサイス以外は無修正、上がタムロン16-300㎜、下が1用70-300㎜
ノートリ
01dsc_5312
02dsc_5319

トリミングで3倍に拡大
03dsc_5312
04dsc_5319

300㎜f4+TC14Ⅲがあるか!

 

撮影機材:D500、600㎜f4+TC14Ⅲ(少しだけTC17Ⅱ)、三脚使用  撮影枚数:433枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

チュウヒ2017XLⅠ  対岸からの撮影、雛の短距離移動を見逃す

 対岸からの撮影、チュウヒの動きは良く分かるが距離が遠い。D500と600mmf4+TC17Ⅱの1500㎜ならそれなりに撮れるが、視野が広すぎるのでローカルな動きを見逃してしまう。今日は、雛が巣から岸辺に一瞬飛んだそうだが全く気がつかなった。立っていた場所の対岸真正面だが、おそらく低空を飛び短時間の移動、親を追っていて気がつかなかったようである。西側の茂みに親が餌を持って下りるので、おそらく1羽は先に出ていると思っている。西側の茂みは道路側からは見難いが、対岸からなら道路と反対側に飛び出せば見える。、晴れの日は、朝早くても撮影距離が遠いこともあり画像はもう一つだが、全体がよく見えるので明日も対岸に行くつもり。

餌を咥えて♀が飛ぶ、今年は撮る機会が多い。17062201


17062202

巣に一度下りた
17062203

岸辺に獲物を持っており、途中で落として上がるところ。この前後に雛が飛んだようである。
17062204


17062205

道路側なら近くで撮れただろう。今年も親の飛翔は十分撮っているので、ただの飛翔だけなら近くで撮りたいとは思わない。
17062206

休憩場所
対岸からでは大きく撮れないが、木の枝や葉があまり被らない。
17062207


17062208


17062209


17062210


17062211


17062212

一瞬シャッターを押すのを止めたので、飛び出した瞬間は撮れなかった。
17062213


17062214

飛翔は木バックが多く、ピンボケも多い。
17062215

気がつくと杭に止まっていた。
オオバナミズキンバイがバックに入る。撮れるのも、ここ数日かぎりかな。17062216


17062217


17062218

外来魚駆除のボートがやってきてトビが集まる。トビの数は少なかったが、追い払いに♂が飛んで来た。
急降下連写、近かったが逆光、日差しが弱かったので撮れた。
17062219
17062220
17062221
17062222
17062223
17062224

トビに接近
17062225

木の茂みの中に止まる。この場所に止まるのを撮るのは初めて、これまで気にかけていなかった場所、これからは注意してみよう。
17062226

  
オマケはトビのノートリ画像
17062227


撮影機材:D500、600mmf4+TC17Ⅱ、三脚使用  撮影枚数:770枚
移動:車  天気:うす曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

チュウヒ2017XL 小雨の中の軽量機材手持撮影はボロボロだった

 小雨降る中、雛が登場していないかと気になり行ったが姿見ず。チュウヒは、小雨の中でも活動していたが、機材はミニ856で小雨の中ではまともに撮れず。
遅めの出発で1時過ぎから2時間弱の撮影だったが、♂は2度獲物を持って帰ってきた。

駐車場から歩いている時に、いきなり餌渡しが見られたが遠すぎた。
17062101
17062102
17062103
17062104
17062105
17062106

30分ぐらいで再び獲物を持って帰ってきたが、杭に止まっていた♀は飛ばず。
17062107

♂は何度も旋回し一旦岸辺に下りたが再び飛び、巣の上を旋回してから巣に持って下りた。♂が持って下りるのを見たのは2度目。
17062108


17062109


17062110


17062111

杭に止まる♀
17062112

巣から飛び出した後は一旦休憩場所に止まった。
17062113

杭の上で♀は何度も鳴いていたが、雛に巣立ちを促していたのだろうか?
17062114

♂が何処かに飛んで行くと、♀が杭を飛び立ち休憩場所に止まった。動きそうに無かったので引き上げた。
17062115

  
重機が2台置かれていた。
17062116


撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:331枚
移動:車  天気:小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅨ  今年はこれからどうなるのやら?

 今日こそ雛登場と期待して行ったが、8時半頃に重機が遊歩道に入ってきたので、何事か起こるのかと驚く。一帯の外来水生植物のオオバナミズキンバイの除去作業を行うとのことで、かなりの日数がかかるようだ。道路側の水辺も数日かかるようで、雛登場に影響しないか、登場しても何処かに行かないか心配である。状況を説明していた人(他人の空似かも知れないが湖北の野鳥センターの人かいなと思ったが?)の話では、時期的に少し前では親が巣を放棄する、後になり雛が飛び出すと岸辺に人が入ると道路側に飛び交通事故になる可能性があるので、今しかないと決断したとの事だった。過去に屋形船が近づき雛が道路側に飛んでトラックと衝突したことがあるとの話も聞いた。どうなるか分からないが、これから撮影が面白くなるという時期にエライ事になったものだ。巣の有る側が直ぐに終わり、雛の巣立ちに影響しなければ良いのだが・・・。
重機2台が入りトラックで鉄骨も搬入していたようだが、琵琶湖の環境保護も大変なのやな~と改めて思う。草刈り機での草刈りも見ていて大変と思うが、根から取り除くとしたらもっと大変。

今日は、最初は道路側から撮影し、♂が田んぼに下りたので途中から少しの間田んぼへ、重機がはいってきたこともあり、最後は様子見で対岸に行き11時まで粘った。結局、雛の姿は見ずで予想は完全に外れたが、去年は去年、今年は今年で笑わなしゃ~ない。
今日は、♂も♀も動きが悪かった。

最初の餌渡しの獲物は大きかった。
17062001

後ろ向き     
17062002

獲物を受けとった♀は茂みに入り、少し時間が立ってから出てきた。
17062003

巣の上を旋回して雛を連れ出せと思ったが、直ぐに下りよった。
17062004


17062005


17062006


17062007


17062008

2回目の餌渡しは少し遠かったが正面から撮れた。
17062009
17062010
17062011
17062012
17062013
17062014
17062015
17062016
17062017


17062018

♂はしばらく姿を見せなかった(見失った)、頭上近くを飛んで田んぼへ。
17062019


17062020

田んぼで休憩、長かったので田んぼへ行く。
17062021

離れた場所から撮っていたが、障害物を避けようと少し移動すると飛んだ。
17062022

逃げるかと思ったら、距離が近くなりラッキ-。
17062023


17062024

アクビ一発、中々飛ばず。重機が入ってきたので元の場所に戻る。17062025

戻ってから直ぐに飛び、獲物を持って帰ってきた。餌渡しは遠くて後ろ向き、日が差してきてボケボケ。帰ろうと思ったが、雛の登場が気になり対岸に回ったが、その後は親も雛も姿見ずで、11時頃に諦めて帰る。
帰る途中、ハヤブサに寄ったが姿無し。

  
<オマケ画像>
キジ
田んぼに行ったのは、キジも姿を見ていたからだが綺麗に撮れず。
17062026

対岸から撮ったサギ
ブルーギルと思うが呑み込めず諦めよった。
17062027


17062028


撮影機材:D500、600mmf4+TC14ⅢにTC17Ⅱ、三脚使用
撮影枚数:677枚
移動:車  天気:うす曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅧ  早朝は動きなし

 今シーズンでは一番早く5時過ぎ着で行ったが、2時間ほど動きが無く暇を持て余す、7時半頃に1回目の餌渡しがあり、9時半頃までに合計4回の餌渡しが有ったが、まともに撮れたのは1回だけで後は遠かった。朝から暑く暑さ対策不十分で我慢も限界、ボケ画像も多くなった9時半に引き上げた。
3度巣の辺りで雛が羽を動かしているの一瞬だが見た。羽ばたきかジャンプの練習をしていたのかも知れない。昨年は6/19が初認と聞いているが初撮影は6/20、時間はいずれも10時を過ぎてからで少し飛んだだけだった。何度も飛ぶのを見れるようになったのは2~3日後からだったと思う。今日も昼頃まで粘れば、見れたかもしれないが大した画像は撮れず粘る気せず。ハヤブサやチョウゲンボウのように、親からの給餌でも見られれば良いのだが、チュウヒは見られない。しばらくすれば空中餌渡しが見られるようになるが、成功は親同士の餌渡しと変わらず、失敗が多いのが少し面白い。

17061901

巣からの飛び出し
17061902
17061903


17061904


17061905


17061906


17061907


17061908

本日、唯一撮れた餌渡し
17061909
17061910
17061911
17061912
17061913
17061914


17061915


17061916


17061917


撮影機材:D5、600mmf4+TC17Ⅱ(前半TC14Ⅲ)、三脚使用
撮影枚数:854枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

より以前の記事一覧