野鳥

2018年9月 6日 (木)

週一の車運転日  ハヤブサ後ツツドリ

 最近車で遠出していないが、以前から週1回は車を走らせることにしている。今シーズン2度目のツツドリを予定していたが、少し曇っていたのでハヤブサに寄ってから行くことにした。
ハヤブサは窓に2羽止まっていたが、撮り易い場所に移動している時に1羽が飛び1羽は残った。残ったハヤブサの飛び出しを撮ろうと待ったが、青空が広がり暑くて炎天下にボケっと立っているのは30分が限度で諦めて移動した。
大津でガソリンを入れ、チュウヒ撮影地近くの小さな公園に行ったが、台風の影響で公園内は何本もの木の太い枝が折れエライ状態になっていた。片付けをしている作業の方には申し訳ないが、木の葉もかなり散り見やすくなって鳥撮影には好都合。入って直ぐに先に来ていたカメラマンさんから ”何も居ませんわ” と聞きガッカリしたが、来たからには探さな仕方なしで奥に行くとコサメビタキがチョロチョロ動き、直ぐに狙いのツツドリが飛ぶのが見えた。”居るやないかい”で、しばらく撮影していたらツツドリ飛翔が撮れ取り合えず行った甲斐はあった。ただ、曇り空になっていたので撮影条件が悪く、リベンジに行かねばならない。
この地のツツドリは、木の下から見上げても中々見つからない。少し開けた場所で周りをキョロキョロ見回し、飛ぶのを見つけたら止まる場所をしっかり見届け近くまでは急ぎ足、近づいたらゆっくり見ながら近づく、でないと撮れませんわ。以前、大阪城では簡単に撮れたのだが・・・

●街中のハヤブサ
飛んだのは♂
18090601


18090602


18090603

窓に止まる♀
直ぐに飛ぶと思ったが中々飛ばず。
18090604

胸元が膨れているので餌を食べた直後のように思う。
18090605


18090606

  
●ツツドリ
最初に見たのは赤色型、何年か前に大阪城公園で撮って以来。枝被りが多いので手持ちでないと抜けた場所からは中々撮れない。三脚はもちろん一脚でもモタモタしている間に飛ばれる。離れると枝被りが多い。
18090607


18090608

抜けた場所を飛んでくれたので飛翔が撮れた。コヤツは赤色型ではなく、今日は2羽居たようである。
飛翔狙いは開けた場所で構え、他のカメラマンが飛ばしてくれるのを待つのが一番確実、探すカメラマンが居てくれた方が助かる。止まりものは鳥が居れば根気よく粘る(少し距離を置いて金魚の糞みたいに付いて回る・・・ただし、一人の場合)と撮れる。
18090609

撮影条件が悪く色が出ず、何回か行かないと仕方なし。近くの他の公園も来るとは聞いているが、ここで撮れればここで良い。どんな鳥でも色々な場所に行かず決めた場所に行くことがほとんど。
18090610


18090611


18090612


18090613

風で毛虫も飛ばされていないかな?
18090614


18090615


18090616

  
●オマケのコサメビタキ
渡りのシーズン、大阪城公園にも行ってみるかな・・・と思いながら行かないことが多い。今年の春は久しぶりにサンコウチョウ狙いで2度行ったが姿見ずで残念だった。
18090617


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:123枚
移動:車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

カワセミ  今日も中流で姿を見て撮影した

 8時頃出発でカワセミへ。
川沿いを撮影ポイントに向かって歩いていると、遊歩道沿いの桜が折れていたり、出合近くのカワセミが休憩で止まる土手の木が根元から倒れていたり、川沿いのマンションの屋上が捲れていたりで少し驚いた。近くでは停電があったようだが、自宅は何も無しで幸いだった。
カワセミポイントでは、何度か前を飛んだそうだが着いてからは姿無し。上流から来た人から出合辺りに2羽居たとの話を聞き、御老体と2人で向かう。出合いに着くと倒れた木から2羽が飛び出し上流に飛んだ。聞いて直ぐに向かっていれば撮れたかも知れないと話しながら上流に行くと一昨日居た場所で発見、止まりもの主体だったが30分ほど撮影し、近くから撮れて良かったで引き上げた。
カワセミポイントでは、アカエリヒレアシシギとかいうシギを初撮影した。色々なシギが飛来する南の田んぼでは珍しくないのかも知れないが、地元の川では初めての登場。一瞬目の前の川中に下り直ぐに下流へ飛び去った。台風に紛れて飛んで来たのか、移動中に一時避難したのか?

 

18090501


18090502


18090503


18090504


18090505


18090506


18090507


18090508


18090509


18090510


18090511


18090512

  
18090513


18090514


18090515

  
アカエリヒレアシシギ
シギにはあまり興味が無いので知らないが、珍しい鳥なのかな? 
18090516


18090517


18090518


18090519


18090520


18090521


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ(無し)、手持撮影  撮影枚数:165枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

カワセミ  久しぶりに中流で親♂を撮影する

 7時過ぎ自宅出発でカワセミに行く。水道管橋近くで発見、一旦上流に飛んだが直ぐ戻り対岸の草に止まる。逆光だったので対岸に行こうかと思ったが、川に背を向けており動きそうになかったので、数枚撮影して最近の撮影ポイントに行った。ポイントでは着く前に一度前を通ったそうだが着いてからはサッパリ。9時過ぎに風が止むと少し蒸し暑かったこともあり、根気が続かず”今日はヤンぺ”で引き上げる。来るときにカワセミを見た場所で再び姿を見て30分ほど撮影したが、もう一羽が登場し近くに止まって威嚇合戦の後、追いかけ合いで2羽共上流に飛び去ったので、飛び去った先が帰り道だったこともあり引き上げた。残念ながらカワセミの姿を見なかった。
帰りにササゴイ1羽が飛ぶのを見た。親か幼鳥か、それとも上流で時々見た個体かは分からず。

最初に撮った画像
18090301


18090302

ここから帰りに撮った画像
居たのは成鳥の♂、土手の雑草が邪魔でかなり近くから撮影したが逃げる様子はなかった。
18090303


18090304

魚が見つからなかったのか上流に飛ぶ
18090305


18090306

水道管橋の橋脚、この場所から飛び込んでくれれば水際が狙い易い。
18090307

反対側の日影に移動
18090308

嘴の先の方が白いが土が付いているのではなく日が当たっているだけ。
18090309


18090310

反対側に移動し直ぐに土手の木に飛んだ。
18090311

仕方なく対岸に行ったが、止まっている場所にたどり着く前に飛ばれた。前に移動したが途中で魚を捕りよった。
18090312


18090313

再び対岸に移動したが、もう一羽登場で追いかけっこ。
18090314


18090315

落ち着いたと思ったが、再びもう一羽が登場し2羽共上流に飛び去った。
18090316

  
土手の雑草が伸び放題で撮影範囲が限定され飛びものが上手く撮れず。下流では業者による年数回の雑草刈りが行われているが、中流から上流も早く刈って欲しい。

  
撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:173枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

カワセミ  2時間半待つ

 8時前到着でブラブラ歩いてカワセミに行ったが、しばらくして一瞬姿を見せたものの直ぐに寺方面に飛び去り撮れず。仕方なく待たが10時過ぎに現れ、小さな魚を2度捕り下流に飛び去ったので引き上げた。2時間半ほど居てカワセミ撮影は数分、まあ撮れただけで良かったというところかな。

川に行く途中の住宅街でチョウゲンボウが飛んでいたので、川に着いてもしばらく空を見ていたら再びチョウゲンボウが登場した。
18090201


18090202


18090203


18090204


カワセミ
今日も撮影距離が遠く500㎜f5.6にTCが必要、発売日に入手できることを期待している。日影と強い日差し交じる場所で撮影条件が悪かった。画像はトリミングで3倍に拡大。
18090205


18090206


18090207


18090208


18090209


18090210


18090211


18090212


18090213


18090214


18090215


18090216


18090217


18090218

  
18090219

   
18090220

 
昨日から9月になっていた。9/14から500㎜f5.6PFが販売されるが、KもYも予約受付中で販売日以降のお渡しとなっている。早、初回出荷分は予約で埋まったようだが、発表2日後に予約したが9/14に受け取れるのかどうか気になるところ。300mmf4PF同様MADE IN CHINAのようだが、40万円を超えるレンズはMADE IN JAPANにして欲しかった。出荷検査で品質OKの本数が少ないということはないやろな~。
40万円弱のD850はMADE IN THILANDだったが、日本で造ると組立コストが高くなるのかな。
長期間使って故障が無ければ、どこで造っても良いのだが・・・・


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:205枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

ダブルスロットで助かった

 カワセミに行ったが1時間待つも姿見せず。風があまり吹かずで蒸し暑く、じっとしているのが我慢できずハヤブサに行く。時間が少し遅かったのでアカンかなと思っていたが、やはり下には居らず煙突の傘の下に止まっていた。この地では風が少し吹いており、曇り空だったのでしばらく様子を見たが諦めて引き上げた。
カメラはD850、家に帰ってからPCにコピーしようとメディア収納部の蓋を開けるとXQDが入っていない。早朝に月を撮りPCに取り込んでそのままカードをカメラに入れずに持って出ていた。ダブルスロットでSDは入っていたので、撮った画像は残っており助かった。カワセミもハヤブサもまともに撮れていないので、今日は画像が無かっても良かったのだが、これからは気をつけよう。風景撮影がメインだった頃にメディアを忘れ撮影できずに帰ったことが2度ある。
メディアのスロットは、シングル、ダブルどちらでも良いと思っていたが、やはりダブルの方が良いか。ただ、SDは壊れやすいので止めて欲しい。これまで2枚壊しているが、いずれもPC挿入時でカメラ側では壊れたことが無い。XQDかCFが良い。

ムクドリ
幼鳥と思う
18082801

成鳥
18082802

幼鳥
18082803


18082804

サギ
18082805

アオサギ
18082806

魚を追って川の中を泳ぐ鵜
18082807

ハヤブサ
この場所で寝られるとどうしようも無し。
18082808
 
 

撮影機材:D850、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:33枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:260円(帰りの地下鉄料金)

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

カワセミ  3度(?2度)短時間登場のみ

 D7500に300mmf4、TCは500㎜f5.6購入で1.7倍装着での500㎜撮影の必要が無くなったので1.4倍を使用した。撮影条件が良かったこともあるが、1.7倍とかなり写りが違う。
8時前から11時まで居たがカワセミは短時間の登場、近くでも撮れたので最近としては良かったかな。
今日も暑かったが残暑というより猛暑が続いている。

  
対岸の餌取ポイントに登場、ここでは630㎜では足らない。
トリミングで3倍に拡大18082701


18082702


18082703


18082704

こちらの岸の見えない場所に止まったので、橋に移動して撮影。今日の撮影では一番遠かった。
18082705

少し上流、こちら側の鉄筋に止まった。
トリミングで2.4倍に拡大
18082706

  
18082707


18082708

630㎜での撮影、止まりものは良いが餌取の動きものでは少し長く400㎜ぐらいが良い。
対岸はより長くこちら側は少し短い、地元でのカワセミ撮影にはズームレンズが適しているが全て処分したので、今後は高画素機D850の登場となる。420㎜で撮り対岸の画像は、トリミングでの超拡大で対応する。
18082709

ボケ画像
カワセミの動きが速過ぎてブレたということは無いだろう、左の羽が止まっているように見えるがピンボケと思う。
18082710


18082711


18082712


18082713


18082714


18082715


18082716

1000pixel等倍画像
18082717

 
 
帰りはササゴイがいないか探しながら帰ったが姿見ず。巣の有った木が切られてから姿を見なくなったと聞いているが、何処かに行ってしまったのかな。ササゴイにとっては大変な災難だったようだ。


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:151枚
移動:行きは地下鉄、帰り歩き  天気:晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

撮影休み  在庫からヤマセミの水浴び

 <夕方に追記>

 今日は所用で撮影休み、4日連続となるが自由人なってから初めてと思う。

ニコンのミラーレス、某サイトの口コミを見ていると期待外れの投稿がある。フルサイズのミラーレスを期待していた訳ではないが同感である。自分のシロウト考えでは、ミラーレスになれば電池の消費量の関係で最大撮影コマ数が減るのは仕方無いとしても、コマ数/秒は一眼より増えると思っていたが少ないのと、一眼と同様の連続撮影枚数は確保していると思っていたがこれも少ない。これだけを考えても価格が高すぎ、開発費がかなり上乗せされているのだろう。
APS-C機でフルスペックの20コマ/秒、連続撮影枚数100枚ぐらいが開発がされれば、APS-Cはミラーレスに代えよう。次世代に期待ということになるが、将来ニコン1のように突然終了となるのと違うか。こんなフルサイズ機を開発するなら、ニコン1の性能アップ(高感度と画質の向上)をして欲しかった。ニコン1は、一眼を重くて持てなくなった時を考え期待し揃えたが、裏切られたとの思いがある。1用70-300㎜も下取りに出したので、V3が故障した時点で中古は買わず終了。まあ、メーカーの勝手なので仕方ないが・・・・
風景などの静止物撮影では、画質最優先でこのスペックでも十分魅力があるのかも知れないが、自分の所有しているPCモニターやプリンターでは価値を見いだせないだろう。
それにしてもニコンの製品は、発売時の価格が高くなり続けているが仕方なしかな。
  
   

8/7に撮影したヤマセミの水浴び。
300mmf4+TC14Ⅲでの撮影だが少し遠すぎた。500㎜f5.6でも苦しいと思うが、この距離でよう撮れていたなというレベル。

01dsc_0358


02dsc_0360

前の枝にピントを取られた。
03dsc_0363


04dsc_0364


05dsc_0368


06dsc_0369


07dsc_0377


08dsc_0379

ピントがマシになる
09dsc_0380


10dsc_0381


11dsc_0382


12dsc_0383


13dsc_0384


14dsc_0387

  
ヤマセミに行きたいが早朝の撮影なので最近早出がしんどい。これからは高速利用の遠出を控えなければならないが、帰りは高速を利用しないとかして何度か行ってみよう。

 

<夕方追記>
 朝の所用が終わり3時頃に帰ってきたが、炎天下の歩きは暑かった。当分は涼しくならないような状況だが、せめて朝ぐらいは涼しくなって欲しい。
帰ってから各カメラの総レリーズ数をフリーソフトXnViewのEXIFで調べると以下のようになっていた。カメラの古い順に並べる。

   V3      :146,092ショット 14年04月17日入手  4年4ヶ月
   D5      :  83,722       16年03月31日     2年5ヶ月
   D500   :150,996        16年04月28日     2年2ヶ月
   D7500 :  44,265        17年08月18日     1年
   D850   :  30,565        18年04月08日     4.5ヶ月
   総数    :455,640ショット
・V3は、以前は持ち出しが多く20コマ/秒で使うことも多々あったので、ショット数が多いのは当然。画像が少し劣るので最近は出番が少ない。
・D5は、手持で使うことも有るが重いのでここ一番の撮影が中心、秒コマ数が多い割には総ショット数は少ない。完成度の高いカメラ、今のところは長く使おうと思っているのでこれからもボチボチの使用で良いだろう。
・D500は、三脚使用や手持ちでも鳥撮影のメインカメラとしていたので総ショット数は当然多い。最近、三脚撮影専用にシフトしようと思っており、持ち出しを減らしている。
・D7500は、手持でD500の代わりに使おうと思い購入したが、もっと使わないと勿体ない。
・D850は、思っていたよりショット数が多い。チュウヒでメインに使用したためと思う。500㎜f5.6を入手すれば、メインで使うつもりなのでもっとショット数が増えるだろう。

狙いの鳥がいない時でも、飛ぶ鳥が居れば何でも撮っているので無駄打ちが多すぎる。メーカー保証の1.5倍ぐらいはシャッターユニットを交換しなくても大丈夫と思っているが、少し控えないとアカンかな~。

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

撮影休み  ササゴイⅦ

 早朝か蒸し暑く外を見た時に雨が降っていたので撮影休みにして、ボチボチとPCの画像を整理した。
    

ニコンからフルサイズミラーレス2機種と軽量の500㎜f5.6PFの発売発表があった。
D850を下取りに出してミラーレス高画素タイプを買うのも面白いかもと思っていたが止めた。連写コマ数が9コマ/秒ならD850にバッテリーグリップを付けたのと変わらず、フォーカスの点数はかなり多いが、MFで撮影するならともかく鳥の飛びもののAF撮影では中央辺りしか使わない。理想はAF-C1点での撮影だが、腕が伴わず多点で撮影している。中央辺りだけでも点数が増えれば、周囲やバックがゴジャゴジャしている条件ではピンずれが多くなんるのではないかいな。
2400万画素タイプの連写コマ数12枚/秒は、詳しくは知らないがソニーには20コマ/秒というのが有り、それと比べれば魅力のない数値。画像の綺麗さはどうなのか分からないが、鳥の飛びもの撮影が大半では画像の綺麗さよりピントをキッチリ合わせるのが先決問題で、ミラーレスに代えても変わらんやろう。
詳しくスペックを見ていないが、見るまでもなく共に連続撮影枚数が少なすぎ、連写し捲りの自分の使い方では使いものにならず。

同時に500mmf5.6の発売発表があったが、定価約546千円は高すぎ、重量も1.46kgでは売却した80-400㎜と変わらずで、終日の長時間手持ちオンリーはしんどい。350千円ぐらいを期待していたので残念、500㎜での撮影は写りは悪いが300mmf4+TC17Ⅱで我慢しよう。

  
  
掲載は、先日撮影したササゴイのオイカワ捕食、D7500と300㎜f4PFとTC17Ⅱでの撮影だが、D7500ではちょっとアカンかな。
    
01dsc_3921


02dsc_3922


03dsc_3923


04dsc_3924


05dsc_3929


06dsc_3933


07dsc_3935


08dsc_3937


09dsc_3938


10dsc_3942


11dsc_3956


12dsc_3978


13dsc_3979


14dsc_3991


15dsc_3998

聞いた話ではササゴイの巣があり幼鳥が居た木が場所の整備工事で切られたとか。ササゴイ親は撮れると思うが、幼鳥はまだ飛べるほど成長していなかったと思うので、今年は幼鳥の姿が見られないかも知れない。

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

カワセミ チョイと顔を見せたのみ

 カワセミに行ったが狙い通りで8時頃に登場、一度飛び込んで魚を捕り、さあショータイム始まりという時に、キセキレイがカワセミを追いだし寺方向に飛んで行きよった。その後2時間半待ったが姿見せず。邪魔なセキレイだが、昔からカワセミを飛ばすのをよく見かける。

           
カワセミ飛翔
機材はD850と150-600㎜の三脚使用、少し離れた鉄筋に止まったので三脚から外して手持ちで行く。鉄筋の場所は朝は日影、SS1/800に下げ撮ろうとした時に飛ばれたのでシャッターを押したが、それなりに数枚は撮れた。VRはOFFのままでSS1/800なのに、少し重いこのレンズ手持ちで撮れるのかと再認識した。18082201


18082202


18082203

魚を咥えてコンクリに止まる。1回目の餌捕りは油断で完全にノーマークだった。
18082204

さあ次はと狙っていたが直後にキセキレイに飛ばされた。D850なのでトリミングでもう少し大きく出来るが、150-600㎜では三脚使用でも画像が汚くなる。レンズの限界だろう。
18082205

カルガモ幼鳥
すっかり大きくなり親と変わらないおおきさだが、5羽が一緒に行動している。 
18082206
   
イソヒヨドリ
この地には♂と♀が居るが♀しか登場せず。
18082207

鉄塔の高い所にチョウゲンボウが居た。上手くピント合わず。
18082208

飛んで何処かに消えた。
18082209


18082210

川の所々には魚がうじゃうじゃ居る。誰が逃がしたのか金魚が2匹、身近のカワセミカメラマンがやらせで逃がしたのではない。数年前にやらせの遊びで熱帯魚の餌の小赤を買ってきて放流したことがあるが、子供が網で捕ることもあり直ぐに居なくなった。人間から餌を貰って生きる金魚は、川で長生き出来ないと聞くがどうなのかな。
18082211

ツバメ
繁殖が終わり少なくなった。
18082212


18082213

消防のヘリが飛んでいた。ヘリはSSを遅くしてプロペラの動きを入れないとアカン。
18082214


噂によれば、明日にニコンのフルサイズミラーレスが発表されるとか。
D850の鳥撮影での写りは、D500より良いがD5に比べれば劣ると思っており、3台所有の意味が無い。毛色の違うミラーレスの高画素機とD850下取り+レンズ3本の売却金で買い替えても良いかなと思い、スペックとサンプル画像を見るのが楽しみである。
V3使用の感触でミラーレスの方がミラーショックの無い分、低SSに強くAFの追従も良いだろうと思っている。ただし、同レベルのAFシステムならの話。サンプル画像がD850と同じ程度なら買い替えてアカンというところは無い。アダプターでの一眼レンズ使用はどうか、V3での一眼レンズ使用で描写が落ちないのは分かっているので問題無しと推測しているが・・・・・
    

撮影機材:D850、150-600㎜C、三脚使用(手持ち)  撮影枚数:158枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

街中のハヤブサ  止まりものしか撮れず

 天気予報では曇りだったのでハヤブサに行ったが、晴れ時々曇りで日差しの有る時間帯が長かった。ハヤブサは、2羽共下りてきていたが8時前から9時半まで飛ばず。諦めてカワセミに行ったが状況はハヤブサより悪く、一度出て後はサッパリとのことだったので、20分ほど雑談してハヤブサに戻った。2羽共残っていたが場所を移動していたので、移動せず粘っていれば飛び出しに飛翔が撮れたかも知れないが鳥任せなので仕方なし。
D7500と300mmf4+TC17Ⅱを持って行ったが、朝の逆光の日影での撮影画像はもう一つパッとせず。少しでも綺麗に撮ろうと思えばロクヨンだが、大した場面が撮れず日の差す暑い場所の定点で粘る価値無し。チュウヒ後、ロクヨンは収納ケースで眠っているが、早く涼しくならないかな。

  

18082101


18082102


18082103


18082104


18082105


コヤツが飛んでくれたら撮り易いのだが。
18082106


18082107

カワセミから帰ってから

18082108


18082109


撮影機材:D7500、300mmf4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:221枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

より以前の記事一覧