« 500㎜f5.6PF TC14Ⅲ装着のチェック | トップページ | 500㎜f5.6PF  D500でTC14Ⅲを装着 »

2018年9月16日 (日)

500㎜f5.6PF  D7500で手持撮影

 今日はD7500を装着しブラブラ歩いてカワセミ下流ポイントへ。現地で3時間待って登場は短時間の1度、おまけにサービスが悪く直ぐに飛び去った。曇り空で明るくなったり暗くなったりの不安定な天気、カワセミ登場時は暗くISO1000、SS1/1250で撮影したが、写りは今日の撮影条件を考えると良い、流石に45万円近くのレンズというところ。TC14Ⅲをチェックするつもりだったが、何たることかリュックに入っていなかった。昨日はリュックに入れていたはずなのに、夜に取り出したのかな?
何故か体調が悪く家を出る前からしんどかったが、機材をぶら下げたままでの待ちと家からの往復歩きで疲れた。撮影に三脚が必要な重量では無いが、カワセミ待ちで機材を置いておくために三脚が必要だ。

カワセミはトリミングで4倍に拡大
手持での4倍(面積16倍)の拡大は少し無理が有り、せいぜいいつも通りのMAX3倍に抑えるべきかな。明るい撮影条件の良い日は大丈夫と思うが・・・・
18091601


18091602


18091603

ノートリではこのサイズ
18091604

4倍に拡大すると
18091605

空高くハチクマが飛んでいた。渡りと思い時々空を見たが見当たらず。3年ほど前と思うが次々と飛んでいったことがある。猪子山と岩間山の中間ぐらいを飛んでくるコースかな?
18091606

クロアゲハと彼岸花
18091607

     
18091608


18091609


18091610


18091611

アゲハと彼岸花
18091612

帰りにエナガの群れに遭遇する。エナガは落ち着かない鳥、近すぎると750㎜では直ぐに捉えられない、離れると枝被りで撮り難かった。
18091613


18091614

  
昨日、今日とストラップにカメラ用のものを使用したが、斜め掛け(襷掛けとは違った)で素早くカメラを構えるため、底から吊り下げる方式に代える。150-600㎜を手持ちで使うため購入したBLACKRAPIDの物があるので使うことにする。最近の手持ちは300㎜f4を使うことが多くなったのでカメラ用の物に戻していた。
レンズ底のタップに取付ブラ下げる格好になるが、ネジが頻繁に緩みよる。これまで外れたことは無いが、今日撮影仲間に貰ったリングを使用してカメラの底に補助用のベルト(と言うのか?だが)を着けることにした。2個同時に緩むことは無いだろう。
18091615

  
明日は三脚を持って行こう。

  
撮影機材:D7500、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:273枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:0円

|

« 500㎜f5.6PF TC14Ⅲ装着のチェック | トップページ | 500㎜f5.6PF  D500でTC14Ⅲを装着 »

地元ブラブラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 500㎜f5.6PF TC14Ⅲ装着のチェック | トップページ | 500㎜f5.6PF  D500でTC14Ⅲを装着 »