« カワセミ D850と500㎜f5.6+TC14Ⅲ、本降りの中手持で撮影   | トップページ | 絹肌の湯と雪だるまの里 白峰 »

2018年10月 7日 (日)

街中のハヤブサ  10/1の撮影

今日は所用で撮影休み

10月1日に撮影した街中のハヤブサ、日影から飛び出し日の差す場所で頭上近くを通過した時の画像、撮影機材はD500と500㎜f5.6。
この地のハヤブサもコンスタントに低い場所に登場してくれサービスが良ければ通う価値有りだが、今の状況ではもう一つ通う価値が無い。近場なので時々行って時々飛び出しに飛翔が撮れれば良いかな。来年の6月には幼鳥(飛べるようになった雛)登場を期待するが、チュウヒの絶頂期と重なる。

飛び出しは晴天下の日影
ハヤブサも日が差せば暑いのか、日の差す明るい場所に居ても日差しが強ければ日影に移動しよる。飛ぶ前のポーズ、コヤツはオスだが最近羽を広げてから飛ぶこともあるようだ。
01dsc_1320

日差しの中への飛び出してからを考えると露出設定が難しく、双方を見計らって後でソフト修正するしかない。
02dsc_1322


03dsc_1323


04dsc_1324

ここで日の差す場所に出てくる。この時は日の差す場所を少し重点的に設定した。
05dsc_1325


06dsc_1326

この1枚前の画像から少しボケる。こちらに向かってくる時の連写は難しい。
07dsc_1327

一呼吸置いてシャッターを押し直したが低くて撮影距離は近かった。
08dsc_1332


09dsc_1334


10dsc_1335

この後広範囲を周回しながら上昇し何処かに飛んで行った(姿を見失った)。
11dsc_1337

  
この地のハヤブサ、普通の飛び出し直後の飛翔は撮れるが、獲物に狙いをつけて一直線に飛び出す時は速く直ぐに追えなくなる。近くで獲物を狙って飛び出しても直ぐに住宅などで見えなくなり、ほとんど獲物無しで帰って来る。

|

« カワセミ D850と500㎜f5.6+TC14Ⅲ、本降りの中手持で撮影   | トップページ | 絹肌の湯と雪だるまの里 白峰 »

ハヤブサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ D850と500㎜f5.6+TC14Ⅲ、本降りの中手持で撮影   | トップページ | 絹肌の湯と雪だるまの里 白峰 »