« 街中のハヤブサ  10/1の撮影 | トップページ | 防水カバー »

2018年10月 7日 (日)

絹肌の湯と雪だるまの里 白峰

 9月に釣りに行った時の撮影画像です。

白峰には渓流釣りを始めた頃から20年ぐらい通っている。冬はスキー客、夏は白山登山客などで賑わっていたが、スキー場が閉鎖になり冬の客が少なくなり、高齢化で民宿も休業しているところが多いようである。行った日が平日で雨模様だったので白山登山の人も姿を見ず、これまでになく静かな山里であった。宿泊した翌日の早朝にコンデジ片手にブラブラ歩いた。

  
案内図
00map

宿泊した民宿”つるの”
休業中だったが無理を言って夕食無しで泊めてもらった。昔は宿泊客が多く相部屋の時も一度だけだがあった。
01dscn0680

民宿の天領味噌製造所、何年か前に土産で貰ったことがある。
02dscn0682

ブラブラ歩く
03dscn0684

白峰温泉総湯
温泉を好まないので入ったことは無い。
04dscn0656

木彫りの雪だるま
2月に雪だるままつりが開催されるが、一度見物に行ったことがある。その時は暖かく夜には雨が降り、撮影は出来たが雪だるまが直ぐに溶け残念だった。
05dscn0658

こんな所にも電気自動車の急速充電器があった。昨年は行かなかったので知らないが一昨年は無かったように思う。06dscn0659

林西寺
07dscn0660

本堂
08dscn0661

国指定重要文化財・銅造十一面観世音菩薩立像など、白山信仰を伝える7体の仏像と泰澄大師坐像が安置されている。一度拝観したことがあったと思う。
09dscn0676

林西寺横の八坂神社
10dscn0662

旧山岸家住宅
昔の庄屋の家が保存されているとか
11dscn0664

重要伝統的建造物群保存地区
この風景は行き始めた頃から変わっていない
12dscn0665

昔懐かしい郵便ポスト
13dscn0670

雪だるまカフェ
古民家を利用したカフェ、早朝なので閉まっていたが今も営業しているのだろう。
14dscn0672

ここにも木彫りの雪だるまがあった。
15dscn0673


16dscn0674

メインストリート
17dscn0677

国道157号線沿いの大道谷川
この場所ではないが、この川でも27cmぐらいのイワナが釣れたことがある。釣ったのは仲間。
18dscn0688

牛首袖白山工房
19dscn0692

何年か前に工房を見学したことがある。
20dscn0690

白山ろく民俗資料館
昔の民家数軒を移築しその当時の生活を伝える資料館、3度ほど入っており何年か前の秋に撮影に行ったことも有る。
21dscn0694


22dscn0695
 

以前、京都の昔懐かしい某大の名前の入った表札がかかった施設を、車で国道を走っている時に見た記憶があったので、ブラブラ歩いて探しに行ったが無くなっていた。養蚕か何か昔の学部関係かスキークラブの施設か・・・何んだったのかな。

左が市ノ瀬に続く県道、右が国道でここが村への入口。
23dscn0698

  
コンデジS9900での早朝の暗い条件での撮影だが、ちょっとした風景撮影には十分。

|

« 街中のハヤブサ  10/1の撮影 | トップページ | 防水カバー »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街中のハヤブサ  10/1の撮影 | トップページ | 防水カバー »