« 気合を入れてカワセミ | トップページ | カワセミ後ハヤブサ »

2018年10月24日 (水)

最近のカワセ画像で撮影機材の比較をする

 今日の朝は散髪に行くので撮影に出るとしても昼からとなる。
ここしばらく、カワセミを所有機材色々で撮影したが、約1200pixel等倍画像で比較してみる。
厳密な比較をしようと思えば、同じ日の同じ時間帯の同条件で撮影しなければならないが参考の一歩手前ぐらいにはなるだろう。
尚、距離は10m少々なのでどんなカメラで撮っても、2倍ぐらいの拡大なら十分な画像が得られる。

  
D5と600mmf4の三脚使用  ISO400、f4、SS1/160001d5iso400f4ss1600

D500と600mmf4の三脚使用  ISO320、f4、SS1/1600
02d500iso320f4ss1600600f4

D7500と300mmf4の手持ち  ISO640、f4、SS/1250
03d7500iso640f4ss1250300f4

D7500と18-400㎜の手持ち  ISO400、f6.3、SS1/1600
04d7500iso400f63ss160018400

V3と300mmf4の手持ち  ISO200、f4、SS1/1000
05v3iso200f4ss1000300mmf4

  
条件が悪すぎISO2000での撮影なので参考程度の画像
D5と500mmf5.6PF+TC14Ⅲの三脚使用  ISO2000、f8、SS1/1000
06d5iso2000f8ss1000500tc14


600mmf4使用時のD5とD500は多少D5の方が良いかなという程度の差。同じ大きさ或いはD5でTCを使用すればD500の方が良いだろう。距離が近いカワセミでの話で、距離が遠い猛禽などで大気状態などの条件が悪ければD5に軍配が上がるのは、これまでに経験している。カワセミでD500と600㎜f4を使用すると900㎜となるのでカワセミの動きについてゆけない。壊れたD850は、D5同様のフルサイズのファインダーでカワセミを追い、トリミングでD500並みの大きさを得るが唯一の長所だったが、連写の秒コマ数不足でカワセミでは物足りなかった。どのカメラもここが改善されればで欲を言えば切りがない。

D7500と300mmf4は三脚を使えば、もう少し奇麗に撮れると思う。

D7500とTa18-400㎜はこんなものやろう。鳥相手でも綺麗に撮れると期待しているレンズでは無いので十分と思っている。

V3と300mmf4はISO200までの撮影では十分満足、ISO400になるとカワセミでは?、ISO800ではアカン。ミラーレス、10コマ/秒の電子シャッターではブラックアウトが無いのでレフ機より飛びものを追い易いのに最近気づいた。電池の消耗が速いのが難点だが予備電池を2個持って行きなんとか克服している。高感度を強くしたのを開発して欲しかったが数年で終了とは残念、見事に期待を裏切られた。フルサイズのミラーレスも、その内・・・・・・

D5と500㎜f5.6PFは、ISO2000で撮るとかなりノッペリした画像となっているが、TC14Ⅲを使用しているためと思う。D5でTCを使用しなければIS3200ぐらいまで、多少画質落ちしても普通に撮れて欲しいと思っているが、購入後の使用回数が少ないので分からない。

|

« 気合を入れてカワセミ | トップページ | カワセミ後ハヤブサ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気合を入れてカワセミ | トップページ | カワセミ後ハヤブサ »