« チョウゲンボウ  短時間撮影だったが良かった~ | トップページ | カワセミ 一番奥での餌捕りは遠すぎた »

2018年11月 8日 (木)

D850の落下トラブルあれこれ・・・これにて掲載は本締め

 一昨日の夜、もう少しファインダーを見やすく出来ないとかと考えていた時に、ファインダーを1.2倍に拡大するマグニファイアーDG-2を持っているのを思い出した。昔、花をマクロ撮影していた頃にかったものである。早速付けようとしたがサイズが違い変換アダプターが必要、探すとファインダー側が角型のものは見つかったが丸形は無し。HPのファインダーアクセサリを調べるとDK-18というのがあった。その時にDG-2を見ると視度調整が-5~+3まで可能となっていたので試そうと思いDK-18を購入、同じページに接眼補助レンズが有った。視力調整用で昔見たことあるが関係ないと思っていた物。DG-2で様子を見てからと思ったが、朝起きて直ぐに決心ついでに買うことにした。
度のキツイ老眼鏡もと思ったが止めた。左側のレンズは外し、ファインダーを見る右側だけを残すつもりだったが見難いのは想像できる。

右の上がDG-2で下が購入したDK-18、左は昔にローアングルでの風景や花の撮影に使っていたローアングルファインダー。鳥撮影には不要だが、また使う時があるだろう。Dscn0733


今回のトラブルで発生した無駄な費用
 ・レンズとTCの修理                    70,179円
 ・大阪ニコンSCへのJR往復運賃 2回        3,360円
 ・ファインダー周りの部品(一部ポイント使用)       2,700円
 ・京都駅へのJR往復 2回                720円
    合計  76,959円也

フードも買い替えたが、ヨドバシのポイント使用で費用は発生せず。

もう一つ、TC14Ⅲ買い足しが58,500円、TCの使用頻度が多いので以前からもう一つ欲しかったが、今回のトラブルが無ければ買っていなかっただろう。ヤケクソで太っ腹になってしまったが、これはまあエエやろう。
勿体ない浪費だったが、完全に使えなくなったと思ったD850が、普通に使えるのが分かり不幸中の幸いというものか、解体しなくてよかった。また、ボデーのレンズ装着部の上に段差があり落とした時のものと思っていたが、購入した時の記念写真を見ると初めから段差があった。結局、ダメージはファインダー周辺のみで他は問題無いのだろう。

今回の落下トラブルの結論
D850は、頭の高さから1.4kgのレンズを着けたままカメラ側からコンクリートに落ちても壊れなかった。強固なボディーをしとる、さすが40万円近いカメラやと認識を改めた。何処か不具合はあると思うが、撮れれば良い。それにしても、落として壊れた時のニコンの対応の冷たさには腹が立つ。ダイキャストが壊れて対応できませんではなく、せめてどうなっているかぐらいのチェックはしたれや~!
尚、カメラコートを被せていたので傷はついていない。故障した時はメーカーに出すのが一番だが、メーカーが対応せず送り返してきても、冷静に調べなアカンのが分かった。

|

« チョウゲンボウ  短時間撮影だったが良かった~ | トップページ | カワセミ 一番奥での餌捕りは遠すぎた »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウ  短時間撮影だったが良かった~ | トップページ | カワセミ 一番奥での餌捕りは遠すぎた »