« オオワシ2018-19ⅩⅢ(2/2) トビの攻撃でゆっくり食事出来ず | トップページ | コハクチョウ 田んぼにて »

2018年12月23日 (日)

ミコアイサ

今日は所用で撮影休み

掲載は12/21に撮影したミコアイサです。
ミコアイサは、10年数年前に野鳥の図鑑で初めて知った鳥、いつかは撮りたいと思ったが、何年前になるか忘れたが湖北の漁港で初めて姿を見て撮った。それ以降毎年湖北で撮っているが今年も撮れた。この日は、オオワシは二の次でミコアイサに田んぼに飛んでくるコハクチョウ狙い。
今年も漁港に姿を見せていると地元のカメラマンさんに聞いて行ったのだが撮れて良かった。風の強い日は漁港に入ると思っていたが、この日は風が弱く取り合えずの様子見。最初は距離が遠かったが、パイプ椅子に座ったりして待っていると比較的近くに来てくれた。動きがほとんど無いので通って色々なシーンを撮ろうと思う鳥では無く、年に一度撮れれば良い鳥の部類である。

♀と思い撮ったがエクリプスかも知れない。  
01dsc_2817

この個体の撮影場所は漁港の直ぐ外、漁船が帰って来たため飛ぶ。
02dsc_2824


03dsc_2837

ミコアイサ♂
通称パンダガモ、目が入りにくい鳥である。
04dsc_2906


05dsc_2926


06dsc_2946


07dsc_2989


08dsc_2999

ノートリ
近づくと逃げて移動しよるので根気よく待つと、徐々に漁港の中央辺りまでは近づいてくる。500㎜(この日はD7500で750mm)なら十分撮れる。
09dsc_3017

  
オマケ
ホオジロガモ、センター前の少し北で久しぶりの撮影
10dsc_2754

ホオジロガモの♀と思う。
11dsc_2809

ハジロカイツブリ
漁港の北側での撮影、時々オオワシの獲物となっている。
12dsc_2882

ヒシクイ
マガンは撮りたいと思うが、ヒシクイはそれほど撮りたいとは思わない。
13dsc_2756_1

ユリカモメ
鳥撮影に没頭し始めた頃の飛翔撮影練習相手、休日に鴨川や草津湖岸で夢中になってシャッターを押した頃が懐かしい。もちろん手持ち撮影、今の飛びもの撮影妓術の基盤だが10年以上立つかな~。他にトビや少し慣れるとツバメでも練習したが、いずれの鳥も飛ぶ時間が長いので練習相手には良い。ツバメは未だに上手く撮れない。
14dsc_2972

|

« オオワシ2018-19ⅩⅢ(2/2) トビの攻撃でゆっくり食事出来ず | トップページ | コハクチョウ 田んぼにて »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2018-19ⅩⅢ(2/2) トビの攻撃でゆっくり食事出来ず | トップページ | コハクチョウ 田んぼにて »