« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

撮影休み

 鬱陶しい天気で撮影休み

1月も今日で終わり、早いもので2019年になって1ケ月が過ぎた。
この1ケ月の撮影をまとめたが、オオワシと地元のカワセミがほとんど、昨日は今年初めてチュウヒの様子を見に行ったが大した成果は無し。カワセミは昨冬のようなサービスが期待できず、2月もオオワシ通いを続けるつもり。今シーズンのオオワシ撮影は30回を目標としたが、1月で25回となり目標を達成できそう。1月に入り解像の良い画像を得るためロクヨンの撮影を増やしたが、オオワシの行動パターンがおかしくなり、ここ3回ほど手持で行っている。早く元の行動に戻ることを期待している。

1月の狙いの鳥集計
201901



掲載は、1/23の湖岸での撮影画像
ミサゴ
01dsc_5993


02dsc_5996


03dsc_5997

ミコアイサ♂
04dsc_6052


05dsc_6062

カワアイサ♂
06dsc_6013


07dsc_6103


08dsc_6239

カワアイサ♀
09dsc_6081

ヨシガモ
10dsc_6025


11dsc_6037


12dsc_6022

ホオジロガモ♂
13dsc_6179


14dsc_6150


15dsc_6152


16dsc_6167


17dsc_6171

ホオジロガモ♀
18dsc_6193

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

チュウヒ様子見

 気分転換で久しぶりにチュウヒの様子を見に行った。ブラブラ歩きと駐車場近くのベンチに座り、2時間ほど居たが一度東から西に飛んだのみ。定着しているのかどうか分からずだが、昨年も1月に様子見で来て撮り2月にはボチボチ撮影した。3月まで出は悪かったが、4月頃から多少良くなったのと違ったかな。毎年撮影が面白いのは6月になってからだが、今年はどうなるのかな・・・・。
D850と300mmf4+TC17Ⅱを使用。画像はシャープさに欠けるがこんなもの、AFは飛びもので食い付きが多少遅いが何とか追える。

チュウヒ
駐車所のベンチに座り、遠くに居たミコアイサが岸に近づかないかと見ている時に遠くを飛んだ。チュウヒの撮影ポイントに居れば近くで撮れただろう。
画像はトリミングで等倍拡大
19013001


19013002


19013003


19013004


ノスリ
葭原の木に止まっていたが枝被りでまともに撮れず。
19013005

ノスリは敏感で直ぐに飛ぶ。19013006


ミコアイサ
♂と♀が何羽か居たが遠すぎた。湖北の漁港で撮影に比べかなり遠い。
♀、♂より♀の方が多かったように思う。
19013007

水面を走り飛ぶ
19013008


19013009

♂、これも遠い
19013010

  

田んぼにはちょっと入っただけ、何もいないようだったのであまり歩かず。帰りに少し南の浜に寄った。

最初にタゲリが撮れたが、この冬は初撮影だったのでラッキー。
19013011


19013012


19013013


19013014

水鳥ではトモエガモが居ないか探したが姿見えず。
オナガガモを撮る。
19013015


19013016


19013017


19013018


19013019

ユリカモメ
オナガガモも同様だが近すぎて少し下がって撮影する。TCを外そうかと思ったがキャップを持ってこなかったので外さず。
19013020

 

風車の解体作業中
TVのニュースを見て知っていたが大がかりな作業である。ニュースによれば建設総工費が3憶で解体が9千数百万とか。
今は故障で動かない。動いているのを見たのはかなり前、何年動いたのか知らないが予定通りの発電量を確保できなかったとか。置いておけば風景の足しにはなるが、維持費がかかるのだろう。建設費も解体費も全て税金とは勿体な~。
チュウヒ撮影ではバックに入り邪魔だった。チュウヒ撮影には無くなれば良いが、作業がいつ終わるのかな?
19013021


19013022



撮影機材:D850、300mmf4+TC17Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:299枚
移動:、車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅤ センター前で始まりセンター前で終わる

 天気予報では風が強かった。風の強い日は何かが起こるかもと思い2日連続で行ったが何も起こらず。
湖西の道中、今津辺りから吹雪いており雪も多少積もっていたので雪バックが撮れるかもと期待したが湖北の雪は大したことなかった。
機材はロクヨンと思ったが、朝は天気が不安定な予報だったので手持ちにしたが正解だった。

  
今日もスタートはセンター前のポール、餌を食べた後とのことでガッカリ。着いた時は吹雪いていたので雪の中のオオワシが撮れる。
19012901


19012902

しばらくして止みオオワシは山に帰った。
19012903

センター上空を真っすぐ飛んでほしかったが北寄りのコースを飛ぶ。
19012904

塒方面に飛ぶのは見ていたが見失う。19012905

山の麓に行くと塒の手前で枝被りの場所に居た。この場所で見るのは今シーズン3度目、過去2度は山の正面に出てきたので麓で待つ。
19012906


中々飛ばずで、もしかしたらセンター方向に飛ぶかと思い一つ西の舗装道で待った。山科から来られていた知り合いのカメラマンさんが居たので喋っていたら飛び出した。
19012907

残念ながら正面には来ず山に沿って北に飛ぶ
19012908_2


19012909


19012910


19012911


19012912

しばらく飛んで旋回
19012913


19012914


19012915


19012916

   
19012917


19012918

向かい風を受けながらもどんどん飛び見失った。
19012919

畑横で構えていた人が徐々に西の方を見ていたので、センター前かと思ったがしばらく様子見。センター前に止ったと聞いたのでセンター前へ。

ポールに止まっていたが体を屈め風に耐えていた。しばら見ていたが寒かったこともあり2時頃に引き上げた。19012920

   
麓で待っている時に、オオタカが飛び山の木に止まったが直ぐに北に飛び去った。
19012921


19012922


19012923


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持ち撮影  撮影枚数:169枚
移動:車、歩き  天気:雪後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅣ またしてもセンター前

 天気が心配だったが午前中は大丈夫だろうとオオワシに行った。まずは麓の様子見で車で走ったが誰も居ない、ならばセンター前だろうとセンターの駐車場に車を止めた。姿見えずだったが居たカメラマンさんに聞くと魚を捕って下の見えない場所で食べているとの話。様子を見ていると直ぐに飛び出し、”危険近ずくな”の看板のポールに止まる、前回に同じである。なかなか動かずで長期戦に突入。11時を過ぎてから雨が降り出しセンター下に避難。12時過ぎに雨が心配だったので、センターに入って撮影することに。
窓ガラス越しの撮影だが大して影響は無いと思っていたが、遠くてどんよりしていたこともあり画像は悪かった。晴れの日なら大丈夫と思うが、晴れていれば入る必要も無い。良い場所が無いかウロウロしている時に魚を捕り隠れた。雨がショボツク程度だったので湖岸に出たが、しばらくして出てきて再びポールに止まる。山に帰るところを撮ろうとしばらく様子を見ていたが、長期戦になるかもで一旦車に置いた椅子を取に行ってる最中にヤマヘ帰り、ガッカリして引き上げた。筏か何か知らないが下からポールへ飛ぶのが撮れ前回よりはマシで良かったかな。
今日はロクヨンとも思ったが、山との往復を考え手持ちで行った。湖岸だけでの撮影なら暗かったこともありロクヨンにすべきだった。

画像は全て1200pixelの等倍

飛び出してきたオオワシ、たまたまカメラで見ていたので撮れた。19012801


19012802


19012803


19012804


19012805


19012806


19012807

そのまま漁港辺りを飛んでから山に帰るかと、目を離して歩き見失う。
19012808_2

アレで前を見るとポールに止まっていた。
19012809

日差しが無かったのでセンター前から少し北で撮った。GoogleMAPで距離を測定するとセンター前より北側の方が距離が短かった。日が差していれば半逆光になるのでアカン。
19012810_2

センター内からの撮影、くすんでおり窓ガラスの影響が少しあるようだ。
19012811

再び外に出た。
19012812

食べ終わって直ぐにポールに帰る。トビが3羽威嚇していたこともある。19012813


19012814


19012815


19012816


19012817


19012818

  
19012819

  
19012820


19012821


19012822


19012823


19012824


19012825


19012826

センターの少し南を飛んで帰ったそうである。帰りに麓を走ったが、南の方から見ていた人が居たので塒に入ったのかも知れない。
19012827_2



撮影が物足りなく帰りにザゼンソウ群生地によった。雪に埋もれてこの状態、まだ少し早いようである。
19012828


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持ち撮影  撮影枚数:253枚
移動:車  天気:晴れ後小雨
撮影経費:200円(野鳥センター入館料)

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

オオワシ 今シーズンの撮影機材

 今日は一日家に居たので暇、今シーズンのオオワシ撮影機材をまとめてみた。

総撮影枚数は約16000枚、レンズはロクヨン使用が7回で500mmf5.6PFが16回だった。カメラはD5が1回でD850が16回と圧倒的に多い。D5では大きく撮れないので使用が少ない、D850は正常に撮れるが落下による故障部分が有りニコンが修理してくれず、シャッター寿命まで優先的に使用を考えているため多用している。写りは当然高額機材が一番良いが、どの機材もその時々の期待通りには撮れているかな。
ロクヨンをもっと使わないと勿体ない、D5は写りは良いが遠い猛禽では大きく撮れないのでD850(トリミングで大きく出来る)かD500が良い。D850とD500を比べれば、暗い時の高感度撮影はD850が良いかな。

Kizai

| | コメント (0)

撮影休み 1/14撮影のオオワシ漁の再掲 連写全画像編

 今日は日曜日で元々の予定で撮影休み

掲載は、1/14にÐ500と500mmf5.6PFの手持ちで撮影したオオワシの漁の瞬間。連写の中の48連写を切り取り、ブレブレにボケボケも含め全画像を記録として残します。
大概、ブレブレにボケボケはその日に削除するので残っておらず、この日はしんどかったこともあり、面倒くさくてそのままにしていたのが残っていた。自分にとっては漁の全貌が分かる貴重な記録となる。
D500の連写コマ数は10枚、フォーカス優先にしているので秒10枚も撮れていないかも知れないが5秒前後の撮影となる。実際には断続ながら400枚ぐらいオオワシを追っていた。D500の連続撮影可能枚数は200枚(買ってすぐ連写で確認)、シャッターを時々止めながら撮ればかなりの枚数まで短時間で撮れる。

ノートリ
00dsc_6375



以下の48枚はトリミングで1200pixel等倍に拡大(クリックで表示される画像)

01dsc_6375


02dsc_6376


03dsc_6377


04dsc_6378


05dsc_6379


06dsc_6380


07dsc_6381


08dsc_6382


09dsc_6383


10dsc_6384


11dsc_6385


12dsc_6386


13dsc_6387


14dsc_6388


15dsc_6389


16dsc_6390


17dsc_6391


18dsc_6392


19dsc_6393


20dsc_6394


21dsc_6395


22dsc_6396


23dsc_6397


24dsc_6398


25dsc_6399


26dsc_6400


27dsc_6401


28dsc_6402


29dsc_6403


30dsc_6404


31dsc_6405


32dsc_6406


33dsc_6407


34dsc_6408


35dsc_6409


36dsc_6410


37dsc_6411


38dsc_6412


39dsc_6413


40dsc_6414


41dsc_6415


42dsc_6416


43dsc_6417


44dsc_6418


45dsc_6419


46dsc_6420


47dsc_6421


48dsc_6422

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

1/23のオオワシ漁の再掲

 撮影休みでPCに残している画像を削減したが、ついでに1/23撮影の遠すぎるオオワシ漁の画像を整理した。
急降下から魚を掴んで水面を前に飛ぶところまで48連写、連写で完全なボケは13枚だった。もちろん距離が遠過ぎ全画像ボケだが何とか見られる程度のものでの話。一部は当日に掲載済みで暇に任せて残した画像を全て掲載する。
D850と600mmf4の三脚撮影、距離が100mぐらいなら撮影成功の歩留まりはもっと良いだろう。

  
最初の画像のノートリ
02dsc_6320

  
以下35枚は全てトリミングで等倍に拡大
03dsc_6320


04dsc_6321


05dsc_6322


06dsc_6323


07dsc_6325


08dsc_6328


09dsc_6329


10dsc_6331


11dsc_6333


12dsc_6334


13dsc_6335


14dsc_6337


15dsc_6338


16dsc_6341


17dsc_6342


18dsc_6343


19dsc_6344


20dsc_6345


21dsc_6346


22dsc_6347


23dsc_6348


24dsc_6349


25dsc_6350


26dsc_6351


27dsc_6353


28dsc_6354


29dsc_6356


30dsc_6357


31dsc_6358


32dsc_6359


33dsc_6362


34dsc_6364


35dsc_6365


36dsc_6367


37dsc_6368

| | コメント (0)

コハクチョウにオオヒシクイ

 寒くて撮影休み、雪が降っていれば雪の中のカワセミホバ狙いで撮影に出るが、鬱陶しい空模様だけなら撮影に出る気がしない。

昨日のオオワシは残念だった。センター前ポールから低く湖面を飛ぶところを撮りたかったが、飛ばなければどうしようもない、湖面を飛ぶところも狙いの一つ。
今年も野鳥写真コンテストが行われるようで、オオワシとチュウヒで応募するつもり。チュウヒは3候補選んでいるが、オオワシは候補になるようなものが撮れていない。撮影期間が昨年1月以降なので、昨シーズンの1月のものなら候補は幾つかあるが、やはり今シーズン撮影の中から選びたい。昨年はオオワシで銅賞を貰ったが 、今年はこのままならチュウヒがメインになりそう。湖北の野鳥コンテストなので、オオワシをメインにしたいと思っているが、もうひと踏ん張りが必要な状況。今シーズンは、30回の湖北行きを目標にしているので後7回、何とか勝負するつもり。北帰まで1か月前後になってしまったが日が立つのが早い。

昨日の残り画像を掲載

コハクチョウ
01dsc_6690


02dsc_6704


03dsc_6707


04dsc_6740


05dsc_6744


06dsc_6752


07dsc_6759


08dsc_6832


09dsc_6768


10dsc_6720

オオヒシクイ
11dsc_6654


12dsc_6660


13dsc_6655


14dsc_6693

  
オマケ画像
ホオジロ
15dsc_6602

多分カシラダガ
16dsc_6815

ジョウビタキ♀
17dsc_6941

ボート(漁業関係?)が走ると、進路の水鳥が一斉に飛び立つ
18dsc_6882

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅢ センター前で6時間待ったが動かず

 昨日、オジロが登場したとのことで湖北へ行った。いつも通り9時頃に到着したが、センター前のポールに止まっていた。直ぐに飛ぶだろうと待っていたが、結局3時まで待ったが諦めて引き上げた。現地で聞いた話では7時頃にセンター前に居たようで、帰ってから山の塒に戻ったとは思うが、8時間以上センター前に居たことになるが、これまでに聞いたことが無い長さである。現地で知り合いのカメラマンさんから、昨日はオジロが2羽登場し追いかけまわされたと聞いたが、センター前のポールに止まって警戒していたのだろう。オジロは風の強い日に登場するのか?、この時期風の強い日は寒くて登場を待てない。
尚、天気予報では曇りで気温は低かったが、昼過ぎまでは天気が良く寒さを感じなかった。

オオワシは、ポール止まりものしか撮れずだったが、コハクチョウとオオヒシクイの飛翔は撮れた。取り合えずオオワシの止まりものを掲載。距離は約800mの手持ち撮影で遠すぎ、オオワシに関しては今シーズン最悪の撮影日だった。

  
19012501


19012502


19012503

ノートリ
19012504


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持ち撮影  撮影枚数:366枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (5)

2019年1月24日 (木)

カワセミのサービスはさっぱり、アオバトは水飲みに降りた。

 昨日の疲れが残っていたが、いつもより遅めで川に行き2時間ほど撮影した。カワセミもアオバトももう一つで、撮影仲間と戯言で時間を潰し引き上げた。

 

カワセミのサービスはここしばらくでは最悪
19012401


19012402


19012403


19012404


19012405


アオバトが水を飲みに降りる。木に戻る時の飛び立ちを狙ったが撮影失敗。
19012406


19012407


19012408


19012409


オカヨシガモのペアが前を横切った。
19012410

 

●昨日のオオワシ止まりもので掲載画像を増やす
02dsc_6545


03dsc_6547


04dsc_6553


05dsc_6557


05dsc_6566


撮影機材:D5、300mmf4PF+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:202枚
移動:歩き   天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

今朝の月

 今朝も月がクッキリ見えたので、D500と500mmf5.6PFで手持ち撮影した。

多少の手振れは覚悟し感度を落とし少し絞っての撮影だが、ここ数日の撮影では1番良かった。

モードA、ISO100、f14、SS1/60でAF-Sにした。
画像はトリミングで2.4倍に拡大、ソフトで自動ブレ低減処理
Dsc_6806


昨日は、ロクヨンを担ぎ三脚を持って、センター → 湖岸 → 麓 (ウロウロ)→ センターと合計約3.5kmを歩き疲れが残っている。撮影に出るかどうか思案中。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅡ 今日も漁場が遠かった

 湖岸のいつもの場所で待ち漁の瞬間を連写したが、またしても遠すぎた。今日で今シーズンの漁の瞬間撮影は4度目、最初は背後からで後の3度は全て彼方で遠過ぎ、遠い場所が気に入ったのかな?
12時頃だったので麓に行き、木の上で食べているのを見て近くへ急いだが、これまで見たことがない数十羽のトビが周りでオオワシを威嚇しており、到着する前に塒方面に隠れよった。しばらくして再び出てきたが、正面の近くからは見えない場所に行ってから、トビのチョッカイで魚を落としたと聞いたので、もう一度飛ぶと期待して待ったが中々飛ばず。3時半で諦めて引き上げた。
今日の撮影は、D850と600mmf4でTCは使わず。大きくは出来なかったが、まあエエやろう。

掲載画像は、1200pixel等倍が基本で一部ノートリも有り。

沖で旋回  ノートリ19012301

降下後連写したが抜き取りで掲載
19012302


19012303


19012304


19012305


19012306


19012307


19012308

ここで足を突っ込み
19012309

魚を跳ね上げる
19012310

上の画像のノートリ
撮影に行った以上は、撮ってもしゃ~ない距離でもとことんシャッターを押す。
19012311
  

19012312
  
  
19012313


19012314


19012315


19012316


19012317


19012318

麓に行ってから
塒方面から出てきたが、思っていた以上に早かったので見るのが遅れる。
19012319

この木に止まって動かず。
19012320


野鳥センター駐車場に車を止めての歩きで疲れた。

  
撮影機材:D850、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:641枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,730円(帰りの高速料金)

| | コメント (0)

月撮り比べ D5と300mmf4+tc14 VS D500と500mmf5.6

 今日も月が綺麗だったので機材の撮り比べを行った。

比較機材は、最近カワセミで使っているD5と300mmf4+TC14Ⅲ VS D500と500㎜f5.6で、トリミングで同じ大きさに合わせたため、軍配はÐ500と500mmf5.6に上がる。D5ではTCを使っておりトリミングによる拡大も4倍なので当然の結果だろう。

モードA、ISO800、f11、中央1点測光、AF-C1点、手持ち撮影
月の真ん中あたりに合わせたが、AFポイントに多少相違があるのでSSが少し変わった。

D5  SS1/1000
D5

D500  SS1/640、多少明るかったのでソフトで+0.3の露出補正を行う
D500

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

カワセミ  動きが悪かった

 それなりに姿を見せたが、じっとしていることが多く水際の良い場面が撮れず。枯れ草に止まる時間が長く、単発で飛びこまれるとカメラを向けるのが遅れる。昨年冬の支流のカワセミは1ヶ所で連続して何度も飛び込み撮りやすかったが、今年のカワセミは点々と移動し1ヶ所での飛び込みが少なく、撮る魚も小さくて面白味が無い。

  
19012201


19012202


19012203


19012204


19012205


19012206


19012207


19012208


19012209


19012210


19012211


19012212


19012213


19012214


19012215


19012216


19012217


19012218


19012219


19012220


撮影機材:D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:275枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

ほぼ満月  昼から修正画像追加

 今朝の6時29分頃、満月相手にD500とD850の撮り比べを500㎜f5.6PF手持ちで行った。

ISO400、モードA、f8、SS1/1000、露出補正-0.3で撮影し、少し暗かったのでソフトで露出+0.3補正を行った。

掲載画像は、D500をベースにトリミングで2.68倍に拡大、+0.3の露出補正以外は無修正。
D850の方が多少解像しているが、シャープ処理を行うと同等に仕上がるだろう。

D500
D500dsc_6785


D850
D850dsc_5940

     
ソフトで修正後の画像

D500
D5002dsc_6785


D850
D8502dsc_5940

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

カワセミ しばらくD5を使おう

 今日もD5と300mmf4PF+TC13Ⅲの手持ちで行った。対岸での動きが多かったが、フルサイズ機の420㎜でもトリミングで何とかなりそう。D850かD7500のTC無が軽くて良いが、D5の出番が少ないのでしばらくD5を使用しよう。レスポンスが他のカメラと違い、多少距離が遠くてもAFの歩留まりも良い。
晴れ時々雲の天気、日差しが強くて明るくなったり、日が隠れて暗くなったりで撮影に苦労する。

掲載画像は、全てトリミングで3倍に拡大

  
●手前側
 極力近づいて撮影しているが近すぎて連写の歩留まりが悪く、距離に余裕があるので少し離れて撮影した方が良いかな。

19012101


19012102


19012103


19012104


19012105


19012106


19012107


19012108


19012109


19012110


19012111


19012112


19012113


19012114


19012115

  
●対岸
 飛び込みから飛び出しの連写は、距離的に420㎜では少し苦しいが、狙いは手前側なので ”まあ、エエか” というところの画像。

19012116


19012117


19012118


19012119


19012120


19012121


19012122


19012123

 
●アオバト
 今日は一度前を飛んだだけ

19012124


19012125


撮影機材:D5、300mmf4PF+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:741枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (2)

明け方の月

 朝起きて天気はどうかで外を見ると西の月が赤く染まっていた。
D500と500mmf5.6PF手持ちで撮影、霞んでいたのでPhotoshop・ELの自動かすみ除去と自動ブレ低減で処理したがパッとせず。月の手持ち撮影は、空高くの輝いている時でないと綺麗に撮れないかな。

Dsc_6762

直ぐに雲がかかる
Dsc_6765

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

日曜日で撮影休み

撮影休み

●昨日のオオワシの獲物
 昨日のオオワシは、山から沖に向かって一直線だったがロックオンしていたのかな?
対岸に近く山からの距離は数キロでかなり遠かったが、まさか山から見えていたということはないだろう。もしかして死骸が浮いていて、トビかカモメかが周囲に居たのだろうか。

口の形状と尾びれから鯉だろう。目玉が飛び出し口も空いたまま、近くを飛んだ時の画像を見ると魚は垂れ下らずほとんど硬直しているように見える。捕る前に死んでいたと推測する。
Dsc_5910

目が白濁、真っ白では無いので死んでから時間は(日)は立っていないと思う。
訂正:目は白い部分の後ろかな?Dsc_5917

   

●1月14日に湖岸からD500と500mmf5.6PFの手持ちで撮った鳥です。

ミサゴ
以前は漁の瞬間を狙って何度か遠征したが、過去何回かは漁が撮れず飛翔ばかりなので少し興味が薄れた。漁は迫力があるので大きな魚を掴んで水面から飛び出す瞬間を近くで撮れれば行きたいが、昨年は遠征してももう一つだった。
01dsc_6103_2

オオヒシクイ、ヒシクイかも?
オオヒシクイとヒシクイの違いを野鳥センターで聞いたことがあるが、オオヒシクイは亜種で違いはよく分からないとの説明だった。聞いた人が知らないだけだったのかも知れない。
02dsc_6136


03dsc_6141


04dsc_6149


05dsc_6150

コハクチョウ
06dsc_6178


07dsc_6756

ホオジロガモ
近くで撮りたいが岸近くに来ない。
08dsc_6275

カワアイサ
♂、♀共によく飛んでいる。
09dsc_6505

ヒドリガモ
10dsc_6568


11dsc_6631

オカヨシガモ
この冬、珍しく地元にもペアで来ている。
12dsc_6667

ハジロカイツブリ
数年前にすごい集団が泳ぐのを見たが、今年は見ていない。
13dsc_6305

野鳥センター前
最近、朝にコハクチョウとオオヒシクイの群れの混在を見るようになった。14dsc_6083

  
冬の湖北での撮影、手持ちでブラブラ歩くのも良い。オオワシだけに拘らず手持ちで色々撮った方が面白いが・・・・

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅠ 漁港で待った方が良かったような

 気合を入れてオオワシを湖岸で待つ。漁港で待とうかと思ったが、いつもの場所にした。9時15分頃に撮影ポイント到着、風が弱すぎたこともありマッタリして昼を過ぎても飛ぶ気配無し。1時を過ぎて今日は飛ばないかもで2時には帰ろうと思ったが、1時27分に飛びよった。こちらに向かってきたので”エエがな~”と思ったのも束の間でどんどん沖へ飛ぶ。対岸に行くのかいなと思った時に降下態勢に入り魚を捕りよった。帰りはこちらに向かって飛んできたが、またしても左側通過で半逆光となりにけり。漁港に居れば漁の距離は居た場所より近く、山への帰りも完全な順光で撮れたと思うと残念無念の撮影日となる。
まあ、しゃ~ないな、運の良い日もその内あるだろう。

今日は、D850と600㎜でTCを使ったが、天気予報とは違い晴れで空気がよどんでいたように思う。遠い距離の画像はボケボケ、遠くを飛ぶと一旦目を離すと見失い次に捉えるのが大変なのでファインダーで見続けた。見るならシャッターを押そうと断続的だが連写しまくり、飛び出してから山に戻る途中までで468枚撮影した。大気の状態が悪くTCを使ったこともあり、近くは良いが距離があるとボケ画像が多かった。

運よく飛び出しから捉えた
ノートリ画像
19011901

以下トリミングで拡大
19011902


19011903

行きは順光で良かった。
19011904


19011905


19011906


19011907


19011908


19011909


19011910

降下態勢に入ったが遠すぎた。ノートリ画像
19011911


19011912

漁の瞬間、良く見えなかったがとにかく連写19011913

1回目は失敗
19011914

少し飛んで2回目で捕っていたが、撮影中この辺りの連写は訳が分からず。
19011915


19011916

最初は真っすぐこちらに向かってきたが
19011917


19011918


19011919


19011920

途中で左を飛ぶ、右側なら順光で申し分なかったのだが19011921

獲物は口の開け方から鯉のようである。
19011922


19011923


19011924


19011925


19011926


19011927


19011928


19011929


19011930


19011931

手持ちなら山の麓に行ったが、ロクヨンだったので行かず駐車場に戻り引き上げた。湖岸での大砲の三脚撮影は移動がしんどいので退屈。

撮影機材:D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:855枚
移動:車、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2019年1月18日 (金)

カワセミ サービスの開始が遅過ぎる

 D5と300mmf4PF+TC14Ⅲでの勝負、カワセミのサービスを期待して行ったが、着いてしばらくは姿を見せたがサービス無し。今日はアカンかと思ったが、10時前からサービスが始まり何とか撮れた。流石D5と言いたいが、水際撮影では腕が追い付かずボケも多かった。この3日間、D7500、D850、D5と使用したが、TC使用にかかわらずD5のレスポンスが一番良かった。流石ニコンのフラッグシップ機。

曇り空のどんよりした条件でISOを1000以上に上げることが多かったこともあり、D5にしては画像が少し悪いかな。

19011801


19011802


19011803


19011804


19011805


19011806


19011807


19011808


19011809


19011810


19011811


19011812


19011813


19011814


19011815


19011816


19011817


19011818


19011819


19011820


19011821

  

アオバト

♀がドングリを食べる。拡大画像は1200pixel等倍
19011822

しばらくして川に下りたが、水を飲まずにUターン。
19011823


19011824


19011825


19011826


19011827


19011828


19011829


19011830


19011831

 

帰り道の公園で梅がチラホラ(昨日の撮影)
Dsc_5079


   
撮影機材:D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:445枚
移動:歩き  天気:曇り一時晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (3)

2019年1月17日 (木)

カワセミ サービス悪し

 今日もカワセミへ、昨日のサービスを期待してD850と300mmf4のTC無での水際撮影をチェックしようと思ったが、サービスが悪く十分なチェックが出来なかった。

19011701


19011702


19011703


19011704


ここからの拡大画像は、全て1200pixel等倍
19011705


19011706

対岸
D7500と300mmf4の等倍よりは良い。
19011707


19011708

TC14Ⅲ装着
19011709tc


19011710tc


19011711tc

アオバト
TC14Ⅲを外す
19011712


19011713


19011714

再びTC14Ⅲを装着
19011715tc


19011716tc

TC14Ⅲを外す
19011717


19011718

イソヒヨドリ
19011719_2


19011720


19011721


新PCのメールソフトを買おうと探し低価格のを見つけヨドバシネットショップで取り寄せを依頼した。撮影から帰ってからもう一度niftyのメールを調べると保存に期限は無かった。”良く調べないとアカンな~”と反省し即キャンセルした。

  
撮影機材:D850、300㎜f4(+TC14Ⅲ)、手持ち撮影  撮影枚数:345枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2019年1月16日 (水)

カワセミ  ありゃ~、メディアが入ってない

 D7500と300mmf4のTC無で、カワセミの手前側での水際を狙おうと行った。撮影ポイントに着いてシャッターを押し露出の確認、モニターで画像を見るとデモモードの表示、”ありゃ~メディアが入ってない”でガックリ、これまでに何度かある。中止で止めて帰ろうかと思ったが、撮影仲間にSDカードの予備が無いか聞いたところ、長老が持っていたので借りることが出来ヤレヤレ。
カワセミの出は登場しなかったが、少し時間が立ってから最近サービスの良い♀が登場し、チョコチョコと移動しながら飛び込みのサービスをしてくれたので満足の撮影が出来た。アオバトも期待したが今日は姿見ず。

カメラを胸の前で持ち目視で飛び込むの見て捉えるため、飛び込みが素早く浅ければ水際の失敗が多い。この川カワセミは水際での動作が速いので大半が失敗、飛び出してからピントが合う。  
19011601

対岸での水浴び、450㎜では短い。19011602


19011603

獲物が小さく撮れても面白くないが、獲物が小さい分何度も飛び込むので、これはこれで良いかも。
19011604


19011605


19011606


19011607


19011608


19011609


19011610


19011611

飛び込んだ瞬間が撮れ、この後の飛び出しピンボケ、少し振り過ぎているのかな?
19011612

完全に飛び出してから再びピントが合う。
19011613


19011614


19011615


19011616


19011617

これはまあまあ・・・・少し遅いか。
19011618


19011619


19011620

これぐらいが確実に撮れれば良いが、三脚が必要かな~。
19011621


19011622


19011623

  
  
止まりもの1200pixel等倍画像(クリックの拡大画像)
D7500の手持ちでは、カワセミの等倍拡大に少し無理があるかな。カワセミをドアップで見ると、他の鳥と違い羽の色合いが多少複雑で大きくすると少し汚く見える。特に♀は、あまり大きくしない方が良い。

19011624


19011625


19011626


19011627


19011628

対岸の止まりもの・・・ウ~ン~~
19011629


撮影機材:D7500、300mmf4、手持ち撮影  撮影枚数:472枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (2)

昨日のカワセミ画像

 昨日から少し風邪気味のよう。今日の朝も少し頭がボ~っとしている。多少熱があるようにも思うが、クシャミに咳に鼻水も出ない。少し疲れが蓄積しており、プラスで昨日のアルコールが残っているだけなのかな。外に出ると足が疲れるが、家に居てTVを見たりPCの前に座っていると肩が凝り、どちらにしても疲れる。気分的には少しでも外に出た方がマシ。

昨日のカワセミ画像
カワセミの動きは最近良くなってきたようだが、例年に比べればまだまだ悪い。他にサービスの良いカワセミが活躍する場所があるのかも知れない。最近、探して歩くのが面倒になってきた。
D7500と300mmf4+TC14Ⅲの600㎜手持ち撮影、対岸は良いが手前では少し長い。ズームレンズ80-400㎜を処分してしまったので、手前に的を絞りTCを外しか無いが、川の真ん中ぐらいまでは大丈夫だろう。01dsc_6512


02dsc_6535


03dsc_6538


04dsc_6606


05dsc_6634


06dsc_6665


07dsc_6705


08dsc_6708


09dsc_6737


10dsc_6739


11dsc_6740


12dsc_6747


13dsc_6756


14dsc_6786


15dsc_6893


16dsc_6895


17dsc_6920


18dsc_6929


19dsc_6932


20dsc_6933


21dsc_6943

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

アオバト飛翔  速すぎる

 朝からカワセミに行ったが、到着は8時前で誰も居ない。カワセミは、下流へ上流へと飛び捲ったので一人で追いかける。しばらくしてカメラマンが増えてきて5人までになったが、天気の関係か少なかったように思う。久しぶりにそこそこカワセミを撮り、アオバトも登場で水飲みには下りなかったが、数度飛んだので飛翔が撮れ11時頃に引き上げた。
アオバトの飛翔はドバトやキジバトより速い。オオタカやハヤブサに追われる時のハトは速いが、アオバトは常に同じぐらいのスピードで飛ぶのでカメラで追うのが大変だった。

カワセミは撮影枚数が多いので、今日はアオバトの飛翔を掲載します。

カワセミを見ていてアオバトが下(川)から飛び枯れ木に止まるのが見えた。川に下りて水を飲んでいたのかどうかは分からず。 
19011501

枝の向こうを急降下 
19011502


19011503


19011504

川に下りるかと思ったら、こちらの岸の上を飛んで前を上昇、少し下流の茂みに隠れた。
19011505


19011506


19011507


19011508


19011509


19011510


19011511


19011512


19011513


19011514

再び飛んだが林の上で空抜け。どんよりした曇り空で、感度を1000以上で撮影したので画像はもう一つ。
19011515


19011516


19011517


撮影機材:D7500、300mmf4PF+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:529枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

オオワシ2018-19ⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて撮ってもしゃ~ないが撮らんと話にならん

 D500と500mmf5.6手持ちで湖岸で漁狙い。期待通り11時過ぎに飛び出し魚を捕ったが、あまりにも遠すぎた。肉眼でかすかな点、一旦目を離せば2度と捉えられない距離だったので連写しまくり、10コマ/秒の断続的な連写で100枚は軽く越えたと思う。
漁とは言え撮ってもしゃ~ない距離の画像だが、撮らないよりマシというところ。

画像は、ノートリ2枚以外は全てトリミングで4倍に拡大、遠すぎる画像ではまともに解像しない大きさに拡大している。ピントがどうこう以前の画像である。

ノートリ、750mmの撮影でこの大きさ19011401


19011402


19011403


19011404


19011405

降下後かなり水面を飛んだ
19011406


19011407


19011408


19011409


19011410


19011411


19011412


19011413


19011414

少し上昇して方向転換、こちらに向かってくることを期待したがアカンかった。
19011415


19011416


19011417

帰りのノートリ
19011418


19011419


19011420


19011421


19011422


19011423

山の高い場所の木に止まる。
19011424

湖岸はこれまでと思い急いで山の麓に行ったが、着いた時に食べ終わっていた。獲物が小さい、ならばもう一度飛ぶと再び湖岸に行った。
19011425_2

12時を過ぎてから飛んだが飛び出したのを見逃す。帰りは捉えたが獲物無しで粘る。
19011426

1時45分頃に飛んだが琵琶湖に出てから西に飛び去ったのでセンター前に移動する。
19011427

旗に止まっていたがボートが近づいても飛ばず。長引くと思い3連休最終日で帰りの渋滞が気になり2時15分頃に終了、帰りの道路は空いていたのでもう少し粘っても良かったかな。
19011428

次回は、ロクヨンで湖岸で待とう。待つ場所を何処にするかが問題だ~。

  
撮影機材:D500、500mmf5.6PF、手持ち撮影  撮影枚数:682枚
移動:車、歩き  天気:概ね晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

撮影休み  オオワシ止まりもの

 今日は所用で撮影休み、家を出る前に掲載します。

1/10に撮影したオオワシ止まりもの。
鳥撮影の基本は止まりもの、オオワシも初めて撮った11年前は止まりものだけでも撮れて嬉しかった。今は止まりものは狙わないが、止まっている姿が見られればボケっとしていても仕方無いので、刻々変わる天気に合わせ露出確認も兼ねかなりシャッターを押している。オオワシの止まりものは、大半が枝被りなので撮ってもどうしようもない画像が多いが、この日は抜けた場所に止まったので狙って撮った。

  
ノートリ
01dsc_4094

以下の画像の拡大は、トリミングで1200pixel等倍
距離はかなり遠かったが、ロクヨンの三脚撮影で何んとかなった。
02dsc_4108

さすがにD850とロクヨンの三脚撮影というところ。
03dsc_4168

持って帰ってきた魚を飛べていたが
04dsc_4169


05dsc_4173

上にカラスが居たので気になり時々見ていた。この瞬間が狙い時で顔が入った画像が撮れる。
06dsc_4176


07dsc_4179


08dsc_4187


09dsc_4213

今シーズンのオオワシは食欲旺盛
10dsc_4220


11dsc_4233

食べ終わって向きを変え
12dsc_4241

飛ぶか・・・・
13dsc_4249

嘴を木に擦り付けて掃除、木移りで飛ぶと思ったが飛ばなかった。低い場所で食べた時は大概木移りで飛ぶが、少し高い場所なら飛ばないようだ。
14dsc_4263_2

  
麓の直ぐ下道路の脇に行って、ロクヨンの手持ちで撮った。短時間ならロクヨン手持ちでもまだまだ撮れる。トリミングによる拡大は適当。
15dsc_4275


16dsc_4282

  
オオワシも後1ヵ月少々、本腰を入れて湖岸での撮影に切り替えねば。西か南西の風のス少し弱い時に北に飛んでくれれば絶好と思うが、そうは思い通りに行かんやろな~、センター方向に飛ばれるとどうしようもない。北方向からの風が強い時は、浅い場所の波が高く魚も沖に集まり、かなり沖まで飛ぶのかなと想像しているが分からんわ。
オオワシの飛翔を見て、独りよがりで色々想像している。低いところを一直線で飛ぶ時は獲物をロックオン、フラフラ飛んで琵琶湖で比較的低い場所を旋回するときは飛行中に獲物を探している、高いところを旋回する時は何か気になるものが居り縄張りを視察・・・・。麓でボ~っと止まっているのを見上げていても首が痛くなるだけ。

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

オオワシ2018-19ⅩⅨ(2/2)  TC無画像(昨日の画像)

 朝外を見るとどんよりした曇り空、撮影に出る気がせずで撮影休みにした。

昨日のオオワシ、帰ろうと沼横駐車場に着いた時、琵琶湖上を少し西向きに沖へ向かって飛んでいた。野鳥センターの鳥情報では午後にセンター沖で魚を食べる姿が見られたそうだが、この時にどこかで魚を捕ったのかな。
一昨日、昨日と麓のカメラマンは少なかった。寒くて行き気がしなかったのか、それとも湖岸で待つ人が多くなったのか、いずれにしても麓で満足する画像を撮った人は多いのだろう。我も麓での撮影に心残りがあるが、湖岸で狙う日を多くするかな。待つ場所が外れたら、往復200km弱の遠征が無駄になるが行かないと撮れないので仕方無し。車のガソリン代は、1年を通して毎月2回満タンを見込んでおり、オオワシシーズンはプラスもう1回分見込んでいるので月9回は行ける。PC購入の出費を回収せねばならないが、金額が大きすぎるので季節もののオオワシ撮影をけっちても仕方無し、まあエエやろう。

掲載は昨日のTC無の画像

琵琶湖からの帰還は、風でスピードが速く途中でに逃がしたが、最接近辺りで再び捉えた。
02dsc_4548


03dsc_4549


04dsc_4553


05dsc_4554


06dsc_4563


07dsc_4568


08dsc_4571

見やすい場所に止まってくれる。
09dsc_4576


10dsc_4590

飛び出し狙いには良い場所で期待したが
11dsc_4607

またしても木の後ろから飛び、数枚は枝被りにピントを前の枝に取られる。12dsc_4608


13dsc_4613

風が強かったのか最初は少し降下気味で飛ぶ
14dsc_4617


15dsc_4618

水平を保ち北へ
16dsc_4632

再び石川の山に止まる。拡大画像は1200pixel等倍
17dsc_4646tobai

再び琵琶湖に飛んだ後帰ってきたが、頭上近くで高い場所を帰ってきた。日差しの関係で少しボケている。もう少し北側の低い場所を飛んでくれないとシャキッと撮れない。
18dsc_4688


19dsc_4692


20dsc_4695


21dsc_4711


22dsc_4714

ノートリ
23dsc_4716


完全に松の中に入り、麓からは見えずで寒かったこともあり引き上げた。帰りの車の中でクシャミ連発だったが、車の暖房のおかげで途中で収まった。風邪は引かなかったようである。風が強いとオオワシはよく飛ぶが、冷たい風が強すぎるとこちらの身が持たぬ。

| | コメント (2)

2019年1月11日 (金)

オオワシ2018-19ⅩⅨ(1/2) 冷たい風が強く1時半前に引き上げた

 二日続けてのオオワシ、今日も麓で撮影した。一番の狙いは魚を掴んで帰ってくるところだが、D850とロクヨンにTC14Ⅲを装着しTC無しに比べてどの程度画像が劣化するかもチェックしたかった。チュウヒで何度か使用しているのでチェックするまでも無いのだが、オオワシでも一度調べておく必要有り。そろそろ気合を入れて湖岸と思っているが、最近オオワシが獲物を捕る場所はかなり遠い。湖岸での撮影は移動しやすい手持ちをメインにするつもりだが、一発狙いで綺麗に撮るにはロクヨンが一番、移動がしんどいので定点撮影となるが、そのための予行演習みたいなもの。もちろんTC無しでトリミングで拡大する方が綺麗だが、トリミングでの拡大ではオオワシの大きさに限度がある。
9時過ぎ到着、冷たい風による寒さに耐えきれず1時半まで粘ったがチェックは出来た。魚持ち帰りが無かったのが残念。TC装着は、やはり多少画像は劣化するが問題ないようである。

次回は湖岸で待つが取り合えず手持ちで様子見、良く飛びそうな日を見計らって気合を入れて湖岸で待つ。麓での撮影、画像的には十分満足していないが、漁の瞬間も狙わねば。

  
今日の掲載はTC装着での画像

かなり高い場所に止まっていた。飛び出し狙いで、”正面に一旦飛び出し北に向かってくれ” と期待したが・・・

19011101

向きを変えて木の後ろから北に向かう。木に足が着いているところから飛び出しが撮れたが木と枝の被りもの。
数枚後の画像。
19011102

飛びもの撮影で重要なのは連写で何枚ピントが続くか、TC装着でも問題ないだろう。
19011103


19011104


19011105


19011106


19011107

ここから、また枝被り。以後の画像は枝にピントを撮られボケ画像が続く。
19011108

後ろが抜けてピントが合う。
19011109

琵琶湖に向かうかと思ったら背後の松に入りよった。
19011110

風が強かったので少しでもマシな場所への気移りだった。
19011111

しばらくして飛び出し、正面に向かってきてから方向転換。
19011112

この画像を見る限りTC装着の画像劣化を感じない。
19011113


19011114

  
ここから1200pixel等倍に拡大(クリックによる拡大画像)
19011115


19011116


19011117
   
 
19011118

琵琶湖に飛ぶかと思ったら、少し北にある工場の前の山に止まる。
19011119


19011120

琵琶湖に飛び出したので帰りを狙うためTCを外した。
19011121

ノートリ画像
19011122


TC無の画像は後日。

  
撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:440枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

オオワシ2018-19ⅩⅧ 今シーズン三度目の気合を入れての撮影

 天気予報は曇り空、快晴の日よりは良い条件と思い湖北へ、今シーズンでは3度目のロクヨンを持って行った。少しどんよりしすぎ、距離が遠かったこともあるが画像はもうチョイというところ。500mmf5.6PF手持ちなら上出来というところだが、ロクヨンでは物足りない。
いつも通り9時頃到着で沼横の駐車場に車を止め、麓に向かって歩いている時に琵琶湖へ発進、頭上近くを飛んで行ったので機材をその場でセットし琵琶湖の方を見ていたが、何気なく山を見ると止まっていた。どこから帰ってきたのか不思議だったが、直ぐに飛ぶかと思い急いで歩いたが、次に飛んだのは12時前だった。獲物を捕って石川の神社の後ろの山に止まったと聞きガッカリしたが、帰ってきた人から山に止まった後再び琵琶湖に飛んだと聞いたので、魚を持ち帰りを期待して漁港方面を見ていたら帰ってきたのでヤレヤレ。枯れ木に止まって食べた後、また飛ぶかと期待して待ったが、飛びそうになかったので2時頃に引き上げた。
飛び出しと魚持ち帰りが撮れたので良しとしよう。
  

19011001


19011002


19011003


19011004


19011005


19011006


19011007


19011008


19011009


19011010

  
   
19011011


19011012


19011013


19011014


19011015


19011016


19011017


19011018


19011019


19011020


19011021


19011022


19011023


19011024


19011025


19011026
   
   
19011029


19011028


撮影機材:D850、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:579枚
移動:車  天気:どんよりした曇り空で一時薄日が差す
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

撮影休みⅡ オオワシの獲物(魚)を見る

 昼から撮影に出ようかと思ったが寒いので止めた。昼からは暇だったので過去の画像から、これまでオオワシの撮った魚の大きさをざっと見てみた。

一昨日3度目に持ち帰ったブラックバス、そこそこ大きかった。01190107

ここ2、3年の大きめの魚
02161202

これは大きいと思う。
03161205


04170108

 
一方、ミサゴが捕った最大のドデカサイズの魚がこれだ。この日は、全て別のミサゴと思うが数回見れた。この日以降は、このサイズの魚を捕るのは見ていない。これに近いサイズはある。
漁の仕方の違いによるものだろうが、ミサゴの獲物がこのサイズなら、体の大きなオオワシが日に2,3回捕るのも当たり前かも知れない。
05dsc_6481

  
Dsc_6546_2

| | コメント (0)

撮影休み

 カワセミに行くつもりだったが、朝外を見るとショボついていたので止め、新PCのインストール最終仕上げを行う。
セキュリティーは、昨日の午後に廃却したPCのライセンスを削除して新PCに変更したが、今朝はExcelの変更を行った。廃却したPCの登録を削除しようと思ったがやり方が分からず。MSのサポートに電話しようと思うも受付開始前、取り合えずインストールのダウンロードを行ったが、正常にインストールが終了し普通に立ち上がった。動くならエエかと思ったが、サポートの受付が始まってから確認の電話をした。故障で廃却したならそのまま使って下さいとのことだった。プロダクトキーの使用可能台数は2台、インストール登録でチェックしているのではなく、実際に動いているのを自動チェックしているのかも知れない。ならば3台にインストールしても同時使用が2台以下ならば、チェックをすり抜けられるということか・・・よう分からん。
無料のメールソフトを探したが、Thanderbirdとやらが評判が良いようだったが、出所がよく分からないので止めた。取り合えず新PCでは、保存期間が短いがnifty-webメールで見られるのでエエやろう。メール保存はサブのPCのWindowsLiveメールで行う。都合が悪ければOutlookを購入しよう。
これで、メインPCの復旧は完全終了。
尚、MSのサポートは、内容により対応が細分化されており、次から次へと番号選択の要求があった。窓口につながるまで、7つぐらい携帯のボタンを押したが、これだけ押したのは初めてや。

  
掲載画像は、一昨日の湖北でオオワシ以外に撮影した猛禽。野鳥センターの鳥情報では先日オジロワシが山の近くを飛んだとか、昨年も飛んだがその日は行かなかった。機会が有れば撮りたい猛禽である。

チュウヒ
一度雪山バックの飛翔狙いでチュウヒの撮影地に行かねば。昨年は2月に撮ったかな。01dsc_3186_2


02dsc_3187


ノスリ
03dsc_3263


04dsc_3236

トビと比べれば小さい
05dsc_3255


オオタカ
06dsc_3291


07dsc_3320

 

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

地元でカワセミとアオバト

 地元のカワセミに行った。最近は時々♀がホバを連発することがあるようだが、残念が着いた時に居たのは♂、しばらくして別の♂が登場していつも通りの追いかけっこ。♀も登場したが居た間は良いところがなかった。日替わりで良くなったり全く駄目だったりするようで、良い日に当たらないと良い場面は撮れずの状況かな。
アオバトの水飲みも撮ったが、いつも通り木に戻る時は後ろ姿しか撮れず。

カワセミ
19010801


19010802


19010803


19010804


19010805


19010806


19010807


19010808


19010809


19010810


19010811


19010812


19010813


19010814


19010815


19010816


19010817

  
アオバト
まず♀が下りた
19010818

続いて♂がおりたので♂を狙う。
19010819

今日の水飲み時間は長かった。
19010820


19010821

対岸に帰るので飛びものは後ろ姿、仕方なし。
19010822

  
モズ
ここでは行けば必ず撮れる、飛びものも狙ってみた。
19010823


19010824


19010825


19010826


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:350枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

オオワシ2018-19ⅩⅦ(2/2) 昨日の残り画像

●着いて最初の魚持ち帰り
 南側を飛んでの帰還、帰ってきたの声で分かったが、一人なら見逃していただろう。
半逆光なので綺麗に撮れず。現場での拡大確認でそこそこの大きさと思ったが、港に車で走り撮った知り合いの話では小さいとのことだった。帰ってからの確認ではやはり小さいかなとも思うが、オオワシの漁の瞬間(足で魚を掴み後ろに跳ね上げる)を見ていると、飛び込んで魚を掴むミサゴのように大きな魚は捕れないと思うので、そこそこの大きさと違うのかな。ミサゴは海でドデカサイズの魚を捕るのを何度も見ているが、オオワシがそのサイズぐらいの魚を掴んで飛ぶのは見たことがない。
魚は体高がありフナ40㎝クラスかな?
01dsc_3117_2


●魚を完食して山の斜面に向かう飛翔
 前の道路横の空き地で待った。止まっているのが見えずで適当に予測したが、少し下から飛び出し慌てる。
02dsc_3140

  
●3度目の魚持ち帰り後
 獲物はブラックバス、大きな口を開けているが目も見える。等倍拡大
03dsc_3436


04dsc_3468

 大きな口を開けて食べ始める
05dsc_3498

 ここからは等倍拡大
06dsc_3512

 食べ終わった後嘴を木に擦り付けて掃除
07dsc_3536


08dsc_3541


09dsc_3547


10dsc_3549

 迫力のある顔、オオワシの顔は向きによって精悍な表情と間の抜けた表情が見られる。嘴が大きいからと思う。正面から見ていて下を向くともう一つ。
11dsc_3553


12dsc_3554

 トリミング拡大を元に戻す。
13dsc_3555

 魚を3尾食べると糞も長い。
14dsc_3567

 少し下がったので全身が見えた。
15dsc_3581

 更に下に移動
16dsc_3586

 枝被りになるが
17dsc_3595

 再び移動
18dsc_3601


19dsc_3608


20dsc_3610


21dsc_3612

 再び良い場所に移動してくれた。
22dsc_3615


23dsc_3624

 ここからこちらに向かって飛び出してくれ、絶好の飛び出し撮影チャンスだったが腕力の衰えでカメラを下した瞬間で撮れず。これが撮れていれば・・・・
24dsc_3632


●3度目の食事後の塒入り飛翔の後半画像
 青空バックが良かった。
25dsc_3699


26dsc_3705_2


27dsc_3706_2

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

オオワシ2018-19ⅩⅦ(1/2)  3度魚を持ち帰る

 天気予報では曇りで気温も低かったので、ブラブラ歩けるよう手持ちでオオワシに行った。現地に9時過ぎに着いたが、良い天気でロクヨンを持ってくれば良かったと後悔したが仕方なし。今シーズンのオオワシ、腰を痛めたこともありロクヨンをあまり使っておらず、ケースで眠っているのが勿体ない。
着いた時、オオワシは不在でカメラマンは手持無沙汰、取水塔に止まっているとの情報が有り、麓に来ずに湖岸に行けば良かったと後悔したが仕方なし、帰ってくるのを待つことにした。7時過ぎぐらいに一度魚を持って帰っており、すぐに飛んだと聞いたのでガッカリ。しばらくしてオオワシは南側から帰ってきて塒方面に消えたが、魚を持って帰ってきたので更にガッカリ。時刻は9時40分、今日は終わりと思ったが、帰るに帰れず少し様子を見ることに。11時前に出てきて山の高い枯れ木に止まりよった。縄張り周回で飛ぶかもと思い1時まで待つことに。期待通り12時45分頃に飛び出し一直線で北に飛んで行った。あまり良い画像が撮れていなかったので帰りを待ったが、センター方向から魚を掴んで帰り低い茂みに隠れた。ならば食事後の飛び出しを撮ろうと抜けているところ探し待った。1時20分過ぎに飛び塒に消えたが、飛び出しはいつも通り構えていてカメラを支えきれずになり下ろした瞬間、麓の飛び出し狙いは”やはりロクヨンで三脚撮影やな”と思いながら引き上げた。
1日で3度の食事は行った時では初めて、食欲旺盛でまだまだ元気の証。

今日は、魚持ち帰りと食べた後の飛翔を掲載。残りは明日

どこで捕ったのか知らないが、晴れの日の昼前以降にセンター方向から帰ってきたらアカンではないかい。半逆光でまともに撮れず。18010701


18010702


18010703

獲物はブラックバス
18010704


18010705


18010706


18010707

諸逆光を過ぎてから再びシャッターを押す。
18010708


18010709

低い場所に止まった。
18010710

前に枯れ枝が有り立っていた場所からはまとに撮れず。隙間を探して撮ったが前の太い枝が邪魔、後ろに下がれば距離は遠くなるが、全身が見える場所があったのかも知れない。
18010711

食べ終わり前に出てきたので構え続けたが、500㎜f5.6PFでもしんどく下した瞬間に飛び出しよった。
18010712

ここからしか撮れずで残念、もう少し我慢していれば木に足がついた飛び出しが撮れただろう。
18010713

距離が近かったので、手持ちでも画像は満足。
18010714


18010715


18010716


18010717


18010718


18010719


18010720


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持ち撮影  撮影枚数:598枚
移動:車、現地は歩き  天気:晴れのち時々曇り
撮影経費:0円  

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

新パソコンの立ち上げに苦労する

 昨日の夜に新PCが配送されてきたので、今日の朝9時過ぎから立ち上げを開始した。配線が終わり電源をいれると、音声は聞こえたがモニターが表示しない。切り替え器を付けて、モニター、キーボード、マウス1式で切り替えにより2台のPCを動かしているので、何か不具合があるのかと各配線を直接新PCに接続したが同じ。ならばアカンとは思ったが、液晶TVに接続してみたが同じ。メーカーのサポートに電話すると今日まで休み。仕方なしでJoshinに電話すると、”持ってきてもらえば知識のある者がいるのでチェックします”とのことで急いで車で持って行った。
原因はすぐに分かったがアホらしなってきた。モニターを従来通りD-sub端子に接続したのだが、最近のはHDMI端子になっていたのだ。書いたものがなくD-sub端子がついているので使えると思うではないかえ。機種によっては使えるものがあるのか、ボードを変更すると設計変更になり製作にも余分な費用がかかるので、そのままにしているのかな。変換アダプタとHDMIの配線を買って帰り、何とか無事に立ち上がった。
インターネット回線は、フレッツ光の設定ディスクで簡単に接続できたので、とりあえずニコンのHPからCapNX-iとNX-Dをダウンロードし、それ以外の画像ソフトもインストールした。メールは、とりあえずNifty-webメールの使用で直ぐにみられるようになったが、メールの保存期間が短いので他の無償ソフトを探す。最悪他のPCで保存すれば問題無し。ノートンの60日間使用できるセキュリティーが入っているが、ライセンスを3台分持っているので、廃却したPC分を削除し今回のPCにどう変えるか調べなければならない。
インターネットが見られ、デジカメで撮った画像.の処理とブログへの送信が無事出来るようになったので、後はボチボチでエエやろう。結局、昼飯抜きで1時半頃までかかり、昼食後に画像ソフトをインストールし3時頃までかかった。

新PCは、GatewwayのDX6785-N78J/GA、プロセッサCorei7-8700、メモリは8GBで前の16GBより少なくなっているが、DDR3からDDR4になっており(周波数が速くなったのかな、よく知らん)、全般の動きがかなり速くなり。D850の画像もスイスイと処理できるので買い替えの価値はあった。自分の用途ではこれ以上の高速化は必要ないが、何年故障せずに使えるかが問題。

  
掲載する画像が無いのでPCの正面画像でも
Dscn0752_2

| | コメント (2)

2019年1月 5日 (土)

撮影休み

 購入したPCが今日入るので不要PC3台をJに持って行き廃却した。
PCを初めて購入したのは20年少々前、モバイル型ノート(W98)に始まりデスクスクトップ(W2000)、ノート(XP)、以後の3台(今日入手品は含まず)はデスクトップである。
最初の3台はソニーのVAIOで高かったが、以後の3台は価格を抑えてGatewayにしている。何度も買い替えた理由は、デジカメ画像の処理能力である。最初のノートは、デジカメを購入後すぐに能力不足となり高かったデスクトップを購入。当初はjpegで撮っていたが1000万画素を超えると能力不足で性能の良いノートを購入、jpegからRAWへの変更でこれまた能力不足で、Gateway(VISTA)のデスクトップを買った。
しかし、D800Eの3600万画素では×1.2で撮っているにも関わらず、1枚の画像一連の処理で数分かかり使いものにならず、少し高性能の物を買った。これが今回の故障品で3年ぐらいで一度おかしくなった。5年保証に入っていたが、メーカー送り返しでハードの故障で無いので保証の範囲外とかで、量販店の店員がHDを壊してもらえませんかと言いよった。壊し方が分からず抜いて傷でも付ければ良いのかと思ったが、不自然なので格安のPCが有り買い替えた。残念ながら特価品で故障したPCより処理が遅く、結局故障したPCを修理に出した。このPCの今回の故障はHDの破損(多分)だが5年保証の期間は過ぎている。聞くところによるとPCも当たり外れがあるようで壊れるものもあるようだ。
今までのPCは、壊れる前に処理能力が不足し壊れる前に買い替えていた。カメラの高画素機を買わずRAWで撮らずjpegのままで続けていれば、Gatwayの1台目(Vista→7→10)で十分だったかも知れない。PCでの浪費の元はデジカメ撮影に有り。
最初の3台はPCを初めた以上仕方ない費用だが、Gtewayの2台目以降の費用はヨーロッパ1週間の費用にも満たないが、自分にとっては浪費かな、D800Eを買わなければ・・・・?

朝から故障したPCとソニーのノート2台をJに持って行き無料回収してもらった。ソニーのディスクトップは昔に人に譲った。Gatewayの1台目も廃却と思ったが、W10を入れておりRAWのデジカメ画像を処理しなければ十分使えるので置いておくことにした。XPのPCはHDディスク抹消(3時間かかった)、W98のノートはバッテリーが空なのかウンともスンともいわずで、念のため裏蓋を開けプリント版を壊した。どこまで壊れたのか分からないが大したデータは入っていないだろう。

新しいPCは、夕方に入るので明日に立ち上げるが、セットアップとソフトインストールで半日かかるかな。セットアップは数年に一度しかやらないので、光回線、プロバイダー、メール他のセットアップを思い出しながらやらなければならない。特にメールのソフトに何を使うか、Windowsliveメールは新規インストールが出来なくなっており、niftyのwebメールは保存期間が短い。他に何か無料のソフトがあるか探さねばならない。

尚、修理業者が帰ってから電源が入らなかった件、帰ってからメモリーの抜き差しをしたが、その時挿入が不十分できっちり入れると業者が来る前の状態に戻った。7→10への無料アップデートの際、バックアップ用のデータを作成しておりW10のDVDもあったので色々やってみたがアカンかった。WI10のライセンスキーはデジタル認証とかで、正規購入PCではアップ時に認証されており不要(?)とMSの何かに書かれていた。PCのことも、もっと調べて勉強せねば無駄なことをやり費用もかかる。

  
掲載画像は昨日の残り

V3と300mmf4での撮影
飛び出しの瞬間も撮れていたが、エナガの動きが速すぎSS1/320では止まらずボケボケ。
Dsc_0606

D7500と300mmf4+TC14Ⅲの画像
Dsc_6066

ハジロカイツブリ
Dsc_6070

センター前のオオワシをトリミングで3倍に拡大した。日差しのある日のこの場所での撮影は朝の内だけ、昼を過ぎると半逆光→逆光で画像が滲んでアカン、大砲でも大して変わらないだろう。
Dsc_6074_1


Dsc_6092_1

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

オオワシ2018-19ⅩⅥ 今年の初日はV3と300㎜f4手持

 年が明けてのオオワシ初日は、V3と300mmf4で飛び出しの20コマ/秒連写と飛翔のSS1/60の流し撮り狙いで行った。9時半頃から1時過ぎまで麓に居たがオオワシは飛ばず、諦めて湖岸経由で野鳥センターの駐車場に向かったが、途中ミコアイサを撮ろうと漁港に入った1時半頃に野鳥センター前に飛びよった。急いでセンター前に行ったが、沖のポールに止まり2時半まで待ったが動きが無かったので引き上げた。後30分ほど麓で頑張っていたら飛び出しが撮れたと思うが、日差しが強かった時間帯で綺麗には撮れなかっただろう。
尚、コハクチョウが田んぼに飛んでくれば行って流し撮りをするつもりだったが、今日は麓から姿を見ず飛んで来なかったようである。

画像は全てトリミングで3倍に拡大

軽量機材手持ちの強みで前に行ったり後ろに下がったり、日差しが変わると何度かウロウロした。止まりものは同じ場所で撮っても仕方なし。

一番前
19010401


19010402

止まっていた場所は正面道路側からでは最悪で完全枝被り。一番長く撮ったいた田んぼ側の中ほどだが枝被り、この木に止まられると直ぐ前かかなり後ろに下がらないと全身が見えない。
19010403


19010404


19010405

かなり後ろからの撮影
飛び出してから狙うなら前からでも良いが、飛び出しも狙うなら前の枝にピントが取られるので後ろに下がった方が良いだろう。ただし、大砲にTCが必要。
19010406


19010407

昨日は2回餌を撮ったとかで今日は飛ばないとは思っていたが、最後に飛ぶとは最近のオオワシは動きが良いようである。
19010408

日差しが強くなるとボケが多くなり急に歩留まりが悪くなった。距離が遠く日差しが強くなると、一眼レフでもボケが多くなるがV3では無理のようだ。分かっているがV3使用の日だったのでシャッターを押した。
19010409


19010410

SS1/60での撮影はボケばかり、飛びものは無理だろう。
19010411

サブでD7500を持って行ってたので、最後にカメラを変え足早に移動して撮り麓を後にした。
19010412


19010413


19010414


19010415

センター前での撮影 ノートリ
19010416


撮影機材:V3/D7500、300mmf4/300mmf4+TC14Ⅲ
撮影枚数:262枚/94枚
移動:車、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2019年1月 3日 (木)

何じゃかんじゃでPCを購入した

 結局、PCを新規に購入したが太っ腹も大概にせんとアカン、サブのPCもよく固まることがあるので、新しいのを1台買うことにしたが、新品も同様なら大ショックを受ける。キーボードの早打ちが原因かもとも思っているので・・・・

修理で見てもらったPC、修理員が帰ってから電源を入れると症状が更に悪くなっており、止めを差したんかと疑ってしまう。費用が高くなるようなら廃却するつもりだったので、エエけどな~~~、PCの自宅訪問修理とはどういうものかは分かった。2度と・・・・
ショックだったのが、PCの横を外して中を見るとメモリーが4GB4枚でありゃ~。8GB2枚ならサブ機の4GBを8GBにして16GBに出来たのだが残念、購入時に増設してもらったので知らなかった。購入したPCはメモリーが最新のもの(?多分)で、古いのは型が違い使用できず、これまたまあエエか。新しいPCはスロットが2つで4GB2枚、32GBまで増設出来るので状況を見て買い足すしかないが、よく調べていないが最新の16GB2枚は高そう。
Jで買ったが、もうちょっと安くならんかと聞いたら多少安くしてくれた。喜ぶほどの金額では無いが言わないと損、言ってみて出来んなら”そうでっか”で済む。どこの量販店も同じではないかいな、Yもカメラやレンズを買う時に”もうちょっと安くならんか”と言うと、最近は多少は引いてくれる。
古いPC4台を廃却するつもりで、HDの完全消去17とやらのソフトを買った。Jに持って行けば無料で引き取ってくれる。1台は今回の故障品、2台は15年以上前のノートで今は使い物にならず、もう1台はD800E購入時にデータ容量が大きすぎ直ぐに固まり使い物にならなかった物。インターネットぐらいなら見られ、TVの横に置いて時々TV画面でインターネットを見ているが、大きすぎて邪魔なので新しいPCが完全に立ち上がれば処分する。

ということで、また出費大の日となりにけり。今使っているPCが、頻繁に固まらなければ(最近増えこれまた故障前かと疑っている)、新しいPCの購入は数年後にしたのだが仕方無し。

  
掲載はV3と300mmf4PFの等倍画像

ISO400、SS1/800
ノイズが多少目立ったのでベタ画像がさらにベタになる。
Dsc_0508

以下2枚はISO160、SS1/60
ミラーレスとはいえ、SS1/60での手持ち等倍画像はあまい。
Dsc_0549


Dsc_0572

| | コメント (0)

撮影休み  故障したPCを修理することにした

 昨年故障したPCは6年前の物で修理に費用をかけるより、性能的に数年後に新しいのを買い替えた方が無駄な修理費を使わず良いだろうと、修理しないつもりだった。
年末、プリンターのインクを買いにJoshinに行った時、PCのコーナーに行き10万円少々の最近のモデルのスペックを見ていると、故障したものと変わらないではないか。プロセッサーは変わらずメモリーの最大増設容量が32Gbに変わっているぐらい。PC売り場の定員さんに聞くと、最近のは動画処理の能力がかなり進歩しているが、動画で使用しないなら少し前の物なら大して変わらないとの話。
動画は扱わないので、今のPCを直すかでネットで色々調べると、症状からHDの故障が原因臭い。HDを交換してWindows10を再インストールかと思ったが、7から無償で10にアップしたもので、Windows10の再インストールの仕方と元のプロダクトキーが分からない。Windows10を新規に購入するとしたらHDディスクも含め3万円ぐらいかかる。それで直れば良いが、原因が他であれば無駄な出費になる。仕方無しでメーカーのGatewayサポートに電話し、訪問で直してもらうことにした。年中無休で正月もOKとのことだったので、平日は鳥撮影があるので暇な正月の今日に来てもらうことにした。なんぼかかるかな?
昨日、ヨドバシのネットショップを見ると500mmf5.6PFのレンズコートが12月発売で掲載されていた。在庫は無く取り寄せになるが2万円少々、ネットからの直接輸入なら安く買えるそうだが面倒くさい、既に発売中のネット通販ホビー何とかと価格が変わらないので、店頭受取で頼んだ。
正月早々、太っ腹じゃ~!

PC持ち帰りになれば、その後のソフト・再インストール作業が無いので撮影に出るかも知れない。

<PCの修理業者が来てからの追記>
来てくれたのはメーカーでは無く契約しているサービス専門の業者で、故障診断の結果予想通りHDの故障だった。メーカーへ送り工場修理でHD交換となると5万円を下回ることはなく、出荷状態となるのでWindow7の元の状態になるとのこと。7のままで使用すると現状状態のサービスパックが訳1万5千円、windowos10にアップするなら製品版が1万8千円でたいして変わらず。再訪問で2千円ほどかかる。安くても7万円、6年前のPCで他の部品も直ぐに壊れる可能性があるとなると”修理など出来るかえ”で修理は止めた。自分でHDを交換して製品版の10のインストールは出来るのか聞いたが、自作PCを作る能力が無いと上手くいかない可能性が高いとか。ホンマかどうか分からないが新品を買った方がマシ。
訪問と診断料8,640円は高くついたが、これ以上の無駄な出費を抑えるための勉強にはなった。

取り寄せを依頼したレンズコート  ヨドバシ.comより
00

  
掲載は年末に撮ったユリカモメ

Dsc_4523


Dsc_4568


Dsc_4572

  
Dsc_4625

     
Dsc_4630


Dsc_4621

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

2019年の初撮影はカワセミ

2019年初撮影、カワセミカメラマンの初撮影は毎年カワセミでスタートする。昨日の夜8時頃に寝たが1時間ほどで目が覚め、その後12時過ぎまで眠れず、起きたのは7時前で睡眠は十分だったと思うが、しんどくてV3と300mmf4の最軽量機材での出陣となる。昨日、朝に日本酒を飲み夜もいつも通りに飲んだので、その影響が出たのかも知れず。
9時頃から2時間ぐらいの撮影で引き上げた。

年初めの1枚目は止まりもので十分。
少し上流での撮影では無く、上の♂と思ったがよく見ると昨年に支流で初めて見た若♂、出没場所が変わってきたようだ。
19010201


19010202

曇り空、V3はISOを大きくするとベタ画像となるので、SSを速く出来ず止まりものに集中する。数年前の水際撮影絶好ポイント、期待したが飛び込まず上流に移動。
19010203

中流で♀登場
19010204


19010205

最近、ホバを繰り返すのでSS1/60のスローシャッターで狙うことにした。
19010206


19010207


19010208

期待通りホバを披露してくれたが短すぎた。
19010209

そこそこの画像は上1枚のみ、この画像は完全にブレている。
19010210

そのまま川に飛び込むが近すぎて810㎜では追えなかった。
19010211


19010212

カワセミが完全に流れている。こっれがホンマのカワセミ流し撮りだ~。
19010213

腕をもっと磨かなければ、SS1/60で水際からの連写は上手く撮れません。
19010214

  
久しぶりのアオバト♀
19010215

水飲みに下りた
19010216


19010217

撮れたのは止まりもののみ、飛翔はカワセミ以上に撮るのが難しい。
19010218

♂も顔を見せる
19010219

  
モズ♀は相変わらず前をチョロチョロ動く
19010220

  
撮影機材:V3、300mmf4PF、手持撮影  撮影枚数:280枚
移動:歩き  天気:曇り後時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

190101_2


今年も一年を通じて撮影を楽しみたいと思っています。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »