« 月相手にD850と500mf5.6PFの手持ち低SSの限界チェック | トップページ | チュウヒ2019Ⅰ 餌渡し失敗が見られた »

2019年2月26日 (火)

オオワシ2018-19 総集

 オオワシが北帰したので、今シーズンのオオワシ撮影を振り返る。

今シーズンは、通ったのが32回でそれなりに撮れたが、この1枚という良い画像が撮れなかった。前半の紅葉バックは、オオワシそのものの画像は昨年より良かったとは思うが、紅葉そのものがもう一つで今後も期待できないように思う。漁の瞬間は、撮れたが遠すぎて話にならず。魚を掴んでの飛翔も良い条件で撮れず。畑に雪が積もり照り返しで綺麗なオオワシ飛翔を期待したが、雪が昨年のようには積もらず撮影チャンスが無かった。これまで何度か撮っているが、いずれの画像もPCのトラブルで元画像を消失しており、今シーズン撮ってまともな画像を残したかったので残念。
機材は、12月に軽度のぎっくり腰を発症しロクヨンの使用は控え、D850と500mmf5.6PFの手持ちを多くした。車の運転と歩くのには支障が無かったので、撮影に行けたのは幸い。
1月後半になり北側湖岸で待つ回数を多くしようと思った矢先に、オジロワシ登場でオオワシの行動が変わってセンター前が多くなり、何処に飛ぶか分からなくなったこともありガッカリ。センター前も北側湖岸も漁は今シーズン遠くが多いので、手持ちでの漁狙いは諦め麓で飛翔を撮ることにして今シーズンが終わる。
普段撮りでは使わないロクヨンの使用が少なかったのが心の残りだが、今年の11月に再び来てくれると思うので来シーズンはロクヨンで頑張ろう・・・今は思う。

今シーズンの総集で各撮影日1枚を掲載、ブログ掲載画像より適当に選んでいます。

11月18日 Ð500と500mmf5.6PF手持ち
飛来から2日目に様子見で手持ちで行った。
181118d500500

11月80日 D850と500mmf5.6PF手持ち
帰ろうと正面道路を麓まで走った時に北に飛び、琵琶湖近くの山の斜面に止まったので急いで沼横駐車場に車を止め風が強く土手の下で飛ぶのを待ち、飛んだので急いで湖岸に行ったが漁初撮影は後ろ向きとなる。距離は比較的近かった。181120d850500

11月21日 500と600mmf4E 手持
雲台取付プレートを忘れ終日手持ちで撮影したが、重すぎてしんどかった。良い色が出ていると思うがロクヨン手持ちでオオワシがブレる。181121d500600temochi

11月24日 D850と500mf5.6PF+TC14Ⅲ 手持
飛ばなかったが秋色を探した。
181124d850500tc14

11月26日 D850と500mmf5.6PF 手持
塒入りまで待ち飛び出しを狙った。D500とD850、高感度はやはりフルサイズのD850の方が良い。価格の差だろう。
181126d850500

11月29日 D850と500mmf5.6PF 手持
181129d850500

12月1日 D7500と500mmf5.6PF 手持
紅葉バックの飛翔が撮れたが色がもう一つ。手持ちでは山の木バックのピン抜けが多く歩留まりが悪い。
181201d7500500

12月7日 D850と500mmf5.6PF 手持
湖岸で待ち期待通り飛んできたが、遠くまで飛び何も捕らずに引き上げよった。
181207d850500

12月10日 D850と500mmf5.6 三脚使用
止まる瞬間勢い余って前に落ちそうになる。あまり撮ったことの無いシーン。
181210d850500sannkyaku

12月13日 D850と500mmf5.6PF 三脚使用
茂みの中からの飛び出しが撮れたが、周囲にピントを取られ歩留まりが悪かった。飛び出す格好が面白い。
181213d850500sannkyaku

12月15日 D500と500mmf5.6PF 手持
今シーズンでは初めて飛び出しがまともに撮れた。
181215d500500

12月19日 D850と600mmf4E 三脚使用
飛ばずでロクヨンを持って行った甲斐が無かった。
181219d850600

12月21日 D7500と500mmf4、Ta18-400㎜ 手持
湖岸で待ったが漁は遠すぎ、直ぐに麓に行ったがトビの大群がオオワシの周りに居り、オオワシが逃げたので見える場所に行った。トビはしつこくオオワシにアタック、オオワシは立って防戦。画像は500㎜f5.6
181221d7500500

12月24日 D5と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
青松からの飛び出しは、枝が邪魔になって面白い格好で飛び出す時がある。181224d5600tc

12月25日 V3、D7500と500mmf5.6PF 手持撮影
山裾のピンポイントで抜けてる場所を教えてもらい撮る。V3の1350㎜で今シーズンでは最短距離での撮影。
181225v3500

1月4日 V3と300mmf4 D7500と300mmf4+TC14Ⅲ 手持
飛ばず
190104v3300

1月7日 D850と500mmf5.6PF
魚を持って帰ってきたが日差しとの関係(半逆光)で綺麗に撮れず残念だった。
190107d850500

1月10日 D850と600mmf4E 三脚使用
カメラ目線のオオワシが偶然撮れる
190110d850600

1月11日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
ロクヨンにTC使用、日差しに対して角度が良ければ解像するが、歩留まりが悪いのでTCはD5以外あまり使わず。
190111d850600tc

1月14日 D500と500㎜f5.6PF 手持
漁を良い角度で撮れたが遠すぎた。
190114d500500

1月19日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
大きな魚の持ち帰り、これも半逆光で右側を飛んでくれれば完璧に撮れたと思う。
190119d850600tc

1月23日 D850と600mmf4E 三脚使用
良い角度での漁撮影だが遠すぎた。
190123d850600

1月25日 D850と500mmf5.6PF 手持
センター前、オオワシの周りをカモが飛ぶ。
190125d850500

1月28日 D850と500mmf5.6PF 手持
この日もセンター前で手持ち機材では遠すぎる。センター前はロクヨンの三脚撮影でないともう一つの画像しか撮れない。
190128d850500

1月29日 D850と500mmf5.6PF 手持
少し離れた場所からの飛翔撮影も良い、来シーズンは撮る場所を考えてみよう。
190129d850500

2月5日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
高過ぎ遠すぎ、おまけに日差しが強い。190205d850600tc

2月6日 D850と600mmf4E 三脚使用
曇り空とはいえ逆光はアカン、晴れた日よりマシだが。
190206d850600

2月12日 D850と600mmf4 三脚使用
ロクヨンの三脚撮影は良いが、重くて気軽に動けないので性に合わず。鳥撮影も風景同様手持ちで歩いて色々な角度から撮るのが良い。
190212d850600

2月14日 V3と300mmf4、D7500と300mmf4+TC14Ⅲ 手持
画像はD7500、V3は20コマ/秒の飛び出し連写を目的に持って行ったが機会が無かった。
190214d7500300tc14

2月18日 D850と600mmf4E 三脚使用
好みの正面方向への飛び出しが撮れたが、高すぎて遠すぎた。
190218d850600

2月21日 D850と500mmf5.6 手持
曇り空は良かったが少しモヤっていたのが残念。オオワシは曇り空が綺麗に撮れる。190221d850500

2月25日 D5と500mmf5.6PF
北帰で飛び出したが南に飛んだので、日差しが半逆光で悪かったのが残念。
190225d5500

32回の湖北行きでガソリン満タン10回、高速も2度利用したので費用は7~8万円、イヌワシ7回分ぐらいかな。色々撮れるのでオオワシの方が費用対効果は良い。

今シーズン使用した機材

Kizai_2

これまでのオオワシ撮影回数
どんな鳥でも同様だが上手く撮れないと最初は良いがしばらくすると面白くなくなる。自己満足ながらオオワシが上手く撮れると思ったのは、モードM、ISO固定、露出を山バックで-1前後そのまま空を見て+2以上になるように設定してからで、山バックからそのまま空抜くまで連写できるようになってからである。上手く撮れずで機材をアップさせたが、結局は設定が一番だったように思う。また、以前は晴れなら絶好の撮影条件と思っているが、今では薄曇りが絶好でオオワシが綺麗に撮れると思っている。特に日が高くなる12時頃から2時過ぎまでは、オオワシが近くを飛ばない限り、ピントを上手く合わせてもオオワシが日差しでボケよる。気づいたのチュウヒ撮影でだが、オオワシもチュウヒよりマシだがアカン。
Satsueinissuu2_2




”来シーズンは35回目標で行こう、湖岸での待ちを増やすぞ~”と今は思う。

|

« 月相手にD850と500mf5.6PFの手持ち低SSの限界チェック | トップページ | チュウヒ2019Ⅰ 餌渡し失敗が見られた »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月相手にD850と500mf5.6PFの手持ち低SSの限界チェック | トップページ | チュウヒ2019Ⅰ 餌渡し失敗が見られた »