« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

雨で撮影休み

 朝から雨、地元の川の水量が増えるとカワセミの動きも変わると思うので嬉しい。

2月の野鳥撮影の記録
011902


2月は、オオワシとカワセミが大半でハヤブサに時々行きチュウヒも様子見を始めた。以前、1月に2月といえば地元のカワセミの動きが一番良い時期だったが、サービス満点の綺麗な♂が居なくなってからさっぱり、昨年は一時期だったが支流にサービスの良いカワセミが居たが、今年は支流へあまり行かなかったので状況が分からない。

明日から3月、自分にとっては鳥枯れのシーズンになる。
以前から3月になるとカワセミの状況が変わったが、それなりには撮れていたように思う。今年はどうなるのか、最近寺に全く行っていないが一度様子見で行かねば。
手持で地元ブラブラでカワセミにハヤブサ、ロクヨン使用のためチュウヒ、時々車で遠征というところか。もう少し暖かくなれば早朝のヤマセミにも行ってみよう。小鳥狙いで久しぶりに街中公園にも行ってみるも良いかな・・・

  
昨日撮影した画像の残り

●野鳥色々
いつも狙いの鳥以外も姿を見ればシャッターを押している。特に暇な時は他の鳥の撮影枚数が増えるが昨日はその日だった。

トビがゴミを咥えて飛んでいたが巣造りかな。02dsc_1729

スズメ
03dsc_1751

タシギかな?
飛ぶスピードが速く、一瞬横切るだけなので撮影はワンチャンスの連写。
04dsc_1943

ケリ
昨日はかなり撮影したが、後ろの田んぼの上が多く逆光気味で画像は悪い。
05dsc_2079

多分オオジュリン?
06dsc_2117



●チュウヒの残り画像  画像は全て1200pixel等倍に拡大

♀の飛翔を拡大
右足に薄い緑色の輪っかが見える。昨年の♀に間違い無し。07dsc_1791


♂の止まりもの色々
エンジェルポーズ、オオワシやハヤブサに比べて屈まず羽を広げる時間も短い。08dsc_1991

エンジェルポーズの後のノビ
09dsc_2002

続いて羽繕い、一連の動作はオオワシやハヤブサに同じ。
10dsc_2011


長くて体に対してはオオワシなみ、満腹まで食べていたようだ。
11dsc_2033

昼に近づくと陽炎の影響でボケが気になる。日が差せば対岸の建物などはメラメラと揺らめく。この時期でも日が高くなり日差しがあると上手く撮れない。どの撮影地の猛禽も距離が遠いと同じで、近くに来てくれることを期待するしかない。この地のチュウヒは、特にアカンように思う。レンズがロクヨンなら多少マシだが、それでも満足の画像は撮れない。
12dsc_2041

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

チュウヒ2019Ⅰ 餌渡し失敗が見られた

 オオワシが北帰してしばらくカワセミかと思ったが、カワセミはエサ場を変えたようで2日間ほど姿無しとのこと。おまけにカワセミ待ち時間潰しのアオバトもエサのドングリが無くなり抜けたのではとの話が耳に入る。ハヤブサは、昨日の昼から行ったが登場せず。
今朝は曇り空だったので、ハヤブサに行って姿無しならチュウヒへと決めて家を出る。案の定ハヤブサの姿無し、反対側に居たのかも知れないが諦めてチュウヒ様子見に行く。着いて少し待っていたら2羽が登場、数分飛んだが♀は葭原に隠れ、♂は前の少し奥の木に止まる。その後♂は2度飛びいずれも木に戻ったが、その後2時間少々動きなし。
昼前になったので終了と思い駐車場に戻り、簡易レストランでうどん定食を食べる。帰ってハヤブサに行こうと思ったが、その前にもう一度チェックと思い撮影ポイントに行くと、2羽が飛んでおり直ぐに北に飛び去った。どのぐらい飛んでいたのか分からないが、もう30分度粘っていれば、2度目の飛翔が撮れていただろう。
今日は様子見のつもりだったが、エサ渡しの行動が見られたので2019年チュウヒ撮影の初日とする。しかし、3時間半で数分の飛翔2回(2回目も飛び去る前の旋回程度と思う)とは撮影としてはさびしい。しばらく、この状態で4月から撮影が徐々に良くなり、5月後半から加速され6月後半に雛が巣から出てピークだろう。今年もこの地で繁殖したらの話で、どうなるかは今のところ分からない。
チュウヒは地味な猛禽で旋回飛翔の撮影だけではトビと変わらず面白味が無い。葭原に下りるところやエサ渡しが頻繁に撮れてこそ面白い。6月の雛登場を期待しよう。

 
最初に登場したのは♂ 
19022701


19022702

足を下げたので獲物を持っているのが分かったが、小さ過ぎる。
19022703

♀が何処からか登場
19022704

♂を追いかける
19022705

直ぐにエサ渡しと思ったら、距離があく
19022706_2

 
19022707

再び接近
190227071

そのまま茂みに隠れエサ渡しが行われたが、まともに見えず訳が分からなかった。
190227072

帰ってからこの画像を見るまでエサ渡しが行われたのが分からなかった。獲物が落ちていく。

19022708

2羽が旋回
19022709


19022710

♀が♂に下から近づき、”上手く落として頂戴” と言っているのかな?
19022711

♀は旋回して葦原に隠れる。
19022712


19022713


19022714


19022715


19022716

♂は前の遠い木に止まっていた。
19022717

再び飛び
19022718


19022719


19022720

木に戻ってきたので飛びつきをを狙う。
19022721


19022722


19022723


19022724


19022725


19022726


19022727

この後背中を向け、伸びにエンジェルポーズ擬き(オオワシやハヤブサに比べ完成度が低い)、糞他でオオワシに同じ。
19022728

昼食後に行った時の♀の旋回、着いた時には♂は既に遠くに向かっており、直ぐに♀がついて行った。
この♀は、色から昨年の個体に間違いないと思うが右足の緑の輪っかを確認しよう。今日は見える画像は撮れず。
19022729


今日の撮影の半分以上は他の鳥だった。

撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数455枚
移動:車、歩き  天気:曇り後薄日
撮影経費:0円

 

 

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

オオワシ2018-19 総集

 オオワシが北帰したので、今シーズンのオオワシ撮影を振り返る。

今シーズンは、通ったのが32回でそれなりに撮れたが、この1枚という良い画像が撮れなかった。前半の紅葉バックは、オオワシそのものの画像は昨年より良かったとは思うが、紅葉そのものがもう一つで今後も期待できないように思う。漁の瞬間は、撮れたが遠すぎて話にならず。魚を掴んでの飛翔も良い条件で撮れず。畑に雪が積もり照り返しで綺麗なオオワシ飛翔を期待したが、雪が昨年のようには積もらず撮影チャンスが無かった。これまで何度か撮っているが、いずれの画像もPCのトラブルで元画像を消失しており、今シーズン撮ってまともな画像を残したかったので残念。
機材は、12月に軽度のぎっくり腰を発症しロクヨンの使用は控え、D850と500mmf5.6PFの手持ちを多くした。車の運転と歩くのには支障が無かったので、撮影に行けたのは幸い。
1月後半になり北側湖岸で待つ回数を多くしようと思った矢先に、オジロワシ登場でオオワシの行動が変わってセンター前が多くなり、何処に飛ぶか分からなくなったこともありガッカリ。センター前も北側湖岸も漁は今シーズン遠くが多いので、手持ちでの漁狙いは諦め麓で飛翔を撮ることにして今シーズンが終わる。
普段撮りでは使わないロクヨンの使用が少なかったのが心の残りだが、今年の11月に再び来てくれると思うので来シーズンはロクヨンで頑張ろう・・・今は思う。

今シーズンの総集で各撮影日1枚を掲載、ブログ掲載画像より適当に選んでいます。

11月18日 Ð500と500mmf5.6PF手持ち
飛来から2日目に様子見で手持ちで行った。
181118d500500

11月80日 D850と500mmf5.6PF手持ち
帰ろうと正面道路を麓まで走った時に北に飛び、琵琶湖近くの山の斜面に止まったので急いで沼横駐車場に車を止め風が強く土手の下で飛ぶのを待ち、飛んだので急いで湖岸に行ったが漁初撮影は後ろ向きとなる。距離は比較的近かった。181120d850500

11月21日 500と600mmf4E 手持
雲台取付プレートを忘れ終日手持ちで撮影したが、重すぎてしんどかった。良い色が出ていると思うがロクヨン手持ちでオオワシがブレる。181121d500600temochi

11月24日 D850と500mf5.6PF+TC14Ⅲ 手持
飛ばなかったが秋色を探した。
181124d850500tc14

11月26日 D850と500mmf5.6PF 手持
塒入りまで待ち飛び出しを狙った。D500とD850、高感度はやはりフルサイズのD850の方が良い。価格の差だろう。
181126d850500

11月29日 D850と500mmf5.6PF 手持
181129d850500

12月1日 D7500と500mmf5.6PF 手持
紅葉バックの飛翔が撮れたが色がもう一つ。手持ちでは山の木バックのピン抜けが多く歩留まりが悪い。
181201d7500500

12月7日 D850と500mmf5.6PF 手持
湖岸で待ち期待通り飛んできたが、遠くまで飛び何も捕らずに引き上げよった。
181207d850500

12月10日 D850と500mmf5.6 三脚使用
止まる瞬間勢い余って前に落ちそうになる。あまり撮ったことの無いシーン。
181210d850500sannkyaku

12月13日 D850と500mmf5.6PF 三脚使用
茂みの中からの飛び出しが撮れたが、周囲にピントを取られ歩留まりが悪かった。飛び出す格好が面白い。
181213d850500sannkyaku

12月15日 D500と500mmf5.6PF 手持
今シーズンでは初めて飛び出しがまともに撮れた。
181215d500500

12月19日 D850と600mmf4E 三脚使用
飛ばずでロクヨンを持って行った甲斐が無かった。
181219d850600

12月21日 D7500と500mmf4、Ta18-400㎜ 手持
湖岸で待ったが漁は遠すぎ、直ぐに麓に行ったがトビの大群がオオワシの周りに居り、オオワシが逃げたので見える場所に行った。トビはしつこくオオワシにアタック、オオワシは立って防戦。画像は500㎜f5.6
181221d7500500

12月24日 D5と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
青松からの飛び出しは、枝が邪魔になって面白い格好で飛び出す時がある。181224d5600tc

12月25日 V3、D7500と500mmf5.6PF 手持撮影
山裾のピンポイントで抜けてる場所を教えてもらい撮る。V3の1350㎜で今シーズンでは最短距離での撮影。
181225v3500

1月4日 V3と300mmf4 D7500と300mmf4+TC14Ⅲ 手持
飛ばず
190104v3300

1月7日 D850と500mmf5.6PF
魚を持って帰ってきたが日差しとの関係(半逆光)で綺麗に撮れず残念だった。
190107d850500

1月10日 D850と600mmf4E 三脚使用
カメラ目線のオオワシが偶然撮れる
190110d850600

1月11日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
ロクヨンにTC使用、日差しに対して角度が良ければ解像するが、歩留まりが悪いのでTCはD5以外あまり使わず。
190111d850600tc

1月14日 D500と500㎜f5.6PF 手持
漁を良い角度で撮れたが遠すぎた。
190114d500500

1月19日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
大きな魚の持ち帰り、これも半逆光で右側を飛んでくれれば完璧に撮れたと思う。
190119d850600tc

1月23日 D850と600mmf4E 三脚使用
良い角度での漁撮影だが遠すぎた。
190123d850600

1月25日 D850と500mmf5.6PF 手持
センター前、オオワシの周りをカモが飛ぶ。
190125d850500

1月28日 D850と500mmf5.6PF 手持
この日もセンター前で手持ち機材では遠すぎる。センター前はロクヨンの三脚撮影でないともう一つの画像しか撮れない。
190128d850500

1月29日 D850と500mmf5.6PF 手持
少し離れた場所からの飛翔撮影も良い、来シーズンは撮る場所を考えてみよう。
190129d850500

2月5日 D850と600mmf4E+TC14Ⅲ 三脚使用
高過ぎ遠すぎ、おまけに日差しが強い。190205d850600tc

2月6日 D850と600mmf4E 三脚使用
曇り空とはいえ逆光はアカン、晴れた日よりマシだが。
190206d850600

2月12日 D850と600mmf4 三脚使用
ロクヨンの三脚撮影は良いが、重くて気軽に動けないので性に合わず。鳥撮影も風景同様手持ちで歩いて色々な角度から撮るのが良い。
190212d850600

2月14日 V3と300mmf4、D7500と300mmf4+TC14Ⅲ 手持
画像はD7500、V3は20コマ/秒の飛び出し連写を目的に持って行ったが機会が無かった。
190214d7500300tc14

2月18日 D850と600mmf4E 三脚使用
好みの正面方向への飛び出しが撮れたが、高すぎて遠すぎた。
190218d850600

2月21日 D850と500mmf5.6 手持
曇り空は良かったが少しモヤっていたのが残念。オオワシは曇り空が綺麗に撮れる。190221d850500

2月25日 D5と500mmf5.6PF
北帰で飛び出したが南に飛んだので、日差しが半逆光で悪かったのが残念。
190225d5500

32回の湖北行きでガソリン満タン10回、高速も2度利用したので費用は7~8万円、イヌワシ7回分ぐらいかな。色々撮れるのでオオワシの方が費用対効果は良い。

今シーズン使用した機材

Kizai_2

これまでのオオワシ撮影回数
どんな鳥でも同様だが上手く撮れないと最初は良いがしばらくすると面白くなくなる。自己満足ながらオオワシが上手く撮れると思ったのは、モードM、ISO固定、露出を山バックで-1前後そのまま空を見て+2以上になるように設定してからで、山バックからそのまま空抜くまで連写できるようになってからである。上手く撮れずで機材をアップさせたが、結局は設定が一番だったように思う。また、以前は晴れなら絶好の撮影条件と思っているが、今では薄曇りが絶好でオオワシが綺麗に撮れると思っている。特に日が高くなる12時頃から2時過ぎまでは、オオワシが近くを飛ばない限り、ピントを上手く合わせてもオオワシが日差しでボケよる。気づいたのチュウヒ撮影でだが、オオワシもチュウヒよりマシだがアカン。
Satsueinissuu2_2




”来シーズンは35回目標で行こう、湖岸での待ちを増やすぞ~”と今は思う。

| | コメント (0)

月相手にD850と500mf5.6PFの手持ち低SSの限界チェック

 今日朝から月を撮った。

D850と500mmf5.6の手持ち撮影低速SSの限界チェックだが、月相手なら1/30ぐらいまで見られる程度に取れるようだ。ただし、ブレで歩留まりはかなり悪い。歩留まりを良くするには1/320ぐらいは欲しい。試していないが1/250でもOKかもしれない。
鳥撮カメラマンの鳥相手同様の感覚でシャッターを押す撮り方の話です。

  
いずれの画像もソフトで明るさを調整し、アンシャープマスク処理で仕上げている。
トリミングによる拡大は、フルサイズから4.5倍(面積で約20倍)

ISO100、f10、SS1/30
歩留まりが悪く、数枚とって1枚がこの程度。AF-SとAF-C25点で撮り比べたが、意外にAF-Sは全く話にならず、月は丸いのでミラーショックのブレてピントズレが加わるのか、AF-Cなら追従・・・・?  遅いSSの場合、AF-Sは三脚でガッチリ固定が必要かな。
Iso100f10ss20

ISO400、f10、SS1/160
少し甘いような、鳥では歩留まりが悪そう。Iso400f10ss160

ISO400、f10、SS1/320
明るさをソフト修正しているが、このレベルなら良いだろう。
Iso400f10ss320

  
オマケでISO6400、f5.6、SS1/8000の無修正画像
ノイズが目立つが月ならOK、鳥ならアカンだろうが、思っていたよりは拡大しても見られるようだ。暗い時に一度鳥相手に取ってみよう、多分ベタっとした画像になると思う。普段はISO3200ぐらいまでに抑えている。
Iso6400f56ss8000



今日の朝は散髪で撮影休みの予定、春めいてきたので髪を切っても寒くないだろう。

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

オオワシ2018-19ラスト  北帰

 今シーズンのオオワシ、最後かなと思いD5と500mmf5.6PFの手持ち撮影のチェックを兼ねて行った。いつも通りで9時頃着、着く前に魚を捕ってきて食べたとのことで低い場所に止まっていた。
中々飛ばずだったが1時間45分後(食べ終えてからは2時間以上)飛んだが、方向は南側で南側斜面を越え姿が見えなくなったので何処へ行くのと思ったら旋回する姿が見えた。徐々に正面方向に移動し更に旋回して上昇、その後ゆっくり北に向かい姿が見えなくなった。気流を探して上昇し、何とか捉えて北帰したようである。
北帰に立ち会ったのは3度目(4度目かも)、一度目は飛び出して愛想無く一直線で山を越えたが、他は旋回して上昇してから飛んで行ったと記憶している。
今日は機材のチェックだったのでもう少し山の前を飛んで欲しかったが、3ケ月少々の間撮影を楽しませてくれたので北帰に立ち会えて良かったかな。

日差しが強い時間に南側に飛んだので半逆光となり画像はもう一つ。
トリミングで3倍に拡大 

カメラで見ている時に飛び出すのが分かり良かった。19022501


19022502


19022503


19022504

10時45分、故郷に向かって発進
19022505

枝被りが多く抜粋
19022506


19022507


19022508


19022509


19022510


19022511


19022512


19022513

この後一気に南斜面を越えた
19022514

見ていたら旋回しながら徐々に山の正面にやってきた。
19022515

かなり高くまで上昇して北に向かう。19022516


19022517jpg


19022518jpg


19022519


19022520

今シーズン最後の1枚はノートリで・・・・10時57分だった。19022521

今年の11月には、また帰ってくる(来てくれる)と期待している。

最後に、オオワシ撮影でしかお会いしないカメラマンさんに、”また、11月に会いしましょう”と挨拶をして、山本山の記念写真をコンデジで撮り引き上げた。  
19022522

コハクチョウの北帰撮影でもう一度来るつもりだったが、既に居なくなったと聞いたので冬の湖北劇場は今日で幕引きとなる。3ヶ月楽しませてくれた。
オオワシファンの皆さん、お疲れさんでした!

   
帰りにマキノを走る。
箱館山の背後の山、名前は知らない。風景を撮っていた頃は雪景色を撮るため何度か来た場所。
19022523

メタセコイヤの並木道、雪が積もっていないともう一つ。
19022524

今津のザゼンソウに行った。今が見頃と思うが花の向きが悪く、正面から綺麗に撮れる花が少なかった。
19022525

  
帰ってからハヤブサに行こうと思ったが、ザゼンソウの撮影が終わり車を動かした時に、車内でコバエより少し大きい虫を見つけ掴んで窓から捨てたが、体の気が抜ける臭い匂いが漂う。何んとカメムシで途中の道の駅のトイレで洗剤で洗い流した。小さかったので手に着いた匂いは何んとか取れたが、完全にやる気を無くして引き上げた。
春や~

  
撮影機材:D5と500㎜f5.6PF、手持撮影 283枚   S9900 8枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

D7500とTa18-400㎜で月を撮る

モードA、1点測光、AF-S、VR・ON、f8、SS1/250、露出補正-0.7
手持撮影、アンシャープマスク処理

ノートリ
Dsc_86751

2倍に拡大
Dsc_86752

3倍に拡大
Dsc_86753

4倍に拡大
Dsc_86754

D5と500mmf5.6PF
先日の撮影、1200pixe等倍の無修正画像
Dsc_0309



まあ、価格の割には奮闘しているというところだろう。

  
これから朝食を食べて湖北へ行くが、今シーズンラストか?

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

撮影休み 昨日撮影した野鳥3種

今日は所用で撮影休み

昨日撮影した、イソヒヨ、モズ、ツグミです。カワセミ撮影地周辺に居るが、モズが一番気が強いのか時々他の鳥にちょっかいを出している。

イソヒヨ
最近、近くに下りてくる。下りてきても気が付かなかっただけかも知れない。01dsc_0534


02dsc_0539

モズ♀
♂は少し上流に居る。並んだところを撮った人もいるが一度撮ってみたい。
03dsc_0554


04dsc_0561


05dsc_0565

ツグミ
最近居るのに気が付いたが、これまで気が付かなかっただけだろう。昨年の冬は頻繁に見かけた。
06dsc_0610


07dsc_0615



今日、オオワシが北帰するかと思っていたが、先ほど野鳥センター鳥情報を見ると何度か飛ぶ姿が見られたとかの記載で帰らなかったようである。
明日、D5と500mmf5.6PF手持ちで行ってみよう。このレンズのメインはD850だが、D5も時々使用しないと勿体ない。あまり大きくできないがシャッターを押せば綺麗に撮れるD5と500mmf5.6PFで、どの程度の画像が得られるか楽しみで来シーズンに向けてチェックする。
今年で推定27歳とか、オオワシの平均寿命を調べると20~25歳で詳しくは不明とのこと。動物園では52歳の記録もあるようで、今シーズンの元気さを見ていると来シーズンもまだまだ健在と期待する。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

カワセミ 久しぶりの2羽絡み

 D5と500mmf5.6PF手持ちでカワセミに行った。♀が上流に登場しここまで来るかと驚いたが、何時もの場所では♀に追い払われる♂が登場し、少しバトル擬きの絡みがあったが、この地では♂が優勢で♀が下流に飛び去った。♂は動きそうにないと思い下流へ歩いたが、♂が飛んできて一旦畑前に止って更に下流へ飛び去った。下流に行くと水道橋の橋脚に止まっていたが、飛び込んで何んと対岸の民家の屋根を越えて東に飛び去った。数週間前にも見ているが何処へ飛んで行くのやら。いつもの場所に行くと♀のホバにエサ取りが終わり、ちょうど下流に飛び去るところだった。下流へ追いかけて行った人の話から、帰って地図で飛翔距離を調べると2km弱あったが、カワセミの数が少ないという今の状況の証なのかな。
D5と500mmf5.6PFの手持ち撮影、約3kgあるが少し重くて振り遅れでカワセミの動きに追い付ていけず。慣れて感覚を掴めば大丈夫だろう。
今日は晴れると思っていたが、朝の内はどんよりした曇り空で感度が上げたが、時々日が差し急に明るくなることもあったので撮影し難かった。

カワセミは最初こちらの岸に登場したので期待した。2回飛び込んだが場所が悪く草で見えず。
19022301

直ぐに対岸に飛びよった。
19022302

止まるかと思ったが近くに♂が居たようで慌てて進路変更。
19022303

下流に飛び去るかと思ったが飛び込んで戻ってきた。隅にカワセミが入っていた。
19022304

♂は土手の肩に居た。
19022305

♀が止った場所に♂が飛んできて絡みが短時間だが撮れる。
19022306


19022307


19022308


19022309


19022310


19022311

2羽が少し離れて止まったが、尖っていないのでバトルの気は両者無いのだろう。そろそろ繁殖の準備のため相手見定めか・・・少し早いかな?19022312

♀が飛び込むと♂も追いかける。シャッターを押すタイミングが遅れて残念。
19022313


19022314


19022315


19022316


19022317


19022318

♀はペリットを吐いて下流に飛び去った。
19022319


19022320

橋脚に止まる♂
19022321

水面を見る。
19022322

急降下の瞬間は捉えたがボケボケ、急降下から追ったので水際は取り逃がす。19022323

この後、土手を越え更に民家の屋根を越えて飛び去った。
19022324


オオワシが明日北帰しなければ月曜にこの組み合わせで撮りに行く。今日は天気予報で北北西の風が強いので帰らないだろうと予測しているが・・・・

撮影機材:D5、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:300枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

D5と500㎜PF手持ちで月を撮る

 昨日は9時に寝たが目が覚めたのは3時半、何時もトイレに行きたくなり目が覚めるが今日も中途半端な時間、4時半頃に完全に起きたが正味の睡眠時間が6時間半で少し足らない。仕事現役時なら十分だったが、今は7時間は睡眠を取りたい。日常、お茶に始まりコーヒー(主に微糖缶)、野菜ジュース、牛乳、ノンアルーコールビール小缶(昼食時のみ)、発泡酒小缶、ウイスキー水割り(2杯程度)とかなりの水分を補給しているので仕方無いが頻尿。水分を減らせば尿の回数が減るので、明らかに水分の取り過ぎと分かっている。夏場は汗を掻くので朝の10時頃になると回数が減るが冬場はしゃ~ない。

5時半頃に空を見ると月が光っていたので、D5と500mmf5.6PF手持ちで撮った。この組み合わせは重くなるのであまり使っていないが、D500と以前使用していた150-600㎜の組み合わせと同じぐらいの重量なので使ってみようと思っている。
結果、ガッチリ掴んで撮れば写りは良かったが当然だろ。今日、フィールドで使う。

モードAの露出補正無、AF-S、スポット測光、f8、SS1/500、VR・ON

ノートリ
Dsc_0301

2倍に拡大<面積では4倍>
Dsc_03012

3倍に拡大
Dsc_03013

4倍に拡大
Dsc_03014

1200pixel等倍
Dsc_0301tobai

  
f11、SS1/400 少し時間をおいたので明るくなり条件が良かった
3倍に拡大
Dsc_0309_f113

1200pixel等倍
Dsc_0309_f11tobai

 

多少立体感があるような、月は少し欠けボケの部分がある方立体感がでるのかな。ノイズ無視でカリカリにシャープ処理をすると立体感がどうなるか調べてみよう。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

地元のアオバト、他

 今朝は3時半頃に目が覚める。2時半頃ならもうひと眠り出来、4時半頃なら睡眠十分で起きるが、一番中途半端な時間でこの時間に目が覚めると後眠れない。4時過ぎまで布団に入っていたが、眠れそうになかったので起きた。昨日は9時過ぎまでTVを見ていたが、北海道の地震速報を知らないので9時半迄には寝たのだろう。

多少頭がボ~っとしていたが(目がショボツクので多分花粉)カワセミ狙いで川に行った。着いた時には前に止っていたが下流に飛び去り戻らず。アオバトが珍しく集団で見える場所に居たので撮影し11時過ぎには引き上げた。
D5と300㎜f4+TC14Ⅲを持って行ったが、カワセミポイントに着く前にイワツバメが飛んでいたので腕慣らし。何時もよりAFが遅いように感じ撮れずで気になったが、帰りは一応撮れたので撮影の条件だったのかな。

●アオバト
珍しく木の天辺辺りに姿を見せる。
19022201


19022202


19022203

5羽ほど同時に見れたのが珍しい。
19022204


19022205


19022206


19022207


19022208

♀が川に向かったが岸には下りずUターン。
19022209


19022210


19022211


19022212


19022213


●カワセミ
今日は止まりもののみ。
19022214

  
19022215

  
●イソヒヨドリ♂
19022216

頭上をモズが通過し怒る。最近、モズ、イソヒヨ、ツグミが牽制しあっているようである。19022217

  
●モズ♂
19022218


19022219

  
●セキレイ
19022220

  
●アマツバメ?
イワツバメと思って撮っていたが飛翔姿が違う。もう少し早く気づいていれば、粘って集中的に撮ったのだが、画像確認で気づいたときは姿は無かった(イワツバメばかり)。19022221


19022222


19022223

  
●イワツバメ
今年も橋の下に営巣すると思うが、冬場は何処に塒があるのかな。
19022224


撮影機材:D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:509枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

続オオワシ2018-19ⅩⅩⅩⅠ 昼からの飛翔

 昨日の昼からの飛翔画像です。

山バックはブレによるピンズレ(バックの木に取られる)が多かったが、風が強くなり少し煽られてガッチリとカメラとレンズを支えられなかったようである。空抜けはブレは大丈夫だったが、条件が悪く黒潰れが大半で綺麗に撮れず。ソフト修正も限度があるので少し明るく撮れば良かったが、山バックがメインなので仕方無し。飛ぶオオワシを北側から撮ったので曇り空とはいえ多少逆光の影響があったかも知れない。朝と同様に正面道路から撮っていれマシだったかも知れないが、山バックの距離が遠くなっただろう。

麓道路で北側の民家近くから撮ったが、晴れていれば逆光になるので普段は時々試しで撮るぐらいであまり撮らない。
01dsc_1154

エンジェルポーズは2回あったが、後は大した動きなし。寒さに震えながら待つ。
02dsc_1195

2回目
03dsc_1221

何度か吠えていたが何かの姿を見たのかな。早朝7時頃にオジロがかなり上空ながら飛んだそうである。
04dsc_1225

飛び出し直後
屈んだ瞬間をとらえていたが離れた場所で大きな音がしたので気をとられブレブレ。音がした一瞬シャッター押さず、再び捉えた時は飛び出していた。
05dsc_1239

山に沿って上昇し尾根を越えた(麓から見ていると)。まさか北帰ではないだろうと北の方を見ていたが、人から聞いて漁港の方に飛ぶ姿を確認。
07dsc_1274

しばらくして漁港よりの西から帰ってきたが、追い風でスピードが速く電線が邪魔になったこともあり撮らず。木に止まらずしばらく山の前を旋回。
08dsc_1298
   

09dsc_1324


11dsc_1325


12dsc_1337


13dsc_1372


14dsc_1391


15dsc_1397

木の天辺に止まりそうに見えたが止まらず
16dsc_1400


17dsc_1403


19dsc_1407


20dsc_1419


21dsc_1422


22dsc_1426


23dsc_1433

一旦止まったが直ぐに飛んだ。
24dsc_1440


25dsc_1460


26dsc_1488


27dsc_1498


28dsc_1500


29dsc_1504


30dsc_1510


31dsc_1517

再び止まってから体を屈めていので少し様子を見ていたが、風よけでしばらく飛ばないと判断して引き上げた。
32dsc_1568

沼横の東屋あたりから1枚、ノートリ画像
もし日曜日までに北帰すれば今シーズンのラスト画像となる。
33dsc_1618



湖岸でコハクチョウを待って座っていると、年配のカメラマンに話しかけられる。
レンズを見て、”このレンズを買ったがAFが遅く画像も悪いので売った”と聞き、”エエ~、勿体な~”で驚いた。暗い森の中で感度を上げずに低SSで撮ると三脚使用でもブレるとのことで、”使い方が悪いのと違う”と、失礼なことを思わず言ってしまった。”三脚が弱いのかも知れない、ミラーショックが問題、感度を大きくしたくない”との話だったが、よほどSSが遅くない限り止まりものなら三脚使用で問題なく撮れると思う。カメラはD500とのことで十分だろう。もしかしたらSS1/20ぐらいで撮っているのだろうか、このぐらいならミラーレスとのブレの差はあると思う。
重いこともありソニーのDSCなんちゃらの600㎜ズームを買ったが、AFが速く画像も綺麗に撮れるようになったとの話だった。ソニーの600㎜のデジカメ、カワセミ撮影で持っている人がいるので一度使わせてもらったことがあるが、確かにAFが速く画像もそこそこだったがD500と500mmf5.6PFに比べると画像の差はある。ソニーのカメラの良さを聞いたが・・・?
それにしても今購入しようとすれば中々手に入らない高額レンズを簡単に売るとは考えられない。もしかしたら200-500㎜と間違ったのかな、大きさがかなり違うので間違うとは思わないが。
もう少し年を取ればより軽量な機材の方が結果が良いかもしれない。300mmf4PFが有るので600㎜程度ならレンズ一体型のカメラは不要、人それぞれ自分に適した機材を使うのが良いのだろう。
それにしても勿体ない買い方やな~。自分も機材をかなり買い換えたが、全て性能アップの方向でダウンは一度だけ。以前に300mmf2.8を300mmf4PFに買い替えたが、500mmf4を持っていたので300㎜f2.8は重たく手持ちが無理になり、焦点距離も中途半端で不要だった。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅩⅠ 飛翔が綺麗に撮れたと自己満足

 撮影中締めとしたオオワシ、麓で撮ってから湖岸でコハクチョウの北帰の飛翔練習を撮ろうと気楽に行ったが、オオワシを前にすると真剣モードになってしまった。
9時過ぎに到着、麓に行くとカメラマンが多くこの時間でこの人数とはでびっくりする。朝早く獲物を捕り低い場所で食べ終わった後、飛び出し狙いで大砲の列が向けられていた。手持ちだったので良い場所を探しスタンバイ、しばらくして飛んだが何時ものごとく集中力不足で、人の動きに気を取られ撮り逃がす。木に止まったので、センター前の湖岸へコハクチョウ狙いで行ったが1羽も居らずガッカリ、センター近くの田んぼには30羽ぐらい居た。しばらく待っていたが諦めて再び麓へ行き、もう一度飛ぶだろうと粘り何時もの撮影になってしまった。2時頃に再び飛んだが、遠くで大きな音がした瞬間で気を取られて再び飛び出しを撮り逃がしてしまった。2時半頃に麓を後にしたが、飛翔が2度撮れ朝の飛翔は曇り空だったこともあり綺麗に撮れたと自己満足したので、まあエエやろう。
日曜日までに北帰しなければ、月曜日にもう一度行って今シーズンラストとするかな。

  
朝の飛翔を抜き取りで掲載、昼からの飛翔は後日(多分、明日かな)

食事後満足の表情
19022101

しばらくして場所を移動
19022102


19022103


19022104


19022105

どの角度から飛び出したか多少気になる。角度によっては抜けた位置だったと思うので残念。
19022106

飛翔だけなら今シーズンもかなり撮っているが、この時の一連の飛翔は今シーズン一番綺麗に撮れたのではないかな。飛翔姿は平凡だが・・・
19022107


19022108


19022109


19022110


19022111


19022112


19022113


19022114


19022115


19022116


19022117


19022118


19022119


19022120

田んぼのコハクチョウ
19022122

センター前、ヒシクイは飛んできた。
19022123

 
風が吹くと寒かった。


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:811枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

昼からハヤブサに行った

 昼から雨は降りそうになかったので街中のハヤブサに行った。1時半頃から4時まで待ったが、2羽が登場し見えない場所で交尾して5分ぐらいで飛び去った。しばらくしてから彼方で2羽の鳥に向かって急降下するのが見えたので、狩りで獲物は鳩と期待してシャッターを押したが、2羽ともハヤブサで1羽はこの地の小さい♂でもう1羽も何んとハヤブサの若だった。2年連続この地では繁殖に失敗しているので、山かどこかよそ者が侵入し2羽で追いはらったようである。
久しぶりに低い所を飛んでくれたが諦めていた時に突然現れたこともあり、慌てて撮影失敗が多かった。スピードの速いハヤブサ、感を取り戻さないと上手く撮れん。
  

19022001


19022002


19022003


19022004


19022005


19022006

距離は500m以上あるだろう。
トリミングで1200pixelに拡大の証拠写真、上が♀、左♂、下がよそ者の若。19022007

    
19022008



オオワシもあと僅かで終了、朝はカワセミで昼からハヤブサ、時々チュウヒ様子見とオオタカにも行ってみようか・・・オオタカは高速利用なので一発勝負か。

  
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:183枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

オオワシの仁王立ち(一昨日の撮影)

 朝、雨は上がったが白く霞んでいた。霧というのかどうか。確定申告書を税務署に郵送するため郵便局に行ったが春の温かさ、このまま暖かくなってくれれば良いが、本格的は花粉シーズンに入るがかなわない。既に兆候が出ているようだ。昼から撮影に出るかどうか様子見。
確定申告で1万3千円ほどかえってくる。ETCの還元処理で5千円、合わせれば500mmf5.6PFのレンズカバーのポイント差し引き分ぐらいになる。
  

掲載は一昨日のオオワシ仁王立ちで連写からの抜き取り、連写すれば色々撮れる。
トリミングで1200pixel等倍に拡大。

羽を広げたので飛ぶと期待した。01dsc_0187


02dsc_0188

前の小枝が顔に被さる。撮影時は気が付かず。
03dsc_0189


04dsc_0190


05dsc_0191


06dsc_0194


07dsc_0197

仁王立ち
連写の間があったのは初めてではないかな。これまでは羽を広げれば、エンジェルポーズが飛び立つことが多かった。
08dsc_0201


09dsc_0202


10dsc_0206


11dsc_0208


12dsc_0210

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

昨日のオオワシ残り画像(2/2)  止まりもの

 山本山でオオワシ止まりものを綺麗に撮るのは難しい。
距離が遠い、周囲の枝がゴジャゴジャしていて邪魔、日差しや空気の澄み具合によるボケなどがその要因。距離が遠いのは出来る限り前に行けば良いが限度がある。周囲の枝は諦めな仕方ない。日差しと空気の澄み具合は日によって違い、行ってみないと分からないのでどうしようもない。
昨日は朝に着いた時にモヤっとしていて今日はアカンと思ったが徐々に良くなった。しかしそれも束の間で日差しが強くなり結局アカンかった。他の鳥も同様だが撮影は、薄曇りの薄日が差す日ぐらいが良い。空抜け飛翔は青空バックが良いが、これも日差しが強いと絞っても鳥がボケ、羽の下に影が出来て黒潰れとなるので、強めのシャープ仕上げと明暗部両方を適度に補正する必要がある。ボケに関してはピンズレや高感度によるボケでは無いので、何とか仕上がるようである。
晴れの日は時間帯によっても綺麗に撮れる時とどうしようもない時がある。止まりものなら1時過ぎまではアカン、この時期3時を過ぎると赤く染まってくるので画像はもう一つ。以前は11時以降になれば良いと思っていたが、最近は晴れの日差しの強い日は諦めている。
まあ、人ぞれぞれ好みの撮影条件とカメラの設定があるとは思うが、遠い鳥の止まりものを綺麗に撮るには何かコツがあるのかな。トリミングによる拡大を抑えれば、見栄えは多少良くなるが鳥は表情が分かるよう少しでも大きくしたい。

  
昨日の止まりもの画像、琵琶湖から帰ってきてから
トリミングでフルサイズから4.5倍に拡大

01dsc_0331


02dsc_0359


03dsc_0369


04dsc_0376

ロクヨン手持ち撮影、良い場所が無いか手持ちで探しに行った。
05dsc_0404


06dsc_0434


07dsc_0446


08dsc_0473


09dsc_0487


10dsc_0522


11dsc_0526


12dsc_0536


13dsc_0549


14dsc_0554


15dsc_0569

| | コメント (0)

昨日のオオワシ残り画像(1/2) 空抜け飛翔

 雨で撮影休み

次回のオオワシは、21日木曜日に予定している。多分居るとは思うが今シーズンの飛来が早かったので気にはなる。日曜日に北帰しなければ25日月曜日にも行くつもりで、オオワシラストの予定だがどうなるかはオオワシ次第。
いずれにしても残りは全て手持ち撮影、コハクチョウの群れ飛翔撮影も兼ねてTa18-400㎜も使う予定。

昨日の画像残りで空抜けの飛翔

●琵琶湖へ一直線
曇り空だったが逆光となる南側を飛ばれ黒潰れに近い、ソフトで修正したが限度がある。Dsc_0246

  
Dsc_0251




Dsc_0259

  
●琵琶湖からの戻り
道路の南側から帰ってきたが途中で横切って北側を飛ぶ。撮影の条件から漁港方面から帰ってきてほしかった。

Dsc_0292


Dsc_0293


Dsc_0295


Dsc_0296


Dsc_0299


Dsc_0306


Dsc_0308

最接近画像を1200pixel等倍に拡大
Dsc_0311


Dsc_0312

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅩ 今シーズン中締めはロクヨンで

 今シーズンのオオワシ撮影30回目で目標の回数に達した。中締めということで気合を入れてD850とロクヨンで麓で待つ。10時半頃にセンター方向へ飛び出し、待望の正面からの飛び出しが撮れた。今シーズンは塒入りで一度撮っているが暗くて撮影条件が悪く、今日は距離が遠かったものの満足できる結果だった。センター前で獲物を捕り帰ってきたのは50分ほどしてから、もう一度飛ぶかと3時半迄まったが飛ばずで諦めて引き上げた。

もうそろそろ北帰すると思うが、今週後半に手持ちで二次会に行き、来週まで居れば三次会となるがどうなるかな?

飛び出しの連写を掲載

朝一止まっていた場所は高く、おまけにモヤっとしていて撮影条件は悪かった。
9時前のノートリ画像
19021801

  
以後の画像はトリミングで拡大しているが、トリミングの範囲を間違えた画像があるかも知れない。
19021802

10時28分頃に2度目の糞
19021803

そのまま羽を広げたので飛び出しを期待する
19021804

一旦羽をすぼめ
19021805

1分後ぐらいに琵琶湖に向けて発進したので連写、ボケボケになるまでの23連写を全て掲載
19021806


19021807


19021808


19021809


19021810


19021811


19021812


19021813


19021814


19021815


19021816


19021817


19021818


19021819

  
1902182019021821


19021822


19021823


19021824


19021825


19021826


19021827


19021828

 
今日は平日というのに人が多く驚いたが、今シーズン終了近しで人が多くなっているようである。

  
撮影機材:D850、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:507枚
移動:車、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

昼からハヤブサに行った

 朝にヨドバシへ行った時、地下鉄一日乗車券を買ったので昼からハヤブサに行った。1時半頃から3時間弱待ったが、♂が一度煙突に止まったのみで期待外れに終わる。4時半頃には大概見られるようだが、今の時期撮影条件が悪すぎ待つ気がしなかった。

  
19021701


19021702


19021703


19021704


19021705


19021706


19021707


19021708


19021709


19021710


カワセミが現れたが何もせずに直ぐ飛び去った。
19021711


19021712


19021713


19021714


撮影機材:D500、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:108枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円(一日乗車券は日常経費)

| | コメント (0)

500mmf5.6PF用レンズコート入手

 ヨドバシ.comで1/2に取り寄せ依頼、昨日入手のメールが入ったので引き取りに行った。

写りには関係ないので必需品ではないが、キズ、表面の擦れ、夏場の汗によるベタベタ感防止のためで落とした時の保護にはならない。手持ち主体を考えれば有った方が良いのは言うまでも無いが、雨の中で使えばレンズを乾かすために外さなければならないのが難点。
これまで手持ちでは傷つきなどで多少気を使っていたが、これからは気にせずに振り回せる。

柄はデジタルカモというのにした。
黒と迷彩3種あるが、リアルツリーというのはロクヨンに使用しているのでこれにした。01dscn0759

レンズコートを付けなかった300mmf4PF
上面の表示の色がほとんど剥げている。潰れるまで使うなら問題無いが、売る時の査定はかなり下がると思う。300mmf4は売ることが無いと思う。それほど苛酷には使っていないが、メーカーの写りに関係ののない箇所の品質はこんなレベルだろう。D800Eで経験済みだが物によって個体差があるかもしれない。
02dscn0762

価格は21,060円でポイントが13%着いたので、他の通販よりは多少安かったのではないかな。ただ納期がかかり過ぎた。
ポイントで防湿剤、湿度計・温度計、接岸補助レンズを購入した。接岸補助レンズはD850で+1と+2を使用し+3としているが、まだ僅かながら足らないようで+2を二つ付けて+4にするつもり。
03scn0764_2

| | コメント (0)

今シーズン湖北で撮った野鳥

昨日の夜にメールを見ると、ヨドバシから1/2に取り寄せを頼んだ500㎜f5.6PFのレンズコート入手との連絡が有ったので取りに行く。朝は撮影休みで昼からどうするかな・・・・

掲載は今シーズン湖北で撮ったオオワシ以外の野鳥まとめ

チュウヒ
麓での撮影、センター方向に何気なく振り返ると飛んでいた。気づくのが遅く半逆光、もう少し早く気づけば綺麗に撮れていたと思う。0101dsc

ミサゴ
北側の湖岸、オオワシの漁狙いで待っている時に飛んだ。ミサゴは行った時には50%以上の確率で見ている。
0201dsc_5993

ハイタカ
湖岸での撮影、頭上を旋回しながら横切りよった。
0304ds

ノスリ
山本山の麓に居れば珍しくもない。
0409ds

ハヤブサ
見たのは2回と思う。0505dsc

チョウゲンボウ
以前はオオワシ待ちで田んぼの辺りをウロウロするのを見たが、最近はあまり見かけない。
0618112114

クマタカ
山本山周辺で見たのは2度目、撮ったのは初めて。
0718121014

コハクチョウ
オオワシの合間に田んぼに行って流し撮り、流し撮りはバックに何かが入らなければ雰囲気が出ない。
08dsc_9827_2

オオヒシクイ
マガンは撮りたいがオオヒシクイはあまり興味が無い。何故かは・・・・?
0914dsc_6693

ミコアイサ
尾上漁港へ撮りに行ったが年に一度は撮りたい鳥。
1005dsc_0224

♀は漁港の外で撮る
1102dsc_2824

カワアイサ
♂、♀共に漁港の東側で見かけ、よく飛んでいる。目が入りにくいので良い被写体ではない。
1204dsc_7860

ホオジロガモ
綺麗なカモと思う。これまであまり姿を見ていないが今年は何度も見た。
1316dsc_6167

こちらは♀
1418dsc_6193_2

ハジロカイツブリ
15dsc_6305

オナガガモ
1612dsc_4920

ヒドリガモ
1711dsc_6631

ヨシガモ
1812dsc_6022

オカヨシガモ
地元の川ではこの冬に初めて見たが(まだ居る)、湖北では珍しくない。
1912dsc_6667

アカハシハジロ
迷鳥で珍しいそうだがセンター近くで2回連続撮る。頭のデカいカモ、最近は話を聞かないが何処に行ったのか。
20112002

ジョウビタキ♂
21dsc_7061

カシラダカかホオジロ♀か?
22dsc_7068



他にも色々撮っているが、オジロを撮りたかった。今シーズンのオオワシ終了の心づもりはしているが今週2回行く予定。いづれも天気の良い日で、少し荒れた日に来ると聞くので姿を見ることはないだろう。来年、運が良ければ撮れるかもしれないかな。

尚、オオワシのここ10年の北帰を野鳥センターの鳥情報で調べると2/21~3/3で2/25~28が多いようである。明日は大丈夫と思うが、今年の暖冬今週末はどうかな、

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

撮影休み オオワシ今シーズン画像のベスト10を探す

 昼からブラブラ撮影に出ようかと思ったが寒いので止めた。

朝はTVを見て時間を潰していたが、昼からは面白い番組も無く今年のオオワシ画像で良いのがないか探す。ブログ掲載画像からではなく保存データから探したが、やはり昨年のような良い画像は無かった。先日、一度写真コンテストのためブログ掲載画像を見たが、保存データを見ても無かった。今シーズンは比較的良い画像が撮れたのは2日程度、田んぼに雪が積もり雪の照り返しでオオワシが綺麗に撮れる日を期待していたがダメだった。過去数度撮っているが、ともにPCのトラブルで外付けHDに移動させる前に消失させ、まともな画像が残っていないので残したかった。オオワシには後2度ぐらい行く予定をしているが、最近の動きから良い画像は撮れないと諦め、来シーズンに期待するしかない。
北帰は2月最後の週であれば嬉しいのだが、どうなることやら。

今シーズンの画像ベスト10
いずれの画像も再掲載と思いますが、一から修正したので多少違います。

01dsc_3414


02dsc_3581


03dsc_3610


04dsc_3641


05dsc_4040


06dsc_4057


07dsc_4367


08dsc_4441


09dsc_5840


10dsc_7091

| | コメント (0)

カワセミ(2/2) 昨日の後半戦で♂の画像

 朝は撮影休み、昼から出るかは気の向くままに・・・

昨日のカワセミ♂の画像、何時もの場所から帰り道でもあるので上流へ追いかけた。
日差しの関係で明るくなったり少し暗くなったり、日陰での撮影もあったが明るい場所に露出を合わせたため、かなり暗めに撮れソフト修正したが画像はもう一つ。WBオートで撮影したが固定した方が良かったかな?

  
01dsc_9387


02dsc_9401


03dsc_9402


04dsc_9403


05dsc_9404


06dsc_9406


07dsc_9407


08dsc_9440


09dsc_9453

  
10c_9484


11dsc_9485


12dsc_9486


13dsc_9489


14dsc_9517


15dsc_9522


16dsc_9530


17dsc_9537


18dsc_9543


19dsc_9544


20dsc_9556


21dsc_9566


22dsc_9570


23dsc_9614


24dsc_9615


25dsc_9627


26dsc_9628


27dsc_9675


28dsc_9688


29dsc_9694


30dsc_9748

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

カワセミ(1/2) いつもの場所から下流へ♀を追いかける

 少し早めにいつもの場所へ行ったが、誰も来ておらず珍しく先に来る長老の姿も無し、ハヤブサに行こうかと思ったが取り合えず待つ。しばらく待っているといつもの♀が登場、カメラマンも一人到着で昨日の状況を聞くとさっぱりだったとの話。カワセミは前をチョチョロと動き下流に飛び去った。しばらく待ったが痺れを切らして下流へ歩くとカメラマンが一人、見失ったとのことだったがカワアイサが居ると聞き更に下流へ歩くと長老がカワセミを撮っていた。♀、よく動いたので落ち着いて撮れず、さらに一気に下流へ飛んだので病院前まで追いかけた。昨年は何度も通った場所だが久しぶりに行った。しばらく撮ったが再び上流へ飛び去ったので元の場所に戻ると♂が出ていた。下流で♀を撮っている時間帯に、この場所にも♀が現れたそうで下流で追いかけた♀はいつもの奴と思っていたが違うようだ。この後♂が珍しく遊んでくれたのでシャッターを押しまくり、上流に飛び去ったので今日はこれまでと思い家に向かったが途中に♂が居り再び撮影、ウロチョロ飛び回り、下流へ飛び去ったので11時半頃に撮影を終える。
家を出てからよう歩いた、湖北でのセンターから麓までの距離三往復分ぐらい歩いただろう。

カワセミの撮影は♀より後の♂の方が多かったが、今日は取り合えず♀を掲載する。

19021501


19021502


19021503


19021504


19021505


19021506


19021507


19021508


19021509


19021510


19021511


19021512


19021513


19021514


19021515


19021516


19021517


19021518


19021519


19021520

  
オマケ
カワアイサは川に顔を突っ込み小魚を追っていたようで中々顔を上げず。

19021521


19021522

ゴイサギ幼鳥(・・・と思う、大きさからササゴイ幼鳥ではないだろう)
19021523


撮影機材:D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:861枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅨ ヤレヤレの撮影日

 いつもより早く出たが1号線で車内に些細なトラブル、そのまま走っても良かったのだが確認で横道に入る。トラブルは何とも無かったが、戻るのに道を間違え回り道で10分のロス。湖北に着いて沼横の駐車場に止めたが、写真コンテスト用の写真を先にセンターに持って行こうと麓の道に戻り、正面道路からセンターに向かった。カメラマンが一斉に山にレンズを向けていたので居るのは間違い無し、状況を確認せずにセンターに行った。センターで写真を渡した時に、獲物を持ち帰り低い場所で食べていると聞き、急いで行ったが間に合わず。途中で飛んで塒近くに隠れよった。その後2時間半ほど出てこずだったが、飛び出したと思ったらセンターへ一直線。戻ってくるかとしばらく待ったが、帰って来ずで仕方なくセンターに行ったが、途中でタゲリの集団を見たので横道に入り撮りに行った。タゲリが飛び去ったのでセンター前に向かったが、湖岸道路を渡ろうとした時に山に帰りよった。斜面の木に止まったので再び麓に歩いたが、途中で飛び再び塒方面に消える。念のため麓まで行ったが直ぐに引き返し、1時頃に帰路に着いた。木に止まった時に嘴を拭いていないと聞いたのでもう一度出るかと思ったが、風が多少強く寒さに耐えられず。
車内のトラブルのロス時間は良いとしても、沼横の駐車場に車を止めた時にそのまま麓に行けば、近くで食事後の飛び出しを撮れていただろうでヤレヤレの撮影日となってしまった。

掲載画像はトリミングで3倍に拡大

今日の狙いは、V3と300mmf4による山の前での流し撮りと、20コマ/秒の飛び出し高速連写だったがどちらも試せずに終わる。
センター駐車場から麓に向かう途中で飛翔撮影、ファインダーで露出を確認しSSを設定したらSS1/200、取り合えずシャッターを押す。
19021401200

塒近くの止まりもの
SS1/500
19021402500

SS1/100
ボケボケ、この時点でV3と300mmf4の手持ちで流し撮りは無理かなと思ったが
19021403400

取り合えずトビの飛びもので試したが全くアカン、ミサゴが上空を飛んできたので撮ろうとしたがピントがなかなか合わず、何とか捉えたがブレブレ、魚を掴んでいた。まともな設定なら撮れていたかも知れない。
19021404100

飛び出してきた。
流し撮りは諦めて通常設定にしていたが、曇り空で中々捉えられず。
19021405640


19021406640

とことん追った
19021407640

V3での撮影は諦めD7500に変えてセンターに向かった。

途中でケリ相手に露出をチェック
19021408

センターに近づいたところでタゲリの群れが飛び回っていた。30羽ぐらいは居たと思う。
19021409


19021410

寄り道して追いかける。タゲリも年に一度は撮りたい鳥、先日はぐれの1羽を撮っているが群れはこの冬初めて。
19021411


19021412


19021413

タゲリを撮らず湖岸に行っていれば、ポールからの飛び出しから撮れたかも知れないが、タゲリが撮れたので、まあエエやろう。
19021414


19021415


19021416


19021417


19021418


19021419

一旦木に止まったが
19021420

直ぐに北に飛んだので期待して急いで麓に向かうが
19021421

方向転換で塒へ、電線が邪魔になったので追わず。
19021422

コハクチョウを撮って帰った。今日はコウノトリも1羽来たらしく、オオワシが登場しないのでカメラマンが移動したが、興味が無いので行かず。
この画像のみノートリ
19021423

オオワシ撮影30回まで後1回、今年は目標達成間違い無しとなるが肝心の撮影が・・・・


撮影機材:V3と300mmf4/D7500と300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
撮影枚数:174枚/206枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

カワセミ 今日も短時間撮影

 少し遅めで行ったが8時頃に大きな魚を捕り飛び去ったとのことでガッカリ。魚の大きさから8時頃を起点にして1時間半から2時間の待ち時間、再登場は予想通りの10時前だった。短時間でサービスはもう一つだったが、撮れたのでエエやろう。
機材はD7500と300mmf4のTC無にしたが、さすがに対岸はpixel等倍まで拡大する必要が有り手持ちでは苦しいがこちらの岸では十分。AFがTC装着より少し早く、ピントを上手く合わせれば画像も良い。今日もシャッターをかなり押したが、肝心の水際が少なく良い画像が無し。機材では無くカワセミを正確に捉える腕がまだ不足、カワセミ撮影15年になるがカワセミを追いかける腕は途中から進歩せず・・・動体視力の衰えかな。最近、近くへ飛び込んだ時は、良く見ず勘でシャッターを押しているようで、カワセミ撮影の限界を感じる。

  
19021301

対岸の止まりもの、1200pixel等倍拡大の画像は手持では苦しい。
19021302

振り過ぎて端にかろうじて入っていたが当然ブレブレ
19021303

直ぐに戻したが1枚目がダメなら2枚目もアカン。
19021304

慎重に狙った飛翔、カワセミの飛ぶスピードはそれほど速くない。
19021305

水面近くでホバ
19021306


19021307

飛び込まずに戻る。
19021308_2

  
19021309


19021310

高い場所でのホバは後ろ向き
19021311


19021312


19021313

直ぐ下に飛び込んだので追えた。
19021314


19021315


19021316


19021317

石に止まると思ったら旋回して離れた場所まで飛ぶ。
19021318


19021319


19021320

シャッターを押すタイミングが遅れた。何度も飛び込んでくれれば撮れることもあるが今日のように単発ではアカン。
19021321


19021322

  
他の鳥
イワツバメ、行く途中で群れが飛んでいたのでかなり撮った。空抜けなので撮れるが、近くは難しくほとんどシャッター押せず。30分ほど粘れば目が慣れて撮れるが通りすがりの撮影ではアカン。
19021323

アオバト
朝に水飲みに川に下りたそうだが、木の中の止まりものと場所移動で飛ぶのを見たのみ。
19021324

モズ♀が河原に下りて水飲み。
19021325

モズ♂
19021326

ツグミ、昨年は多く見たが今年は少ないような。
19021327

帰る途中の小さな公園、梅が三分咲きでメジロが花の蜜を吸っていた。19021328


撮影機材:D7500、300mmf4PF、手持撮影  撮影枚数:434枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

湖北野鳥写真コンテストに出す画像を決めた

 どれを出すか悩んだが掲載の2枚に決めた。鳥を自然の中に溶け込ました自然を表現する画像を好む人が多いのかも知れないが、元々鳥を大きく捉え動きや表情などのポーズを見て楽しんでいるので、これはこれで良いと割り切っている。昨年はオオワシで銅賞を貰ったので、今年も何でも良いので賞が貰えたら嬉しい。

賞狙い本命 チュウヒ
親が落としたウシガエルを必死に受け取ろうとする幼鳥。幼鳥の必死さが分かるようトリミングで親をカット・・・実際はTC使用で幼鳥にAFを合わせたので親が画面からはみ出した。
180710d850


2番手 オオワシ
背打ちで良いと思うが魚が見えず、また今シーズンでは無く昨年1月の撮影なので、2番手と考えている。昨年は、この一連の連写の2枚後を出した。

180119d5

  
次回(今週)行くときに出すつもり。もし、残りの期間にオオワシの良い画像が撮れたら来年に残しておく。

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅧ ラストまでのカウントダウン開始

 今シーズンのオオワシもラストまであとわずか、ラストまでのカウントダウン開始の時期になった。昨年のようなビックリ仰天の日は無かったが、まあそれなりに撮影を楽しんだかな。後は余裕でブラブラ行ってみようと少し遅めに家を出た。9時半頃着で沼横の駐車場に車を止めたが、車から出て直ぐに琵琶湖方面を見たらオオワシが飛んできて頭上を通過して山に戻り寄った。獲物を掴んでいなかったので急いで麓に行ったが、朝の7時頃から琵琶湖に居たようで獲物を食べていないと聞いたので期待して待つ。
機材はD850にロクヨン、手持で行こうと思っていたがロクヨンを使わないと勿体ないで家を出る直前に変えた。直ぐに飛ぶと思ったが中々飛ばず、2時過ぎに飛んだが木移りで拍子抜け、40分ほどしてから再び飛んだがセンター方向、魚を掴んで帰ってくるのを期待した1時間ほど待つが帰って来ずで、センターのポールに止まっていると聞いたので諦めて引き上げた。
今日の天気予報は、曇り空で北西の風が少々強いの予報で撮影には絶好の条件と思ったが、風は無風の時間帯が有り小雨が降り出し、昼から晴れ間が広がる時間がありガッカリ、寒さに雨対策十分だったので小雨の中も粘った。

●木移りの飛翔
飛び出しを狙っていたが、またしてもくだらぬことで飛び出しの瞬間を撮り逃がす。飛び出すのが分かっていたので要らんことをしなければ良かった。

19021201


19021202


19021203

飛び出して南に方向を変え山の前を横切ったので早塒入りかと思った。
19021204


19021205


19021206


19021207

旋回して北へ飛ぶかと期待したが木移りだった。
19021208


19021209_2


19021210


19021211


19021212


19021213


19021214


19021215

枯れ松の前の枯れ木、この木に止まるのを見るのは初めて、残念ながら枝被り。
19021216

  
●2回目の飛翔
枝被りに日が差し条件が悪くなったので飛び出しは狙わず。頭上を通過してセンター方向に飛ぶ。

19021217


19021218


19021219_2


19021220


19021221


19021222


19021223


19021224


19021225


撮影機材:D850、600mmf4、三脚撮影  撮影枚数:493枚
移動:車、歩き  天気:曇り一時小雨後晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

カワセミ そこそこかな

 8時過ぎに着いたが姿無し、7時過ぎに来た長老の話では一度も出てこなかったとのことで、ハヤブサまで歩こうかと思ったが天気が悪いので止めた。1時間ほどしてから飛んできて以後はそこそこだった。ただ、暗くてISO1600で撮影したので画像はもう一つ。

  
対岸に止まる
19021101

対岸で水に飛び込んでからを狙うとほとんど後ろ姿になるので飛び込みから狙った。
19021102


19021103


19021104

飛び込みから狙うと水際がボケることが多い。
19021105


19021106


19021107


19021108


19021109

飛び込んだ瞬間も撮っているがボケボケ、飛び出してから少しマシになった。
19021110


19021111

捕った魚を落とす
19021112

取りに行きよった
19021113

上空を気にして見ていたので注意深く見た分からず。
19021114

枯草に止まり直ぐに少し下流へ移動
19021115


19021116


19021117

再び上空を気にする
19021118

チョウゲンボウが登場したので撮ったが、ピントはそこそこだったが空抜け撮影の最悪条件で解像せず。
19021119

ペリットを吐く
19021120

この後に吐き出したが瞬間を撮れず
19021121


19021122

支流に入り込んだので追いかけたが直ぐに本流に戻る。
19021123

下流の小学校前へ行きよった。
19021124

飛び込んだがシャッターのタイミングを外す。
19021125


19021126

再び上流に移動
19021127

魚を捕り食べた後対岸に飛んだので帰ることに。
19021128

アオバトが真横に下りた。水を飲んだ後帰るところを撮ったが、真横過ぎて完全に後ろ向きで横顔も入らず。
19021129

イソヒヨ♂、最近川沿い何か所かで見かけるが同じ個体が移動しているのかな?
19021130


撮影機材:D7500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:570枚
移動:歩き  天気:曇り後雪に雨がパラツク
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

所用で撮影休み

 今年は暖冬なのかも知れないが、年を重ねるとともに寒さが身にしみる。朝早く家を出ると大丈夫だが、時間を遅らせると家から出る気がしなくなることが多い。

雪国も雪が少ないのかな。みちナビ石川の白山市白峰のライブカメラを見ると、昨年のこの時期に比べるとかなり少ない。十数年前の2月に雪国の雪の積もり具合を見たくて行ったことがあるが、谷トンネルから白峰へ行く途中の国道で除雪された雪が車の天井より高い場所が有り驚いたことがある。
湖北も雪が少ないような、昨年は田んぼに雪が残っている日に3度ほど行ったと思う。

白峰の今朝のライブカメラの画像
Shiramine190210


昨年の2/8のライブカメラの画像
Shiramine180208

      

釣りで行った時に撮った画像(道路からの撮影で角度が違う)
Shiramine01

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

撮影休み  掲載はアオバト

 どんよりした曇り空で撮影に出る気がせず撮影休み

朝に国税庁HPの確定申告作成コーナーで確定申告書を作成してみた。記入する項目が少なく単純な申告なので15分ぐらいで終わったが、1万円少々還付があることが分かった。今年は確定申告を止めて市に住民税の申告をするつもりだったが、お金が帰ってくるなら確定申告せな損ということで税務署に郵送で提出することにした。よう分からんが国税庁HPの申請コーナーからの作成なので間違いないだろう。
本人確認でマイナンバーカードのコピー必要だが、昨年プリンターのスキャナーで取り込んだものがデータとして残っているので使用する

  
掲載画像は、2/2に撮影したアオバト

01dsc_7729


02dsc_7746


03dsc_7748


04dsc_7749


05dsc_7833


06dsc_7838


07dsc_7850


08dsc_7857


09dsc_7868


10dsc_7869

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

湖岸と田んぼをウロウロ、後ハヤブサ

 チュウヒとノスリを探して滋賀の湖岸と田んぼを1時間半ほどウロウロ歩く。共に姿見ずで寒かったこともあり引き上げ、ハヤブサの様子を見行った。着いて直ぐに飛んできて低い場所を旋回してくれたが、カメラをリュックから取り出している間に飛び去ってしまった。風の強さが多少マシだったので1時間弱待ったが姿見せずで引き上げる。何にも撮れずで何しにいったか分からない半日になったが、まあこんな日もあるさ~。

風車の撤去はかなり進んでいるようだ。
190208

掲載画像が無いのでノスリとチュウヒの過去画像でも

ノスリ
2/5の撮影、トリミングで1200pixel等倍
01dsc_9268


02dsc_9272


03dsc_9275



チュウヒは昨年の画像
昨年は1月に様子見で2回行き2月も2回行ったが全ての日に♂のみだが撮れた。
2月の画像
04dsc_1951

雪山バック
この時期の狙いは、雪山バックでもう少し良い構図で撮りたい。今日は雪が無かったが、もう期待できないかな?
05dsc_8272

  
06dsc_8480


♀を撮ったのは3月初めが最初、前年の♀に比べ胸の褐色範囲が広く腹の色が少し薄くおかしいなと思っていたが、右足に輪っかが付けられており違う個体と分かった。若のようで最初の頃は空中餌渡しの受け取りが下手だったが、その内に慣れたようである。
♂は先日見たが♀は何処に・・・? 今年も営巣してくれれば嬉しいが、どうなるか分からず時々様子を見に行かなければならない。
06dsc_6088

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

久しぶりに街中のハヤブサへ

 手持ちでオオワシに行こうかと思ったが、ここ何回か行った時の状況から”止めとこ”となる。1月末頃からの状況では”行ってもなあ~”で撮影意欲が多少薄れ、次回は数日の情報を見てからにする。後3回で目標の30回となるがどうなることやら?

今日は久しぶりに街中のハヤブサに行った。煙突天辺の手摺に2羽とも止まっていたが、♂は裏側で♀は表側と別れていたので、どちらかが飛ばないかと3回ほど様子見で往復した。♂は2度ほど場所移動で飛んだが、最後はどこかに飛び去った。♀は動かざることオオワシの如しで、首が怠くなり2時間で引き上げた。街中の建造物の前での待ち、おまけに見上げる角度がオオワシより急であるため疲れる。

距離がオオワシが山の斜面に止まる時と同じぐらいと思うが体が小さいので遠すぎ。下に下りてきた時でないとまともな画像が得られない。


止まっていても落ち着きが無く、手摺の向こうに下りて残り物を食べていたようで出てきてから嘴を擦り付けていた。お腹がかなり空いていたように思う。
19020701


19020702


19020703


19020704


19020705

  
19020706


19020707


19020708


19020709


19020710


19020711


19020712


19020713

  

悠然と止まりまったりしていたが、朝に獲物にありついたのかも知れない?
こ奴が悠然と止まっている時の仕草は、湖北のオオワシに似ている。
19020714


19020715


19020716


19020717


19020718


撮影機材:D500、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:297枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:520円

| | コメント (0)

山の麓でのオオワシ撮影にTCは必要か?

 D850と600mmf4での撮影の話だが、TCが必要か否か昨日の撮影画像で確認してみた。画像を見た限り山の麓の距離なら、トリミングで対応でき不要との結論になる。
TCを使用すれば画像が落ちるのは当然、近ければそれほど画像落ちは気にならず大きく撮れるので良いが、遠い時や日差しの強い日などの条件が悪い時には画像が悪いとTCのせいと気になる。以前からオオワシとチュウヒで何度も確認しているが、時々TC使用でも綺麗に撮れることがあるので(歩留まりは悪いが)、ついTCを使用するかどうか迷ってしまう。飛びものではAFに影響するのは分かっているが、少しでも大きく撮りたいの気持ちが優先する。

  
●飛びもの

琵琶湖から帰ってくるところ
×1.2の画像、ノートリ
Dsc_93821iso2000

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_93822


塒の向こうより飛び出してきたところ
×1.2画像のノートリ
Dsc_94291iso800

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_94292

 

●止まりもの
 麓での撮影では距離がかなり遠い部類

TC無し
×1.2画像のノートリ
Dsc_95361iso640

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_95362

  
1.4倍TCを使用
×1.2の画像ノートリ
Dsc_95841tciso1000

トリミングで1200pixel等倍に拡大
この大きさの画像が得られれば言うことないが、この距離の画像は元の画質が悪いので、ここまでの大きさは望まない。
Dsc_95842tciso1000

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅦ 寒さ対策不足で11時半頃に引き上げた

 9時過ぎに到着、沼横駐車場から麓に歩いている時に飛び出した。直ぐ近くを飛んで行ったので手持ちなら撮れたが、ロクヨンだったので取り出そうと思っている間に飛び去ってしまった。麓で待っていると30分ほどで帰ってきたが、南の端の雑木林の向こうに消えた。魚を持っていなかったのでまた飛ぶだろうと思っていたが、様子を見に行った手持ちの知り合いに聞いた話では、嘴を枝に擦り付けていたので琵琶湖で食べたのではとのこと。しばらくして飛び出し塒方面に消えたが、知り合いに聞いた話では地面に下りたようである。手持ちなら追いかけて共に撮れたのだが仕方なし。しばらく待つと再び飛び正面に来るかと思ったら、塒の南側の斜面の木に止まりよった。琵琶湖に飛んでから帰ってくるまでの時間が短く、獲物は小物か食べてる最中に落としたかで再び行くと思って持つことに。
着いて直ぐに小雨がパラ着いたが雨対策は小雨程度なら十分、ただ寒さ対策が不十分で鼻がグズグズにクシャミ連発、寒気もしてきたので昼用に買っていたおにぎりを食べ11時半頃に引き上げた。
一昨日のカワセミ撮影、日陰で立っていたが風が冷たく風邪気味になったようである。昨日も少し調子が悪かったが暖かかったので3時まで何とか持ったが、今日はもう1枚インナーを着ていけば良かった。雨が降りポンチョを着たので何とか11時過ぎまでは持った。帰りの車の暖房で家に着いた時は朝家を出る時と変わらずに戻っていた。

  
今日の画像はトリミングでフルサイズから3.6倍に拡大している。

琵琶湖からの帰り
南側を通過したが曇り空でオオワシ自体は綺麗に撮れた。日差しが有れば逆光でまともに撮れなかっただろう。
19020601


19020602


19020603


19020604


19020605


19020606


19020607


19020608


19020609


19020610


地面に下りて出てきてから。南の端から出てきて地面に向かうところはカメラから離れていたので撮れず。
こちらに向かってきたので正面に止まることを期待したが旋回して南斜面の木に止まる。19020611

  
19020612


19020613


19020614


19020615


19020616


19020617


19020618


19020619


19020620


19020621

  
この場所で2時間弱動かず、1200pixel等倍画像
19020622

  

●TC無と有の画像をトリミングで同じ大きさにして比較する
TC無し  1200pixel等倍
Dsc_9558

TC14Ⅲ使用
TCはこの比較のため使用した。
Dsc_9578tc

   

撮影機材:D850、600mmf4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:243枚
移動:車、歩き  天気:曇り後小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

オオワシ2018-19ⅩⅩⅥ 初めて栗畑の西の端で待ったが・・・

 TV放映の影響か人が多かったこともあり、センター方向への飛翔を期待して栗畑の西端で待ったが、9時過ぎから3時まで琵琶湖には飛ばず。
今年は暖冬のようでオオワシも早く北帰するかも知れず残り僅かの時期になってきた。1月の終わりの時点では、今年は目標30回の湖北行きを達成出来ると思ったが、天気の悪い日は行かないので危うくなってきた。あまり良い画像が撮れず今シーズン終了となるかな、まあそれでも良いだろう。
今日も早朝に獲物を捕って食べたようで、居た間は木移りが2度あったのみ。D850とロクヨンだったが機材をセットした場所が遠くTCを使用、天気が良かったこともあり画像はパッとせず。止まりもの相手にシャッターだけはいつも通り押した。

掲載は2回目の木移りで飛び出しから着木までの66連写から適当に24枚抜粋。日差しが強くボケばかりだったが、TC無しで撮れば多少マシだったかも・・・結果が悪い時はいつも考えてしまう。

19020501


19020502


19020503


19020504


19020505


19020506


19020507


19020508


19020509


19020510


19020511


19020512


19020513


19020514


19020515


19020516


19020517


19020518


19020519


19020520


19020521


19020522


19020523


19020524

 

何度も吠え捲っとったがミサゴが何度か登場した。前に居れば気づかなかっただろう。ミサゴ以外に琵琶湖の上を他のが飛んでいたのかも知れないが分からず。
19020525


撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:514枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

カワセミ 今日は愛想が悪かった

 8時半から11時まで居たが、いつもの場所は一瞬止まっただけで上流に飛び去った。上流へ追いかけたが撮影し難い場所に3度飛び込み、魚を捕らずに遊歩道の桜並木から住宅街に消えた。直後にいつもの場所に一瞬止まり下流へ飛び去ったようである。
今日は、D5に500mmf5.6で三脚を持って行ったが、上流へ追いかけた時は手持、何のために三脚を持って行ったか無駄な労力を使う撮影日だった。

  
19020401


19020402


19020403


19020404


19020405


19020406


19020407


19020408


19020409


19020410

 
夕方追記
もうすぐ確定申告の時期、一昨年は株売却の収入で数十万円取られたが昨年は0。税務署から申告の案内が来ず公的年金の源泉徴収も少ないので、今年から申告をやめようと思っていた。税務署のHPを見ると確定申告しなくても、住民税の申告は市によっては必要と書いてあったので市に聞いてみた。申告は必要で申告しないと今年度0だった住民税がかかる可能性があるとのことで申請用紙を区役所に貰いに行ってきた。取り合えず確定申告の計算をして0になれば市への申告をしてみよう。市の国民健康保険料も申告しない場合どうなるのか気になる。確定申告すればその数値が市にも回るので、そちらの方が慣れており簡単かも知れない。よう分からんが損はしたくない。

2撮影機材:D5、500㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:91枚
 (三脚を持って行ったが使用せず)
移動:歩き  晴れ時々曇りで雨がショボツク
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

カワセミ 短時間集中サービスがあった

 撮影地に向かい住宅街を歩いている時に、顔の横を雫のような物が落ちるのが目に入る。何かなと下を見ると服に白い筋が付いていた。上を見ると電線に雀が止まっており糞を落とされたのが分かり、直ぐにティッシュで拭いたが綺麗に取れず薄っすらと残る。帰ってから水を付けて吹かないと取れないと思い、そのまま撮影地に向かったが雀の糞(ウンチ)が付いて運が付き今日は運が良いかとくだらん事を考えながら急いだ。
着いて直ぐにカワセミを見つけたが何処かに消え、仕方なくアオバトを見ていたが飛ぶ姿は見たが水飲みに下りる気配無し。カワセミは、時々姿を現したがモズに追われたり、網を持って川に入り何かを捕っている人物も登場し逃げたり。今日は、アカン日かと思ったが運が付いていた。その後、再び登場して飛び込み連発で連写しまくる。曇り空になってからで画像はパッとせずだったが、狙いの水際を何度も撮り満足して引き上げた。
水際と枝に帰るときの止まる瞬間も狙ったので、シャッターを押せば枝に止まるまで連写を続け、短時間で撮影枚数がかなり増えた。そこそこ撮れたのは水際の2、3枚で大半はボケ画像だった。

  
19020301

  
19020302


19020303


19020304


19020305


19020306


19020307


19020308


19020309


19020310


19020311


19020312


19020313


19020314


19020315


19020316


19020317


19020318


19020319


19020320


19020321


19020322


止まるところのマシな画像
止まるところは横移動なら良いが、こちらに向かってくる時は近いと難しい。止まる瞬間だけを狙い場所を予測して待たないと無理かも。時々、まぐれで撮れることはあるが・・・
19020323


19020324


撮影機材:D850、300mmf4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:679枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

今シーズンのオオワシ画像を探す

 昨日、コンテスト向けに今シーズンのオオワシ画像をもう一度探してみた。綺麗に撮れたと自己満足の画像は飛翔でいくつかあったが、ただの飛翔だけではもう一つ。魚を掴んでの飛翔は半逆光で画質的に良くない。そんな中で何枚か選んでみた。
後は残り3週間に期待するしかない。オオワシの動きは、オジロが出てからおかしくなり、数日はセンター前に止る時間が長かったが、最近は山にも長時間止まるようになったそうである。ただ、9時~3時ぐらいに山から獲物を捕りに飛び帰らなければ、何処で待つにしても撮影にならない。12月半ばから1月の半ばまでは良かったが、残りの週瞬間はどうなることやら、基本的に雨や雪の降る日は行かないので天気も気になる。

今シーズンの選んだ画像(ソフトでの修正は不十分)

半逆光 
181120

紅葉を強調したかったがバックの枝が煩わしい
181129

飛び出し
181215

トビとのバトル、手持ちだったので画質がもう一つ。周囲の枯れ枝も鬱陶しい。
181221_2

ドアップ画像、少し枯れ葉が被っているのが残念。
181225

WBの調整要
190107

今のところはこの画像ぐらいかな・・・もう少し明るく仕上げた方がよいような。190110

半逆光、右を飛んでくれれば良かった。
190119

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

カワセミ エサ取り場所を少し下流に変えたかな

 カワセミに行った。少し状況が変わっていたが今日だけかな?
8時半頃にポイントに到着したが、7時半頃からカワセミの姿無しとのこと。アオバトが居たので撮影したが大半が枝被りで撮影にならず、水飲みに川へ下りる短時間が勝負。2~3度ほど下りたので連写したが、今日はいつもよりは撮れていた。
9時半頃にカワセミ♀が登場したが直ぐに下流へ飛び去る。最近通っていないので状況が分からずだが、今日は少し下流がメインのエサ取り場所だったようで追いかけた。小学校前、数年前は何度かこの場所で撮ったことがあるが、最近はこの場所は撮り難いこともありあまり注目していない。しばらく撮った後、元の場所に戻ると♂が登場していた。ホバなどもしたようだが戻った時は遅かった。直ぐに上流に飛んだので追わずだったが、少し上流で飛び込みを連発したそうである。追えばよかったが、かなり上流に飛び去ったと思っていた。
D850と300mmf4+TCを持って行ったがTCは1.7倍だった。よく確認しなかったが先日のオオワシ撮影の機材、さすがにf4レンズに1.7倍TCは、大きな鳥なら良いがカワセミの飛びものは上手く追えず肝心な水際が撮れず。カワセミ撮影の最初はTCを外し、水際が1度だけ撮れたのでまあエエか。

TC無での撮影
   
19020201


19020202


19020203


19020204


19020205


19020206


19020207


19020208


19020209


19020210


19020211


19020212


19020213

  
  
TC17Ⅱ装着
オオワシ、チュウヒ、ハヤブサなどでは、時々600mmf4や300mmf4に付けて使用しているが、f6.7となりAFが劣るので動きの速いカワセミの飛びものでは使わない方が良いだろう。元々、328や428用のTCと思う。止まりもの撮影では、画像が甘くなるがAFは問題なく素早く撮れる。

19020215


19020216


19020217


19020219


19020220


19020221


19020222


19020223


19020224

  

アオバト
取り合えず2枚掲載、後は整理してから。
朝の早い時間帯の暗い日陰でバックの水面は光っている、撮り辛く暗い画像を修正しているのでパッとせず。

19020225


19020226



撮影機材:D850、300mmf4+TC17Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:510枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

湖北写真コンテストの応募画像を考える

 湖北野鳥写真コンテストに今年も応募するつもり。昨年、1月以降で湖北を中心とした滋賀県内となっているので、オオワシとチュウヒを考えている。チュウヒは既に3候補を既に決めているが、オオワシは今シーズンもう一つ良い画像が無く、昨年1月のものにするか迷っている。

チュウヒ
3枚から1枚を選ぶ

04d850600f4


05d850600tc14
   

06d850600tc174

 

オオワシ
昨年1月の画像、昨年はこの日の一連の連写の中から別の画像を出した。昨年と同じ日撮影の画像を出すのはもう一つ、2月中に何とか撮れないかと思っているが・・・・。狙いは無く偶然に期待している。飛翔狙いなので狙っても良いシーンは撮れない。

この画像、少しのタイミングの差で魚が写っていないのが残念、魚が入っていれば昨年この画像を出していた。
01dsc_1589

かなり距離が近く満足の画像だが、少し平凡過ぎるような。魚の大きな口が良いのだが・・・・
02dsc_1640

これは上の2枚と別の日の画像、夕方の日が雲に隠れた時で画質はもう一つだが、オオワシのカメラ目線が気にいっている。 
03dsc_9436



いずれもロクヨン(+TC)の三脚撮影

| | コメント (0)

しんどくて今日も撮影休み

 昨日、しんどくて夕食後の7時頃に布団に入る。夜中に何度か目が覚めたが直ぐに眠り朝の5時前に起きた。頭が重く体が怠い、インフルエンザかと思い体温計で熱を測ったが平熱。ニュースでインフルエンザ大流行を知っているが、12月に予防接種を受けようと思いながら忘れてしまい、1月になって行くかどうか悩んだが病院に行って反対に感染したらたまらないで止めた。朝に買い物でブラブラ出かけたが、病院の前を通った時に入り口を見ると、インフルエンザ予防接種受付中の表示物が無くなっていた。ワクチンが品切れになったのかも知れない。
昼になりしんどさはマシになったが、目が少しショボツクので花粉症が始まったのかもしれない。今日は撮影に出ず様子見としよう。

  
掲載は在庫から地元で撮ったカルガモとコサギのバトル。

カルガモの連写  
Dsc_7184


Dsc_7185


Dsc_7186


Dsc_7187


Dsc_7188


Dsc_7189


Dsc_7190


Dsc_7191


Dsc_7192


Dsc_7193

  
コサギのバトル抜き取り、近すぎて画面はみ出し画像が多かった。
Dsc_7433


Dsc_7434


Dsc_7436


Dsc_7442

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »