« オオワシ2018-19ⅩⅩⅦ 寒さ対策不足で11時半頃に引き上げた | トップページ | 久しぶりに街中のハヤブサへ »

2019年2月 7日 (木)

山の麓でのオオワシ撮影にTCは必要か?

 D850と600mmf4での撮影の話だが、TCが必要か否か昨日の撮影画像で確認してみた。画像を見た限り山の麓の距離なら、トリミングで対応でき不要との結論になる。
TCを使用すれば画像が落ちるのは当然、近ければそれほど画像落ちは気にならず大きく撮れるので良いが、遠い時や日差しの強い日などの条件が悪い時には画像が悪いとTCのせいと気になる。以前からオオワシとチュウヒで何度も確認しているが、時々TC使用でも綺麗に撮れることがあるので(歩留まりは悪いが)、ついTCを使用するかどうか迷ってしまう。飛びものではAFに影響するのは分かっているが、少しでも大きく撮りたいの気持ちが優先する。

  
●飛びもの

琵琶湖から帰ってくるところ
×1.2の画像、ノートリ
Dsc_93821iso2000

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_93822


塒の向こうより飛び出してきたところ
×1.2画像のノートリ
Dsc_94291iso800

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_94292

 

●止まりもの
 麓での撮影では距離がかなり遠い部類

TC無し
×1.2画像のノートリ
Dsc_95361iso640

トリミングで1200pixel等倍に拡大
Dsc_95362

  
1.4倍TCを使用
×1.2の画像ノートリ
Dsc_95841tciso1000

トリミングで1200pixel等倍に拡大
この大きさの画像が得られれば言うことないが、この距離の画像は元の画質が悪いので、ここまでの大きさは望まない。
Dsc_95842tciso1000

|

« オオワシ2018-19ⅩⅩⅦ 寒さ対策不足で11時半頃に引き上げた | トップページ | 久しぶりに街中のハヤブサへ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2018-19ⅩⅩⅦ 寒さ対策不足で11時半頃に引き上げた | トップページ | 久しぶりに街中のハヤブサへ »