« オオタカ姿見せずで代わりにハイタカ飛翔を撮る | トップページ | 撮影休み »

2019年3月 2日 (土)

チュウヒ2019Ⅱ 気合を入れて8時から12時半迄待つ

 朝にカワセミに行くか迷ったが、ロクヨンを使おうとリュックに入れたままの昨日の機材を担いでチュウヒに行った。8時頃着で8時半後に登場、その後は1時間に一回のペースで飛んでくれた。5回の飛翔の内、11時半からは飛翔時間が長く♀が頭上近くを飛んだこともあり連写しまくり、後の4回は短時間で距離も遠かった。9時半頃から陽炎の影響が出だし距離が遠いとボケ連発で近ければ大丈夫だったが、この時期は4月以降に比べればまだマシである。カメラD5でレンズロクヨンだったからかもしれない。
チュウヒの動きは、西の方でよく飛ぶが昨年もこの時期は同様だったように思う。次回は全体が見える端か曇り空なら対岸から様子見かな。昨年と変わらないとは思うが、今年もチュウヒの動きを知らねばならない。いずれも距離が遠いので大きく撮れないが、葭原のどのあたりに辺りに下りるか状況チェックが出来る。カメラはD500、画像落ち覚悟でTC使用かな・・・・

 

●1回目
8時半前後だがこの時間帯の撮影条件は晴れの日でもマシ。  
19030201


19030202


19030203


19030204


19030205

  
●2回目
時間が短すぎで愛想無かった。
19030205930

  
●3回目
♂の急降下急上昇が何度も見られた。ディスプレイとやらかな?
190302061030


190302071030


190302081030


190302091030

前に枝がある
190302101030


190302111030


190302121030

  
●4回目
断続的に20分程撮影出来た。待望の残雪雪山バックの飛翔が撮れたが雪が少なすぎる。日差しが強く山が陽炎でぼやけすぎ、今年も撮れたのでエエやろう。
190302131130

ノートリ
190302141130

♀がこちらに飛んできた。朝は、琵琶湖側を飛び遠くへ飛び去るのは東か西方面からだったが、昼前になって近くを飛んで南側の畑上に飛んだり葭原に戻ったりがあった。飛翔旋回のルートが少し変わったように思うが、何故かはチュウヒに聞かないと分からない。
190302151130

  
190302161130

カメラ目線、しっかりこちらを見ていると思う。
チュウヒやノスリは敏感な鳥で、止まっている時は100mも近づけないが、飛ぶと平気で近くを飛びよる。撮影地のよく止まる木までの距離は100mもないと思うが、人を見て逃げるのを見たことがない(一度だけ逃げられたかも?)。尚、他の場所に止まった時は、距離が100m以上あってもこちらが姿を見せると直ぐに飛びよる。不思議に思うが慣れなのかな?
190302171130


190302181130


190302191130

1200pixel等倍に拡大
前後の画像はファインダーからのハミダシが数枚あった。三脚をもう少し高くすれば良かった。
目の色が成鳥らしくなったかな。
190302201130

♂も雪山バックに飛ぶ。
190302211130

今年は雪が少ないので来年に期待する。
190302221130

糞一発
190302231130

♀の止まりもの
枯れ葦、枯れ枝、陽炎の影響で、AFではまともに撮れず。AF-C1点で何とか撮ったがこの程度。陽炎はどうしようも無い。
190302241130

  
●5回目
姿が見えなくなり12時半頃に止めた。待てば撮影できたかも知れないが昼食で終了。今日は、少し奮発してカツカレーを食べたが、今後良い画像が撮れた時は近江牛カレーにする。この店のカレーは美味い。
190302251220


190302261220

  
●ミサゴ
距離は遠かったが何度もホバーしたので76枚撮影した。
19030227

  
●イタチが姿を見せたので久しぶりに撮影した。イタチの仕草は面白い。
19030228


19030229


撮影機材:D5、600mmf4E、三脚使用  撮影枚数:939枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« オオタカ姿見せずで代わりにハイタカ飛翔を撮る | トップページ | 撮影休み »

チュウヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオタカ姿見せずで代わりにハイタカ飛翔を撮る | トップページ | 撮影休み »