« カワセミの水際に飛翔の抜粋 | トップページ | 温室のスイレンをD7500と500mmf5.6PFで撮る »

2019年3月10日 (日)

D7500と500mmf5.6PFの1200pixel等倍鳥画像

 一昨日の撮影画像で等倍画像をチェックした。これまでに何度もチェックしているが、手持ち撮影なので等倍拡大は苦しい。三脚を使用すれば多少は良くなると思うが、歩きで撮影地に行くので持ち出すのが面倒くさい。
等倍まで拡大するならフルサイズ機のD850の方が多少良いとは思うが、ファインダー内の鳥が小さいのがAFにどう影響するか今だ結論付けていないが、そこそこ撮れればどうでも良いだろう。
今日の掲載画像は、距離が近いのでAFは全く関係無し・・・ISOを640ぐらいにすると価格の差が分かるようだ。等倍に拡大するとノイズがかなり気になり、ノイズリダクションをかけた。ノイズはあまり気にしないのだが。

f5.6、SS1/1600 
ISO感度は手動設定で変えているがモードMでの鉄則だろう。

ISO1600  
01dsc_8689iso1600

ISO1600
02dsc_8728iso1600

ISO400
03dsc_8919iso400

ISO640
04dsc_9551iso640

ISO400
05dsc_9057iso400

ISO250
06dsc_9188iso250

ISO320
07dsc_9392320

ISO320
08dsc_9456iso320

ISO250
09dsc_9461iso250

|

« カワセミの水際に飛翔の抜粋 | トップページ | 温室のスイレンをD7500と500mmf5.6PFで撮る »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミの水際に飛翔の抜粋 | トップページ | 温室のスイレンをD7500と500mmf5.6PFで撮る »