« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

カワセミ いつもの場所が直ぐに終わり最下流に行った

 ブラブラとカワセミを求めて何時もの中流へ。♀が前に居たが魚を捕って食べた後で休憩中、飛んだので追いかけたが行先分からず。仕方なく最下流へ行ったが、こちらもサービスが終わった後のよう。それでも2羽が登場し撮れたので、まあエエやろう。


中流の♀
19033101

下流に向かって飛んだが途中で見失う。
19033102

19033103

19033104

少し歩いて探したが見つからずで最下流まで歩く。

綺麗な♂がスタンバイ 
19033105

D500と500mmf5.6PFだったが、750㎜の手持ちでは追い難く水際撮影は失敗 19033106
  
19033107

19033108

対岸の柳に止まる
19033109

19033110

2段ホバが一回あったがピント合わず。VR・ONにしていたが揺れでピントが外れた。
2回目のホバはピントがあったが後ろ向き。
19033111

土手に止まり飛び込んで魚を捕り直ぐに食べる。
19033112

目の前の浅瀬に飛び込んだので水浴びと思ったが何かを捕っていた。 19033113

19033114

19033115

19033116

19033118

19033119


♂は土手を越え土手の向こう消えた。しばらくして♀が登場したが再び消えた。雨が降ってきたので終了。
19033120

今日もシマアジが居たが、あまり移動せず場所を固定してきたのかな? 19033121

  
家に帰ってから湖北野鳥センターより連絡があったが、コンテストに応募したチュウヒが入選したとのこと。昨年より上の銀賞狙いだったが、TC17Ⅱ使用の画像なのでじっくり見ると少し?と思っていた。それでも入選ということなので、良かった、良かったというところ。来年は、来シーズンのオオワシで挑戦したいがどうなることやら。

撮影機材:D500、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:171枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り・小雨
撮影経費:260円

  

| | コメント (0)

チュウヒ 3/28に初見と思っていた個体は3/2の時点で登場していた

 今シーズンのチュウヒの画像チェックで、3/28初見と思っていた奴は3/2の時点で登場していたのに気づく。人から冬場に見たと聞いているので時々飛んできて混在するようだ。一昨年か昨年か忘れたが、冬場に3羽が同時に飛ぶのを見ているのでこの時期は何羽が居るのだろう。よく似ているのでそこそこの大きさのパッと見では分からず、拡大してじっくり見るまで気づかなかった。やはり♀やな~、ガッカリ。

羽の模様が違い、顔の色が違い目の色も違うように思う。輪っかは、上の個体の足が毛で隠れているので分からないが、多分無いだろう。
掲載画像は、いずれも3/2の撮影

3/28初見と思っていた個体
Dsc_1319_1


昨年から見ている♀  
Dsc_1811_1

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

撮影休み  チュウヒ2019番外編で♂か♀か

 今日は休養で撮影休み

一昨日に現れた個体、♂が帰ってきたと思い期待したが、画像を見ると♀かとガッカリした。今居る♀と明らかに色に模様が違うので、実際はどうなのか期待を込めて野鳥図鑑やネットで調べてみた。
チュウヒ撮影は7シーズン目で、過去の撮影で♂と♀の違いはハッキリしており、分かっているつもりだっだったが個体差があるようだ。下面の褐色が薄く縦班がはっきりしているのが♂、下面のお腹辺りが褐色なのが♂と思っていた。大体は間違っていないと思うが色々いるようだ。
①目の虹彩は黄色、♀には暗色の個体も居るようだ・・・2年前までの♀は黄色、今の暗色
②♂は下面全体に縦班に横班が有り、♀でも横班があるものがおり分かりにくい。
③♂の尾は灰色で根元辺りは白っぽい。♀の尾は褐色で根元は白っぽいものも居る。
④♂の上面風切羽は黒褐色で横班が分かりやすい、♀は班が分かりにくい。
⑤♂の方が体が小さく顔が大きく見える。


と違いがあるようだがシロウト目にはようわからん。並んで飛ぶところか背打ちを撮って尾を見る必要があるが、単独では日差しの関係で色からは判別し難い時がある。ただ、一昨日の画像からは♀の可能性が強いようだ。期待は繁殖で幼鳥が登場してくれること。しばらく姿を見ていない♂が再び登場し、4月半ばぐらいには巣材運びに餌渡しが見られたら言うこと無しなのだが・・・アカンかな?

今の♀、昨年から登場。  
01mesu01

3月の初め頃まで見た♂、数年居てると思う?
02osu01

今年撮影した♂の背打ち、日差しの関係で少し黒目に写っている。
03osu02

一昨日登場した個体、この画像を見て♀と思っている。今居る♀の画像では無いと思うが、両方を交互に撮っていたので自信が無い。
04osu1

この画像は間違いなく別個体
05osu4

  

一昨年の♂と♀、尾の色が明らかに違う。
06image

07image2

前からの撮影、♀は今の♀と明らかに色が違う。今のは幼鳥で成長すれば色が変わると思っていたが、図鑑を見る限りでは個体差のようである。
08image4

一昨年の♀、顔が白いのを除けば先日の別個体に模様が似ている。標準的な♀の色かな?09image3

一昨年の♂
10image5

日差しによって色が違うが、♂
11image6

  
チュウヒは、これまで湖北と西の湖で撮影し今津でも車で小浜へ行く途中に飛ぶ姿を見ているがいづれも冬、冬なら大阪でも撮影できるようだ。4月も様子見に行くつもりだが、状況によっては春から初夏のチュウヒ狙いも7年で終了とする。

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

チュウヒ2019Ⅹ 気合を入れていったが空振り

 66歳最後の日、気合を入れ行った。
昨日登場した奴は♂か♀か、手持の ”比べて識別!野鳥図鑑” やネットで調べたが撮影した画像からは分からず。背打ちか♀と並んで飛ぶところを綺麗に撮れば分かるのではと思ったが、7時から8時半まで♀が前に止っていたのみ。飛び去ってから10時半まで粘ったがチュウヒは姿見せずでガッカリして帰る。トビが止る木の下の枝に悠然と止まっていたが、威嚇で鳴くこともなく昨日よく鳴いていたのは何だったのかな?
チュウヒが低い場所に止まっていたたためか、ロクヨンを使った割にはパッとせず。前の葦の影響でピントがもう一つだったと思う。

  
19032901

19032902

19032903

19032904

19032905

19032906

19032907

19032908

横に居たトビ威嚇する
19032909

19032910

19032911

19032912

19032913

19032914

19032915

19032916

19032917

19032918

19032919

飛び出しを狙っていたが反対側に飛び出しよった。
19032920

19032921

19032922

  
  
撮影機材:D850、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:428枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

チュウヒ2019Ⅸ 新たな展開が期待できるかな・・・?

 
 何時もより早く7時前到着で行った。気温は高かったようだが風が強く寒い中10時まで粘る。2羽登場で♂が帰ってきたと思ったが、画像を直ぐに確認すると別の個体で♀のように思うが如何に? ネットで調べるとチュウヒの色に模様は、個体差が有り色々違うようでよく分からない。
別個体は、南西の畑の上空から現れ3時間で3度登場したが守山方向に飛び去った。あまり下りてこずで少し残念だった。
尚、何時もの♀は正面の木の下によくか隠れたが、木にトビが2、3羽止まっていても鳴かなかったが、近くの葦原上を飛ぶとよく鳴いた。鳩が飛んでも鳴いとった。

今日の別個体登場で何かあるのだろうか、もし♂だったら嬉しいが違うやろな。

最初に登場したのは初顔の個体
19032801

何時もの♀
19032803

トビを威嚇するが♂ほどとことんいかずで物足りない
19032805

19032807

19032808

西に飛んで帰って来ずで見に行くと木に止まっていた。こちらに気づくと直ぐに逃げたが、止まっている時はかなり警戒心が強い。 飛んでいれば上から睨みつけるが近くも飛ぶ。ミサゴも同様でよく睨みつけられている。
19032810


対岸に行き様子を見ていたが2羽が登場し旋回したので直ぐに戻る。

中央に戻る前に急降下と急上昇を繰り替えしたが前の木が邪魔でまともに撮れず。
19032811

19032812

19032813

初顔が3度目の登場、この時は2羽ともよく飛んでくれた
19032814

19032816

1200pixel等倍に拡大、目が黄色いように思う
19032817

19032819

19032820

19032821

19032822

オマケのイタチ
19032823

 
<追記>
この地の♀、飛んで葦原を出ていくが♂を探しに飛ぶのだろうか。ならば何となく可哀そうに思うが、♂と♀の間に何があったのかな。街中のハヤブサも同様かも知れないが、もし離縁ならこちらは稼ぎの悪い(狩りが下手)♂に♀が三行半を突き付けたのだろう。鳥の世界も人間界と同様色々あるようだが、鳥のことは鳥に聞かないと分からない。
今日の朝、薄暗いうちに家を出てコンビニに寄ったが、横のマンション屋上でチョウゲンボウが交尾しとったが、こ奴らはハッピーではないかい。
  
朝起きてから決めるが、チュウヒに行くならロクヨンを担いで行こう。様子見なら手持ちの方が良いのだが、他にロクヨンを使用する鳥が思い当たらない。

  
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:312枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

チュウヒ2019Ⅷ  今年の繁殖は黄信号?

 今日のチュウヒは8時前から11頃まで、♀は出がよく飛んでくれたが♂は姿見ず。♀は何度か飛んで葦原を離れるが直ぐに戻る、最後は飛んでから30分度帰って来ずで引き上げた。♂を探しに飛んだのかどうか、また葭原に隠れてもよく鳴いていたが♂を呼んでいるのかかどうか・・・分からず。ただ、今日も巣材運びを見なかったので今年の繁殖は黄信号かも知れない。この地の繁殖はこれまで早いが、Wikipediaでチュウヒを調べると卵を産むのは5~6月と書かれていたので、今年は遅いだけなら良いのだが・・・・
昨日、ハヤブサ撮影地で見守っている人から”♂の姿を見ずペア~解消と違うか”と聞いたが、チュウヒも同様でなければ良いのだが。
    
   
♀の飛翔
チュウヒは、餌渡しに餌を持って巣に垂直に下りる瞬間が面白い。ただの旋回飛翔はもう一つ。
   
19032701

19032702

19032703

19032704

19032705

19032706

19032707

19032709

19032710

19032711

19032712

19032713

19032714

19032715


正面の木の根元辺りに下りる。昨年もこの時期は同じ場所近くに下りていた。
19032716

葦原にトビが居たのか(姿は見えず)、何度も急降下急上昇を繰り返していた。
19032717

19032718

19032719

19032720

19032719

19032721

19032722

  
  
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:304枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

 

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

朝はカワセミ、昼からブラブラとハヤブサまで歩く

   ココログからのお知らせから今回のリニューアルに伴う不具合の書き込を、ココログ広場のつぶやきで見ていると色々あるようだ。ただし、日付が分からないのでいつの書き込みかは分からない。当方のブログでもリニューアル直後に色々あり焦ったが、今は表示されない画像があったりページが見つかりませんとかがたまに出るものの復旧はしている。ブログによって色々症状が異なるようだが、Windowsとかインターネットエクスプローラーとかのバージョンによって違いもあるのかな? それにしても問題の無いことをチェックしてから一気にリニューアルするならよいが、ユーザーにとって必要のないリニューアルを公開してから、ユーザーのチェックを受け問題を解決するやり方は止めて欲しい。こちらは、有料で使用しているので特に思う。
どうでも良いが改行の仕方が元に戻ったかな・・・?
    
朝からカワセミに行ったが上流に♂が居たのでしばらく撮る。飛び去ったので何時もの場所に行くと、着いた時には大きめの魚を咥えていた。それまでにも何匹か捕っていたようで中々飲み込まず咥えたまま、しばらくして飲み込み水浴びをしてから見えない場所に隠れたので、1時間以上動かないと思い引き上げた。上流から撮影しながらブラブラ歩いたので多少の撮影時間はあったが、正味の撮影時間は1時間であった。
昼から、もう一度出陣でカワセミを探索しながらハヤブサまで歩いた。久しぶりに最下流のカワセミが撮れ、ハヤブサも姿を見せたが撮影はもう一つだった。
     
●朝の撮影  
川に着いて最初に見たのは上流の♂
19032601


19032602


水道管の橋脚に止まった後、対岸の土手の肩に止まったので期待したが、通行人がいきなり真後ろに止まり覗きよったので逃げた。飛んだ方向は、こちら側で直ぐ横を飛び住宅街の屋根を越えていった。時々見るが何処へ飛んで行くのか?    
19032603


何時もの場所には♀が居た。
19032604
  
19032605
   
19032606
    
19032607
   
19032608
   
お腹が膨れていたようで 飲み込んだのはかなり時間が立ってから
19032609
   
水浴び
連写したがピンボケ連発、ピンボケも含め抜粋  
19032610
   
19032611
   
19032612
      
19032613
   
19032615
   
19032616
  
19032617
  
19032618
   
19032619
  
もう一度飛び込んでから見えない場所に隠れた。
19032620
   
19032621


今日も居たシマアジ、かなり上流に居た。
19032622
  
ツグミ 
19032624
   
コサギ
19032623


 
●昼からの撮影
ブラブラとハヤブサポイントまで歩いたがカワセミの姿無し、久しぶりの最下流で姿を見る。
ホバを何度かしたが曇り空でピントが中々合わず。
19032631_1


19032632


19032633_1


19032634


久しぶりのハヤブサ
飛び出しを狙う。
19032635


19032636


19032638


19032639

反対側に回ったので見に行くと日陰に止まっていた。飛びそうになかったので4時頃に引き上げた。 19032640  


  
撮影機材:V3、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:朝143枚/昼から147枚
移動:朝は歩き、昼か行きは歩きで帰り地下鉄  天気:晴れ後時々曇り
撮影経費:260円  

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

チュウヒ2019Ⅶ  9時頃から2時間居たが姿見ず

 9時頃に到着したが、一昨日正面の木の周辺を占拠していたトビの群れは居らず、いつも通りの静けさ。移動の最中に立ち寄っただけだったのかよく分からないが、どこかに移動したことを願う。トビが居なくなったのは良いがチュウヒも姿見せず、トビに嫌気がさしこの地から居なくなったのでは無いことを願う。シーズン初め頃は姿を見せない時間帯なのかも知れない、12時過ぎまで待てばどうだったのかな。様子見を続けなければ・・・・。
  
適当に撮影した鳥を掲載
   
オオジュリン  
19032501
   
オカヨシガモ 
19032502
スズメ  
19032503
   
19032504
   
カワラヒワ  
19032505
   
トビ
19032506
   
ケリ
19032507
   
ヒバリ
19032508
    
オオバン
陸の上でも飛び立つ時は走りよる。連写の抜粋
19032509
   
19032510
     
19032511
   
   
オマケ
妙に顔の大きい犬、洋犬に間違いないと思うが何んという犬かな。用心深い犬で吠えず近寄らずで、ゆっくりながら逃げよった。
19032512
      
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:166枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

カワセミ 最初と最後にチョロっと出ただけ

 予定があったが先日からの風邪が長引きしんどかったので中止、お金を引き出そうと下流のATMに行った。上流の方が家から近いがカワセミの様子見を兼ねた。しんどいのは咳が出て喉が痛いのと寝不足、昨日の夜に布団に入ってから咳が連蔵してまともに寝れなったように思う。朝は5時過ぎに目が覚めたが2時頃まではウツラウツラだったように思う。咳と喉の痛みは病院行きレベルと思うが、他に症状は特になく病院に行ってインフルエンザにでも感染すればたまらないので行っていない。インフルエンザはもう大丈夫なのかも知れないが、市販の喉の薬は飲んでおり、今日からタバコの本数を減らし様子を見る。
                                              
今日の川は、着いて直ぐにカワセミが登場したが数枚撮っただけで飛び去り、何時もの場所にはモズ、カモ、ヒヨ、ムク、スズメぐらいしかおらず、ATMに行った後帰ろうと上流に向かうと、いつもはコガモと一緒に居るシマアジが珍しく単独でいた。しばらく撮って再び歩いたが最上流でカワセミの鳴き声が聞こえたので除くと居た。直ぐに下流へ飛び去ったが、これから何時もの場所へ出勤だったのかどうか・・・
                  
               
畑前に居たカワセミ
距離が遠いので対岸に向かったが、後20mのところで飛び去った。   
19032401
   
  
モズ
ユキヤナギ絡みが撮れたが、もう少し花の多い所に止まって欲しかったな~。  
19032402
19032403
       
19032404
   
シマアジ
ノートリ画像   
19032405
      
同じような画像を掲載しても面白くないので全て1200pixel等倍に拡大した。   
19032406
   
19032407
   
19032408
   
19032409
   
  
住宅街に入る前の最上流のカワセミ
最近は、最上流が活躍の場になっているのかどうか、通りすがりに見るだけなのでコンスタントに見ることは少ない。居ても下流に飛ぶことが多く、飛べば最終的に500m以上飛びよる。ここで待つのはもう一つのような・・・?   
19032410
    
19032411
     
19032412
  
   
ココログのリニューアル後のドタバタ、色々有り慌てたが一応従来通りに使えるように安定したように思う。本文の画像抜けは所々にあるがクリックすると拡大画像は表示される。
記事投稿の書き込みの改行は、画像が無いと問題無いが画像があるとやりにくい。画像を連続して挿入した後、間に行をいれるのも一度画像2枚が横に並ぶので最初は戸惑ったがやり方が分かった。
画像を移動させたり文章を移動させたる時、従来の切り取り(コピー)に貼り付けの操作が出来ず困ったが、画像や文章をドラッグし移動先てドロップさせれば移動出来るので問題無し。過去の文章などをコピーして貼り付けが出来ないのが面倒だが(一から書く必要がある)、あまりやることが無いのでエエやろう。
問題がある時は電話で聞くのが一番早い。つながるのに順番待ちで20分ぐらいかかったが、有料契約者のみのサービスなのかな?
     
  
撮影機材:V3、300mmf4PF、手持撮影  撮影枚数:148枚
移動:歩き  天気:晴れ後一時曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

チュウヒ2019Ⅵ ♀は何度も飛んだが♂は姿見せず

 週一の車運転を兼ねチュウヒに行った。8時半頃に到着して驚いたのは正面の木の近くのトビの多さ、元々トビの多い場所なので飛んでいるだけなら驚かないが、正面の木周辺に10羽近くが止り、飛び出すと木周辺の葦原からも次々飛び出したのには驚いた。初めて見る光景、チュウヒが下りる場所がないではないか。トビがチュウヒを追い出したのかと心配したが、しばらくして♀が飛んできて湖岸近くに下りた。葦原の中のチュウヒが見えないかと近い場所に行くと、チュウヒらしき姿が見えカメラで確認していると飛び出しよった。肉眼ではほとんど見えない場所だが、チュウヒからはハッキリ見えていたのか非常に敏感な鳥である。2時間半ほど居て♀はよく飛んでくれたが♂は姿見ず、多少腹具合がおかしかったので♂の登場を待たず引き上げた。
昨年のこの時期は巣材を運んでいたが今年の営巣はどうなのか、トビの動向も気になるが2時間半で♂が見れなかったのが気になる。来週は何回か行って様子を見なければならない。トビの数は、外来魚駆除のボートが湾に入ってきた時の集まりなみか多少多いかも、近くで何か環境変化があったのかな。
  
9時前に♀が登場  
19032301
    
葦原の中でかろうじて姿確認  
19032302
   
直ぐに飛んだ  
19032303
   
19032304
      
19032305
    
19032306
     
19032307
   
どこかに飛び去った後、しばらくして戻り再び湖岸の葦原へ
19032309
   
19032310
最初の撮影は道路側の柳が被ったので場所を変えた。
19032311
    
19032312
   
19032313
    
19032314
   
19032315
     
19032316
     
19032317
ほんの少しだがトビを追いかけるところが見られたが、♂ほどバトルはしない。19032318
   
19032319
   
19032320
    
19032321
葦原近くにいるトビへの急降下も見られた。
19032322
   
19032323
   
チュウヒの休憩場所に止まるトビ
この場所周辺で複数羽のトビが幅を利かせるなら、これからどうなるのか? ♂の動きを見ないと分からない。
19032324 
   
撮影機材:D850、500mmf5.6pf、手持撮影  撮影枚数:301枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

朝に2時間ほど地元ブラブラ  カワセミは帰り際に飛ぶのを見たのみ

 遅めの自宅出発で地元をブラブラ、カワセミは姿見せずで昨日の場所近くにシマアジが居たので撮った。特に興味のある鳥では無いが、季節もので他に撮るものが無かったので集中的に撮る。カワセミは、帰ろうと上流に向かった時に飛んできたので追いかけたが撮影ポイントには姿無し、一直線で下流に抜けたか支流に入ったのかな。
尚、今日は週一の車の運転を兼ねチュウヒの様子を見に行くつもりだったが、風が強く体感が寒かったので予定を変更した。
  
川に着いて直ぐにモズの給餌を撮る。近い距離で撮れたのは初めて
19032201
   
19032202
   
19032204
   
19032203
    
19032205
     
         
シマアジ
この手の鳥は芸が無いので一度撮れば十分、今日は撮影場所を工夫して低い角度から撮ってみた。ネットで見た通りで、ある程度の距離を置けば怖がらないようである。コガモと一緒に居たのでコガモの動きに合わせていたこともあるようだ。
19032206
   
19032207
   
19032208
   
19032209
   
19032210
   
19032211
   
19032212
   
19032213
   
19032214
   
19032215
   
19032216
    
      
尚、当ブログは、過去に貼り付けた画像の拡大が出来ないこと以外はリニューアル前と変わらず使用できるようになった。時々、記事内の写真の一部が表示していなかったり、ページ見つかりませんとかのメッセージが出るが、キーボードのF5を押して更新すると正常表示に戻るようだ。戻らなければ開き直す。
それにしても今回のリニューアルは、ユーザーのためのリニューアル(使いやすくする、一人当たりのサーバー使用容量上限を増やす・・・など)では無かったようである。ユーザーに何かメリットがあるのかな?
  
  
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:227枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円
   

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

昼から地元ブラブラ

 ブログの不安定動作は一応は昼頃にはそこそこ収束したので、niftyに電話し3/18掲載以前の拡大画像が表示しない件の改善を申し入れた。何処からも情報が入っていないようで”エエ~”というような反応。状況を確認してもらったが解決策は直ぐには見つからないようで、修正できるかどうか分からないが考えてもらうことにした。その内同様のクレームが入るだろう。過去の記事なのでどうでもよいといえばそれまでだが、きっちりした状態に戻しておきたい。無理なら諦めな仕方ない、今更FC2などに変更できない。
昼からカワセミ探索で出かけ、ハヤブサ撮影地まで地下鉄で行き川を自宅まで歩いた。カワセミは一ヶ所で見ただけでガッカリだったが、シマアジを見つけ撮れたのでまあエエだろう。前回見た場所からかなり離れた場所で移動範囲が広いようである。
  
シマアジ
19032101
     
1200pixel等倍
19032102
     
19032103
     
19032104
   
19032105
   
1200pixel等倍     
19032106
  
19032107
       
マガモ
19032110
    
     
狙いのカワセミ
一ヶ所で見ただけ、もう少し見かけるかと思っていた。  
19032111
    
19032112
    
19032113
      
19032114
   
1200pixel等倍  
19032115
   
  
撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:168枚
移動:行きは地下鉄、帰り歩き   天気:曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

カワセミ V3と300mmf4の30コマ/秒でホバを撮る  昨日の撮影・・・・再作成   

朝に作成して続きを読むで開いたページがおかしかった記事、異常の確認のため再作成する。文章は面倒なので省略し画像を貼り付ける。
  
V3と300mmf4でホバを中心に狙った。
  
ホバから急降下するところを狙った。
19032001
    
19032002
         
19032003
     
19032004
     
19032005
    
19032006
    
19032007
   
19032008
    
19032009
ホバ
いつもは同じシーン連発が多いので、抜き取りで掲載しているが、30コマ/秒なら連写でもシーンが重ならないかと思ったが予想通り。
19032011_1
 
19032012_1
    
19032013_1
     
19032014_1
当地では珍しい空抜けの木止まり、遊歩道横の桜の木に止まった。
19032015_1
水にに飛び込む瞬間、タイミング的に水面ギリギリが撮るのは難しい。コマ数が多いので撮れたのだろう。
19032016_1
水から飛び出し直後、近くから撮ったこともあり810㎜では水際は捉えらえなかった。
19032017_1
    
19032019_1
  
撮影機材:V3、300mmf4、手持撮影  撮影枚数:417枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

画像投稿チェックⅢ

今やっても無駄と思うがもう一度やってみようといことで記事を作成する。
  
(  )内は投稿後すぐに拡大画像をチェックした時の状況、数分後は全て普通に見られるようになった。
   
画像は先日撮影、未掲載のカワセミ
(直ぐのチェックではクリックで普通に拡大画像が見られる)
01190318
(普通に拡大画像が見られる)  
02190318
(サムネイル画像は見られないが、普通に拡大画像が見られる)      
03190318
(ページが見つからないの表示)     
04190318
(普通に拡大画像が見られる)     
05190318

| | コメント (0)

どないなっとんじゃ~~

下の昨日のカワセミの記事、記事を開く(タイトルあるいは続きを読む)をクリックすると、3/3の記事が表示される。
”ええ加減なリニューアルをすな~”と怒りを感じています。
もう一度作り直せば正常になるのかいな・・・無駄やろな~

| | コメント (0)

カワセミ V3と300mmf4の30コマ/秒でホバを撮る  昨日の撮影 ・・・・詳細を開くと過去の記事でビックリ

 昨日の撮影です。

カワセミのホバ、7~10コマ/秒で撮ると動きに同期して同じポーズばかりということがある。30コマにすればどうなるかやってみたが期待通りでは無かった。60コマ/秒ぐらいにする必要があるかな、V3の連続撮影可能枚数は40コマ、撮影時間は1秒も無いがやってみよう。
昨日は天気が良く明るかったのでISO200で撮影した。以前は、ISO400(800)で撮影していたが、今は極力200に抑えSSを遅くしている。

ホバから急降下
19032001
    
19032002
   
19032003
  
19032004
  
19032005
   
19032006
   
19032007
  
19032008
  
19032009
  
19032010
   
ホバ
いつもは抜き取りだが掲載は連写画像、多少撮れるシーンは増えた  
19032011
   
19032012
   
19032013
   
19032014
木止まり
歩道横の桜の木で空抜けとなるが、当地では斜め上に向けての撮影は珍しい。  
19032015
飛び込む寸前
連写コマ数が多いので撮れたのかな。シャッターを押すタイミングによるものだろう。 
19032016
810㎜での撮影、近くからでは大きすぎて水際を取り逃がす
19032018
    
19032019
   
19032020
撮影機材:V3、300mmf4PF、手持撮影  撮影枚数:417枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影枚数:0円

| | コメント (0)

ココログのサーバーリニューアル後のトラブル、ホンマに解決したのかいな?

 ココログ管理ページのお知らせを見ると一応解決したような記載だが、まだおかしいわい。
3/18掲載のシマアジ以前の投稿、画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が表示されるが画像が表示されない。昔、旧ブログ”四季に遊ぶ 撮影日記”では、当初同ウインドウで拡大画像が表示されるようにしていたが、戻るの操作をしないと前画面が見れなかったので別ウィンドウで開くに変えた。それ以降~3/18までの全画像拡大画像が見れないようだ。
サーバーから消えたのなら諦めな仕方ないが、使用容量を見ると残っている。少し日を置いて変わらなければ電話で聞いてみよう。現在優良10GBで使用しているが、拡大画像が無ければ無料の容量で済むはず。
今朝、チェックで登校した画像は、別ウィンドウで拡大画像が見られたが形態が変わっていた。
それにしても何のためのリニューアルか知らんが、現状で満足しているユーザにはどうでも良い内容と違うのかいな、サーバーの容量アップ、新機能追加、それにシステム見直しによる運営コストのダウンなども含んでいるのかな。どうせ業者委託の外注作業と思うが、時間がかかってもしっかりと元の状態に戻してくれい。

| | コメント (0)

画像投稿チェックⅡ・・・10時過ぎに追記

<10時過ぎに追記>
掲載の上の画像の拡大画像、投稿直後は見れたが再度見ると”ページが見つかりません”とやらが表示される。修復が出来ておらず、まだ何かやっとるな。解決したような掲載をだすのが早すぎるではないか、じっくり確認してから復旧完の掲載をせなアカンで~。
”責任者出てこい~”というほどの話ではないが信用出来んようななる。
   
    
何んとなく操作が分かってきたので画像掲載再チェック
別ウィンドウで拡大表示に設定
10190318
    
    
別ウインドウでの拡大表示のチェックを外す 
11190318
上は拡大画面が出たが下は出ずで当たり前か、チェックを外せば同ウインドウで拡大画面に切り替わるのかと思ったら違った。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

画像投稿チェック

チェック・・・・失敗

| | コメント (0)

ココログ・リニューアル後のトラブルとやらで昨日、今日とまともな更新できず

解決して順次正常に・・・・とかだが、何も変わってないではないか
昨日は撮影休み、今日はV3と300mmf4の30コマ/秒でホバを撮った。

過去の記事、画像クリック後の拡大画像に画像無し
ココログ管理ページから文章を投稿出来るのは分かったが画像が貼り付けられない。
早く正常に戻してくれ~。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

シマアジ

 朝、体調の回復率は70%というところだったが撮影に出た。少し遅めで8時半頃に到着、カワセミは姿を見せていたがサービスがもう一つ。到着する前は良かったのかも知れないが期待外れ。小さい魚を何度か撮った後に長い休憩、出てきたと思ったら対岸の林の中に消えたのでありゃま~。シマアジが出ているとの連絡が有り急いで行ったが、20分少々の早足の歩きで体調が十分回復していないこともあり、しんどかった。
着いた時に一作日と昨日は出たと聞いたが、今日は何処を探しても居なかったとのことだったが別場所に出ていた。3日とも全く違う場所、明日もどこか別の場所に出るのか抜けるのか・・・・。
シマアジは、数年前に三重でコガモの群れを撮った時に、たまたま写っていたのが最初で最後、今日はじっくり撮れ良かった半面、動きが単調でイライラした。
帰ってからネットで調べると、どちらかというと珍しいカモのようで、人をあまり怖がらないと記載されていた。街中の川でコガモと行動を共にしているようだったが、近くを人が通るとやはりゆっくり遠ざかる。一気に飛ぶことを期待したが、飛んだのは思わぬ時で飛び出しは撮れずで残念に終わる。

  
19031801


19031802


19031803


19031804

  
19031805

思わぬ時に飛ばれ撮れたのは飛んでから
19031806


19031807


19031808


19031809


19031810

  
カワセミを1枚
19031812


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:333枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

カワセミ撮影の面白さは魚を咥え水から飛び出す瞬間

 カワセミを始めて撮影してからもうすぐ15年になる。それほど野鳥に興味が無かった頃だが美しい色に驚いた。その後色々な鳥を撮るようになり、カワセミを近距離で撮るようになってから、それほど綺麗な鳥とは思わなくなった。青色の鳥ならオオルリやコルリの方が綺麗と思う。夏から秋頃にかけては、羽がボロボロの悲惨な様子になり、止まりものは撮りたくなくなる。カワセミ撮影の良さは、動きが面白く飛翔だけなら他の鳥より直線的に飛ぶので撮りやすい。10数年続けられているのは、ホバから(無しの場合が多いが)水に飛び込み魚を咥えて飛び出し、枝などに止まる一連の動作が撮れるからで、これが無ければ直ぐに飽きていたと思う。カワセミ撮影を始めても直ぐにやめる人もいるが、おそらく一連の動きが撮れないのだろうと思う。撮れなければ他の綺麗な鳥を追う方が面白い。
地元のカワセミは、以前大きな魚を捕るところが何度も見れたが、最近は小さな魚や虫が多く面白さが半減しているが、その内復活する日が来るだろうと思っている。そのためには、カワセミの代が変わる必要が有るのだろう。昨年雛を見る機会が少なく、生息数が減ったように思う。

  
良かった数年前のカワセミ画像を再掲

●大きな魚咥えもの
大きな魚を捕ると動きが遅くなるので撮りやすい
010212010908


022713012302


034013020901


034613021103


044813021105


055312071002


065912082001


079012121202


0814022203


0912121602


1012052101

  
●餌取失敗で魚無し
これはいまでも撮影チャンスがあるが深いところに飛び込んでくれないと面白くない。
頭に水が被っているところ、これを狙っているがタイミングの問題で中々撮れない。
11010402_2





122012807


13011803


14062506


15080209


16081007


1712020509

  
●オマケのバトル
縄張り争いだが場所がその時によって違うので、年に数度しか撮影チャンスが無い。おまけに見えやすい場所となると年2,3度のチャンス。18030101


195040414


204092008


214102905


2114102911

  
明日は撮影に出られるよう、体調が良くなっていることを願う。

| | コメント (0)

昨日、ボケをやってしまった

 朝起きて体調は多少マシかな程度で昨日と大した変化なし。朝食後に風邪薬を飲もうと思ったが、何と胃腸薬に手が行くのに気が付いた。昨日のゴミを調べると胃腸薬の袋が入っていた。昨日の朝は分からないが、昼と夜に飲んだのは胃腸薬だった。風邪薬など滅多に飲まないためと思うが、風の直りが長引きそうかな。外に出て歩くのは問題ないが1日のロス。

掲載は最近のカワセミ止まりもの、掲載済みも有るかも知れない。

01dsc_8741


02dsc_8751


03dsc_8777


04dsc_8789


05dsc_8802


06dsc_8827


07dsc_8891


08dsc_9002


09dsc_9072


10dsc_9387

  
11dsc_9392

    
12dsc_9408

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

撮影休み

 天気が悪く体調も戻らずで撮影休み。

風邪だが熱は収まったものの体が怠い、風邪薬を飲んでいるのが原因と思う。以前から風邪薬を飲むと怠くなるが、困るのが便秘になること。今回も同様で症状が良くなった時点でコーラックⅡを飲まないとアカンかな、慢性の便秘ではないのでこの薬はよく効く。

写真整理が無いと暇な時間が多い。先日、画像保存に使用していたHDD1台をTV番組の録画用に回したが、暇な時間潰しに役だっている。BSで再放送されているサスペンス劇場がほとんどだが、過去に見ていないドラマなのでちょうどよい。CMになると早送りするが、気づいたのがCMの時間の長さと回数、1回の時間が3~4分で2時間物では10回以上流れているように思う。放送時間の1/4~1/3がCMではないかいな。

暇だったので昨年の野鳥撮影に使用したレンズを調べてみた。

190316


一番よく使ったのが、300mmf4PF、次いで9月に購入した500mmf5.6PFだった。特定の野鳥以外はほとんど手持撮影なので当然の結果だったが、これからは500mmf5.6PFの使用頻度がかなり増えるだろう。ロクヨンは平均すれば週一より少々多め程度、平均してのことだが仕事現役の頃ならよく使っているいうことになるのかな。
売却したレンズの中ではシグマ150-600㎜を思っていた以上に使用していた。フルサイズ機での使用が多かったためと思うが、80mぐらいまでの距離なら良かったが100mを超えるとアカンかった。80-400㎜は気に入ったレンズだったが、500㎜単焦点の購入で不要と思い売却した。1用70-300㎜は手軽でAFの追尾は良かったが、画像が300㎜f4使用時に比べ劣ったので売却した。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

昨日のカワセミ残り画像  1200pixel等倍に拡大

 朝に起きて昼から再び布団に入り、3時頃にまた起きる。熱は下がったようだが風邪薬の影響で体が怠い。明日、撮影に出らればよいがどうなることやら。

ここしばらくのカワセミは、良かったり悪かったりの日替わりの状況。良いといっても数年前のような餌取の飛び込みを連発し、最後に大きな魚を捕るというようなシーンは見ていない。昨年の春以降大きな魚を捕るシーンを見ていないが、その内披露してくれるだろうと期待はしている。
挑戦してみようと思うのは、30コマ/秒出来れば60コマ/秒でホバから降下の瞬間。V3の撮影可能時間(連続撮影枚数が40枚)極僅かなのでシャッター押すタイミングが難しい。過去にやって成功していないと思うが、同じような画像ばかりでは面白味が無い。
  

昨日のカワセミの残り画像を掲載
あまり良いシーンが無いので、トリミングで1200pixel等倍に拡大した。

01dsc_3584


02dsc_3585


03dsc_3605


04dsc_3617


05dsc_3627


06dsc_3681


07dsc_3697


08dsc_3712


09dsc_3713


10dsc_3734


11dsc_3812


12dsc_3813

| | コメント (0)

3/12 隋心院の梅

 昨日の昼から体調が悪くなる。風邪を引いたようで、一昨日のチュウヒ撮影の寒さが原因の元かもしれない。昨日の夜、多少ふらついたので夕食後に風邪薬を飲み熱さまシートをオデコに張って6時に寝た。今朝それほど高熱になっていないので、インフルエンザでは無いと思うが油断できない。風邪薬の影響か体が怠く時々咳が出るので今日は撮影休みとする。

掲載は3/12の隋心院の梅、3分咲きていどだったが日曜日には見頃になっているだろう。

突き当りは昔の時代劇でよく見る場所01dsc_3199

梅がもう少し咲いていれば良かったのだが・・・・。小雨で撮影条件が悪かった。、02dsc_3170

この地の梅は毎年遅いが、今年は特に遅いように思う。冬が寒くて一気に暖かくなれば咲くとか聞いたことがあるが(桜か?)、暖冬の影響かいな。
03dsc_3178


04dsc_3184


05dsc_3182


06dsc_3187


07dsc_3195

時代劇 ”剣客商売(藤田まとこ版)”の田沼意次邸
昨日BS放送で剣客商売の再・・放送を見ていたら旗本の屋敷が毘沙門堂だったように思う。昔は時代劇のロケ地は何処かなど気にもならなかったが、風景撮影で名所を色々巡ったので、今は何処かぐらいは分かる。大覚寺・大沢池が一番多いが仁和寺の五重塔辺りも結構あるようだ。
08dsc_3205

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

カワセミ 今日はいつもの運動公園前で

 8時過ぎに2羽登場、♂がホバポイントでロングホバから餌取を繰り返してくれ良かった。♀は、長い間前に居たがいつも通りのチンタラした動きであまり撮らず。結局、♂の短時間大サービスでホバはかなり撮ったが、水際はホバが終わるまでファインダーで見届けてから追ったので、ボケ画像(ボケボケではなくかなり甘い画像)連発だった。

少し暖かくなっと思っていたら、ここ数日は真冬並みの寒さ。花粉もプラスして体調が悪くなってきた。

ホバは連写枚数が多すぎるので、かなり抜き取って掲載

今日の最長ホバ
最初は向かって右を見ていたがピントが合わず。この画像からピントが合い、最後は向かって左を向く。180°体の向きを変えよった。
19031401

19031402

19031403

19031404

19031405

19031406

19031407

19031408

19031409

  
石に止まり
19031410

飛び上がって
19031411

ホバ
後ろ向きに下を見て顔が見えないホバが多かった。下を向けば魚を探していると分かるが、急降下の寸前まで下を向かないことが多いが、何を見ているのかな?
19031412

19031413

19031414

19031415

19031416

19031417

水からの飛び出しは方向を変えていた。
19031418

  
♀がこちらの岸にやってきた。
19031419

♀はピントが合ったと思えば急降下か移動していることが多いが、今日は長かった。
19031420

19031421

19031422

  
水からの飛び出し連写、横移動だったのでピントは追尾した。
19031423

19031424

19031425

19031426

  
♂と♀の絡みは、♀の止まっている周りを♂が数回旋回したのみに終わる。
19031427


撮影機材:D850、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:419枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

D850とD500の画像比較  500㎜f5.6PF装着で月を撮る

 昨日の夜、両カメラの画像を1200pixel等倍にして比較してみた。手持ち撮影

D850
モードA、ISO1000、f11、SS1/500、露出補正-0.7D850dsc_3504


D500
モードA、ISO1000、f11、SS1/500、露出補正-0.7D500dsc_7853

 

<参考>
D5
モードA、ISO400、f11、SS1/160、露出補正-0.7
SSが遅く上の2枚に比べればブレが大きい。撮っていてブレたのが分かったが少し酔っていて機材が重かったからかもしれない???D5dsc_2592_2

| | コメント (0)

カメラの総レリーズ記録 2019.03.14

 今日も3時半に目覚めたが、昨日寝たのは8時半なので仕方なし。せめて10時頃まで起きて寝る時間を遅くする必要があると思うが、チビチビのむウイスキーの量が増えるかな。
することも無いのでカメラの総レリーズ数を確認した。今後、定期で確認して記録を残す。

 D5      : 92,673ショット 野鳥撮影では不要になったような・・・

 D850   : 53,550     メーカーが修理対応しないので壊れるまで使用
                優先で使用している

 D500   :158,135     ショット数が多いので持ち出しを少なくしている

 D7500 : 59,020     D500のバックアップ機だが最近D850を使用

 V3      :150,979     出番は少ないが貴重なカメラ

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

チュウヒ2019Ⅴ 顔見世の短時間飛翔が3回では・・・・

 1週間ぶりにチュウヒへ行った。
8時半から11時前まで居たが顔見世程度の飛翔が3回、鳴き声が時々聞こえたので葦原に潜んでいたように思ったが、風が強く寒くて引き上げた。今日のような状態では行く価値無しだが、ロクヨン使用のため懲りずに時々行ってみよう。ただし、寒いのはオオワシだけで十分、チュウヒでは我慢できず気温と風の強さを考慮して行かねば。
帰りに街中のハヤブサに寄ったが姿無し。最近は夕方でも姿を見せないことが多いと聞いたが、ハヤブサも行く回数を増やし粘らないとアカンのかな。オオワシやチュウヒは粘れるが、街中のハヤブサは場所的に粘る気にならない。

 

 
19031301


19031302


19031303


19031304


19031305


19031306


19031307


19031308

  
久しぶりに撮ったカワラヒワ
19031309

  
多分ホオジロ♀と思うが?
19031310

  

 

撮影機材:D850、600mmf4E、三脚撮影  撮影枚数:161枚
移動:車  天気:曇り後一時晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

D850とTa18-400㎜で地元ブラブラ

 カワセミの様子見後、隋心院の梅を撮影しようとD850とTa18-400㎜を持って出かけた。Ta18-400㎜なら普段はD7500だが、天気が悪かったので高感度に強いD850としたが、朝の内黒い雲に覆われ小雨も降って撮影条件が悪すぎた。D850にAPS-C機用のレンズは初めてと思うが(2度目かな?)、時々”Err”表示が出て撮れなくなったのが気になる。電源ON/OFFを2、3ど繰り返せば正常に撮れたが、D850落下の後遺症か元々レンズメーカーのAPS-C機用レンズとの相性が悪いのか不明。肝心な時に生じればシャッターチャンスを逃す可能性がある。まあ、今日は試しで滅多にこの組み合わせで撮ることはないだろう。

今日のカワセミは、上流のコンビニより上に♂、♀2羽登場したが、最近運動公園横の出が悪いのは当然である。コンスタントに上流に出てくれれば良いが、名神より下まで飛んで行くので追いかけても追いつかない。
随心院の梅はまだ三分咲きぐらい、元々ここの梅は遅いが今年は例年より遅いのではないか。

  
梅にメジロ
時々ウグイスと思っている人が居る。鳥撮影をする人なら間違うことは無いと思うが。
19031201

  
カワセミ
川に着いて直ぐ♂が最上流から下ってきた。この辺りは勝手のカワセミ撮影練習の場所、今は時々しか見ないが粘れば撮れるのかも知れない。この地は昔からカメラマンが少ないので情報が少なく自分で確認するしかない。10数年前は良かった日が何日もあった。19031202

100mほど下流に飛んだので追いかけると、中流の♀がやって来ていた。
♀が魚を捕り♂が追いかける。
19031203

♀は水に飛び込み♂が通過したが縄張り争いではない。
19031204

見えない場所に止まったので対岸に行くと並んで止まっていた。
19031205

どちらも尖っていないので縄張り争いではない。
19031206

少し距離は離れているが、並んで止まるのを見るのは、バトル以外では今年初めて。19031207

♂が少し上流に移動すると
19031208

♀が追いかけてきて横に止まるが♂は逃げる。最近よく見るのはこのパターン、♀が積極的に♂に近づくようだ。
19031209

♀が再び追いかける。
19031210

両者離れたところに止まる。
19031211


19031212

この後2羽とも西の住宅街の屋根を飛び越して飛んで行った。昔からよく見かけるが支流まで飛んで行くのだろうか?
19031213

  
カルガモ
19031214

  
コサギ
19031215

  
イソヒヨドリ
19031216


19031217


19031218


19031219

  
アオサギ
19031220

  
セキレイ
19031221


19031222

  
イワツバメ
巣材集めもしていた。
19031223


19031224

1200pixel等倍
19031225

  
ジョウビタキ
もう少しの間見られるかな、今年は♀を見ていない。
19031226

  

随心院
一週間ほど後が良かったかな。
19031227


撮影機材:D850、Ta18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:457枚
移動:歩き  天気:曇り一時小雨
撮影経費:500円(拝観料)

| | コメント (2)

2019年3月11日 (月)

撮影休み  Ta18-400㎜の写り再確認

 昼から撮影に出れそうだったが寒いので止めた。
朝から録画していたTVのサスペンスものを3番組見たが、いずれも2時間弱の番組で疲れた。20数年前の休日に朝から晩まで、撮りだめたビデオの映画を見ていたことがあるが今は無理。

もうすぐ春の花が咲くシーズンになるが、鳥以外に風景や花もレンズを変えずに撮影したい。高倍率の万能ズームレンズの出番、所有しているのは18-400㎜で写りを再チェックしてみた。

●300mmf4Eとの比較  カメラはD500
カメラはD500で18-400㎜も300㎜に設定したが、400mmf4Eに比べれば少し短いようだ。

ISO200
人工物相手では大して違いが無いような?01dsc_7820300


02dsc_782418400

ISO3200
感度を上げるとハッキリ違いが分かる。感度を上げて画像が劣化すると明らかな差が出るようだ。
03dsc_7832300


04dsc_784018400

  
●過去の画像をチェック

野鳥
05d7500dsc_0492_1


06dsc_0731_1


07dsc_0761_1


08d7500dsc_0600_1


09dsc_2053_1


10d7500dsc_3340_1


11d7500dsc_3889_2

風景
12d7500dsc_1933_1


13dsc_2115_1



花のクローズアップ
14d7500dsc_1973_1


| | コメント (0)

温室のスイレンをD7500と500mmf5.6PFで撮る

鬱陶しい天気で様子見、これからの回復具合で撮影に出るかも

  
掲載は、先日D7500と500mmf5.6PFで撮影した温室のスイレン。
この時期は、温室に入るとレンズ前面が一気に曇る。何度か拭いたが中々撮れずでしばらく待たなければ撮影にならなかった。500mmf5.6の最短撮影距離は3mで、実際はもう少し近づいいても撮れるが、狭い場所では撮り難かった。300mmf4PFなら最短撮影距離が1.4mなので撮りやすくなるが、一番使いやすいのは最短撮影距離の短い高倍率ズームだろう。所有レンズは、タムロンの18-400㎜で最短撮影可能距離は45㎝で600㎜で撮れる。残念ながら写りは悪い。周囲のボケを考えるなら断然明るいマクロレンズだが焦点距離が足らない。
10年数年前は鳥より花撮影に興味があり、マクロレンズや望遠レンズにクローズアップレンズを付けて撮影したが、止まりもの撮影なので数年で飽き、500mmf5.6PF購入時にマクロレンズも処分した。今は高倍率レンズでの写りに満足している。マクロの手持ちは、花が少しでも揺れるとフォーカスに苦労し、三脚無しでは期待通りの撮影が出来なかった記憶がある。

  
01dsc_7577


02dsc_7582


03dsc_7590


04dsc_7595


05dsc_7596


06dsc_7604


07dsc_7605


08dsc_7611


09dsc_7614


10dsc_7616


11dsc_7620


トリミングで拡大
12dsc_7580_1


13dsc_7580_1


14dsc_7606_1

  

D850と300mmf4PFでの撮影
Dsc_0660d850300

D500とTA18-400㎜での撮影
Dsc_5638d50018400_2

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

D7500と500mmf5.6PFの1200pixel等倍鳥画像

 一昨日の撮影画像で等倍画像をチェックした。これまでに何度もチェックしているが、手持ち撮影なので等倍拡大は苦しい。三脚を使用すれば多少は良くなると思うが、歩きで撮影地に行くので持ち出すのが面倒くさい。
等倍まで拡大するならフルサイズ機のD850の方が多少良いとは思うが、ファインダー内の鳥が小さいのがAFにどう影響するか今だ結論付けていないが、そこそこ撮れればどうでも良いだろう。
今日の掲載画像は、距離が近いのでAFは全く関係無し・・・ISOを640ぐらいにすると価格の差が分かるようだ。等倍に拡大するとノイズがかなり気になり、ノイズリダクションをかけた。ノイズはあまり気にしないのだが。

f5.6、SS1/1600 
ISO感度は手動設定で変えているがモードMでの鉄則だろう。

ISO1600  
01dsc_8689iso1600

ISO1600
02dsc_8728iso1600

ISO400
03dsc_8919iso400

ISO640
04dsc_9551iso640

ISO400
05dsc_9057iso400

ISO250
06dsc_9188iso250

ISO320
07dsc_9392320

ISO320
08dsc_9456iso320

ISO250
09dsc_9461iso250

| | コメント (0)

カワセミの水際に飛翔の抜粋

 今日は撮影休

掲載は一昨日のカワセミ
この日のカワセミ♂は、何度もホバから飛び込んだ。高い位置から飛び込むので深く潜り、飛び出すまで多少の時間があり撮りやすかった。魚を咥えているシーンが少なく残念だったが、その分飛び込む回数が多く良かったかも。
ホバからの飛び込み、真っすぐ近くに飛び込んでくれれば降下中も連写出来るが、離れた場所に飛び込むことも多いので、飛び込んでからを狙うことが多かった。水から頭を出す瞬間頭が水に覆われた状態から撮りたいが、シャッターを押すタイミングの遅れで極たまにしか撮れず。

  
01dsc_8899


02dsc_9013

03dsc_9015

04dsc_9016


05dsc_9017

06dsc_9028

07dsc_9029

08dsc_9030


09dsc_9046

10dsc_9047

11dsc_9057


12dsc_9155

13dsc_9156

14dsc_9157

15dsc_9158


16dsc_9244

17dsc_9245

18dsc_9246


19dsc_9273

20dsc_9274


21dsc_9303

22dsc_9304

23dsc_9305


24dsc_9355

25dsc_9356

26dsc_9357

27dsc_9358

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

カワセミ 今日は出が悪かった

 チュウヒ様子見かカワセミかというところだが、迷わず昨日出が良かったカワセミに行った。カワセミは日々のメインターゲット、5月後半ぐらいになれば季節もののチュウヒ優先となるが、この時期は出が良ければカワセミに行く。
残念ながら昨日のようには出てくれず、それでも♂が短時間ながらホバからの飛び込みを披露してくれた。水から出て対岸に向かうことが多く、後ろ姿では水際の良い画像は無かったが、ホバだけは撮れたので行って良かったということにしておこう。D5と500mmf5.6PFの手持ち、ホバ撮影のAFの速さと食い付きは昨日と大分違い良かったがカメラの違いと思う。

  
昨日より早く着いたが、かなり待っていると♀が飛んできた。
19030901

中々動かずだったがモズが飛んできて下流に飛び去った。

仕方なく下流に行くとコヤツが止っていた。
19030902

昨日の2羽と違い、秋に支流で見た若のように思う。久しぶりにみたが何処を本拠にしている奴かな?
19030903

飛び込んで手間の川べりの見えない場所に隠れたので戻る。

昨日の♂が飛んできたのでホバから飛び込んでのエサ取りを期待した。昨日のようにはいかず、何度か飛び込んだが魚が捕れず支流へ入る。追いかけたが一度飛び込んでから本流に戻り行き方知れずとなる。その後、姿見せずで昨日より30分早く引き上げた。

ホバの抜粋

19030904

19030905

19030906

19030907



19030908

19030909

19030910

  

川中の石に止まったので飛び上がりから狙った
19030911_2

19030912

19030913
手持では途中までしか追えず
19030914

 

ホバにはピントがよくあった。D5使用の効果だろう。
19030915

19030916

19030917

19030918

19030919

19030920
  
19030921
    
19030922

19030923

  

19030924

19030925
  

飛び上がりからの狙い2度目
19030926

19030927_2

19030928

やはり途中でピントが外れ狙い直す
19030929

19030930

 
花粉症の影響で頭が少しボケて体が怠い。撮影中は特に感じないが、戻ってから家に居る時の方がしんどく眠くなって集中力にかけ、ブログの記事作成に間違いが多い。元々、文章間違いに誤字・脱字は多いがキーボードの押し間違いが原因、早押しを止める必要があると分かっているが、習慣で早押しをしてしまう。PC購入でキーボードを新しい物に変えたが、DeletとBackspaceの位置が変わり、大きさも少し小さくなった。これも影響しているようだ。

撮影機材:D5、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:384枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月 8日 (金)

久しぶりのカワセミ 良かった~

 久しぶりにカワセミへ行ったが、上流で2羽が登場し少し並んで移動、その後♀は中流へ♂は上流に飛び去ったので♀を追いかける。中流に着いてしばらくしてから♂も飛んできて、2羽が遊んでくれたが、特に♂は短いながらもホバ連発で主に♂を狙う。動きは良かったものの移動しまくりなので、こちらも走って追いかけたのでしんどかった。繁殖の時期が近づいてきたが、カワセミの出がこの地で良くなれば嬉しいが今日だけかも知れない。日によって違うようで明日はどうなるか分からないが期待して行ってみよう。

2羽絡み、ホバ、餌取飛び込みに飛翔が色々撮れたが、今日は2羽絡みとホバを掲載。

  
●2羽絡み
 まだ少し距離を置いており、2羽が並んで給餌などが見られるのはもう少し先だろう。

少し距離を置いて並ぶので、こちらの岸に止まると両方にピントを合わせられない。
19030801

2羽の間にピントを合わせると両方がボケる。
19030802


19030803


19030804


19030805


対岸で♂が止っているところに♀が行き一瞬並んだが♂が直ぐに飛んだ。
19030806


19030807


19030808


19030809


19030810


19030811

 

●ホバ
今日のホバは♂ばかりで短いホバが多かった。天気が良くバックにピントが取られ撮影失敗の連続、ロングホバでないとピントが迷っている内に終わる。

19030812

19030813

  
日差しが強すぎ
19030814

19030815

  
ピントが途中で外れたり合ったりも何度かあった。この時のホバは少し長く10枚ぐらい連写できた。
19030816

19030817

19030818

19030819

19030820

  
こちら向きのホバは枚数を稼ぎたかった。
19030821

19030822

  
ホバ終了からの飛び込みを狙ったが、飛び込まず場所移動に終わる。
19030823

19030824

19030825

  
ホバはコンクリバックよりグリーンバックが良いが、手持ではどちらも後ろにピントを取られることが多い。三脚を使えばもう少し撮れた枚数が多かったかもしれない。
19030826

19030827

19030828


撮影機材:D7500、300mmf4PF+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:878枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

撮影休みでD500と500mmf5.6のTC使用再確認

 昼から撮影に出ようと思えば出れたが、寒いのと目が痒く体が怠いの症状で撮影を止めた。昼まで家に居ると出かける気がしなくなるので、撮影は朝から出る必要あり。

D500と500mmf5.6PFにTC14ⅢとTC17Ⅱを装着し写りを再チェックした。購入した直後に一度行っているが結果は同じ、電柱相手だがTC14ⅢではAFが少し遅くなるるものの普通に使え、TC17ⅡではAFが時々迷うが撮れないことはない。トリミング同じ大きさに拡大しての比較もしてみた。

 

  
モードM、ISO800、AF-Cシングル、SS1/800、f9設定だがTC17Ⅱのみ9.5となる
手持撮影

 

●ノートリ無修正画像

 

TC無  
01tcmudsc_7806_1

TC14Ⅲ
02tc14dsc_7806_01_1

TC17Ⅱ
03tc17dsc_7805mu

  
●TC17Ⅱの画像をトリミングで2倍に拡大し他を合わせる。TC17Ⅱ画像は少し暗いのでPCソフトで露出調整、他は同じように仕上げた。

 

TC無
04tcmu34

TC14Ⅲ
05tc1424

TC17Ⅱ
06tc172



●昨日、TC14Ⅲを装着し撮った画像
曇り空とは言え逆光、少し霞んでいた、少し暗くてISO1600での撮影

 

Dsc_7336


Dsc_7344


Dsc_7376

止りものは問題なく撮れる。
Dsc_7442


 

 

 

| | コメント (0)

天気様子見

 元々体が硬いところに老朽化が徐々に進んでいるようだ。最近首が素早く回せず、足の爪を切る時には足の曲がりが悪く小指の爪を切るのに苦労している。車の運転時に左右を見る時は体をシートから浮かせ腰の少し上から体をひねっており日常生活には支障無いが、後ろから不意に声をかけられたりすると完全に振り返らず、相手が視線に入る程度しか顔を向けていない。撮影中に後ろから何を撮っているのですかよく聞かれるが、相手がチラッと目に入る程度で答えるので愛想が悪いと思われているだろう。無視したり顔を動かさず答えるよりはマシ。ただし、カワセミの飛び込みを狙ってファインダーに集中している時などは振り返らない。
昨日は対岸で広範囲を見ていたので疲れたが、日々ストレッチで体を動かさないと益々体が硬くなるかな。

鬱陶しく撮影に出るかという気分にならない天気なので朝は様子見、明るくなれば地元をブラブラ歩くかも知れない。

  
掲載は2/25に撮影したザゼンソウで、まとめていたが掲載機会がなく放置していた。ゴミ箱行きかと思ったが季節遅れで掲載します。

D5と500mmf5.6PFでの撮影、今年は撮影に良い角度の花が少なかった。

Dsc_0871


Dsc_0876


Dsc_0885


Dsc_0890


Dsc_0892


Dsc_0898


Dsc_0900


花も昔は狙いの対象だった。最近撮る意欲はあまりないが、カタクリ、ミズバショウ、ササユリなどは、機会が有ればまた撮ってみたいな。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

チュウヒ2019Ⅳ 対岸からの状況チェック、今日は出が悪すぎ

 8時前から対岸でチュウヒの状況チェックを行ったが、出が悪くチェックには不十分だったが動きを見ていると昨年のこの時期と同様と推測する。距離が遠いので満足する大きさは得られないのは当然だが、雰囲気が白っぽくモヤっとしていて画像はかなり悪かった。
機材は、D500に500mmf5.6PFの手持ちでTC14Ⅲを最初に試した。1050㎜の手持ちは、比較的近くのカモ飛翔などは歩留まりは悪いものの連写で何とか撮れたが、遠いチュウヒ相手では、特に空抜けが捉え難く連写も無理で三脚が必要。使うとしても晴れの日限定で距離は、せいぜい150mぐらいまでかな~、ファインダーに捉えにくく曇り空ということもありAFが遅く、連写は途中で外れてほとんど追って撮れず。

8時前到着で12時頃まで居たが、途中でトイレに行きたくなり水生植物園へ、ついでに温室のスイレンを撮影し、最後は道路側の定番場所に行った。


TC14Ⅲ使用
道路の向こうかも知れない、遠すぎると距離感が狂う。19030601_2

  
以下はTC無し
♀より♂の方が出は多少マシだった。
19030602

求愛行動が見られてが、♂が葦原にいる♀を誘い出していたようである。昨日は♀が積極的と思ったが、今日のが通常の行動だろうか。道路側に居ると木が邪魔で行動が断片的にしか見えない。
19030603


19030604


19030605

♂が近くを飛ぶと♀が出てきた。
19030606


19030607


19030608


19030609


19030610


19030611


19030612


19030613

♂が正面の木に止まる。
19030614

対岸からでも土手に上がると見える。
19030615

飛びそうに思い飛び出しを狙っていたが撮影失敗。
19030616

少し飛んで道路から見やすい場所に止まったので道路側に行ったが、到着した時には既に旋回していた。道路から近い場所だが、ここは前に行くと直ぐ飛ぶ。
19030617


19030618


19030619

  
数年ぶりにアオジを撮る
19030620

  
ホオジロはこの地には多い。
19030621


イタチがウロウロしていたが、巣を襲わないか気になる素材である。
19030622

  

温室のスイレンを1枚掲載
500㎜f5.6PFでは少し無理があり、明るくて最短撮影距離が多少短い300㎜f4の方が良い。マクロで撮るには距離の近い花が少なく望遠が良いだろう。
19030623

  

低SSのチェック
SS1/25、f5.6、ISO200 トリミングで2倍に拡大
19030624

 

撮影機材:D500、500mmf5.6PF、手持撮影  撮影枚数:496枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

チュウヒ2019Ⅲ 東の端から状況チェック

 気合を入れて(D850とロクヨン)で8時半から12時過ぎまで東の端からチュウヒの動きをチェックした。最盛期になると極力綺麗に撮るため時間と共に移動するが、今日は状況チェックということで、オオタカ登場で一度正面に行った以外は端から撮っていた。チュウヒの動きはよく見えたが、餌渡しや巣材運びは無く少し先と思われ、下りる場所や行動も昨年とそれほど変わらないようである。求愛のジャレ飛翔が5回見られたが、動きは♂は飛んでいるだけで♀が下から近づくので♀が積極的なのかな。街中のハヤブサも動きを見ていると♀が誘っているように思うがよく分からない。
明日、曇り空なら対岸から状況チェックするかな?

距離が遠いのでTCを付けたり外したり。朝の内はTC装着でも十分だったが、10時を過ぎると外したが画像はパッとせず。この地のチュウヒは、天気が良いと綺麗に撮れない。
Ð500を持って行くつもりだったが他のレンズに付けていたのでD850にした。晴れでISO感度が低ければ大した違いは無いと思っている。

  
●葦原を飛ぶところを狙う。
(ヨシかアシどちらじゃ・・・、昔はアシと言い今はヨシが一般的だそうで、悪しと良しの言葉の縁起からヨシと呼ぶのが一般的になったそうだが? 漢字も葦、葭・・・?)

19030501


19030502


19030503


19030504


19030505


19030506


19030507


19030508


19030509


19030510

水辺に下りたが昨年のこの時期にもこの場所に下りるのを何度か見ている。
19030511

ノートリ
19030512

葦原に消えた
19030513

求愛のジャレ合い(ディスプレイ) 
何時もの場所ならもっと近かったと思う。撮影角度も良かったのではないかな。
 
1回目
19030514


19030515


19030516


19030517


19030518

  
2回目
19030519


19030520


19030521

  
3回目
19030522


19030523


19030524


19030525

  
4回目 TC使用
19030526


19030527


19030528

  
5回目 TC使用
19030529


19030530


19030531

  
オマケのオオタカ
飛び出しを狙ったが、何時ものごとく一呼吸でシャッターから指を離した瞬間に飛ばれ撮り逃がす。
19030532_2



撮影機材:D850、600㎜f4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:720枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

撮影休み  外付けHDDを買い増し

 今日は結局撮影休みにした。

雨が上がってから写真データ保存用に外付けHDDを買いに行った。外付けHDDは、写真以外のデータバックアップ用に500GB:1、風景写真用に1.5TB:1、野鳥写真用に1TB:2と3TB:1を使用している。野鳥写真用の1TBは既にフル使用で、3TBも残り200GBぐらいになってきた。後半年ぐらいは大丈夫だがTV録画用に1台欲しくなり、ならば新規に容量の大きいのを1台購入して、1TBのデータを移管しTV用に使用しようと思い4TBの物を購入した。
残しているデータは2003年からで、当初はJPEGだったが途中でRAWに変え、高画素機があり撮影日数も多いので、撮った日にかなり削除しているが増えるのも仕方無し。

購入品 4TB
少し小さくなり価格も以前より安くなている。誕生月の5%割引やポイントを使用して15,000円也。
19030401

これまで使用している物、昔のオーディオラックに収納しているが1台は背が高く別置き。尚、オーディオラックはSONY製だがオーディオはONKYO製、今は無し。
19030402

玉突きでデータを移動させているが、古いHDDは転送速度が遅く、約960GBの移動で8時間ぐらいかかりそう。最近のHDDなら2時間ぐらいで済むのではないかな。
19030403

| | コメント (0)

天気様子見 今更ながらのオオワシ飛翔

 今日の天気予報は雨後曇り、いつも通り起きたが天気様子見で撮影に出られるようであればブラブラ出かける。
  

 外付けHD保存の画像を整理していて、今シーズンのオオワシ飛翔を拾ってみた。ブログに掲載した画像が大半と思いますが、再度元画像から加工しています。

オオワシの飛翔は優雅、飛翔姿は撮っている野鳥の中では最も魅力がある。山の麓での撮影は多少飽きているので、来シーズンは湖岸で湖面上の飛翔に1月は遠い雪山バックを重点に狙う。
湖岸では場所選びが難しく動けるよう手持ちが多かったが、来シーズンは一発狙いでロクヨンを使用する。

  
02dsc_6480_1


03dsc_6610_1


04dsc_7036


05dsc_7044_1


06dsc_7051_01_1


07dsc_9088_1


08dsc_9106_1


09dsc_9316_1


10dsc_1263_1


11dsc_1409_1


12dsc_0902


13dsc_2244_1


14dsc_2267_1


15dsc_6026_1


16dsc_4017_1

  
17dsc_4047_1

  
18dsc_4213_1


19dsc_3415_1


20dsc_3643_01_1


21dsc_3680_1


22dsc_3874_1


23dsc_4045_1


24dsc_4058_1


25dsc_4442_1


26dsc_4542_1


27dsc_4618_1


28dsc_6367_01_1


29dsc_6325_1


30dsc_9412_1


31dsc_9919_1


32dsc_0229_1


33dsc_0899_1


34dsc_1498_1

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

撮影休み

 3月に入って3日目、もうすぐ67歳で3/Eで定年退職から丸7年になる。現役最後の頃は退職後暇を持て余し毎日を過ごせるか多少心配していたが、翌日から晴れた気分で撮影に出たように思う。先輩から楽しいのは最初の何ヶ月だけと聞いていたが、カワセミ中心の鳥撮影でこれまで過ごしてきたが年月が過ぎるのが早かった。

3月は何を撮影するか、カワセミ不調で年と共に探して歩くのがしんどくなってきた。街中のハヤブサは飛んでくるかどうか行ってみないと分からない、遠出は費用がかかりオオワシのように撮れれば良いが撮れなければガッカリで疲れる。今年のこの時期はチュウの撮影を増やしてみようかと、ネットでチュウヒの生態を再確認し少し考えてみた。以前に一度調べたことがある。
・6月終盤巣立ち(巣から出る)としたら、雛誕生は5月前半で卵を産むのは4月前半ぐらい。
・運が良ければ3月に交尾が見られるかも知れないが、多分撮れる場所ではないだろう。ハヤブサと繁殖が同時期と思うので、ハヤブサ同様始まっていると思う。
・急降下したり急上昇したりのフライトディスプレイとやらは、昨日昼前から見られたが上昇気流を利用するため気温の上がる11時頃が良いようだ。時間帯が悪すぎ、トビやカラスへの攻撃でも見られるのでこれは後でよい。
・♂、♀のじゃれ合いのディスプレは、この時期しか見られないようだがトビとのバトルの方が面白い。これも雛誕生後の方が撮影機会が多く、掴み合い付きなので面白いだろう。

巣をどこに造るか分からないので、しばらくはいつもの中央か遠くで見るのが良いのだろう。人が立っている場所近くに巣を造らないかも知れず、造っても雛誕生までに巣放棄てなことになれば、一番面白い時期の撮影が出来なくなる。今年は台風で木が何本か倒れたようで昨年よりスカスカになっている。

先日、♂が小さな獲物を持って登場、♀が出てきて後を追いエサ渡し(受取り失敗)が行われたが何だったのか? カワセミでは、♂が♀に給餌して直後に交尾というシーンを何度か見ているが、小さな獲物で♀が一気に丸呑みしてその後に交尾・・・考えすぎか。
街中のハヤブサは普段体の大きい♀が獲物を捕り、♂がおこぼれ頂戴でそばで見ているシーンを目にしているが、繁殖期になると抱卵前でも♀が獲物を捕らなくなり♂が捕って渡しているように思う。それほど観察していないので正確でないかもしれない。
チュウヒも同様なら、3月半ば辺りから回数が少ないと思うがエサ渡しが見られるかな。過去の撮影をチェックすると一昨年は3/17に空中餌渡し、昨年は3/23に芦原に置きにいってのエサ渡しが初撮影だった。行く回数が少なかったので、その前から行われていたかも知れない。
巣材運びは、半ばぐらいになれば始まると思うが、最初はどこかにプールするのか昨年は最終の巣とは違う場所に運んでいたように思う。

チュウヒは綺麗な鳥では無く、ボケて綺麗に撮れないことが多く飛翔だけでは魅力が無い。連写すれば何か面白い表情が撮れるかも知れないが後の整理が大変。

結局、3月の撮影のメインとしてチュウヒはどうか~、面白くなるのは毎年5月以降で6月に入ってからがヤマ場で期間は長い、行くところが無ければ3月も行くかな。
最近は、カワセミ、ハヤブサ、(ミサゴ)、(ヤマセミ)以外に撮りたい鳥も無い。オオタカ、クマタカ等猛禽・・・・行って撮れれば行くが、撮れないなら地元でカワセミ待ちの間に雑談している方がマシ。レンジャクでも来ないかな、近場なら撮りに行く。

  
  
掲載は、昨日のミサゴホバと一昨日の野鳥色々

●昨日のミサゴホバ
久しぶりのホバ撮影だが遠すぎ、ミサゴは漁の瞬間が撮れてこそ面白いが、少し飽きたような。
Dsc_1347


Dsc_1349


Dsc_1350


Dsc_1353


Dsc_1366


Dsc_1377

  

●一昨日の野鳥色々
サギがウナギかドジョウの仲間を咥えて飛ぶ。蛇ではないと思う。01dsc_0943

カワウ
カワセミの川の魚を食い荒らしよる。
02dsc_0973

シジュウカラ
時々撮っているが、滅多にブログには掲載しない。
03dsc_0985

アオサギ
巣材を運ぶ。巣で抱卵しているようなのも居たが早いように思う。
04dsc_1001

カイツブリ
頻繁に鳴いていたが求愛行動かな?
05dsc_1004

セキレイ
06dsc_1039

オオバンの幼鳥
07dsc_1140


08dsc_1164

シロハラ
この冬初めて見たと思う
09dsc_1195


10dsc_1207


11dsc_1219

 

メディアコレクション?
カメラ用メディアは、カメラの買い替えと用途で買い換えた。初めて買ったのはSDの64GBだったと思うが、風景から野鳥、カメラの更新、RAWでの連写撮影、読込/書き込みのスピードアップなどで色々買い換えた。カメラ購入時のサービス付属品は、32GBSDと8GBのマイクりSD2枚。今まで転送問題は生じたことが無く、差し込みでハード的に壊れたのはSDで2枚ある。あまりにも古い64MB、128MB、512MBは処分した。
Dscn0777_1


今使っているの物は
 D5:CF64GB2枚 16GBは64GB故障時の緊急予備品
 D850:XQD128GBとSD32GB
 D500:XQD64GBとSD32GB
 D7500:SD64GB 16GBを予備にしているが持って行くのを忘れる
 V3:マイクロSD64GB、マイクロSD8GBは予備で持って行っている

 CF8GB1枚はPCのバックアップデータ保存に使用 、もう1枚は
 USBメモリー代わり
 4GB、2GBは使っていないが、PC周りで何かに使えると思い残している

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

チュウヒ2019Ⅱ 気合を入れて8時から12時半迄待つ

 朝にカワセミに行くか迷ったが、ロクヨンを使おうとリュックに入れたままの昨日の機材を担いでチュウヒに行った。8時頃着で8時半後に登場、その後は1時間に一回のペースで飛んでくれた。5回の飛翔の内、11時半からは飛翔時間が長く♀が頭上近くを飛んだこともあり連写しまくり、後の4回は短時間で距離も遠かった。9時半頃から陽炎の影響が出だし距離が遠いとボケ連発で近ければ大丈夫だったが、この時期は4月以降に比べればまだマシである。カメラD5でレンズロクヨンだったからかもしれない。
チュウヒの動きは、西の方でよく飛ぶが昨年もこの時期は同様だったように思う。次回は全体が見える端か曇り空なら対岸から様子見かな。昨年と変わらないとは思うが、今年もチュウヒの動きを知らねばならない。いずれも距離が遠いので大きく撮れないが、葭原のどのあたりに辺りに下りるか状況チェックが出来る。カメラはD500、画像落ち覚悟でTC使用かな・・・・

 

●1回目
8時半前後だがこの時間帯の撮影条件は晴れの日でもマシ。  
19030201


19030202


19030203


19030204


19030205

  
●2回目
時間が短すぎで愛想無かった。
19030205930

  
●3回目
♂の急降下急上昇が何度も見られた。ディスプレイとやらかな?
190302061030


190302071030


190302081030


190302091030

前に枝がある
190302101030


190302111030


190302121030

  
●4回目
断続的に20分程撮影出来た。待望の残雪雪山バックの飛翔が撮れたが雪が少なすぎる。日差しが強く山が陽炎でぼやけすぎ、今年も撮れたのでエエやろう。
190302131130

ノートリ
190302141130

♀がこちらに飛んできた。朝は、琵琶湖側を飛び遠くへ飛び去るのは東か西方面からだったが、昼前になって近くを飛んで南側の畑上に飛んだり葭原に戻ったりがあった。飛翔旋回のルートが少し変わったように思うが、何故かはチュウヒに聞かないと分からない。
190302151130

  
190302161130

カメラ目線、しっかりこちらを見ていると思う。
チュウヒやノスリは敏感な鳥で、止まっている時は100mも近づけないが、飛ぶと平気で近くを飛びよる。撮影地のよく止まる木までの距離は100mもないと思うが、人を見て逃げるのを見たことがない(一度だけ逃げられたかも?)。尚、他の場所に止まった時は、距離が100m以上あってもこちらが姿を見せると直ぐに飛びよる。不思議に思うが慣れなのかな?
190302171130


190302181130


190302191130

1200pixel等倍に拡大
前後の画像はファインダーからのハミダシが数枚あった。三脚をもう少し高くすれば良かった。
目の色が成鳥らしくなったかな。
190302201130

♂も雪山バックに飛ぶ。
190302211130

今年は雪が少ないので来年に期待する。
190302221130

糞一発
190302231130

♀の止まりもの
枯れ葦、枯れ枝、陽炎の影響で、AFではまともに撮れず。AF-C1点で何とか撮ったがこの程度。陽炎はどうしようも無い。
190302241130

  
●5回目
姿が見えなくなり12時半頃に止めた。待てば撮影できたかも知れないが昼食で終了。今日は、少し奮発してカツカレーを食べたが、今後良い画像が撮れた時は近江牛カレーにする。この店のカレーは美味い。
190302251220


190302261220

  
●ミサゴ
距離は遠かったが何度もホバーしたので76枚撮影した。
19030227

  
●イタチが姿を見せたので久しぶりに撮影した。イタチの仕草は面白い。
19030228


19030229


撮影機材:D5、600mmf4E、三脚使用  撮影枚数:939枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

オオタカ姿見せずで代わりにハイタカ飛翔を撮る

 大阪の南の公園へ撮影仲間とオオタカ狙いで行ったが姿見せず。前回は親と幼鳥が前に止り良かったが、3月になりこの地では終わったのかも知れない・・・というような話が耳に入ったがよう分からん。前回の後もう一度行こうと思っていたが、オオワシを優先していたのでまあエエかな。
代わりにハイタカが3度姿を見せたが前の木に止まらず。旋回の飛翔なら地元の川でも、たまに見られるので魅力無し。今日を気合を入れてD5とロクヨンで行っただけにガッカリだった。

暇だったので色々撮ったが、今日はハイタカの飛翔を掲載。

19030101


19030102


19030103


19030104


19030105


19030106


19030107

オマケで猫
数匹見たがいずれも丸々とこえおり、人を恐れずずっと近くに居た。
19030108


撮影機材:D5、600mmf4、三脚撮影  撮影枚数:339枚
移動:車、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘3,000円(高速、駐車料金、ガソリン代)

 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »