« カワセミ 今日は良かった | トップページ | 街中のチョウゲンボウ »

2019年4月 7日 (日)

チュウヒ撮影記録Ⅰ 2013~16年

 今シーズンのチュウヒ、♂を最後に見たのは3/13でその後3/23に行った時は姿を見なかった。今シーズンも繁殖順調と思ったのだがアカンようだ。ヨシ原は昨年東側がかなり抉られていたがかなり回復しており、台風の影響で木がかなり倒れスカスカになっている以外、環境はあまり変わらないように思うが何があったのか。死んだのかそれとも別の♀を見つけたとかで逃避行か?・・・チュウヒに聞かないと分からない。
もうしばらく時々様子を見に行くつもりだが、この時期からの楽しみは風前の灯火になったのは間違いない。多分繁殖は見られないだろう。

チュウヒ撮影を始めたのは2013年で撮影日数が増えたのは2016年から、過去の撮影を懐かしみながら振り返ってみる。
第一弾で2013~16の画像を適当に抜粋。

●始めにこれまで撮影しているチュウヒ
・♂は7年間同じと思っているが変わっているかも知れない。注意深く見ていないが見ても分からないだろう。
100 

・一昨年までの♀、これも途中で変わったのかも知れないが画像を見ていると違いが分からない。頭に顔が白く褐色部が濃い、目の色は黄色。
昨年、♀が変わったが3月か4月頃に背後の田んぼと琵琶湖側の上空を同じような色のチュウヒが飛ぶのを2度撮っているが、遠すぎてボケボケの画像でこの♀かどうかよく分からなかった。
101

・昨年の♀、全体の色が薄く目の色が褐色、昨年初撮影と思っていたが3年前にも撮っていた。103
  
・謎の♀、今年初撮影と思っているが、過去にも撮っているかも知れない。昨年に一昨年は、2月、3月に3羽以上の同時飛翔を見る日があった。目は黄色だが模様と色から♀と思う。
104

 

●チュウヒ2013-16の総集
2013年 撮影回数:7回
初撮影日は7月9日、空中餌渡しが撮れると聞いて行ったが、この時点で幼鳥(雛)が登場していた。陽炎の影響で綺麗に撮れず、この年はモジャモジャ画像の連発だった。

残っている初撮影画像は♂。
012013070901

022013071001

032013071801

042013073001



2014年  撮影回数:15回
チュウヒ撮影の難しさに悩まされる。何んとか綺麗に撮れないかと思ったがもう一つの年だった。

幼鳥がハヤブサの幼鳥を威嚇する。後ろからハヤブサに追い越され後を追ったがスピードの差は歴然。062014072301

052014070901

この頃は琵琶湖に蓮が咲いていた。今は完全に消滅したが環境の変化があったのだろう。
072014072901


  
2015年 撮影回数:21回
色々と考えてようやくまともに撮れるようになった年。

ノートリ画像 近いと綺麗に撮れる。木に止まっている時は敏感だが、飛ぶと平気で頭上近くを飛ぶこともある。この時は、立っていた場所の横にカラスが止っていたので追い払いに来た。何度かこのシーンは撮っている。082015060101

前の木の天辺辺りに止まる。この木に止まるところを何度も撮っているが、一度だけこちらの姿を見て逃げたことがある。抱卵の前だったかも知れない。巣が定まり抱卵すれば人を見ても逃げるわけにいかないのか、それともカメラマンに慣れるのか・・・?
092015060901

巣に下りるところ、雛が生まれるまでは巣の近くではなく中央から狙った方が良いだろう。今後、営巣するかどうかは?だが・・・
102015062301

巣に下りるところを狙うには風向きを考え撮影場所を考える必要がある。風向きが悪ければ後ろ向きばかりになるので東端から撮った方が良い時もある。
112015062501

撮影で一番撮りごたえあるのが空中餌渡しの連写だが、後ろ向きや遠い場合が多い。
122015062901

獲物が少し大きいと直接受け取りに行くこともある。
132015070801

これは複数の幼鳥が餌を受け取りに行き、餌を渡されなかった幼鳥が怒りのキックを親にかますところと思う。
142015072401

林の茂みに隠れる幼鳥
152015072701


2016年 撮影回数:40回
D5、D500、600mmf4Eの導入でそこそこ満足出来る画像が得られるようになった。

3月の初めの撮影でフライトディスプレイとやら。  
162016031201

この♀は迫力があった。
172016031203 

182016031701

192016042001

前の木からの発進
向こうか横に飛ぶいことが多く、前に飛び出す時はカラスかトビが遊歩道横の柳に止っており追い払うためのようだ。
202016052001

212016052002

222016052003

232016052004

242016052301

252016052401

餌を受け取る前後に口を開けよる。聞こえないが叫んでいるのかな?
262016052402

ペリットでも吐こうとしたのか口を開ける。
272016052701

下を見て雛を踏まないよう巣に下りる。
282016052702

292016052703

302016052704 

312016052705 

♂が獲物を落とそうとしたが一瞬足の爪に引っ掛かり、♀が伸ばした足をすぼめた珍しいシーン。
322016060101

獲物を受け取れず追いかける。これは親♀だが巣から出たばかりの幼鳥は受取失敗が多い。親は様子を見て失敗が多ければ空中で渡さず持って降りる。
332016060102 

ヨシの中を飛ぶ♀、東の端で巣から出てくる時を狙った。垂直に下りよるが斜めに飛び出しよる。
342016060201

トビとのバトル、これも楽しみの一つ
352016060202 

362016060401

背打ち
372016060801

餌渡しをした後♂が前の木に止まって休憩していると、♀が巣から飛び出し早く餌を取りに行けと突っかかる。以前の♀では雛が大きくなった頃に良く見られたシーン、止まっている♂を蹴りに行ったこともあった。
382016060802

♀が巣材を運んでいる最中に♂が餌を持って帰ってくると巣材を捨てて取りに行く。
392016060803

402016071101

幼鳥も巣から出てしばらくするとトビを追い払う。
412016071501

巣材集めで水辺に下りる
4220160601101

4320160601102

少し階段の下から撮ってみた。
4420160601601

♀の迫力のある顔
4520160602201

琵琶湖の杭に下りる。今頃の♀はよく止まった。
4620160602401

ヨシ原から顔をのぞかせる幼鳥
4720160602501

4820160602502

4920160602503

5020160602504

  
チュウヒの習性を色々学んだが、知識が役に立つことはもう無いのかな。

|

« カワセミ 今日は良かった | トップページ | 街中のチョウゲンボウ »

チュウヒ撮影記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 今日は良かった | トップページ | 街中のチョウゲンボウ »