« カワセミ 最下流のポイントもアカンかった | トップページ | カワセミ 中流はそこそこ »

2019年4月 2日 (火)

今のチュウヒ♀は3年前に登場していたようだ?

 チュウヒに行くつもりだったが寒いので止める。寒い日が続く真冬なら何とも思わないが、暖かくなったり寒くなったりの時期は風が吹きさらしの場所には躊躇してしまう。今日も地元をブラブラする。

どうでもよい事だが、今のチュウヒ♀は昨年登場で昨年は若鳥と思っていたが思い違いのようだ。昨日の昼から過去のチュウヒ画像を見ていて、2016年3月に撮った画像の中に今の♀らしき個体があった。カワセミなんかは行動範囲を知るため、ウロウロ歩いて何処に登場しているか見ている。しかし個体識別が外れることも多い。チュウヒは定点撮影(周りをウロウロするが)、個体を識別してそれがどうなのか問われれば何も言うことは無い。探すには行動範囲が広すぎる。
チュウヒの成鳥か若の判断は巣立ち直後の期間は分かるが、1年もたてば自分の知識では無理かな。もっと詳しく観察する必要があるのは当然だが、他の場所に行って色々な個体を見ることも必要かも知れない。

2016年3月撮影
足の輪っかは毛で隠れて有るのか無いのか分からない。
20160312

  
2019年3月撮影
日差しの関係で多少色が違うが、ほとんど同じ個体のように思う。
20190327

|

« カワセミ 最下流のポイントもアカンかった | トップページ | カワセミ 中流はそこそこ »

チュウヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 最下流のポイントもアカンかった | トップページ | カワセミ 中流はそこそこ »