« 大阪のチョウゲンボウⅤ 餌渡し、獲物はスズメ | トップページ | カモの親子 »

2019年5月 7日 (火)

画像比較 500mmf5.6PF手持撮影 VS 600mmf4E三脚撮影 

 D5で撮ったチョウゲンボウの残り画像で、撮影日が違うので厳密な比較にならず。
言えることは、流石に画質は価格が高い方が良いように思うが価格差約3倍の違いは無い。止まりものや振る角度の小さい飛翔は、600㎜f4E三脚撮影の方がピント抜けが無く確実に撮れるが、多分レンズの差では無く手持ちと三脚使用の違いによるものと思う。
日差しの強い中でのコアジサシ画像のシャープ処理後だが、500mmf5.6PFは輪郭部分に気になることがあり600mmf4で撮影し検証しておきたい。500㎜f5.6手持ちでのピント不十分だけのことかも知れないが・・・。

●D5と500㎜f5.6PF手持ち撮影

01dsc_3607

02dsc_3608

03dsc_3609

04dsc_3610

05dsc_3647

06dsc_3655

07dsc_3656

08dsc_3658

09dsc_3659

10dsc_3307

 

●D5と600㎜f4Eの三脚撮影

101dsc_4192

102dsc_4206

103dsc_4207

104dsc_4208

105dsc_4232

106dsc_4235

107dsc_4236

108dsc_4239

109dsc_4286

110dsc_4288

 

昨日、コアジサシ待ちの時に、地元で雛を十数羽連れたカモが居るとの情報が入ったので、今日カワセミ撮影を兼ねて探しに行く。さて、上手く探せるかどうか?

|

« 大阪のチョウゲンボウⅤ 餌渡し、獲物はスズメ | トップページ | カモの親子 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪のチョウゲンボウⅤ 餌渡し、獲物はスズメ | トップページ | カモの親子 »