« 撮影休み  6/13のチョウゲンボウ残り画像 | トップページ | チョウゲンボウⅩⅩⅥ 幼鳥(雛から呼び方変更)は朝にチョロっと姿を見せただけ »

2019年6月17日 (月)

チョウゲンボウⅩⅩⅤ 雛は巣から5羽出て3羽健在

 雛が出ているだろうと思い行ったが3羽登場していた。私より通っている動画撮影メインのカメラマン(ハヤブサで知り合いになった)から、トビに食われた1羽の後、今日も含め数日で4羽登場し1羽は川に落ちたと聞く。今日は親2羽を含め5羽同じ時間帯に見たので間違い無し、もう一羽巣から出ていないのが居るようなとの話も出たがどうかな。以前の親が餌を巣に持って入る回数から考えれば、居ても不思議では無い。
D850と500mmf5.6を持って行ったが、場所の状況でいつもより少し前からの撮影、角度が急すぎて近いのも有り追い方不十分で、ボケ画像が多かったのが残念。カメラマンは雛登場の割には思っていたより少なかったが、昨年か一昨年か(?)の多さはたまたまだったのか、それともヤマセミ、比較的近場のアカショウビンに行っているのかな(?)。チョウゲンボウは元々人気の無い鳥か、チュウヒが健在だったら私も通っていない。
12時前まで居たが暑かった。最初は土手下から撮影していたが、途中から土手上の日陰に座り下のカメラマンの動きを見て下りたり上がったりの繰り返しで少し疲れた。この地は、地元の川や山と違い蚊がいないのが良い。

グランド方面で親を何度か撮ったが今日は雛を掲載。

今年の巣から出てきた雛の初撮影画像
19061701

巣から出て直ぐに飛ぶので、何処で羽ばたきの練習をしているのか不思議。巣の中は広いと思えないが、思っているより広いのかな?
19061702

19061703

19061704

19061705

19061706

19061707

19061708

巣から出たり入ったりしていたので完全な巣立ちではないのだろう。
19061709

親♀に雛が近寄る
19061710

場所を少し移動
19061711

飛びつきかけたが、”お腹空いたご飯頂戴”というところか
19061712

19061713

19061714

19061715

19061716

19061717

19061718

19061719

19061720

19061721

19061722

19061723

19061724

19061725

雛が1羽橋の反対側に飛び後ろの橋脚に隠れたので、もしかした地面に落ちたかと思い見に行ったら地面に居た。
19061726 

周りをキョロキョロ見ていたので少し近づいたが逃げずでこちらを意識していないようだった。
19061727 

 産毛が残っており今日登場したという5番子かな? 
19061728

更に近づくと橋の下の草の方に行き
19061729

やはり最後は隠れよった。近づいてじっと見ない方が良いと思い元の場所に戻った。
19061730

30分ほどしてもう一度見に行ったが、変わらず見えにくい草の中でこちらを見ていた。野鳥は落ちても怪我でもしていない限りほっておくのが基本、カラスが2羽少し離れた場所に居たのが気になった。帰る間際に行くとまだ居たので大丈夫かいなと思ったが、ちょっとしたことで巣の方に飛んだので、良かったよかったとなる。
橋脚の上に止まるのを失敗し、途中でしがみついたのが見え走って撮りに行ったが、直ぐに上に飛んだのでホッとして引き上げた。
19061731

  
撮影機材:D850、500mmf5.6、手持 撮影枚数:982枚(撮り過ぎた~)
移動:車 天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« 撮影休み  6/13のチョウゲンボウ残り画像 | トップページ | チョウゲンボウⅩⅩⅥ 幼鳥(雛から呼び方変更)は朝にチョロっと姿を見せただけ »

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み  6/13のチョウゲンボウ残り画像 | トップページ | チョウゲンボウⅩⅩⅥ 幼鳥(雛から呼び方変更)は朝にチョロっと姿を見せただけ »