« チョウゲンボウⅩⅩⅢ 雛が一羽死んだ | トップページ | 撮影休み 昨日のチョウゲンボウ残り画像 »

2019年6月14日 (金)

チョウゲンボウⅩⅩⅣ フライングキャッチが撮れた

 朝しんどかったが巣立ちが見られるかもと思い行った。7時過ぎ到着で10時半頃まで居たがその間に巣立ちは無く、風が強かったので今日の巣立ちは無いだろうと思い、しんどかったこともあり引き上げた。待望のフライングキャッチが撮れ、その前後の撮影で今日は満足だった。
しんどさの原因は、昨日の炎天下の暑さにのせいによるバテかな、夏はこれからで昨日程度の暑さでへばってたらこれからどうしようも無いが、し暑さ対策グッズを使用し徐々に体を慣らさなければならない。
明日の天気予報は雨、日曜日は所用で撮影休み、次は月曜日になるが雛は登場しているかな。

●フライングキャッチ
獲物はバッタ、地面での捕獲は撮ったことがあるが空中は初めて、撮影角度が少し悪かったが撮れただけで良しとしよう。

チョウゲンボウが近づいた時に虫が飛び上がり、その瞬間に掴むことが多いようである。何度か見ているが場所の関係で後ろからが多く、しかも遠くてこれまで撮っていない。今日は近かった
19061401

19061402

一旦地面に降りる
19061403

19061404

残念ながら地面からの飛び立ちは向こう向き、旋回して横を飛んで端に戻る。
19061405

19061406

2回目のフライングキャッチは失敗、距離が遠くて最接近画像はピント合わず。
19061407 


●砂浴び
地面に降りて
19061408

少しウロウロして
19061409

19061410

砂浴び
見るのは久しぶり、抱卵していた時は時々見た。
19061411

19061412


●餌渡しは2回
1回目
♂は帰ってきて少し離れた場所に止まり直ぐ飛んだ
19061413

途中で一旦止まり獲物を口に咥える
19061414

前を通り過ぎたので何処に行くか思ったらと戻ってきた
19061415

いつもの場所に止まったので♀が飛んできた。
19061416

♀は獲物めがけて飛びつく
19061417

左足をパイプに置いて方向転換
19061418 

こちら向きに飛んだが、獲物で顔が隠れる。
19061419

19061420

♂は直ぐに飛ぶ
19061421

19061422

2回目
19061423

もう少し左から撮れば良かった
19061424

19061425

19061426

19061427


●雛の顔出し
羽ばたきの練習ではなくストレッチのエンジェルポーズ。羽ばたきの練習をするスペースが無いと思うが、巣立ちまでに飛ぶ練習が出来ずどうするのか興味がある。少し前に撮りに行ったハヤブサ雛は頻繁に羽ばたきの練習をしていた。
19061428

19061429

19061430

今日は広場でかなりシャッターを押したが、広場で撮るなら振る角度から手持に限る。橋バックなら三脚も有りだが、三脚使用でVR・OFFにするより手持ちでVR・ONの方が結果が良いようだ。単に撮影距離が近いので手持ちの方が追いやすいだけのことだろう。

撮影機材:D5、500mmf5.6、手持撮影  撮影枚数:668枚
移動:車  天気:曇り後晴れ間
撮影経費:0円

|

« チョウゲンボウⅩⅩⅢ 雛が一羽死んだ | トップページ | 撮影休み 昨日のチョウゲンボウ残り画像 »

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウⅩⅩⅢ 雛が一羽死んだ | トップページ | 撮影休み 昨日のチョウゲンボウ残り画像 »