« ササゴイⅡ 漁を狙う | トップページ | 地元ブラブラ シジュウカラ他 »

2019年7月 6日 (土)

温室のスイレン

撮影に出るかどうか天気様子見

デジカメの情報サイトを見ているとD6の噂が掲載されていた。
ボディー内手振れ補正の採用、以前何かでニコンはレンズの手振れ補正が良いというようなことを主張していたように記憶しているが、レンズ交換式一眼でカメラ内手振れ補正とはどうなっているのかいな。カメラとレンズの手振れ補正が重畳効果で更に手振れ補正が良くなるのか?、逆効果で悪くなったりしないのかな。何ぼ手振れ補正が強力になったからといっても、ブレというより重さに負けての大きな揺れには効果無し。鳥の飛び出し狙いで長時間構えていての腕の疲れによる大きなブレには役には立たない。長い時間構えていて鳥が動いた瞬間にシャッターを押すと大きくブレることがある。機材の性能に頼るより腕力を鍛えることの方が先決。飛びもの手持撮影は、SS1/2000以上ぐらいになるとVR・OFFの方がAFが早くなり良かったこともある。
D5より良くなったAF性能、D5で十分と思うがな~。D5のAFで上手く撮れなければ、機材のAF性能以外に問題があるのではないか。鳥撮影では日差しの強さによる鳥のテカりなどの周囲条件がかなり影響する。腕も影響するが、上手い人は何を使っても綺麗に撮るが、下手は性能の良い高級機を使ってもアカンので自分なりの撮影術をマスターするしかない。D5とD500を使った時に歩留まりの違いに驚いたが、上手く撮れた画像だけを比較するとそれ以前の画像と大して変わらず、自分の腕ではこんなものと思い今も更に上手く撮る方法はないかと考えているが進歩無し・・というより無理だろう。三脚を使うと良くなるが歩くのに邪魔。
D6はD5よりさらに高価になると思うので買えないが、D500(画像の綺麗さを現状のフルサイズ並みにする)かD850(グリップ無しで連写コマ数を10以上に増やす)の後継機には期待したい。D5(重すぎる)、D500(D7500で十分)、600mmf4?(オオワシや距離の遠い猛禽には必要だが日頃の撮影では不要)を下取りに出す。


先日、V3とTa10-400mmで撮った温室のスイレン(草津水生植物園)

V3の欠点でもう一つシャキッと撮れなかったが、ソフトタッチの仕上げ画像と思えば・・・01dsc_2633

02dsc_2636

03dsc_2638

04dsc_2639

05dsc_2642

06dsc_2647

07dsc_2650

08dsc_2655

09dsc_2656

10dsc_2658

11dsc_2660

12dsc_2672

13dsc_2678

14dsc_2689


ISO1600、1080㎜(レンズ400㎜)、SS1/80の手持撮影ノートリ画像
のっぺりした被写体ならV3でもそれなりに撮れる。
軽量のミラーレスは、手振れが少ないのでかなり低速でも撮れる。
15dsc_2695

|

« ササゴイⅡ 漁を狙う | トップページ | 地元ブラブラ シジュウカラ他 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ササゴイⅡ 漁を狙う | トップページ | 地元ブラブラ シジュウカラ他 »