« ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず | トップページ | 今日を含めてあと3日 »

2019年9月 1日 (日)

D5の高感度画像(レンズ150-600㎜Cの画像しか無い)

 所用で撮影休み

D6の発表(開発発表?)が9/4とかの噂を目にした。プロ用一眼レフ、D5からどの程度の進化があるのか興味深い。フィルム機でF5からF6で小さくなったが、デジカメではどうなのか、高感度がどのくらい良くなるのか、AFの進化はどうか、連写コマ数はいくらになるのかなど。AFはプロならD5で十分の気がする。もちろんAFの性能が良くなればプロも喜ぶと思うが、D5のAF性能で不十分ならプロとしてはお粗末、そんなプロは居らんやろう。AF性能が良くなって嬉しいのは、機材便りの我々のような中途半端なアマチュアだろう。連写コマ数は、動体撮影で12コマ/秒が多少増えても、よほど動きの速い物を撮らない限り大したメリットは無い、カワセミの水際では12コマ/秒の次は20コマ/秒。3年でのモデルチェンジは早すぎるが、何か目新しい機能が追加されるのか、それともオリンピック前でプロもカメラ買い替え時期か・・・特殊な尖った性能が必要な一部のプロで無い限り、D5以上の性能は必要無いように思う。プロ機というだけで大した用途も無い写真好きの一般人は踊らされる。APS-C機なら我も踊るが、野鳥撮影が大半なのでフルサイズ機ではなあ~。
ミラーレスは、電池寿命が短すぎプロがメイン機として使うのは現状では無理なのかな、性能全般が一眼レフに追いつくまで一眼レフが継続されることを望む。特にAPS-C機の進化を期待するが、買えるか(買う気になるか)どうかは性能の進化次第。

3年前にD5を購入してフィールドでの高感度画像を一度だけチェックした。旧ブログには掲載したが、多分削除したと思うので再掲する。
レンズはシグマ150-600㎜Cの600㎜で三脚を使用したが、D5とこのレンズは前か後か分からないがピントがズレていた。2年ほどしてからピント調整をしたが上手く出来ず、500㎜f5.6PF購入時に処分した。機会があれば500㎜f5.6PFと600㎜f4でチェックしてみよう。

画像は全てピントが甘い何処にピントが合っているか分からない画像、三脚使用の止まりもの撮影でこの画像は無いやろう。日差しの関係も多少あるが、カメラとレンズの相性のせいと思っている。ズームレンズのT端は少し甘いが、純正80-400㎜ではこんなことは無かった。

横2000pixelでトリミングし拡大している以外は無修正画像。
まずは参考でISO100の1段減感
01dsc_6279iso1001dan

  
高感度画像
ISO1600
02dsc_60431600

ISO3200
03dsc_60393200

ISO6400
04dsc_61736400

ISO12800
06dsc_626812800

ISO25600
07dsc_616325600

ISO51200
08dsc_6118iso51200

ISO102400
09dsc_6113iso102400

ISO102400のノートリ画像
大きくしなければ昔の性能の悪い高倍率コンデジ(P80の頃)の少し感度を大きくした時の画像並みかな、今のコンデジならもっと綺麗に撮れる。
10dsc_6113iso102400notori

  

ISO12800の画像をすこし修正してみた。拡大は2000pixelでトリミング。
この感度まで使えれば御の字だが、明るい時にf14、SS1/5000で撮影した画像。実際に暗くてこの感度が必要な時に撮れば、もっとノイズが目立つだろう。
Dsc_6166

|

« ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず | トップページ | 今日を含めてあと3日 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず | トップページ | 今日を含めてあと3日 »