« S9900とD850の撮り比べ | トップページ | カワセミ 短時間ながら久しぶりに撮った気分が味わえた »

2019年8月16日 (金)

チョウゲンボウとハヤブサ

 台風の雨で増水した川は駄目だろうと思い寺へ行くことにした。今週一度も走らせていない車で行こうと思ったが、ならばチェックでまずはハヤブサポイントへ。日差しがそれほど強くなく風も有ったので様子を見ていると、何やら猛禽が建屋の上から登場しコンクリの出っ張りに止まる。”小さいな”と思い画像確認するとチョウゲンボウ、しばらくして川を越え高い所を旋回、段々上昇しながら遠ざかり見失った。
ハヤブサは居らんかえで反対側に入ったりしながら様子を見ていると、どこからか飛んできて煙突横の梯子に止まりよった。久しぶりと思い数枚撮り画像を確認すると、”アレ~縦縞やんけ”で嘴の根元が黄色くなっていない幼鳥だった。この地のペアーは今年も繁殖失敗のはずで、喜撰山か星田辺りの子供かも知れない。比較的近くの繁殖地は2ヶ所しか知らず。他に何処かにあるのか、それとも交尾は見ていたので何処か誰も知らない場所に営巣していたのか・・・・
ハヤブサは直ぐに飛び去ったが登場となると、”粘らなしゃ~ない”で寺は止めてしばらく様子を見ていた。結局再登場無しで川のカワセミポイントの様子を見に行ってから引き上げた。

●チョウゲンボウ
5時半頃に時々煙突の高い所で猛禽の姿を見ることがあると聞いたが、ハヤブサではなくチョウゲンボウかも知れない。先週5時過ぎに2羽を撮影している。
19081601

この地では下に下りてきても撮影距離が遠く、狙って行く価値が無い。
19081602

19081603

19081604

19081605

19081606

19081608

19081609

19081610


●ハヤブサ
この幼鳥、休憩場所として定着してくれれば期待出来るが、アカンやろうな~。
19081611

上を気にしていたがもう一羽居たのかな?
19081612

飛び出してからのしばらく上を気にして飛んでいた。
19081613

19081614

19081615

19081616


最近のカワセミ撮影ポイント
出は悪いが今の地元の川で見られるのはここだけ、とはいえ4回連続ボーズ。
19081617

今日は誰も来ていないと思ったが御老体が来ていた。
車輪付きの機材セット、傘の取り付けが新しいのかな。これでバスに乗ったり、引きずって宇治駅からの歩きで喜撰山を登るというから恐れ入る。持ち上がるか試したがチョッと力を入れただけでは持ち上がらず。レンズキヤノン旧500㎜f4と三脚(ジッツオの多分5シリーズ)が重たい。これを持ち上げてバスに乗り込めるなと驚く、仕事柄体を鍛えていた人は違うようである。
地元鳥撮カメラマンの機材は、やはりキヤノンが多い。使ったことが無いのでニコンと比べてどう良いのか分からないが、単にネームバリューの差で性能はニコンと大差ないのと違うかな。よう分からん
19081618

  
撮影機材:D850、500mmf5.6、手持撮影  撮影枚数:88枚
移動:車  天気:薄曇り後晴れ
撮影経費:0円

|

« S9900とD850の撮り比べ | トップページ | カワセミ 短時間ながら久しぶりに撮った気分が味わえた »

ハヤブサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S9900とD850の撮り比べ | トップページ | カワセミ 短時間ながら久しぶりに撮った気分が味わえた »