« 街中のハヤブサ様子見 一瞬だが幼鳥が再び登場 | トップページ | 撮影休み 昨日のカワセミ残り画像 »

2019年8月26日 (月)

カワセミ そこそこ撮れたがもう一つ

 久しぶりにD500と500㎜f5.6の手持ちでカワセミに行った。8時前から10時過ぎまでで2度登場、1度目は何度か餌取があったのでそこそこ撮れたが、飛び込む場所が水門近くで、距離が遠く(距離35m少々)バックも悪くて画像はもう一つだった。手前の止まり木からの飛び込みならバックが水面になるので良いが、止まっても飛び込まず。
歩きで帰ったが、時間が少し早かったのか途中のゴイサギは姿見ず。少し粘れば登場したかもしれないが、魅力がもう一つない。


餌取の17連写
カワセミの飛び込みは連写で追うのが良い。途中でボケが入り以降はピン甘が続いた。
19082601

19082602

19082603

19082604

19082605

19082606

19082607

19082608

19082609

ボケる、以降はピントが甘い
19082610

19082611

19082612

19082613

19082614

19082615

19082616

19082617

こちら側の鉄筋止まり
少し上流で止まれば急いで追いかけるが、この個体は斜め後ろに近づくとすぐに逃げる。
19082618

対岸の止まり木、ここから飛び込んでくれたら良い画像が撮れるのだが・・・
19082619

横跳び
遠いと距離が同じぐらいなので横跳びは追いやすい。
19082620

19082621

19082622

木の日陰に入ると黒くなってアカン、ソフトで補正。
19082623

19082624

19082625

19082626

撮影はAF-Cダイナミック25点で撮影したが、これより広くするとバックにピントが撮られることが多い。中央1点は追うのが難しい、腕が良ければ追えるのかもしれないが、距離が近いとか鳥が大きいなどファインダー内の被写体が大きくないと、連写で追うのは自分の腕では無理。一発狙いなら撮れるかもしれないが、連写の歩留まりを重視しているので滅多に設定しない。


撮影機材: D500、500㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:248枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:晴れ
撮影経費:210円

|

« 街中のハヤブサ様子見 一瞬だが幼鳥が再び登場 | トップページ | 撮影休み 昨日のカワセミ残り画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街中のハヤブサ様子見 一瞬だが幼鳥が再び登場 | トップページ | 撮影休み 昨日のカワセミ残り画像 »