« D500の高感度画像の再確認 | トップページ | ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず »

2019年8月31日 (土)

シャッタースピードSS1/8000でカワセミの羽が止まるか

 鳥の飛翔撮影のSSは、手持ちで1/1600、三脚使用で1/1000を最低とし、最高でも1/2500でそれ以上になる時はISOを小さくするかfを大きくしている。カワセミのホバや飛翔は、ほとんど羽が止まらず流れる。3年前にSSを最大にして羽が止まるか試したことがある。

D5と600㎜f4の左脚撮影、晴れの日だったがISO1250で撮影した。ほとんどの画像は羽がほぼ止まっていたが、距離が遠くばかりで近ければどうなのか、多分撮影チャンスが無かったのだと思うが画像は残っていなかった。

拡大画像は約1200pixelの等倍、拡大以外は無修正なので画像は悪い。

01dsc_3341iso1250

02dsc_3345iso1250

03dsc_3351iso1250

04dsc_3352iso1250

05dsc_3353iso1250

06dsc_3458iso1250

|

« D500の高感度画像の再確認 | トップページ | ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D500の高感度画像の再確認 | トップページ | ツツドリ飛翔狙いで走ったが姿見ず »