« 昨日のカケス飛翔  1200pixel等倍画像 | トップページ | タカの渡り ハチクマがそれなりに撮れた »

2019年9月25日 (水)

地元の川で半日を過ごす

 D7500と500㎜f5.6にTC14Ⅲを装着し地元のカワセミポイントへ。カワセミはアカンやろうと思っていたがポイントでは姿見ずに終わる。帰りの運動公園前階段の少し上に珍しく止まっていた。対岸川岸の草に止まっていたので、しばらく様子を見たが食事後の休憩のようで動かず。動くところを今日の機材で撮れるかどうか確認したかったが、12時近くになったので諦めて引き上げた。
1050㎜の手持ち撮影、快晴だったがISO640~1250に感度設定し、f11でSS1/1600以上を確保しての撮影、止まりものは問題無かったが飛びものは撮影機会が少なく十分な確認は出来ず。サギとか鵜などの大きな鳥は飛びものでも問題無かったが、カワセミなどの小さい鳥ではAFエリアが狭くなることもあり上手く追えないだろう。AF速度は多少遅くなるものの確実に捉えることが出来たら、飛びものでも使用可能範囲だと思うが難しそう。画像は、まあ許容範囲というところだが、解放のf8ではなく11にしたのが良かったかな。

  
タカの渡りが見られた・・と言っても2羽だけ。もっと飛んでいたかも知れないが、高くて肉眼では見つけにくかった。見つけても一旦目を離すと探すのに苦労した。
サシバ
現地で確認した時はハチクマと思ったが帰ってからPCで見るとサシバだった。
19092501

ハチクマ
サシバより更に高い所を飛んでいた。
19092502

カルガモ
動きのあるところを撮影した。
19092503

19092504

コサギも飛翔 ノートリ
この大きさになると問題無く撮れる。
19092505 

ハトもOKだった
19092506

帰り道のカワセミ
少し見ていると動き出したが、川に飛び込むのに時間がかかりそうだったので諦めた。
19092507

19092508

19092509

19092510

19092511

19092512

19092513

ササゴイ
こ奴も餌を食べた直後だったようで、直ぐに対岸の木に隠れた。
19092514

19092515



1200pixel等倍画像
天気が良かったためと思うが、十分見られる画像である。
19092516

19092517

19092518

  
ニコンのミラーレスAPS-C機は、D500のセンサーに像面位相差AFを追加したミドルクラス機とかの情報が掲載されていた。コントラストAFとか位相差AFとかがあるようだが何のこっちゃ? メーカーによって方式が違うのだろうが、どこのメーカーの機種のサンプル画像を見ても大して違いが分からない。これまでサンプル画像を見て”これは凄い”と思ったのはD5だけで、一桁機はD4以降買わないつもりだったが思わず予約したのを思い出す。自分で使ってサンプルのような画像は撮れず最近出番は少なく、その内下取りに出すつもり。各社のサンプル画像、色が暗いように思う。暗く仕上げるとボロが出にくい。暗い画像はあまり好みでは無いが、最近は多少暗めに仕上げることもある。
画質は大きくプリントすれば違いが分かるとかよく聞くが、せいぜいA4サイズにしかプリントしないので、”へ~そんなものかいな”としか思わない。

  
撮影機材:D7500、500㎜f5.6+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:359枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« 昨日のカケス飛翔  1200pixel等倍画像 | トップページ | タカの渡り ハチクマがそれなりに撮れた »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日のカケス飛翔  1200pixel等倍画像 | トップページ | タカの渡り ハチクマがそれなりに撮れた »