« チョウチョ | トップページ | ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 »

2019年9月 3日 (火)

D850と500㎜f5.6PFの高感度画像

 することも無く部屋の中で置物相手に、手持ちでD850の高感度を試してみた。この手の撮影はこれまでに何度もやっているが、レンズに500㎜f5.6PFを使用するのは初めてと思う。

f8、モードAでISOを800から25600の1段増感まで、フルサイズで撮影しトリミングで2倍に拡大した。
実際の野鳥撮影では、フルサイズから3.6~4.5倍ぐらいまで拡大しているので、べタ感を気にしてISOを抑え、SSを遅くしたり後で明るく補正している。手持ちの場合は、SSを遅くすると飛びものではブレることが多く、暗く撮って後で明るく補正するとノイズが目立つので、初めから積極的にISOを大きくする方が良いかもしれない。暗い時は、暗いままが実際の見たままだが明るく撮りたい。ISO6400までぐらいなら使えるか暗い時に試してみよう。

拡大以外は無修正
ISO800
Iso800ss40

ISO1600
Iso1600ss60

ISO3200
Iso3200ss125

ISO6400
Iso6400ss250

ISO12800
Iso12800ss400

ISO25600
Iso25600ss1250

ISO256001段増感
Iso256001dannss1600

 

|

« チョウチョ | トップページ | ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウチョ | トップページ | ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 »